10/16 大津 ボート釣り

釣果:アジ 32匹

アジ30

先日の泳がせ惨敗のリベンジに、
またまた大津のボート釣り出撃。
朝は北東3の予報通り、結構な波にもかかわらず
既にボート店は人でいっぱい。

波があるので友人と3人で
一人一艘ずつ借りて定番ポイントへ向かいます。

出る前は白波も見えていた海も、
出てみると最悪状態では無く、
ボートはそこそこ進みます。
定番ポイントへ到着すると、
すでに先着のボートがかなり居ましたが、
空いている場所を見つけて
結構いい位置へアンカリングが決まりました。

潮は比較的澄んでいて水温は若干高め。
魚探の反応に魚影は見えませんが、
いつものようにビシ仕掛けを投入。
しばらくコマセを振っていると、
横にアンカリングした友人に早速アジがヒット。
ちょっとしてこちらにアジがヒット。
早速本命の泳がせ釣り仕掛けを投入です。

ちょっとすると、ビシを投入してコマセを振り出した後、
2,3回しゃくると必ずヒットする状態になりました。
先週十分にアジを釣っているので、
今回はアジは泳がせ釣りの活餌+αが確保できれば十分で、
アジを確保した後はマダイ狙いの
アオイソ仕掛けを準備です。

天秤に70センチほどのハリスを取った一本針に、
アオイソを房掛けに付けて
かけ上がり付近を中心にキャストしては
竿をあおって誘いながら探ります。

しかし、小物のアタリはあっても本命のアタリは反応無。
昼の満潮前後の時合いに合わせてアオイソメを残し、
タイラバに変更してキャストを繰り返しますが、
これもリリースサイズのカサゴがヒットしただけで
本命のアタリは無し。

昼前はアジのアタリもポツポツ程度になり、
ちょっとまったり状態で
水中カメラを沈めてみます。
しかし、今回も途中で録画が停止してしまい失敗。
泳がせ釣りも反応が無く、
定期的にアジを交換しますが期待薄な雰囲気です。

昼を回ったところで潮どまり前後の時合い勝負で
カレイが来ないかと、残りのアオイソメを付けて
根周りの砂地を狙ってキャスト。
置き竿にしながらビシ釣りで遊びます。

アジは順調に釣れますが、泳がせもぶっこみも無反応。
ビシ釣りにヒットした二回の謎の大物は
無念のハリス切れとバラシで逃し、
いい所なく餌も無くなって3時に沖上がり。
なんだかんだでアジは30を超えたものの、
なんとも納得いかない結果でした。

沖から上がってくると、
雑誌「釣り丸」の編集の人が60センチクラスの
マダイを上げていました。
マダイは確実に浅場に入ってきているようで、
聞いたところ、竹山出しのかけ上がり付近で
コージ餌のぶっこみ釣りとのこと。

コージ餌のぶっこみ釣りは、ヒットすれば大物で、
放り込んでおけば、泳がせ釣りのように放置出来
ボート釣り向きの釣りだということで、
勉強になりました。

今回はマダイを視野に入れたものの、
ビシ釣りをやったり、カレイを狙ったり、
泳がせ釣りをやったりと狙いも絞り込めず、
やれば釣れるアジ釣りへの未練も残すなど、
欲張りすぎて結果が出ず完敗です。

今年はワラサの浅場への回遊もあまりないようですが、
マダイは好調なようなので、もう少し研究して
是非ともリベンジしたいと思います。

夏以降好調なアジは、
型も良くて相変わらず食味は最高。
今回は摘みたてハーブの差し入れもあり、
カルパッチョも作ってみました。

料理1016

味ポン、バルサミコ、オリーブオイルを混ぜて、
塩、こしょう、刻んだバジルを入れたソースを
薄切りにしたアジにかけるだけ。
タッパーに入れて漬込めば翌日もOKで、
パンでも美味しく食べることが出来ます。

アジカルパッチョ

友人と合わせて3人分のアジは100を超え、
物凄い量で全部集めると、写真の倍ぐらいの量になりました。。。

アジ55
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック