スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/3 大津ボート釣り マダイ&ワラサ(その2)

(その1)へ戻る

痛恨のバラシに呆然となりましたが、
気を取り直してマダイはまだいるはずと
再度ハリスをチェックしてからコージを付けて投入。

準備していた一つテンヤにも餌を付けようとすると、
なんと、再度ぶっこみ竿のドラグがなりました!!!

自分に言い聞かせながら落ち着いて竿を持ち、
食い込みを確認して一発大合わせ。
今度もフッキングしたようで、最初の激しい走りを
ドラグの調整でかわしてから、巻き上げ開始。

先ほどばらしたのと同レベルの手応えなので、
祈るような気持ちでリールを巻きます。
何度も突っ込まれて糸が出されながらも
徐々に寄ってきました。

どのくらいの時間かかったのか覚えていませんが、
ようやくリーダーが見えたので、下を覗くと、
水中に白っぽい影が見えました。

リーダーの残りを巻きとると、
水面に浮きあがったのはかなりの大きなマダイ!!!
緊張しながらタモ入れを試みますが、
4メートルのハリスの為、
竿で寄せるのでは、遠くてうまくいきません。

浮きあがっていても、ここで再度突っ込まれたら
どうしようかと思うと、なかなか竿を置いて
ハリスを手繰ることが出来ません。

2回ほどタモ入れに失敗したところで、
意を決して竿を置き、ハリスを手繰って寄せたら、
一発でタモ入れ成功。
ようやくボートの上に乗せたところで緊張から開放されて
一人ボートの上で叫んでしまいました。

チャリコ以外の人生初マダイがこれほどのサイズで釣れてしまうとは、
ボートの上に横たわるマダイを見てテンションMAXです。

マダイ

朝10時前にして、既に今日の釣りは十分満足という気分です。
早速、竹山出しを攻めている友人に電話、
するとこちらに向かっているとのこと。

回遊の時合いなら、まだ可能性はあるので、
傷んだ仕掛けを交換して、再度ぶっこみ仕掛けを投入。
釣れたマダイの血抜きを開始しました。

デカイので、エラを切ってから頭だけバケツに入れて
血抜きです。クーラーに入らないので、
到着した友人の大きめのクーラーに入れてもらいました。

ようやく落ち着いて、次を狙う為にひとつテンヤを開始。
テンヤは反応がありませんが、
再度ぶっこみ仕掛けにアタリが来ました。
しかし、今度は一気に糸が出ていく感じはありません。

急いで一つテンヤの仕掛けを巻きあげましたが、
途中でぶっこみとお祭りしてしまい、
急いで絡みを解いてぶっこみ仕掛けを持つと、
既に反応は無くなっていました。

仕掛けを回収するとペンチで切ったようにハリスが切れており、
犯人はフグと断定。
仕掛けを交換して再度ぶっこみを投入、
一つテンヤを続けますがアタリは無く、テンヤを根がかりでロスト。

マダイの追加はあきらめて仕掛けを再度ビシ釣りにしますが、
まったく反応は無い為、岸よりの定番ポイントでアジ釣ろうと
11時ごろに移動しました。

(その3へ続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。