スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低レベル被ばくの影響について

釣りのブログですが、前回に引き続き、
原発関連のネタです。

子供のころから放射性物質は危ないと
教わってきましたが、実際のところ、
どの程度が危険なレベルなのかと言われると、
明確に答えられないのが現実です。

問題無いレベルに過敏に反応するのもまずいですし、
安全とは言い切れないのに安全だと断定するのも
良くないと思います。、
報道を見ていると、伝える側も
よく分かっていないのではとの印象です。

少量の放射線を長期に渡って浴び続ける、
低レベルの放射能の影響(確率的影響)については、
分かりやすい情報が少ないので、
個人的に調べたことをまとめてみました。


人類が人工的?に生み出した放射性物質による問題は、
ネットなどでちょっと調べても、以下の通り沢山出てきます。

・核実験、広島、長崎の原爆
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E5%AE%9F%E9%A8%93

・原発事故
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E4%BA%8B%E6%95%85

・劣化ウラン弾、原発からの放射性廃棄物、ウラン鉱山

しかし、長期に渡る低レベルの被ばくによる影響の
データなると極端に少なくなります。

原発や核に反対の人は、印象的な写真や文章を出して
感情的に訴えますが、定量的な分析結果があまりありません。
逆に安全と言う人たちも、問題ないことを前提として
データを出したり、数字や言葉のトリックを使って
安全なように見せているように思えます。
とにかく、公正な視点で分析されたデータが少ないので、
実際のところどうなのか???という疑問がなかなか晴れません。

未だに良く分からないことが多いみたいですが、
いろいろと調べた結果、低レベル放射線の影響に対しては、
大きく分けて以下の3種類の見解があるようです。

○しきい値派
 ある一定量以下の被ばくは0と変わらず
 影響が無いという考え方。
 これが正しければ、基準値以下なら
 まったく影響が無いことになります。

○しきい値なし直線派
 どんなに少量でも、確率が下がるだけで
 何らかの影響があるという考え方。
 現在最も支持されているようです。

○ホルミシス派
 ある値以上は害があるが、
 ごく少量なら逆に健康に良いという考え方。

上記3種類は、お酒で例えてみると
分かりやすいかもしれません。
※理解しやすいように例えてみただけで、
 お酒と放射線はまったく作用が異なります。

お酒は一度に大量に飲むと、急性アルコール中毒になります。
これは放射線で考える急性障害(確定的影響)であり、
造血細胞、皮膚の障害、脱毛などです。
低レベルの放射線の影響は、お酒で言えば
少量を毎日飲み続けた場合になります。

急性症状にならないレベルでも。アルコールは飲み過ぎると、
依存症や肝臓障害などを起こします。

そこで、一定の基準値(1日に日本酒1合など)を
設定したとすると。

○しきい値派
 →基準値以内なら飲んでもまったく問題ない
  基準値以上だと、量が増えるに従って健康リスクが増える。

○しきい値なし派
 →基準値は関係なく、量に比例して何らかの害がある
 ごく少量でもリスクは無くならない。

○ホルミシス派
 →基準値以上は量に比例して害があるが、
 基準値以下の少量なら逆に健康に良い
 ちょっとなら飲まないより飲んだ方が体に良い。

また、お酒の場合、アルコールに強い人、弱い人や
子供の場合に影響が異なります。
放射線の影響も個人差、被ばくの部位、期間、等々
いろいろな差異が考えられます。

3種類の見解に対して、ちょっと面白い情報
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20110401


では、3種類の見解のどれが正しいのでしょうか???

まず、しきい値派についてですが、
しきい値派を支持して、基準値以下は安全と言っている人達は、
一定量以下の被ばくは統計的に検出不能と言っているだけのことが
多いのが問題です。
http://takedanet.com/2011/04/post_14f6.html
これはしきい値以下は安全なのではなく、
因果関係が分からないので、例え安全と断言しても
後から責任を取る必要がないというだけです。

そうでなく、一定値以下は安全という根拠に
ラムサール地方など、自然放射線が多い所でも、
がんの発生率が変わらないと言われますが、
元々その地方に住んでいる人たちは自然淘汰で
放射線への耐性が高い可能性があります。
研究でも、安全なのではなく統計的に有意な値として
検出出来ていないということのようです。
http://www.taishitsu.or.jp/genshiryoku/gen-1/1-ko-shizen-4.html

ホルミシス派ですが、一定量以下の被ばくが
健康に良いというのは否定される訳ではないようです。
http://www.iips.co.jp/rah/spotlight/kassei/humans.html
http://criepi.denken.or.jp/jp/ldrc/information/result/hormesis_project.html

結局、正しいものがどれか断定は出来ないようですが、
個人的にはしきい値なし派を支持します。

その理由は、3種類の見解を
一つに決める決定的なものは無く、
放射線の浴び方、体の部位、個人差、
その他の影響などで完全に一つに断定できません。
そうであるなら、判断を誤った場合に、
一番リスクが少ないのはしきい値派だからです。

しきい値無しやホルミシスを信じて誤った場合には、
発がんリスクがありますが、しきい値無しで誤っても、
気にしすぎただけだからです。

しかし、ここで問題なのは、「気にしすぎた」のレベルで、
過剰に心配し過ぎて、放射線から受けるリスク以上の
弊害を起こしてしまっては本末転倒です。
水や食べ物を控えたり、仕事を辞めて知らない土地に
移ることによる弊害と、放射線の影響と、
どちらが良いかを判断しなければなりません。

判断するには、基準が必要なので、
しきい値無し仮説の中で比較的しっかりした
データである、以下の論文を基準にしてみます。

チェルノブイリでのスウェーデンでの放射能汚染と発がん率
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No104/CNIC0602.pdf


これを見ると、土中に含まれる放射性物質の量と、
発がん率には、何らかの因果関係があるように思えます。
ここに書いてあるように、
他の因子の影響の可能性もありますし、
土中に含まれる放射性物質と、住民の実際の被ばく量の
関係は分かりませんが、低レベルの被ばくでも
発がん率に偏りはありそうです。

この値を一つの判断基準とすると、
0~120kBq/m2 のセシウム137 汚染エリア内114万人のうち、
850件が放射性物質が原因のガンになっています。
(汚染されていないエリアも含んだ全体です)
土中の放射性物質が12万Bq/m2の場合、
ざっくりで平均的な被ばく量に換算すると
5~10mSv/年程度ぐらいとありますので、
年間5~10mSvでは少なくても114万人のうち849人、
約0.074パーセントの発がん率が増加ということになります。
テレビの解説では、100mSvの被ばくで
発がん率が0.5%程度増加するという話が出ていました。

東京大学医学部附属病院放射線科の中川恵一氏
http://www.u-tokyo-rad.jp/data/toudaivol3.pdf

こちらはもっと増えて100人に一人か二人(1~2%)とあります。
山下俊一・長崎大教授
http://smc-japan.org/?p=1413


直線しきい値なしで考えた場合、
そのまま比例させて下げていけば、
10mSvで0.05%ですから、上記の0.074パーセント
というのは、ある程度専門家の見解からも
大きく外れていなさそうです。

ここまでの理解を個人的にまとめると。
しきい値無しの見解を支持した場合では、
年間10mSv程度の被ばくでは、
0.05%程度ガンの発生率が増加する。
というのを、個人的な判断基準にしてみます。


東京では、現状放射能レベルは下がっていますし、
自然界の放射線レベルも低いので、、複合しても
年間で5mSv以上の被ばくをする可能性は低そうです。
事故直後の水や大気からの被ばく量も、
数日であれば自然に浴びる放射線の量と大きな差は無いので、
今後は、無理しない範囲で、余計な被ばくを避けて
生活をしておけば、上記の基準のリスクから
大きな問題は無いと思われます。
(参考)全国の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/


では、原発に近いエリアはどうでしょうか。
原発から40キロの飯館村のデータでは、3月20日に
土壌1キロあたり16万3千Bqが検出されており、
単位を1平方メートルあたりに直すと326万Bq/m2程度になります。
http://blog.goo.ne.jp/takizawas/e/8e335098c59acb28336d282597f90ff6
http://www.greenaction-japan.org/modules/wordpress/index.php?p=477

12万Bq/m2で5~10mSv/年程度ですから、
20倍近い汚染のエリアでは、気を付けないと年間100mSv以上の
被ばくになることが想定されます。
これを見ると、外で過ごす時間の長い人は、
3/24までにすでに100mSvに到達している可能性もあります。
http://www.asahi.com/national/update/0323/images/TKY201103230470.jpg

年間100mSvで発がん率が0.5%程度増加という説を適用すると、
100万人いたら5000人が本来ならなくて良かったガンを
発病するという計算になります。
200人に1人ですから、自分としては許容出来るリスクではありません。
既に被ばくしてしまった人もいるかと思いますが、
留まるには結構なリスクを覚悟する必要がありそうです。

こうやって調べてみると、
低レベルの被ばくによるリスクに対しても、
ある程度の判断基準を持つことが出来ることが分かります。

個人的には、今回の原発事故による放射性物質の影響を
まったく問題が無いというのはどうかと思います。
テレビでは、100mSv以下、0.5%程度の発がん率の増加までを、
ただちに影響が無いレベル、危険は無いとの発言が見られます。
これは0.5%程度の発がん率の増加は、
統計的に放射性物質が原因と特定することが難しい
レベルだから、責任を取らなくても済むレベルと
言っても良いかもしれません。
200人に1人が、本来ならなくて良いガンになる
リスクは安全と言えるのでしょうか?

http://takedanet.com/2011/04/1100_863e.html

これは、政府という立場に立った場合、
避難に伴う確定的なリスク、経済的損失と、
数十年後に起こるかどうか断定できず、
因果関係も証明できない問題のどちらを取るのか
という判断の結果なのかなと思います。
政府の立場では200人に1人ぐらいのガン発生は
安全と考えているということでしょう。


今回の原発事故で、しきい値無しの見解を支持すると、
全体で数千人~数万人規模のガンが発生しても、
不思議は無いかと思われます。
数十年後に、統計的な発がん率の増加など
因果関係が証明されたとしても
他の発がんと区別するのは不可能でしょう。

政府やマスコミの言っている安全は、、
本当の意味で安全なのではなく、
パニックや避難に伴うリスク、
経済的損失を考えれば、
マクロ的には安全と言っておく方が良いという
判断の結果のなのかなと思います。

そうなると、ある程度個人レベルで
情報を集めて防衛することが大事になってきます。

今回の原発事故は、数十キロ圏で無ければ、
交通事故、たばこ、食品添加物や食品汚染と比べて、
突出して危険ということにはならないと思われますが、
安全であるとも言えません。
立場が違えばリスクの許容度や掛けられるコストは
変わるので、それぞれがリスクと、それを回避する為の
コストを比べて、最適な方法を選択する必要がありそうです。

その為に、マスコミは正確な情報を、
感情や誇張を入れずに正しく伝えてもらいたいと思います。
また、研究期間は今後の放射線による影響の調査を
しっかりとやってもらいたいと思います。

--------------

便利な生活や技術は無償では手に入らず、
かならずデメリットやリスクが伴います。
車は便利ですが、毎年全国で5,000人近くが
亡くなっています。10年なら5万人です。
それでも車は危ないから使うのをやめよう
ということにはなりません。

今回の原発事故は、原発という技術の利用に伴う
リスクだと思っています。
原発により多くの利益を得た人とそうでない人、
多くの被害を負った人とそうでない人のバランスは
公平ではないと思います。
ただ、利益を追求する企業に、制御の難しい技術を
任せながら電気を使い、遠く離れた地方へリスクを
負わせていたということは
事実として受け止めなければならないと思っています。

全般的に参考になる情報です。
http://takedanet.com/


核実験による放射性物質の影響
http://blogs.yahoo.co.jp/ddogs38/34772537.html

放射性物質の飛散について

水道水からの放射性物質が検出されたことで、
ミネラルウォーターの買い占めなどの
ニュースが出ていますが、
どのくらい影響あるのかを個人的に調べてみました。
参考までにまとめておきます。

以下は素人の個人的な理解の範囲による記述です。
専門家ではないので誤りがあるかもしれませんのでご了承下さい。


まず、ニュースで良く登場する以下の二つの単位を
確認したいと思います。
※グレイ(Gy)についてはここでは書きません。

●シーベルト(Sv):
  実効線量、成体に与える被ばくの量


●ベクレル(Bq):
  1秒間に1つの原子核が崩壊して放射線を放つ
  放射能の量を1とした値
  簡単に言えば、放射線を単位時間あたりに
  どのくらい放出するかの量

単純にみると、放射線の人体への影響は
シーベルト(Sv)だけで考えれば良いようです。

但し、シーベルトは時間を含まない量なので、
同じシーベルトの値でも、短い時間に
大量に浴びれば体への影響は大きく、
長期間で浴びれば影響は小さいことになります。

これは、おそらくDNAの修復機能の影響があるので、
長期にゆっくり浴びる分には、ダメージに対して
修復が間に合うということになります。

ベクレルは放射線の発生源の量です。
ベクレルの値が高い放射線の発生源があっても、
そこからの放射線を浴びなければ、
体への影響は無いことになります。

この二つの単位が混在して説明されるのが
分かりにくいのですが、これは状況を表現する為には
必要なので仕方が無いと思います。

それより、問題は以下に示す、それぞれの分母の値が
分かりにくいことだと思います。

●ベクレルの場合
 食べ物や雑草は1Kg あたり、水や海水は1リットルあたり、
 地表は1平方メートルあたりというのが、
 すべてベクレルという単位で表現されている。
 ベクレル/kgとか、ベクレル/リットル、ベクレル/平米
 と書いてくれると分かりやすいと思います。

●シーベルトの場合
 1時間あたり、1年間あたり、レントゲンやCTの一回分などが、
 すべて同じシーベルトという単位で表現されている。
 これもSv/h、Sv/年、Sv/回と書いてくれると分かりやすいと思います。

ニュースを良く読めば、~あたりや毎~という表現が
書いてあったりすることもありますが、
無い場合もあるので困りものです。
ミリ m(千分の1)、マイクロ μ(百万分の1)も
馴染みの無い人は分かりにくいかもしれません。

ここまでの内容を踏まえて、水道水に含まれる
放射性物質の影響を考えてみます。

報道された水道水の放射性物質の量は210ベクレル/リットルです。
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20110324-752214.html

これは水に含まれる放射性物質の量なので、
ここから放射線を浴びなければ影響はありません。

問題はこの水を1リットル飲んだ場合になります。
体内に摂取した放射性物質からどれだけ放射線を浴びてしまうかを
換算する実効線量係数をいう値があります。
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food2/Yougo/j_senkeisu.html
※風呂やコップの水からの外部被ばくは無視します。

実効線量係数を使うと、1ベクレルの放射性物質から
何mSv被ばくするかを計算することが出来ます。
上記ページを見ると、ヨウ素131を経口摂取した場合の
実効線量計数(Bq/mSv)は2.2/100000です。

なので、210ベクレル/リットルの水を1リットル飲むと、
210 x 2.2 / 100000 = 0.00462 mSv = 4.62μSv

ちょっと注意が必要なのは、
4.62μSvは総量(体内に放射性物質が存在する期間の積分値)なので
実際にはこの量を浴びる期間を考慮する必要があります。

ヨウ素131の半減期は8.1日、生物学的半減期は128日で
減っていくらしいです。
計算結果は、体内から完全に放射性物質が無くなる
50年間ぐらいの積算で4.62μSvということのようです。
当然上記の半減期で放射量は減っていくので
最初の一カ月ぐらいがほとんどの被ばく量になります。
※積算期間(50年ぐらい)についてはちょっと自信がありません、、、

長くなったので一度まとまめると、
210ベクレル/リットルの水を1リットル飲んだ場合、
約4.62μSvの被ばく
を一ヶ月間ぐらいの期間で受けるということです。

今回の水道水は、一番大気への放出の多かった事故直後の
放射性物質が、週末の雨で空気中の放射性物質が落ちて、
川に流れ込んだことが主な原因と思われるので、
放出が減っている現状で長期間続くとは考えにくいですが、
仮に、210ベクレル/リットルの状態が一年間続いてしまい、
毎日1リットル飲み続けたとすると、
1年間で210 x 365 = 76650ベクレルの放射性物質が体内に入ります。

ここからの被ばく量は上記と同様の計算で、
76650 x 2.2 / 100000 = 1.6863 mSv
の被ばくを、約1年で受けると考えられます


被ばくの影響を以下で見てみると、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88

1年間に自然環境から人が受ける放射線の世界平均は2.4mSv、
210ベクレル/リットルの水を1日1リットル、
365日飲み続けても約1.7mSvなので、
ヨウ素131の影響だけなら、
1年に自然に浴びる放射線の影響より小さいことが分かります。
但し、妊婦の妊娠から出産までに浴びて良い人口放射線の限度は超えています。


実効線量係数は放射線の細胞の部位による影響や放射線の種類
(内部被ばくの場合はβ線の影響が大)によるファクターも含んでおり、
シーベルトに変換された時点で、
体への影響の数値として比較しても問題ないはずです。

これだけ大騒ぎしている水道水のヨウ素131の影響は
このままの値が1年続いて、毎日1リットル、1年間飲んでも、
自然に浴びる放射線の世界平均よりも低いことになります。。。

参考までに、3月15日の東京の放射線量は0.809μSv/h
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110315/dst11031513200065-n1.htm

3月15日に10時間外にいたら、8.09μSvの被ばくをすることになります。
報道された水を1リットル飲んだら4.62μSvなので、
3月15日には平気で外を出歩いていた人が、
慌ててミネラルウォーターを買っていたとしたら微妙ですね。。。
しかも、報道されたのは検出された22日の翌日で23日ですから、
既に前日から飲んでしまった可能性が高い。

被ばくは、大気中の放射性物質の吸入と食物からの摂取による
内部被ばくと地表に落ちた放射性物質からの外部被ばくのトータルになると思います。
ヨウ素以外に、セシウムやその他の積算も考える必要があります。
最終的な影響は全ての積算数値なので、どの程度が安全かははっきりは分かりません。

自然被ばくの範囲内なら発がんリスクが無いとも言い切れませんし、
ヨウ素は甲状腺など特定部位に集まるようなので同じ被ばく量でも
影響は違うかもしれません。
※一応、実効線量計数はこの辺も含んでシーベルトに変換されていると
 思うのですが自身無しです。。。
また、細胞分裂が多い妊婦や乳児は影響が大きいと思われます。

ただ、こうやって計算してみると、今回の水道水だけを取り上げて、
特別に心配することは無いのかなと思います。
放射線の影響が無いと言っているのでは無く、
他の影響と比べて突出している訳では無いということです。

一つ疑問なのは、被ばく線量シーベルトの基準値に対して、
水道水や食糧に設定されたベクレルの基準値が低いことです。
これは、食物はいろいろな経路から口にはいることもあるので、
積算を考えての基準なのかなと思います。
基準値設定の根拠が分からないので、なんとも言えませんね。

テレビではただちに人体に影響が無い言っているのは、
急性の被ばくによる影響です

長期間の少量の被ばくの体への影響は、
広島やチェルノブイリでのデータなどで研究されているようですが、
はっきりと統計的に有意な値としては出ていないようです。
但し、統計分析は前提条件や解析の方法によっても変わるので、
正式なコメントとして大丈夫とは言い切れないのでしょう。
http://cnic.jp/files/che20_20060304imfr.pdf

結果は数十年経たないと分かりませんし、
影響があっても因果関係は証明されないかもしれません。
その時には責任を取る立場の人は引退しているでしょう。
薬害エイズ、C型肝炎もそうですが、
国が大丈夫ということを鵜呑みには出来ませんので、
各自が理解を深めて、無理のない範囲で防衛するしか無いですね。

今回の水道水だけに関して言えば、
個人的な見解では、空気中や地上の放射線の影響と
大きく変わらないと思います。
※繰り返しますが、だから安全とは断定できません


今後を考えると、広範囲に飛散した放射性物質は長期間残ります。
(セシウム137の半減期は約30年)
飛散した放射性物質は雨で集まって河から海に流れます。
福島の海でも河口付近の放射性物質の量
がかなり高くなっていました。
東京湾の水はすぐに入れ替わりませんし、
生物濃縮で蓄積されたりといった可能性は
良く分かりません。

PCBやダイオキシンと比べてどのくらい影響があるか
分かりませんが、今後釣った魚を食べる為にも、
情報があると助かりますね。

最後に、一番心配なのは
冷温停止までの道のりがはっきり見えない福島の状況です。
いろいろと苦労はあり、日々状況が変わるので
計画が立てにくいのでしょうが、
いつまでに何を処置するのか、何を優先するのかが
明確に見えてきません。
ニュースでは各炉の状況と予定する処置が出ていますが、
いろいろなトラブルで予定通り進んでいない雰囲気です。

勝手なことを書いて恐縮なのですが、
進捗報告が90パーセントからなかなか進まない、
システム開発でデスマーチにはまっている状況に
似ているの気がします。
現場は死に物狂いで頑張っているのに、
新しい問題が次々に発生したり、
マネジメントが機能不全になったりで
目指すゴールに近づかない状況に似ているように思えます。

現場の方々は、都民の水道水のリスクとは
比べ物にならない量の被ばくをして、
日本の為に命を危険にさらして頑張っているので、
本当に頭が下がります。

現状では再臨界の確率は低いと思いますが、
そうでなくとも、圧力容器が大きく破損したら、
被害は比べ物にならない状況になるでしょう。
特に3号機はプルサーマル運転でMOX燃料が使われているようですし。。。

なんとか危機を脱してくれることを祈ります!!!

緑ウィーリーと水中映像

澄み潮のボート釣りで調子がいい緑ウィリー、
何故緑色???という疑問に対して、
先日の水中映像がヒントになるかなと思い、
ちょっと検証してみました。。

水面直下はこんなですが、
水面

想像している世界とは違い、
水中は驚くほどの緑色の世界。
水中_メバル

水中_メバル2

この状況に仕掛けが入るとどうなるのか、
試しに透明緑のプラスチックを通した写真を撮って
比べてみました。
色比較

結果は、ピンク、オレンジは緑色に消されて目立ちませんが、
緑は色が重なって濃くなります。

ちょっと強引な推測ですが、
上から光が入ってくる水中では、
緑色が良く見えて目立つので、コマセに同調した状態で
これにアクションが付くと、
反射的に食ってくるのではないかと思います。

釣りは経験則が大事ですが、
こうやって理屈を考えるのも楽しみの一つ。

そうなると、緑以外に、青や黒でも良いか???
と思うので、是非試してみようと思います。

釣行記をまとめて更新

しばらく更新していなかった3月頃からの釣行記をまとめて更新しました。回遊魚の居ない時期のカゴ釣りはパッとしないので、ボート釣りが多いです。

またしても

天気もぱっとせず、仕事も忙しくて、結局週末は釣りにいけませんでした。
日曜福浦に行った友人によると、回遊魚はサッパリとのことでした。
急に冷え込んで、今シーズンの回遊魚も終わりが近づいてきたようです。
そろそろカレイ狙いあたりに切り替えて今週末こそは出かけたいと思っています。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。