5/21 沼津 内浦ボート釣り

釣果:マダイ 41cm 1.3kg 1 小アジ 2 
小サバ 多数(リリース)

マダイ

友人と大津への釣行の予定でしたが、
土曜日は南西強風の予報から、
風に強い沼津遠征に変更することにしました。
去年の年末に惨敗した内浦でのリベンジ釣行です。

前回の反省から、狙いをマダイに絞り
基本をロングハリスのビシ仕掛けにして、
コウジぶっこみを入れ、餌取りが多ければ
ひとつテンヤやタイラバを使うという作戦です。

このエリアではマキコボシ釣りがメジャーのようですが、
経験が無いので慣れている仕掛けを選びました。

金曜日の夜に友人にユムシ(コウジは入手出来ず)を
仕入れてもらい、行きがけに静浦のマイムスで餌を購入、
朝4時半に内浦に到着。
すると、前回は波一つなかった内浦湾に結構波が出ています。

ちょっと嫌な予感がしながらボート屋の主人に電話すると、
風と波が強いから今日のボートは厳しいとのこと。
しかも朝10時に津波対策の防災訓練があり、
一回は岸に戻らなければならないので、
それでも良いかと聞かれました。

波と風があると言っても、普段の大津の良い時ぐらいです。
しかもポイントは200メール程度の距離。
沼津まで来て餌も買っており、この程度のコンディションで
何もせずに帰るのは悔しいので
交渉してみると、なんとか了承してもらい、
1人一艘でボートを借りることが出来ました。

6時前には岸払いで、一番手前の生け簀付近で釣り開始です。
波も風もそれほど気になるレベルでは無く、
ポイントも200メートルぐらいなので問題なしです。

まずはビシ仕掛けにウィーリーをセットしてを投入、
ぶっこみの準備をしていると置き竿のビシ仕掛けに
泳がせ釣りに丁度よいサイズの小アジがヒット。

ぶっこみ仕掛けにユムシを付けて投入してから、
急いで泳がせ仕掛けの準備です。
ビシにはすぐに小アジが来ましたが、
その後は小サバが入れ食いになったので、
小サバを付けて泳がせ仕掛けも投入しました。

ぶっこみと泳がせは置き竿にして、
ビシ仕掛けに戻りますが、
小サバの猛攻で全く釣りになりません。
落とし込みの最中に小サバがかかってしまい、
なんとか底まで落とすことが出来ても、
すぐに小サバが食ってきます。

ビシは諦めてひとつテンヤに切り替えました。
軽くキャストして探りますが、アタリは全くなし、
10時の防災訓練の時間になったので、
一度岸に戻りました。

トイレに行って一休みしてから釣り再開、
風と波も少し収まってきたので、
一つ沖の生け簀に移動です。

しかし、まったくアタリが無い時間が続きます。
ビシ仕掛けを入れれば、相変わらず小サバの猛攻、
泳がせ釣りとぶっこみは全く反応なし、
ひとつテンヤやタイラバも同様にアタリ無しです。

午後2時を回ると、さすがに今日はダメかなという
気になってきました。

ここで冷静になって状況を考えてみたところ、
ここは生け簀に係留して釣るスタイルなので、
コマセで魚を寄せる釣りというイメージが強いものの、
ひとつテンヤやタイラバだったら
良さそうなポイントを魚探で探し、キャストして
攻める方が良いのではということに気が付きました。

生け簀周りで水深の変化と底質を見ながらポイントを探し、
潮上からキャストで狙えそうな場所に係留、
置き竿の泳がせとぶっこみを投入した後に、
ひとつテンヤで勝負に出ます。
期待しながら探りますが、
相変わらずまったくアタリ無し。

てんやのエビが終了して、
さすがにアタリの無い時間が続いて疲れてしまい、
ビシ仕掛けを入れてみましたが小サバの猛攻は相変わらずで、
仕掛けを底まで沈めることができません。
フォール中にサバがヒットすると
ロングハリスの仕掛けが絡まり最悪の状態です。

夕方4時近くなり、どうせダメなら小サバを釣って
南蛮漬け用のお土産にしようかなと思って
絡んだ仕掛けを交換しようとしたときに、
ふと今回の釣行の目的はマダイであり、
ここで諦めてはいけないと思い返しました。

ビシ仕掛けからタイラバに変更してキャスト、
底を取ってすぐに巻き始め、
数メートル巻いた時にコンというあたり、
タイラバは合わせずに巻き続けるという話通り
我慢して同じスピードで巻き続けると、
二、三回軽いアタリが続いた後に重くなって
竿先が引き込まれたところで合わせを入れました。

ようやく来ました!!! ヒラを打つような引きと、
何回かの突っ込みでマダイの確率大です。
それほどのサイズでは無さそうですが、
少しドラグを緩めて突っ込みを耐え、
ゆっくりとテンションを緩めないように
リールを巻いてしばらくすると
水中に白っぽい影が見えてマダイと確信。

慎重に浮かせた後にタモ入れ成功で無事に
待望の1匹を上げることが出来ました。
ボートに上げた時点で既に口から針が外れており、
皮一枚でかなり危なかったです。

本命のアタリはこの一回だけ、
時間ぎりぎりで、ようやく結果を出すことが出来ました。

釣りあげた鯛は生け簀からの脱走か、
尾びれはしっかりしているものの、
色は黒ずんでお世辞にも綺麗な鯛ではありませんが、
一日苦労したことから最高の1尾となりました。

当日の刺身は勿論のこと、
食べ頃サイズの雄で白子が入っており、
アラと一緒に煮付けたところ最高に旨かったです。

鯛刺身

かぶと煮

なんとか沼津でのリベンジを果たすことが出来、
満足な遠征となりました。

心配された風と波は大津のボートで慣れているので、
それほど気になりませんでした。
ポイントも近く、アンカリングも必要無いので
沼津のボート釣りは良いですね。

BoatFishingNaviで記録した今回のログです。
岸に戻った途中などで記録を停止していた部分が
ちょっと切れていますが、丸一日分の記録です。

内浦GPSログ

生け簀やボート店の位置で確認すると、
記録データが5メートルぐらい、
全体的に右(東)にずれているように思えます。
google earthの精度の問題でしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック