KMLファイルの入手法(GMLからKMLへの変換)

BoatFishingNaviで使用可能な
KML形式の地図の入手法を紹介します。
海岸線や等高線が利用出来るのでお勧めです。

使うのは、国土地理院の基盤地図情報で、
海岸線、等高線のデータなどが
使用可能であることを確認済です。

データフォーマットの変換がちょっと面倒で
以下の流れになります。

1.GML形式データのダウンロード
2.GMLデータからシェープファイルへ変換
3.シェープファイルからKML形式へ変換


<GML形式データのダウンロード>


以下のページを開きます。
http://fgd.gsi.go.jp/download/

上記ページの中から以下の
JPGIS(GML)形式をクリックします。
・縮尺レベル2500
・縮尺レベル25000
・数値標高モデル

convert1.png

ダウンロードの項目指定で使いたい地図を選びます。
・縮尺レベル2500、縮尺レベル25000
  →海岸線
・数値標高モデル
  →5mメッシュ、10mメッシュ、250mメッシュ

convert2.png

convert3.png

選択した地図をダウンロードします。


<GMLデータからシェープファイルへ変換>


以下のページを開いて、
ページ下から 基盤地図情報閲覧コンバートソフト
を選択してダウンロード
http://fgd.gsi.go.jp/download/

convert4.png

ダウンロードしたFGDV.zipを解凍して、
フォルダの中からFGDV.exeを実行します。

基盤地図情報ビューアー・コンバーターの
ファイルメニューから、新規プロジェクト作成
を選びます。

地図変換1

プロジェクトのタイトルに適当な名前を入れてから、
右側の追加ボタンを押して、
先ほどダウンロードしたGML形式のファイルを選択
OKボタンを押します。

地図変換2

選択した地図が表示されます。
 ※著作権の関係でここには表示出来ません。
表示されているエリアで切り出されるので、
必要な部分を表示します。

コンバートからシェープファイルへ出力を選択します。
地図変換4

必ず、直角座標系へ変換して出力のチェックを外し、
現在表示されている要素のみを出力にチェックを入れ、
OKボタンを押すと、出力先に設定されたフォルダに
変換されたシェープファイル(複数)が出力されます。

地図変換5


<シェープファイルからKML形式へ変換>


以下から、Shp2kml.zipをダウンロードします。
http://www.zonums.com/shp2kml.html

地図変換6
ダウンロードしたShp2kml.zipを解凍して、
Shp2kml.exeを実行、InputFileに変換した
シェープファイルを選択します。

地図変換7

Nextボタンを数回押して以下の画面まで進みます。
※途中で、線の色や太さが指定出来ます。
地図変換9

Create KML fileを押して保存先と
ファイル名を指定するとKMLファイルが作成されます。
著作権の関係で表示した画像を出せないのですが、
海岸線や等高線は表示することが出来ました。

うまくできたかどうかは、
GoogleEarthで開いて確認して下さい。
あまり広範囲を変換すると、
ファイルサイズが大きくなって
描画処理が遅くなります。
KMLファイルのサイズは、
数MBぐらいを上限の目安にして下さい。

うまく出来ていたら、作成したKMLファイルを
sdcard/BoatFishingNaviフォルダへコピーして、
MapReadで指定して読み込めば、
BoatFishingNaviで表示出来ますので
試してみて下さい!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック