4/13 油壺 ボート釣り

釣果:マアジ1匹 メジナ2匹
釣果

連敗が続いているマダイ狙いで、油壺に出撃しました。
前回の沼津に引き続き、友人KAKE氏、Y氏と三人での釣行です。

6時半頃に油壺に到着すると、既に何人かの方が並んでおり、こっとんさんCOZYさんFishrangeさんがいらっしゃいました。
楽しくお話をしてから7時ちょっと前に岸払いで定置網を目指します。
波は穏やかで、水温は結構高く濁りがあります。

定置網の先は作業中なので、皆さんちょっと手前側でやっているようです。
空いている所を探して、水深24メートル付近で開始しました。

NSを二本出して、片方は3Bのガン玉を付け、片方はそのままナチュラルに流します。
二本流して反応を見ることで早めに棚を探る作戦です。
大潮後の中潮ということで、流れは結構早くて砂コマセがかなりの勢いで流れます。
5回ほど流しましたが全く生体反応がありません。

ガン玉を付けた方は、一回餌が取られましたが、餌取りっぽい雰囲気です。
ナチュラルに流した方は流れでふけて底まで仕掛けが沈んでいる気配が無いのでガン玉を付けました。

さらに5回ほど流しますが餌も取られない状況が続いて、120メートルぐらい流しても綺麗なまま付け餌が戻ってきます。
10時になり、ポイントに見切りを付けて移動することにしました。

KAKE氏、Y氏は定置網から200メートル程離れた場所にアンカリングして釣っているようで、こちらは以前から試そうと思っていた、湾をまっすぐ出た旧定置網があったところの根周りを調査してみることにしました。

ここは「釣れる海のボート釣り」に掲載されている昔定置網があった付近で、たけちゃんさんが以前アンカリングで試されていたポイントです。
かなり距離はありますが、おおよその位置にアタリを付けてGPSに登録してあった場所を目指して移動、魚探を見ながら探っていくと、根が点在している場所を見つけました。
水深が35メートルほどあるので、10メートルのロープで延長してアンカリングしました。

NSを二本出して探りますが、アタリはありません。
昼前になって全くアタリ無し、最近慣れてきたボウズの予感がよぎります。

ここでKAKE氏の状況を確認するのにサバカウンターを見てみると、アジとその他の釣果が出てます。
ポイントから想像するに、大アジとイサキと思われるので、再び定置網へ戻りました。
定置網には係留せずに、アンカリングしているKAKE氏、Y氏のボートが並んでいる所へ行って状況を聞いてみると、真鯛はダメでも大アジやイサキが連発とのこと。

とりあえずアンカリングしてNSを流すと、25メートルほど流したところでスプールが高速回転しました。
サミングしてから合わせるといい感じの手応えですが、ちょっと鯛っぽくありません。
上がってきたのは30㎝オーバーのメジナでした。

再度NSを流すと、30メートル程流してまた当たりました。
同じような手応えで上がってきたのはメジナ。

その後はNSのアタリが少し遠のいたので、ロングハリスのビシ仕掛けを投入して置き竿にしてから、再度NSに戻りました。
昼過ぎの干潮の潮止まりでも潮があまり止まらず、13時を回るとかなりの勢いで流れ始めました。
ビシ仕掛けは25号で投入角度が45度ぐらいになってしまったので35号に交換。

しばらくすると置き竿のビシ仕掛けの竿先がクンクンと引き込まれたので、手にとって合わせを入れるとなかなかの手応え、緩めのドラグが少し滑って糸を出されました
最初の引き込みに耐えてからリールを巻こうとすると、根に入られたようで上がりません。
ちょっと強めに引っ張ったら根ずれでハリスが切れてしまいました。
メジナの可能性が高いですが、正体を見ないままバラしたのは悔やまれます。

その後はアンカーが走錨してなかなか落ち着いて釣りが出来ません。
NSに30㎝ぐらいのメジナが一回ヒットしたのをリリースした後、100メートルほど岸寄りに再アンカリング。
風と流れでアンカーが効かずに何度かやり直した後、残り一時間ラストチャンスに賭けてNSを流します。

潮は早く、メカニカルブレーキを締めてもドンドン糸が出てしまいます。
数回流したところで、一気にラインは出ないけど、やけに糸の出が止まらないので竿を取ると何かが付いている感じがありました。

100メートルほどラインが出ているので慎重に巻いてくるとそこそこの引きでたまにグングンと引き込みます。
ラインの残りが少なくなったので海中を覗くと、白っぽい魚が回転しながら上がってきました。
これはマダイか!!!と期待しましたが大アジでした。

その後はアタリも無く、南風と波が強まってきた中をぎりぎりまで粘って14:30に沖上がり。
今回もマダイゲットならずと悔しい結果となりました。

掲示板を見ると、この日もマダイ6枚と3キロクラスのイナワラが上がっていたようなので、油壺攻略の難しさを思い知らされました。

KAKE氏は40センチを筆頭に大アジ4匹とイサキ、メジナも多数
KAKE.jpg

Y氏は大アジ、イサキ、メジナ、カワハギで大漁という結果になりました。
Y氏

真鯛は無くても、刺身に肝合えと豪華な刺身盛り
刺身盛り

大アジ、メジナは卵が入っていたので煮付けに
卵

大アジは刺身も良いですが、三枚に卸して塩焼きが最高でした。
塩焼き

メジナは美味しいのですが、沢山あると鱗取りが大変です。
次回以降は持ち帰り数を制限することにしました。
カルパッチョ


今回の収穫は定置網沿いの根と、港を出た場所の根の位置を確認出来たことです。
係留してコマセで寄せる釣りよりも、魚探でポイントを探して釣る方が相性が良く、結果が出ている気がするので次回以降の攻略法は検討の余地ありです。

ログ

今回もマダイの姿を拝むことが出来ませんでしたので、次もマダイ狙いで行くか、ちょっと矛先を変えて流れを変えてみるか、悩む所です。

以下、今回の個人的な備忘録です。

ハイパータナセンサー250Fはスプール回転が非常にスムーズだが、こっとんさんも書かれているようにアタリが取り難い。NSは二本出したが、全てチタノスGT2000+フロロフラッシュにヒット、何故かハイパータナセンサーにはヒットしなかった。
次回以降は潮の状況でリールを使い分けてみようと思う。

NSには潮が緩い方が良いと思われる。ある程度コマセと同調させないとダメかもしれない。

KAKE氏がアンカリングしていた場所は根になっており、定置網と並行して根がある感じだった。
ビシ以外に、ウィーリーでも大アジがヒットしていたので、濁りがあって潮も速かったことが、大アジには好条件だったのかもしれない。

大アジはこの時期産卵で浅場に群れが入っているのかと思う。
以前、三浦の地磯で大アジを遠投カゴで釣ったことがあり、5月~6月は三浦で岸から結構アジを釣った記憶がある。
スポンサーサイト

コメント

Kagoturiさん、こんにちは!
お話出来て楽しかったです。
デカ鯵いいですねー。流石だ~。
ハイパータナセンサーとチタノス、
いつも今日はどちらを使うか悩みます。
NSでなくビシの時はどちらが向いているのでしょうか?

kagoturiさん、こんにちは。

昔見た本に、磯場で狙う巨アジの事が書かれていました。

磯場は無理かなぁと思っていたので、
それが手漕ぎボートで狙えると思うと、気分が高揚してワクワクしてしまいます!

油壺の根を確認できた事はすごい成果だと思います。

僕もフォールディングアンカーの購入を考えていたところでした。

これからの季節、ビシにNSと面白くなりそうですね!!

Re: タイトルなし

>COZYさん

次回こそは鯛釣りたいです!!!

ビシの時は中古で買った傷だらけのABUの両軸リールを使っています。
以前はスピニングリールでした。
棚はPEラインの色で見ているので、ドラグ性能が良くて壊れにくいものなら何でもOKという感じです。

Re: タイトルなし

> ブライアンさん

本はパーフェクトアジという本ではないでしょうか?
一時期、陸から大アジを釣りたくて熟読した本です。

今回の釣果や根の発見はKAKE氏の手柄なのですが、結果的にボウズも免れて良かったです。
油壺もアンカリングで探ると面白そうなので、
ホールディングアンカーと延長ロープを持っていこうと思います!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック