スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/14 観音崎 ボート釣り

釣果:マアジ2匹、サヨリ1匹、マ○イ 65cm 3.4kg
オオアジ

またしても観音崎に出撃してきました!

この日はY氏はAPさんとタンデムで二馬力船、芋さんも手漕ぎで参戦ということで前日から情報交換して期待が高まります。
始発電車とバスを使ってなかねボートに到着、受付を済ませて岸払い。

10時前頃に満潮の潮止まりでそこからゆっくり下げていく観音崎には良い潮回りで、ボートを漕ぎだすと濁りも入っており、期待が高まります。
風予報は直前のGPV予報で7~8mの北風と厳しい予報ですが、岸払いの時は穏やかで予報が好転したのではと思わせる雰囲気です。

まずはアジが釣りたいので、過去二回の釣行のデータから沖の根から落ち込んだ50mラインを目指しました。
ポイントに着いたらボートの流れる向きをGPSでチェックしてから狙ったポイントの深場側にアンカーを落とします。
浅い方に引きずりながらアンカーを利かせる作戦が功を奏して、狙ったポイントに近い場所にボートを止めることが出来ました。

早速仕掛けを投入するも、まったくアタリが無く餌も取られません。
珍しいサヨリが巻き上げ中にヒットするというハプニング以外は魚の気配は無しです。

潮どまりの時間が近づいてようやくアタリが出て25㎝ほどのアジが釣れました。
しかし、取り込み口切れで痛恨のバラシ、直後に来た同サイズのアジもまたもや船べりで落としてしまいました。。。
次来た時はタモ入れしようと準備しましたが、これでアタリは止まって、徐々に北風が強まってきました。

この段階では、ある程度北風が吹くことを想定ていたので、そこまで心配せずに釣りを継続します。
すると時合を過ぎた頃に竿先が絞り込まれ、オオアジがヒット、今度はタモ入れして無事に取り込み成功です。
次のアタリに期待しながら続けるもアタリは無く、気が付くと北風が想定外に強まってきました。

岸寄りの方にはまだ結構ボートが残っていますが、周囲にボートが居ない中で白波も立ってきてかなり危険な状態です。
アジを一匹追加しましたが、もはや釣りを続けられる状況ではありません。
判断の遅れと北風に対する過信で完全に撤収のタイミングを誤ってしまいました。

強まる風と波に、近くを猛スピードで走る船の波が変則的に加わって木の葉のようにボートが揺られます。
サーフボードに跨って浮かんでいる時の要領でボートの重心をコントロールして転覆を防ぎながら様子を見ますが、風も波も収まる気配がありません。
少し油断するとボートのヘリから波が入ってきそうになります。

この状況で慌ててアンカーを上げにいくと、船首が沈み込んで危険であり、さらにアンカーが外れるとボートが一時的に不安定になるので、焦らずに波の様子を伺いながら、長周期で少し波が小さくなるタイミングを待ちます。

すると、少し波が小さくなるタイミングがあったので、根に引っかかったアンカーを全力で沖側に漕いで外し、一気にロープを手繰ってアンカーを上げました。
そのまま潮の流れと波に乗ってボートを漕ぎ、なんとか浅場まで逃げ戻ることが出来ました。

APさん、Y氏の二馬力船、芋さんの手漕ぎボート、その他数捜のボートが浮かんでいる所までなんとか逃げて来れたのと、少し波も弱まったのでAPさん、Y氏の二馬力船の横にアンカーを落としました。
すると水深26mで落としたのに、潮の流れと波で水深16m付近まで走錨してしまいました

こんな浅場で無理して釣りを続けることもありませんが、性懲りもなく釣りを続行することにしました。

潮の流れが速く、仕掛けを入れると45度ぐらいで落ちていきます。
魚探には底付近にフグや小魚のような反応が出ていますが、流れが速く上まで浮いて来ないのか、少し棚を上げれば餌はほとんど取られません。
二本竿を置き竿にして少し工夫をしながら定期的に打ち返して様子を伺います。

周囲のボートが少しずつ撤収を始めた頃に魚探の底付近に太い反応が出た後、置き竿の竿先が一気に入ってラインが5mほど出されました。

急いで竿を持つとずっしりとした手ごたえと引き込みです。
慎重に寄せてくるとボートの真下に入ってから、まったく浮いてきません。
根に入られたかとゆっくりと持ち上げると、急に手応えが無くなりました。

急いで巻き上げると、ハリスの根元でスイベルが絡んだことで痛恨のハリス切れ。
凡ミスは悔やまれますが、アタリと引きの感じに加えて、こんな浅場でヒットしたのでドチザメと思い込むことにしました。

風と波は多少ましになったとはいえ、依然厳しい状態が続いており、残るのは沖に浮いているAPさん達の二馬力船だけになってしまいました。
特にアタリも無いまま3時近くなったので、最後の一投ということで片方の餌を交換、もう一方の仕掛けを上げて餌を付けていると、置き竿のリールのドラグが音を立て、一気に20mほどラインが出されました。

今度はどう考えてもサメとは違うアタリに急いで竿を手に取って慎重にやり取りを始めます。
前回の油壷で使用した仕掛けを再生した、アジ釣り用の2本針仕掛けに加えて、大物を想定していないプアなリールなので無理は出来ません。

水深分まで巻いてからはエイやサメのような重さでまったく上がる気配が無く、親指でドラグ調整しながら数m巻くと数m出されてを繰り返して一進一退。
15分ほどかけて少し弱ってきたタイミングで一気に勝負に出ると、濁った潮の中からサメではない魚が浮いてきました。

2本針の上針がタモに絡んで取り込みに手こずりましたが、なんとかタモ入れして勝負終了。
3時を回ってしまったので、急いで片づけて岸に戻りました。

岸に上がって片づけていると、APさん、Y氏のボートも無事に帰還。
全員無事に釣り終えることが出来たことが何よりの収穫でした。

今回は判断の遅れから危険な状態となり、なかねボートの親父さんは双眼鏡で様子を見ながらかなり心配していたとのことで、ご迷惑をおかけしてしまいました。

自然を相手にする遊びでは、基本的には自己責任が前提となると思いますが、ひとたび事故を起こせば自分以外にも、多くの人に迷惑をかけてしまいます。
今回は運良く逃げるタイミングがありましたが、基本的にはこのような状況になる前に早めの判断で撤収するのが正解だと思います。

釣果を出すよりも、安全第一ということを再度肝に銘じて、今後もボート釣りを楽しみたいと思います。

5/8 油壷 レンタル船外機ボート釣り

釣果:メジナ多数

当初は7日に手漕ぎ出撃の予定でしたが、風予報が悪く断念。
8日はKAKE氏も予定がついたので、久しぶりのレンタル船外機で油壷にイサキ狙いで出撃しました。

この時期のイサキで実績のある南の根付近を狙いましたが、ピンポイントで狙いの場所に付けることが難しく苦戦が続きます。

アタリはそれなりにあって足裏サイズのメジナはヒットしますが、本命は釣れません。
午後になって潮が動いてくると、中層でメジナが入れ食い状態になりましたが、結局イサキは釣れずに釣果はメジナだけ。

釣果には恵まれませんでしたが、みんなでわいわいと釣りをしながらメジナの引きも味わえたので、連休最終日に楽しい釣りが出来ました。
大型の船外機は根の際にピンポイントでアンカリングするのが難しいので、手漕ぎの狙い方とは区別して考えた方が良いのかなと思います。
メジナ刺身

次回は潮回りを選んで観音崎に出撃したいと思います!

4/30 観音崎 ボート釣り

釣果:メバル4匹(リリース多数) 大サバ
サバ

前回のリベンジで観音崎に出撃してきました!
朝9時ごろに満潮になって下げ潮に変わる潮回りなので、下げ潮が動き始める時間帯に狙いを定めます。

前回と同様、堀之内でY氏にピックアップしてもらって、なかねボートへ到着。
二馬力船で出るあきおさんと大吟醸さん、手漕ぎボートで出撃するいけぼさん、芋焼酎さんと情報交換してから岸払い。

事前に考えていたポイントに行くと、大吟醸さんとあきおさんが既に到着していたので、少し沖にアンカーを投入、ロープを目いっぱい出してボートが止まったことを確認して釣りを開始です。

魚探には良い感じの反応があり、一投目からアタリが出てメバルが釣れました。
魚探の反応はメバルの群れのようです。
すぐに仕掛けを再投入すると、落としている途中で仕掛けが止まりました。。。

サバでもかかったのかなと巻き上げてくると竿先付近で少し弛んだ状態のPEラインが一気にボートの前方に走り出し、その直後にアンカロープの向こう側でザッパーンという音とともにかなり大きな魚がジャンプしました。
はっきり魚体は見えませんでしたが、10キロを超えるサイズの魚のようでした。

横で釣っていたあきおさんや大吟醸さんにも音が聞こえたようで、何かがジャンプしたと説明しました。
最近この辺りではマグロが回遊しているようで、落とし込んでいる餌を食ってアンカーロープに引っかかり、ジャンプして逃げたようです。

3号のPEは瞬殺で高切れ、仕掛け一式を失ってショック大です。
気を取り直して仕掛けを作り直し、再投入するとメバルは入れ食い状態ですが、持ち帰りには微妙なサイズ。。。
比較的型の良いものだけを選んでオカズ分をキープしながら本命を狙います。

狙い目の時合いが過ぎると、風向きが変わってボートの位置が変わってしまったのでアンカリングをやり直し。
しかし、止めたい位置にうまく止めることが出来ません。

何度かやり直してかなり岸寄りの場所でようやくボートが止まったので、そこで始めるとしばらくして竿先が突き刺さる強烈な当たりが出ました!

しかし、本命っぽい引きではなく、最後には徐々に回転を始めて上がってきたのはサバ。
50センチ近いサイズで丸々と太っており、これはかなり嬉しい外道です。

その後は沖上がり前にサバがヒットしましたが、血抜きしようとしたら暴れて逃げてしまいました。

岸に戻って皆さんの釣果を聞くと、あきおさんが10時ごろに3キロクラスの本命を上げていました。
こちらのボートから20mも離れていない距離で、想定した時合いで上がったということで、狙いは間違っていなかったことが分かったのは収穫でした。

謎の大物ヒットというハプニングに見舞われ、本命不発と不甲斐ない釣行となりました。
観音崎はアンカリングで思った場所に付けることが難しいので、なんとかこの辺りを踏まえて攻略していきたいと思います。

昨年末からの記事を更新しました。

昨年末から下書きのメモ状態で保存していた釣行記をまとめてアップしました。

4/16 観音崎 ボート釣り

釣果:マアジ8匹
アジ

Y氏が大吟醸さんと観音崎のタンデム出撃をするということで、便乗して観音崎に出撃しました。
なかなか機会が無かった観音崎のボート釣りに期待が高まります。

堀之内の駅前でY氏にピックアップしてもらい、なかねボートへ。
大吟醸さんの到着を待っていると、いけぽさん、あきおさん、たけちゃんさんなど観音崎常連のメンバーが登場です。
ここ最近の釣果などを聞きながら準備していると大吟醸さんが到着、受付をして岸払いです。

長潮で8時ごろに干潮、13時ごろに満潮で午前中はゆっくりとした上げ潮。
比較的濁りが入っているようで、魚探で様子を見ながら事前に考えていたポイントにアンカリング。

仕掛けを入れると最初の10mほどは斜めに落ちますが、その後まっすぐ下に落ちていきます。
表層はかなりの勢いで流れていますが、中層より下はあまり潮が動いていなさそうです。

表層の潮が速いので、うまくひっかからないと走錨してポイントが定まりません。
沖の大型船や釣り船の往来も多いので、波を受けるとアンカーが浮いてしまうようです。

ポイントが少し動くとアジがヒットして、通り過ぎるとアタリが止まることの繰り返しでなかなか思うような釣りが出来ない状況が続きます。

昼頃からY氏、大吟醸さんのボートも近くにアンカリングして並んで釣りますが、期待の潮変わりの時間も含めて本命のアタリは無く、2時を過ぎると底潮が動き出してアジの活性が高まりましたが、3時過ぎまで粘って本命のヒットは無いまま沖上がりとなりました。

念願の観音崎デビューは厳しい結果となりましたが、実際行ってみて地形や潮の雰囲気を知ることが出来ました。
沖上がり後にはあきおさんから色々と話を聞いて大変勉強になりました。

そしてクライマックスは少し遅れて上がってきた大吟醸さんの弟あきさんの驚きの釣果!
昼からの釣行なので、午後の潮変わり狙いでボートの少ない場所で結果を出したとのことで、6㎏の特大サイズをハリス2号、30分近いやり取りで釣り上げたという話に脱帽です。

たけちゃんさんや他のボートでも本命が結構上がっていたので、やはりうまい人は釣るのだと痛感した釣行となりました。

アンカリングや複雑な地形と攻略する要因が多い観音崎ですが、基本的なポイントや狙い方は大津や伊勢町と類似しているので、同じような潮回りの日に通ってみたいと思います。

釣れたアジは刺身とたたきで食べましたが、脂の乗りが抜群で今まで食べたアジの中でも群を抜く旨さでした。
アジ刺身

アジを釣るだけでも観音崎に行く価値はありそうです。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。