泳がせ釣り(端物狙い)の勝率

ボート釣りの大物狙いとして有効な泳がせ釣り、
一般的に端物狙いの仕掛けは、
ヒットしたら幸運ぐらいに言われることが多いようですが、
以下のように今までの釣行記での結果を集計して見ると、
3割~4割ぐらいで何か大物が釣れており、
サメやラインブレイクも含めると、
結構な確率でアタリがあることが分かります。

釣果

ヒットすれば大物確実で、
基本的には置き竿で良いので、
活きアジが釣れた時に余裕があれば
泳がせ釣りをやってみることをお勧めします !

ワラサ シーバス

ワラサ2 イナワラ

ワラサとイナダ マトウダイ

釣果0507


仕掛けは市販のヒラメ仕掛が十分使えます。
竿とリールもそれなりに大物に耐えられるものなら
使えると思います。

仕掛けを入れたらアジの状態を定期的に確認するのと、
狙う魚に合わせて棚を調整するぐらいです。
今までの経験だと、底から3メートルぐらいを
基本にして、スズキは中層狙いというのが良いようです。

秋の大物シーズンが楽しみですが、
大型魚は特に放射能汚染が心配ですね。
この辺りについては、また調べて書きたいと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック