陸釣りではなく、ボート釣り

前回の釣行記の後、二回ほど三浦方面に出撃するも、なかなか満足いくような釣果が得られなくて、冬場の陸釣りの厳しさを実感です。水温が下がって魚が深場に落ちているのか、この時期、カレイ、メジナ、根魚以外は、岸からでは難しいということで、ボート釣りに挑戦しました。

天気も風も波も条件が良さそうな三連休の中日に、京急大津付近のボート屋から朝7:00に出航?30分ほど漕いでポイントに到着です。ボートでこんなに沖まで来て大丈夫か?と不安になるほど沖です。

ボートより岸

ボート屋にポイントを聞いておいたものの、大海原ではイマイチポイントが分からず、先行のボートが居る付近を目安に、周囲のボート位置とブイやロープを確認してアンカリング、釣り開始です。

1本目にビシ仕掛けをセットして、2本目の竿を準備していると置き竿に反応があり、型は小さいものの幸先よくアジゲット。これは大釣り期待!と思ったものの、そのポイントではその後反応なし。1時間ほどあたりが無く、場所を移動しました。移動した場所ですぐにアジが来ましたが、またしてもその後が続かず。超重いアンカーの上げ下ろしという苦痛を我慢して何度かポイントを移動するもアタリはなし。

何回目かで少し沖に移動すると、置き竿にウミタナゴがヒット!ウミタナゴが釣れるという事は、砂地ではなく、根が近いのではと思うと、すぐにアジがヒット。その後、小さいカサゴも釣れて、うまく根の近くにアンカリングできたことを確信。アジやウミタナゴがさらにヒットしたので、この場所で最後までやろうと決めました。良いポイント発見で程よくアタリもあって楽しくなってきたところ、気がつくと無風状態で海も穏やかになりました。

これはいいと思っていると、急に風が陸から海へ吹き始めて不穏な雰囲気に。どうやら無風状態になったのは、風向きが変わる前触れだったようで、徐々に強くなる風にこのままでは危険と判断して、折角のポイントを諦めて岸近くへ移動です。

期待はできないものの、諦め半分で岸近くで時間まではやるかと思っていると、いきなりアジがヒット!さらに両型のシロギス、マイワシ、アジと立て続けにヒット!
うまくポイントに当たったのか、時合いが良かったのか、満足して15:00頃に撤収しました。

死んでしまって仕方なくキープした極小カサゴを含めて8目釣り達成です。
全体的に型は小さめですが、夕食のおかずには十分な釣果となりました。

8目釣り

しかし、ボート屋で聞くと、釣っている人はイシモチやアジを40匹ぐらい釣っているそうで、ボート釣りの奥深さを実感です。魚探は無くとも、せめて水深計ぐらいあれば沈み根やかけ上がりの位置が分かるので、もっと楽しめるようになりそうです。
カゴ釣りでアジが狙える5月連休ぐらいまでは、ボート釣りに通ってみようかと思いました。

釣った魚は二日分の夕食のおかずとなりました。アジは小振りでも程よい脂ののりで美味でした。

アジ刺身
煮付けカルパッチョコブしめ

まだまだボート釣りは経験がないので、これから修行していこうと思います。
今回やってみて分かったことは、

 ・海の上では思ったよりポイントが分からない。
 ・アンカーの上げ下ろしはロープで濡れるので、それなりの格好と専用の軍手があったほうがよい。
 ・酔い止めの薬は必須

でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック