スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣れたサバの調理法

サバは釣れ始めると食べきれない程釣れてしまうので、結構馬鹿にされたり、嫌われたりする魚ですが、釣ってすぐに活け〆にして持ち帰れば、美味しく食べることのできる魚です。
対応する調理方法も多いのも良い点だと思っています。

釣れると嬉しいイナダは、ある程度サイズがないと脂が乗らないのと、刺身以外にあまり食べ方もないので、数釣れてしまった場合は、サバに軍配が上がると思っています。(あくまで食べるという視点のみですが)

ちょっと残酷ですが、サバは釣れたらエラの付け根部分を千切って海水バケツに頭から数分入れて、バケツの水が真っ赤になるまで血抜きします。血が抜けたらワタを出して(邪魔なら頭も落とし)、海水氷で一気に冷やして持ち帰ります。こうすれば刺身で美味しく食べることができ、アニサキスの心配もほぼありません。ただ、生食の場合は、三枚に卸す際に身がゆるんでいるものは避けましょう。クーラーの入れ方によって、しっかり冷え切っていないものなどは危険です。

持ち帰ったサバはひとまず三枚卸にしておくと便利です。
この状態から調理して、食べきれないものはそのまま冷凍して保存できます。
3枚おろし


今までやってみたサバの調理方法を紹介します!
評価は個人的な好みです。

刺身 ○
身が新鮮で、ある程度脂が乗っている物を選んでその日の内に食べれば美味しいです。
刺身

しめさば ○
刺身で食べて良さそうな物で作るとうまいです。刺身より旨みが出る気がします。
翌日も食べることができるので、短期の保存という面でもお勧めです。
しめ鯖


ごまさば ◎
種類のマサバ、ゴマサバではなく、料理のこと。刺身で食べれる身をぶつ切りにして、醤油、みりん、酒、ゴマで作ったタレに漬けます。2、3日は日持ちもして、ご飯に合うので最近一番気に入っている食べ方です。

ゴマサバ

バッテラ ○
しめさばを作ったら、酢飯と一緒に押して作ります。カゴ釣りで釣れるサバは、脂ののりがイマイチなので、酢飯と合わせると若干負けてしまいますが、それでも十分旨いです。
バッテラ

南蛮漬け ◎
なんといっても、釣れ過ぎた時に一番効果的で美味しい食べ方です!多少小型で脂が乗っていないものでも美味しく食べることができ、保存も利きます。難点は油で揚げるのが面倒なことですね。三枚に卸して骨を抜いた後、ぶつ切りにして片栗粉で揚げ、酢、醤油、砂糖(みりん)、鷹の爪で作った漬けタレに切ったネギと一緒に漬けます。翌日にはしっかり漬かって激ウマになります。
南蛮漬け

竜田揚げ ○
これも旨いですが、保存という意味では南蛮漬けに負けます。ただ、冷凍して保存して食べる時に揚げればいいので、考え方によってはかなり便利な食べ方かもしれません。こちらも脂の乗っていないものも美味しく食べることができます。
醤油、酒、ニンニク、生姜の漬けタレに漬けた後、片栗粉を付けて揚げれば出来上がりです。
竜田揚げ

塩焼き △
三枚に卸して塩を振って焼きます。カゴ釣りで良く釣れるゴマサバは脂の乗りが少ないので、かなりサッパリした塩焼きになります。サッパリが好きな人には良いですが、個人的には塩焼きは脂が乗っていて欲しいので、ちょっと微妙です。

サバ味噌 △
味噌煮も塩焼きと同様、サッパリしているので好みが分かれるところです。個人的にはこれも脂が乗っているサバが好きなので塩焼きと同様の評価です。

味噌漬け(番外) ○
あまりに釣れ過ぎた場合に、三枚に卸した身を、味噌、醤油、酒を混ぜたタレに漬け込む食べ方です。そのままジップロック等で小分けにして冷凍しておき、食べる時に焼くと美味しく食べることができます。塩サバにして塩焼きにするよりも味が染みるので、サッパリしたサバでもそこそこ美味しく食べることができ、冷凍保存できるので余って困った時には便利です。

味噌漬け

詳しいレシピもそのうち紹介したいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。