スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/11 観音崎 ボート釣り

釣果:サバ3匹(リリース多数) マ○イ 33cm
釣果

予報に恵まれた土曜日、今回も観音崎に出撃しました。

Y氏は大吟醸さんとタンデム、こちらは単独で手漕ぎです。
小潮で朝一が満潮の下げなので、時合いに間に合うように始発電車で出発。

受付をしていると、大吟醸さんとのタンデム予定のY氏が登場。
大吟醸さんはまだのようなので、一足先に岸払いしました。

ボート漕ぎだすと、前回よりも少し濁りが入って期待できそうな雰囲気です。

いつもと同じポイントには、すでにマイボートの船外機が入っていたので、少し岸側を狙ってアンカリング、走錨しながらほどほどの場所に止まったので、仕掛けを投入します。

毎回似たような潮回りでの釣りなので、ほぼ同じような攻め方で続けます。
しかし、餌取りは活発ですがなんとなく本命の雰囲気がありません。

潮止まりを挟んで徐々に下げ潮が動き出してきたので、集中力を高めて手返しを続けます。
すると、今回はダメかなーと思い始めた10時ちょっと前にアタリが出ました。

やり取りを始めると、サバやアジではなく、本命っぽい引きですが、ドラグが出されるようなパワーはありません。
すんなり上がってきたのは塩焼きサイズの本命でした。

すぐに仕掛けを再投入して狙いますが、その後はサバのアタリが増えて本命の気配が無くなってきたので、11時過ぎに沖のポイントに移動することにしました。

魚探で反応見ながら良さそうなポイントでアンカリングを試みるも、今回はまったくアンカーが止まりません。
深場で落として浅場の根際まで引きずりながら止める作戦も全く効果が無く、深場から根の真上まで流されて、根の反対側にボートが止まるような状況なので、ピンポイントのアジ狙いが成立しません。

数回アンカリングをやり直してもうまくいかないので、あきらめて再び浅場のポイントに戻ることにしました。
しかし、浅場のポイントに移動してからもヒットするのはサバだけで、時間いっぱいまで粘って沖上がりとしました。

サバが増えて本命の雰囲気が減り、のっこみシーズンも終盤かなという感じでしたが、朝の時合でY氏が待望の一枚をゲット。
濁りも入って緩い下げ潮と期待できそうな感じでしたが、全体的に渋い一日だったようです。
そんな中、小さいながらも型を見ることが出来たので良かったです。

帰宅後は大吟醸さんにいただいた特大ウマズラとサバのナメロウを美味しく頂きました。
ウマズラ刺身

余ったサバは芋焼酎さんお勧めのオイル煮にしてみたところ大好評!
一見洋風なのですが、そのまま玉ねぎを敷いた上に乗せてポン酢をかけるとご飯のおかずに最高です。
サバのオイル煮

そのまま混ぜればパスタ
パスタ

そして、ミョウガ、ネギ、梅と一緒にご飯に乗せて、だし汁をかければお茶漬け
茶漬け

パンにはさんでも美味しいし、結構日持ちもするので、今後サバが釣れたらオイル煮は定番になりそうです!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。