8/10 大津 ボート釣り

釣果:マアジ27匹
大津釣果

お盆休み中の条件の良い日を選んで大津へ出撃予定でしたが、どうも良い予報の日が無いので、南風が強まる予報の中強行で出撃しました。
狙いは、久しぶりのアジをある程度釣ることと、最近回遊しているイナワラサイズのイナダです。

女子サッカーの決勝を見てから電車で出撃した為、ボート店には遅めの7時過ぎに到着。
平日なのでボートは問題無く確保出来て、準備をしてから7時半頃に岸払い。

ボート店の情報では、アジは岸から200メートルぐらいの近場が良いということでしたが、まずはこの時期の定番ポイント(鉄板)を目指しました。
浅場の状態を魚探で見ながらボートを漕ぎます。
早朝は風もなく凪いでおり、すぐに鉄板ポイントに到着。
先行のボートも居ないので、じっくり吟味してアンカリングしました。

魚探にもいい感じの反応が出ているので、期待しながらウィーリー仕掛けを投入。
しかし2、3回入れ直してもアタリがありません。

とりあえず置き竿にして、もう一本はビシカゴに遠投カゴ釣り用の仕掛けをセット。
3本針で下がカラ針、上二本がピンクのスキンで、遠投用なので長さが短かめです。
仕掛けが短いので一気にコマセを撒いて煙幕の中に仕掛けを入れて釣る作戦です。

すると、新しく入れた仕掛けにいきなりアタリが出ました!
しかし、引きがアジとちょっと違います。
ブルブルと振動するような引きで水面付近の横走り。
釣れたのは20センチちょっとのサバ。。。

再度投入すると、今度はさらに引いて、アジと小サバののダブル。
小ぶりながらもようやくアジが釣れました。

その後はほぼ入れ食いでサバ混じりでアジが釣れ、アジが6、7匹になったところでサバしか釣れなくなりました。
べた底でもサバが食ってきてまったく釣りになりません。

とりあえず、ビシ釣りは中断して泳がせ仕掛けを準備して投入。
ビシ仕掛けに戻りますが、ヒットするのはサバばかり。
ウィーリー仕掛けはサッパリなので、短めの2本針のオキアミ餌の仕掛けに変更。
竿2本体制でアタリを待ちますが、サバ以外のアタリは無く、徐々に南風が強まって釣り難くなってきます。

9時過ぎが満潮の潮止まりで、潮の向きが少しずつ変わってきたこともあり、50メートル程移動しました。
移動した場所は、最初はアタリがありませんでしたが、しばらくするとサバ混じりでアジが釣れ始めました。

しかし、アジが5、6匹釣れた後はサバだけになって、底まで沈めてもヒットするのはサバばかり。
餌もオキアミしか持ってきていないので、サバをかわす方策もありません。

南西風がかなり強くなってきたので、昼前に2番目排水口沖、200メートル付近へ移動。
夏場はかなり実績のあるポイントで、魚探も良い感じの反応でしたが、まったくアタリは無し。
魚探の反応はウミタナゴのようで、付け餌のオキアミすぐに無くなりますがアジはヒットしません。

風も収まらずに1時を過ぎ、釣果は小ぶりのアジ15匹程度でイナダもヒットしない不完全燃焼な状況。
他のポイントを攻めたくても風が強いので沖には行けません。
悩んだ末、朝に底の様子を見ながらボートを漕いでいる時、港を出てすぐの所に、急なかけ上がりがあったことを思い出したので、その付近を攻めてみることにしました。

ボートを漕ぎながら魚探で探ると、第一排水口沖に15メートルから22メートルぐらいまで一気に落ち込む岩礁帯を見つけたので、風の流れを考えてアンカリング。
アンカーを水深15メートル付近で投入すると、丁度ロープが張っていきながら水深が落ち込んでいき、22メートル付近にボートが固定しました。

期待を込めてビシ仕掛けを二本投入しましたが、アタリはありません。
諦めずにコマセで寄せる作戦にして、仕掛けを投入します。

すると、しばらくして置き竿の二本の竿先がぐいぐいと引きこまれました。
魚探を見るとアジの群れっぽい反応が出ています。

急いで竿を持つと、アジっぽい引きで結構引きます。
上がってきたのは25センチオーバーの良型マアジ。
もう一本の竿も同サイズのマアジ。

すぐに投入し直すと、棚を取る間もなく引きこんでまたもや同サイズのマアジ、入れ食いモード突入です。
10匹近く入れ食い状態で釣れた後は、ちょっと落ち着いてポツポツ程度のヒットになり、型も小ぶりになりました。
泳がせ仕掛けは沈黙のまま、2時半を過ぎるとアジのアタリもほとんど止まったので、仕掛けを片付けて3時前に沖上がり。
かなりの南風強風でしたが、港のすぐそばだったので問題無く戻ることが出来ました。

ボート店の話では、全体的にアジは不調のようでしたが、50センチオーバーのイナダは二本上がっていたみたいで、ワラササイズも交じってきてラインを切られた人も居るとのことでした。

ポイントは浅場まで入っているようなので、泳がせ仕掛けに一回もヒットしなかったのが残念です。
回遊コースに入っていなかった為なのか、まだイナダがアジを捕食していないのか分かりませんが、悔しいので絶対リベンジしたいですね。

アジのポイントは、水深20メートルぐらいの岩礁帯のかけ上がりのようなところを、狭い範囲で回遊している印象でした。
魚探にアジの反応が無くても、起伏のある岩礁っぽい所を魚探で探してコマセを撒けば、ある程度は釣れるのではないかと思います。
ただ、去年もそうでしたが入れ食いの時間があまり続かないので、手返し良く釣らないと釣果を伸ばすのが難しいです。
ログ

久しぶりの大津のアジ山盛り。
大葉と大根を切らしていたので、刺身とネギで適当に盛り付けです。。。
アジ刺身


型の良いアジはぴちっとシートで干物に。
干物

カルパッチョはカリッと焼いたパンと一緒に食べると最高です。
カルパッチョ

アジはそこそこ釣れたものの、本命のイナワラは不発、大サバも釣れずにちょっと悔しい結果に終わりました。
南風が強くて始終風を気にしながらの釣りとなり、ポイント選定も制限されたので、次回こそはのんびり条件の良い日に、ワラササイズを釣りたいです。

ワラサは、まだアジの群れに付いていない気もするので、アジ泳がせよりも、ジグやオキアミ餌で狙った方が良いのかなとも思います。
スポンサーサイト

コメント

No title

初めまして(かな?)

金曜日、同じ日に釣っていたんですね。
第一排水口沖のポイント、凄かったですね。
25㎝、このサイズのアジが釣りたいんです。

一度も狙ったことがない場所ですが、
「港を出てすぐ右のところでいい釣りが」と、
時々石田ボートの若女将が言っている。
ここなんですね。
いいポイント教えてもらいました。
次回探して試してみます。

 感謝感謝の釣り師より

No title

Kagoturiさんこんにちは。

私もこんな近場は試したことないんです。
でも型いいですね~。
私もいつか試してみたいです!

イナダも気まぐれなのかなかなか難しいですね。

でもこのアジ大漁を味わってみたい。。。
復活したらまずはツ抜け目指します!

No title

アジが不調の中、マアジ27匹はお見事ですね!

kagoturiさんが行った翌日に大津へ行ってきたんですが、アジ撃沈でした。

この第一排水口前は大津で初めてアジを釣った場所で、メバルやアジが釣れるんですよね。

毎回こんな近場で釣れれば苦労はしないんですが、大津に行くとついつい遠くに漕いでいってしまいます(汗)

それにしても、大津のアジはポイント選択が難しいですね。

No title

こんにちは。

今回も参考になる報告ありがとうございます。

>アジのポイントは、水深20メートルぐらいの岩礁帯のかけ上がりのようなところを、狭い範囲で回遊している印象でした。・・・手返し良く釣らないと釣果を伸ばすのが難しいです。

私も、経験的に今の時期は17~22mの同じような場所を狙いますが、ポイントが狭いので、風が強いとアンカーリングが難しいですね。

今の大津アジ釣りのエッセンスが詰まっているレポートですね。マダイの釣りの研究でも思いましたが、kagoturiさんは、生粋の釣り師と感じました。釣りのセンスが素晴らしいです。

Re: No title

>釣り吉先生

コメントいただき、ありがとうございます!

昨年の年末に一度大津でお会いしたKAKEの友人です。
かなり前ですので改めてよろしくお願いします。

この時期は近場が良いと言われても、ついつい釣れないと自分も沖狙いになってしまいます。
今回は南風が強かった事が、逆に近場を狙うことになって良かったのかもしれません。

ポイントは第一排水口の正面、岸から200メートルぐらいで、16メートルぐらいから一気に22メートルぐらいに落ち込む所です。
付近を魚探で探ればすぐに分かると思いますので、是非狙ってみて下さい!!!

Re: No title

>せーじさん

コメントありがとうございます。
膝の具合は大丈夫でしょうか?

7月から8月は本当に超近場で入れ食いになることがあるんです。
3年前には港出てすぐの16メートルぐらいの所で、
30センチぐらいのアジが入れ食いになったこともあり、友人は黒鯛を釣りました。

ついつい沖を狙ってしまう事が多いのですが、真夏のポイントは思い切ったポイントを選ぶと、
穴場を見つけられた喜びがあります。

イナダ(ワラサ)は、どうも去年からスランプの用で、、、なかなかヒットしないですね。
今年は腕がパンパンになるあのファイトを、久しぶりに味わいたいと思っています。

無理せずに復活されて、アジの大漁と、ワラサを上げて下さい!!!

Re: No title

>ブライアンさん

コメントありがとうございます!

イナダ、ワラサの群れが入っているからなのか、アジはあまり調子良く無いみたいですね。
一昨年までは一度入れ食いになれば、ポツポツとあたりが続いたのですが、
去年から入れ食いの時合いが短い気がしています。

> この第一排水口前は大津で初めてアジを釣った場所で、メバルやアジが釣れるんですよね。

確かに、ウミタナゴや小メバルも混ざりました!
根というより、岩礁帯で落ち込んでいる場所っぽい感じでした。

水深の変化が大きいので、夏場はかなり可能性を秘めていると思います。
この時期のアジは、陸からも遠投すれば釣れるぐらいの浅場に入っているので、
いつものポイントが駄目なときは、思い切って近場狙いも面白いですね。
ボートを漕がなくてもすぐの場所で釣れるのも魅力です。

Re: No title

>かれいふぁんさん

コメントありがとうございます。

> 私も、経験的に今の時期は17~22mの同じような場所を狙いますが、ポイントが狭いので、風が強いとアンカーリングが難しいですね。

確かにアンカリングは肝ですね。ポイントが狭いので10メートルずれると釣れません。
風向きや潮の向きが変わると位置もずれるので、日によってはその辺りも難しい要素だと思います。
大きな移動よりも、釣れなくなったら付近で小移動して調整する釣り方も有効かと思います。

> 今の大津アジ釣りのエッセンスが詰まっているレポートですね。マダイの釣りの研究でも思いましたが、kagoturiさんは、生粋の釣り師と感じました。釣りのセンスが素晴らしいです。

ありがとうございます。かれいふぁんさんのような方から、そのように言っていただいて光栄です!!!
自然相手なのでうまく行かない事も多いですが、いろいろと試して精進します。

そういえば、アジのユッケ丼を早速作ったところ激ウマでした。
アジの食べ方バリエーションが増えて嬉しいです。

No title

いつもながら事前だけでなく、海の上でも素晴らしい戦略の釣りですね!

今、自分のGoogle Earthと見比べてみたら、今回の港近くのポイント、前回大津でマーキングした場所とほぼ同じでした。

僕はまだ竿を入れたことはありませんが、娘にボートデビューをさせる時の第1候補として注目してました。トイレの時にすぐ港に戻れそうですもんね(^^;。

西北西~北から潮が入ってくる状況が有望と思いますが、今回の潮の状況はいかがでしたか?

Re: No title

>HEPPOさん

コメントありがとうございます!

潮の状況ですが、あまり大きく動いていませんでした。
また、風が強くて微妙に向きが変わり、ボートがゆられて仕掛けの投入方向が動くので流れの方向ははっきり分かりませんでした。
丁度潮変わりの時間帯だったので、群れが回遊してきた可能性もあると思います。

第一排水口沖のポイント、港から出て300メートルぐらいなので、あっという間に戻れます。
娘さんのデビュー用ポイントとしてはお勧めです!!!
超近場で釣れるのは夏の間だけということが多いのですが、9月ぐらいまでなら狙ってみる価値はありそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック