スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/25 油壺 ボート釣り

釣果:マダイ 47cm 1.7kg イサキ 32cm 1匹 マアジ3匹 メジナ 1匹(リリース多数)

マダイ

釣果

週末土曜日に友人KAKE氏と、またまた油壺に出撃してきました。

前日の風予報は良かったのに、行きの高速ではかなりの風。
駐車場に着くとボート中止の看板は出ていないのでとりあえずひと安心。
準備して6時前に浜に降りるとCOZYさんがいらっしゃいました。

いろいろ話しているとあっという間に時間が経って受付を済ませて岸払い。
風はかなり吹いていますが、先週の金曜日よりはましです。
この日は11時干潮の大潮、下げの時間はマリンパーク下でやってみることにしました。

水を汲むと水温はかなり高く魚探には底から水面まで鰯の群れが通過していくのが見えます。
水深は16mほど、まずはハリス6m二本針のビシ仕掛けで開始しました。

底付近から棚取りすると結構上まで餌取りが上がってきます。
ハリスを細くしてもマダイのアタリはなく、風の向きと潮が逆でNSはアンカー側に流れるので出せません。
5回ほどビシを入れて反応が無いので、見切りを付けて少し場所を移動。

この日は、数回仕掛けを入れてアタリの無い場所はすぐに諦めて移動すること決めてました。
去年の油壺では、チャリコもマダイもヒットするときは大抵移動して数投以内だったので、釣れないポイントで粘るより移動してポイントを探した方が良いのではとの作戦です。
移動したポイントもヒットしたのはベラだけだったので、マリンパーク下は諦めて定置網方面へ移動、手前付近にアンカリングしました。

しかし、先週同様カワハギが浮いているのか、棚を上げても餌が盗られて釣りになりません。
また、ものすごい鰯の群れに、たまに小サバの群れが来てオキアミ餌にヒットしてしまうのでやっかいな状態になりました。
風が強く定置網側に走錨してしまい、数回アンカリングし直しましたがアタリも無いことから、諦めて10時頃にイサキ実績ポイントへ移動しました。

KAKE氏は朝一からずっとこの場所でやっており、話を聞くとイサキのアタリは無く不調とのこと。
魚探で根のかけ上がりのイサキの群れをさがしてみたものの、あまり良い反応は無いので、かけ上がりになっている場所にひとまずアンカリング。

三本針で先が空針のウィーリー仕掛けを投入して、底付近からしゃくってみます。
ニ投目ぐらいで小カサゴがヒット、その後はメジナがヒットしました。

しゃくりすぎると動く餌に反応しやすい外道がヒットしてしまうので、コマセを撒いてから自然にコマセの中に仕掛けを落とす釣り方に変えたところ、作戦成功で15cmほどのウリンボが釣れました。
さすがに小さいのでリリースして、もう少し型のいいイサキを狙う為、棚を5mほど上げて同じ狙い方を何投か試したところ、急に竿先が引き込まれて、緩めのドラグから一気にラインが引き出されました。

30cmクラスのメジナとはレベルが違う引きで、ハリスが1.75号なので慎重にやり取りします。
3メートル巻くと2メートルラインを出される状態で慎重に間合いを詰めて行きます。

時間はかかりますが、底からは離れているので、ドラグを締めずに引き込んだ時にはラインを出して凌ぎます。
ウィーリー仕掛けにヒットしたので、良型のメジナかなと思いましたが、引きの感じはマダイっぽい雰囲気もあります。

しばらくやり取りして、ようやくビシカゴが見えて、さらに覗き込むと白い腹と赤い背中の魚が確認できました。
ビシカゴを掴んで、落ち着いてタモ取り成功、なかなか良い型のマダイでした!!!

フッキングは良い感じで閂にかかっていたので、細めのラインでも問題なかったようです。
マダイフッキング

驚いたことに、3本針の一番上、ピンクのウィーリーに掛かってました。
ノッコミ時期のマダイがこんなにビシカゴの近くの、しかもウィーリーにヒットすることがあるとはびっくりです。

魚体はノッコミ時期の雄特有で黒っぽくておでこが出っ張っています。
マダイボート上

尾ビレの状態から養殖抜けから育った個体っぽいです。鼻の穴もつながってました。
ウィーリーにヒットしてきたのも、この辺の事情なのかなと思います。

血抜きをした後は、ちょっと休んでから仕掛けを6m二本針のマダイ仕掛けに交換して、再びビシ仕掛けを投入するとメジナの入れ食い状態となりました。
マダイが釣れたので、基本的にメジナは全てリリースです。

ヒットするのがメジナしかないのと、11時に潮止まりを迎えて上げ潮に変わるので、
前々回上げ潮でイサキが入れ食いだった場所に少し移動することにしました。

良い感じで根のかけ上がりの途中にボートが止まったので、仕掛けを投入するとすぐにアタリが出てメジナがヒット。
棚を変えても相変わらずメジナが入れ食い状態です。
アタリがあった時に近くにアンカリングしているKAKE氏に、メジナのアタリの出方の違いが分かってきたと話しながら上げてくると、上がってきた魚は水面下で細長く光っています。
急いでタモを持ってタモ取りすると、アタリが分かったとは大ウソで、なんと大アジでした!!!

その後もメジナが入れ食いなので、NSでもアタリを味わおうとビシを置き竿にしてNSを流してみることにしました。

NSを流し始めると、置き竿のビシ仕掛けの竿先が海面に突っ込んだので、急いで手にとってみると、良く引きますが、ちょっとメジナとは違う感じの引きです。
期待しながら上げてくるとなんと良型のイサキ!!!

嬉しいゲストに出来過ぎな展開と思っていると、今度はNSのスプールが高速回転です。
釣れたのはメジナでしたが、期待通りNSのアタリも味わうことが出来ました。

その後はビシ仕掛けで大アジを一匹追加、NSに一回メジナがヒットしてリリースで、1時を回ると風向きが変わってポイントをは外れてしまい、アタリがぱったりと無くなりました。
流れが根の方向なので、NSを流したらヒットするかと思い、数回流してみたもののアタリは無く、2時過ぎに沖上がりとしました。

養殖抜けっぽい魚体ではありますが、待望の良型マダイ、良型イサキに大アジも釣れて、釣果としては文句の無い釣行となりました。
マダイはイサキ狙いのウィーリー仕掛けにヒットしたので、釣ったというより、運良く釣れてしまったということで、マダイ釣りの修行はまだまだ必要ですね。

この日はイワシ餌で良いサイズのヒラメも上がっていたので、イワシの群れが入っている間に試してみたら面白いかなと思います。

良型イサキは体高があって丸々太っており、前回までに釣ったイサキとは別の魚のような風格です。
イサキ

マダイは釣った時の雰囲気で50cmは超えたかと思いましたが、尾びれが丸まっていることもあって50cmには届きませんでした。
マダイ計測

マダイは湯引きで霜皮、イサキはバーナーで焼き霜にして、大アジとおまけのイワシの刺身も付けて、さらにKAKE氏の釣ったカワハギも入れて豪華な刺身となりました。
刺身盛り1

マダイの狙い方やNSの技術にはまだまだ課題が残りますが、偶然でも結果に恵まれると嬉しいものです。
今回と先週の比較で、油壺の根周りは大潮の方が良いのではという印象を受けました。

まだまだ旧定置網付近等、面白そうなポイントもあるので、今後はアンカリング主体で油壺を攻略してみようと思います。
スポンサーサイト

コメント

釣行お疲れ様でした

kagoturiさん、こんばんは!
釣行記、待っていました。
乗っ込み真鯛は、ウィリーにヒットですか!
そして、まるまるとしたイサキ、大アジ、さすがのすごい釣果です。
楽しんで釣られたのが、文章から伝わって来ます。

マリンパーク下も混んで来たので、私もポイント探ししようかと思っています。
やはり、旧定置網は狙い目ですよね。

Kagoturiさん、
土曜日は大変お世話になりました。
勉強させていただきました。
マダイにイサキとおめでとうございます!
しかし、現場で聞いた時は驚きました。
ビシ側の赤針とは。
GWにビシで釣ったマダイはお話した
通り、Kagoturiさんのブログにあった
誘いをかけた直後でした。
NSとビシのKagoturi式誘いで次は
私も赤く染まりたいです。

Re: 釣行お疲れ様でした

>こっとんさん

コメントありがとうございます!!!
今回はアタリも多くてとても楽しい釣りをする事が出来ました。
ロングハリスのビシ釣りは少し感覚が掴めてきたかなという感じです。
NSはまだまだ修行が必要です。

今回もマリンパーク下には沢山ボートが居ました。
前々回に行ってみた、湾からまっすぐ沖に行った35m付近にもツブ根が点在していたので、まだまだポイントはありそうですね。
延長用のロープを用意して探ってみようと思います。

Re: タイトルなし

>COZYさん

土曜日はお疲れさまでした。
こちらこそ、NSの話等、いろいろと教えていただきありがとうございました!!!

マダイはまさかのビシから2mも無いところのピンクウィーリーでした。
マダイはビシを嫌うというのも、日によって気まぐれな奴がいるのかもしれませんね。

誘いは沖釣りで使われているテクニックを試してみただけなので恐縮です。
受け売りですが、永井名人の本を読むとビシ真鯛釣りの奥の深さが分かりますのでお勧めします。

今回教えていただいた、NSの張りも同じような誘いの効果があるような気がしますが、まだまだNSでの仕掛けの動かし方がイメージ出来ていないので修行します。

No title

さすがkagoturiさん!お手本にさせていただきます〜!o(^▽^)o

ポイントの見切りはあらかじめ決心してないと中途半端になりがちですよね。kagoturiさんの戦略が的中!魚種が豊富な油壺では見切りもとても大切ということが、金曜日のぴー太郎さんの釣りと今回のkagoturiさんの釣りで実感できましたo(^▽^)o。

マダイの食性は面白いですね。コマセに突っ込んでくるような釣れ方を僕も経験したことがあります。イカ、イワシ、イソメ、アジでも釣れたり•••。こっとんさんのご報告にタコも!

しかし写真のイサキ、こんなに丸々と肥えるイサキもいるんですね!どれだけ脂ノリノリなのか•••。とっても気になりました〜(^^;;

No title

連投失礼いたします。

一番書きたかったことを書き漏らしてしまいました(^_^;)。

ハリス1.75号での47cm1.7kgのマダイ!
素晴らしい準備とテクニックだと思います!

再来年、細糸を追求することを年間目標にしているのですが、今回のkagoturiさんの釣果は間違いなく参考にさせて頂くことになると思います。

いつもながらたくさんのことを教えてくださる釣りを有難うございます!o(^▽^)o

Re: No title

>HEPPOさん

コメントありがとうございます!!!

ポイントの移動は、ボート釣りでは悩む所ですよね。
どうも油壷では粘って良かった記憶が無いんです。

イサキは大きな卵が入っていて、鯛の兜煮と一緒に煮付けていただきました。腹にはラードも大量にあり、身は程よい脂ののりで最高でした!!!
裏の旬は冬で、身に脂が凄くなるらしいので、いつか冬場のイサキも味わってみたいです。

マダイは泳がせにヒットする事もあるみたいですが、さすがにウィーリーにヒットしたのは驚きました。
あまり先入観を持ちすぎてはいけないなと思いました。

やりとりについては、今回良い場所にフッキングしたことにも助けられたと思います。
去年、伊勢町でハリス切れと針の伸びで連続してバラシを経験して以来、HEPPOさんの仕掛け研究シリーズでいろいろと勉強させてもらいました。
仕掛けはハリスの太さだけでなく、針や結び目、全体のバランスが大事ですね。

今回使ったウィーリー仕掛けは、いつもアジ釣りで使っていて、イナダなどもかなり釣っているので、強度がど
の程度までかを感覚で覚えているというのも良かったのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。