スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/12 大津 ボート釣り 巨大ワラサゲット

釣果: ワラサ 78cm 5.9kg  マアジ(二人分):約30匹

ワラサ

カゴ釣りの時期になりましたが、7月末に雨と雷で断念したボート釣りのリベンジに行きたいと兄から要望があった為、大津のボート釣りに出撃です。
前日に5キロオーバーのワラサが上がっているようなので、今回も一発大物狙いを視野に入れて釣行です。先日のカゴ釣りで丁度タモが壊れたので、大物用に前日に60センチのタモ枠も購入。さらに前夜に急遽ラインシステムも組んで少しでも大物に耐えられるように備えました。

3連休最終日なのに7時ちょっと前と遅めの到着になってしまいましたが、ギリギリ最後の一艘前で間に合ってセーフ。手続きをして出船前にアジのポイントを聞くとプール前、竹山出し付近が良いとのことでいつもの定番ポイントへ向かいます。ワラサのポイントも聞いたら、狙って釣れるもんでもないから運だよと言われたので、アジが集まるところにはワラサも寄ってくるだろうという作戦で行くことにしました。前回の反省を活かして、まず真剣にアジを釣ることに重点を置きました。

竹山出し手前の定番ポイントに到着後、魚探をチェックしても魚の反応はありませんが、まずはいつもの潮の当たりがいい岩場の急な駆け上がりにアンカリングしました。ここでコマセでアジを寄せる作戦に出ました。するとすぐにアタリが出始め、アジの入れ食い開始です。こうなるとアジ釣りが楽しくて、しばらくはアジ釣りに熱中、活き餌用に小さいアジを選びながらアジを釣り続けました。
9時ごろにアジの反応がちょっと落ち着いたので、ポンプ付きバケツで活かしておいたアジをセットして本命泳がせ仕掛けを投入です。本命とは言っても、セットしたらドラグを緩めて置き竿です。

そのうちにアジのアタリが遠のいてきたので、魚探をチェックすると水深が最初より2メートルぐらい浅くなってちょっと流されていることが判明。長めに出したアンカーロープをちょっと引っ張ると10メートルぐらい動き、元の水深に戻るとまたすぐにアジがヒットしました。
ポイントはかなりシビアなようで、少し外れるとアタリが出ません。アジも入れ食いとは言っても、誘ったり合わせたりしないとバラシが多く、ちょっと食い込みが悪い感じです。

とは言っても結構アジも釣れて余裕が出てきて、先日釣って作ったサバの切り身でも釣れるか試していたら、いきなり竿先がのされて引き込まれました。とりあえずドラグを緩めて無理せずに少しずつ巻いていきます。根がかりのような引きですが、引っ張ると少しずつ上がってくるし、たまに引き込むので得意のサメかと思いましたが、ひょっとして黒鯛かとも思って慎重にやり取りです。シロギス用のロッドに2号ハリスなので無理も出来ず、ゆっくり引っ張っては巻きを繰り返すものの、すぐにドラグが回転してラインが出てしまい、一向に上がってきません。

クタクタになりながら、なんとか水面近くまで上げると、サメではなく巨大なアカエイでした!
座布団ぐらいあるアカエイは尾びれの棘が怖いのでハリスごと切ってリリースしました。

アカエイでこんなに重いのだから、ワラサが全開で泳ぎ回ったらとても上がらないななどと話しながら、切った仕掛けを交換して再度アジ釣りを始めると、その少し後に泳がせ仕掛けの置き竿の竿先が急激に水面に突き刺さり、直後に凄まじい勢いでドラグ回転して糸が出ていきました。

泳がせ釣りで使ったアジは小さいものを選んだと言っても20センチ近くあります。それをいきなり食ってこの走りは只者ではない感じです。竿を手に取ってみると物凄いパワーに驚きました。しかし、根に入り込まずに横に泳いでいるようなので、まずは落ち着いてドラグを調整してラインの残りを確認しながら走らせます。

最初の突っ込みが一段落したところで、すこしドラグを締めて無理せずにゆっくりポンピングしながらリールを巻いていくと、すぐに反撃されて走り始めて、あっという間に巻いた分のラインが出されてしまいます。とにかく今まで未体験のパワーになんとか姿だけでも拝みたいという一心で必死にリールを巻きます。巻いてはラインを出されてを繰り返すこと15分ほど。少し弱ってきたようなので一気に勝負に出て巻きに入りました。かなり巻いたなと思ったところで姿が見えたようで、兄がデカイ!カンパチか!と叫びました。
そこから数メートル巻くとようやくこちらからも魚が見えました。ボートの下数メートルに見えた魚体は思っていたよりも大きく、びっくりするぐらいのサイズの体高の高い丸々太った巨大なワラサでした。

しかし、後もう少しのところで、ラインがアンカーロープに引っかかって巻けなくなりました。無理に巻いて擦れてラインが切れると嫌なので、竿を託して片手にタモを持ち、アンカーロープを手繰ります。数メートルアンカーロープを引き上げると、なんとかタモに入りそうな水深1メートルぐらいまで近づきました。
タモを伸ばしてタモ入れにチャレンジしますが、魚体が大きすぎるのと、アンカーロープと絡んだ仕掛けが邪魔してタモにうまく入りません。ここで全開で走られたら一巻の終わりと心臓が破裂しそうになりながら必死にタモ入れです。かなり弱っており、魚体は横になりながらゆっくりとアンカーロープの周りを泳いでいます。3度ぐらい網にちょっと入っては出てを繰り返し、その度にもうダメかと思いながら、4度目にようやく頭からすっぽり網に入りました。
タモには入りましたがあまりの大きさに1/3ぐらいは網からはみ出てしまうので、暴れるとすぐに飛び出しそうです。そこで網の枠を両手で掴んで、魚ごと抱えるように持ち上げてなんとかボートに上げました。持ち上げた途端に重さで買ったばかりのタモの枠が折れたものの、そんなことも気にならないほど興奮した状態で長い戦いが終わりました。

ボートに上がったワラサは信じられないデカさです。持ち上げて記念撮影でもしたいところですが、暴れたらボートの外に飛び出しそうなので止めておきました。どうやってもクーラーに納まるサイズではないので、アジも結構釣れたし少し早いですが11時半で沖上がりとしました。

岸に戻るとボート屋のおばちゃんが重さを測ってくれて、5.9キロ!記念写真を撮ったりしてようやく釣り上げた実感が湧いてきます。ボート屋で親切にも長ネギ用の発泡スチロールケースを譲ってもらえたので、氷を買って海水と一緒に入れて冷やし、蓋をガムテープで止めて持ち帰れるようになりました。70センチの発泡スチロールケースに斜めにして入れても尻尾が曲がるサイズです。
家に帰って体長を測ると78センチでした。ワラサと言ってもほとんどブリサイズ!横須賀の岸から数百メートルでまさかこれほどの大物が釣れると思っていませんでした。

トロ箱ワラサ


あまりの大きさに卸すのも一苦労です。とにかく重いし、こんなデカイ魚を捌いた経験はありません。今まではステンレス製の小出刃しかもっていなかったのが、丁度前日にカッパ橋で鋼の出刃を購入していたので、なんとか卸すことが出来ました。魚を卸すというより、解体といった感じです。半身のでかさが尋常じゃありません。

ワラサ解体


胃袋の中からは飲み込んだ二本の針の付いたアジが出てきました。内臓もかなりの部分食べることができ、カマ、中骨、頭だけで普通の焼き魚数匹分の身の量です。当日はカマの塩焼きと刺身にしたところ、腹側の身は脂の乗りが絶妙で、甘みもあって最強の刺身でした。

ワラサ刺身

大きすぎて釣った直後に血抜き出来なかったのが残念ですが、十分な旨さです。とにかく量が多いので、分けて残った分だけでもしばらく食べられそうな量です。

当然アジの釣果もあり、余裕がないので大部分干物にしました。今回は干し網ではなく、ピチットシートを使って冷蔵庫で熟成させる干物にしてみました。

アジピチット


今回の泳がせ釣りの仕掛けは以下で、持ってる道具の中では最強ですが、今回の相手を考えるとかなりのライトタックルで、根に入られたらひとたまりもなかったなと思うと、ツキも味方してよく上がったと思います。

 ロッド: シーバス用9ft 2ピース ルアー負荷 8~21g
 リール:シマノ(SHIMANO) アルテグラ2500S

 メインライン: TORAY ソルトライン シーバスPE 20lb 
 ショックリーダー: VARIVAS SHOCK LEADER 30lb
 ビミニツイスト+オルブライトノット
 仕掛け: ヒラメ用 ナイロン6号ハリス

ワラサタックル

沖釣りでは珍しくないサイズでも、手漕ぎボートで準備とポイント選定から理想的な流れで予想以上の大物を仕留めることが出来て大満足のリベンジ釣行となりました。

今回はかなりツキも味方しましたが、出来る限りの準備をして、普段運河の巨ボラとシーバス釣りで慣れているタックルを使ったのも良かったようです。
想定外の大物にも、慣れているタックルのお陰でドラグの調整やラインへの負荷のかかり方を調整できたのは勝因だった気がします。

一発大物狙いは狙っても結果がでないことも多く、専門に狙うのは難しいですが、アジ狙いの横で竿を出しておくだけで夢を見ることが出来ることが分かりました。仕掛けを出さないと釣れないので、アジ釣りの際は端物竿の準備は忘れないようにしたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

No title

はじめまして!!
すごいですね!私も5,6回大津に通いましたが、大物は一度も・・・目の前で釣られたことはありますが笑
ツキも味方というか完全に実力ですね!すごすぎます!!いいなぁ~

Re: No title

去年はワラサが当たり年でしたね。
今年は残念ながら70センチオーバーを釣ることが出来ませんでしたので、来年に期待です。
泳がせ釣りはツキの要素も高いので、アジが釣れたらとりあえず出しておくこといいいですよ!

> はじめまして!!
> すごいですね!私も5,6回大津に通いましたが、大物は一度も・・・目の前で釣られたことはありますが笑
> ツキも味方というか完全に実力ですね!すごすぎます!!いいなぁ~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。