4/9 大津 ボート釣り

釣果:イシモチ19
イシモチ釣果

この時期恒例の大津のクロダイ狙いに出撃しました。
最近の釣果情報では真鯛も結構あがっており、期待が膨らみます。
Y氏も大吟醸さんとタンデムでの出撃です。

岸払いして、まずは冬の定番ポイント、沖の5枚目、6枚目の岸よりに海苔棚のロープを避けながらアンカリング。
8mハリスにシェルビーズを付けてビシ棚を底から5mほどにして、底を這わせて誘いながらクロダイを狙います。

一投目から当たりがあって上がってきたのは予想通りイシモチ。
その後はポツポツとアタリがありイシモチは釣れますが本命のアタリはありません。
途中で珍しいカマスが釣れましたが、小さかったのでリリースしました。

仕掛けに手を入れながら本命を狙い続けるも徐々にイシモチのアタリも無くなり、風向きが変わってボートがロープの上に動いたので、4枚目と5枚目の間付近まで移動。

移動後はイシモチのアタリは復活したものの、本命のアタリは無く、沖上がり前にホシザメが釣れて終了となりました。

Y氏、大吟醸さんのボートもイシモチのみで終了でした。
この日は澄み潮で全体的にアジのアタリも渋く、石田丸のボートが全て出るほどの盛況にもかかわらず、アジは良い人で10程度、クロダイ、マダイも上がっていませんでした。

イシモチは30㎝を超えると引き味も良く、食べて美味しいので最近評価が高いです。
アジが無かったのでナメロウにしてみたのですが、結構美味しかったです。
イシモチナメロウ

今回はクロダイ狙い用に底を這わせて誘うように狙ってみたところ、イシモチの釣果は良かったように思いました。
クロダイに対してはの効果の程は分かりませんでした。
春の大津のクロダイ狙いは当分研究が必要ですね。。。
スポンサーサイト

コメント

あなごの釣り方と同じ(^_^;)

こんばんは!
ビシ釣りでハリスを底に這わせる釣り方は私の穴子釣りと同じです。

穴子、イシモチ、カレイには効果有りです。
クロダイはわかりません。
イシモチに関しては餌をイソメにした方が数が伸びる感じです。
型はばらつきますが(^_^;)
読んでいてイメージ出来なかったのがクロダイがどのようにコマセを食べているかです。
コマセに寄ってきて海底に落ちたコマセを下を向いて食べているのか?前や上を向いて漂うコマセをパクついているのか?

イシモチは前や下を向いている気がします。
穴子やカレイは泥の中や表面で下から上を向いて餌認識して食べます。
クロダイはどこを向いているか?
団子釣りをイメージすると下を向いているイメージですがウィリーをイメージすると上を向いているイメージです。
最近試しているのが、団子(アミエビ+砂+グルテンまたはオカラ+酒粕)を放り込んで魚の活性を上げたり、寄せたり出来ないかという試みです。

効果があれば、警戒対象となるビシカゴ無しで釣りが出来ますがその場合の餌だなの位置が海底に這わせるのが良いのか?
底すれすれにすれば良いのか?
この辺も試行錯誤して楽しんでます。
kagoturiさんの這わせる釣り方も大変に参考になります。
今後も機会があれば記事にしてくださると幸いです。

Re: あなごの釣り方と同じ(^_^;)

>APさん

コメントありがとうございます!

底付近を這わせて狙う釣り方は、去年クロダイ乗合に乗った時の釣り方です。

クロダイはぶっこみの投げ釣りなどでもよく釣れて、真鯛と違って底を漂う餌を食べることが多いようなので、今回試してみたのですが結論は分かりませんね。
クロダイも棚を上げて浮かせて釣る方が良い場合もあるので、うまくパターンを見つけて狙っていこうと思います。

大津のクロダイ狙いはまだまだ分からないことだらけで結果が出せないので、毎年繰り返して少しづつデータを集めていくつもりです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック