スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/31 大津 ボート釣り

釣果:小アジ 多数

久しぶりにホーム大津に単独電車で出撃しました。

伊勢町での泳がせ狙いが続いたので、久しぶりに中根で真鯛狙いのつもりでしたが、がればで連日大型ワラサやブリが上がっている状況から泳がせ仕掛けも用意しました。

女将に様子を聞くと、今年は中根よりもがればが調子がよく、前日もがればにワラサの回遊があったということで、真鯛狙いからがれ場での泳がせに狙いを変更。
北風が強まる中、ほぼがれ北の緑ブイが近くに見える付近まで漕いでアンカリング。
底付近には良い感じの反応が出ています。

すぐに小アジが釣れたので泳がせ仕掛けを投入、小アジは底付近でコマセを振ればいくらでも釣れる感じです。
生餌分のアジはすぐに確保できたので、ビシ仕掛けも大型狙いに変更して泳がせとビシで大物を狙いますが、アタリはありません。

気が付くとがれば付近は20捜以上のボートが集結して、アンカリングし直す場所も空いていない状況。
朝から強く吹く冷たい北風が収まる気配は無く、厳しい状況が続きます。

適当に小アジを確保しながら狙い続けますが、ポイント移動もせずに北風の中釣りを続けて本命は不発、3時前に沖上がりとなりました。
がれば付近に青物の回遊が無かったようで、狙って泳がせを入れるなら伊勢町の方が良かったかなと思いました。
泳がせ狙いは回遊状況に左右されるのが難しいところです。

次回の大津は真鯛狙いをやりたいと思っています。
スポンサーサイト

10/24 伊勢町 ボート釣り

釣果:スズキ、イナダ、アジ
イナダスズキ
 
朝から一日上げ潮と潮回りが良さそうなのと、昼から南風が強まりそうな予報なので、風裏となる伊勢町に泳がせリベンジに出撃してきました。

電車で馬堀海岸駅に到着すると、駅で芋焼酎さん親子と遭遇、これから観音崎に向かうところのようでした。

馬堀海岸駅の横でY氏にピックアップしてもらい、予定通り伊勢町に到着、受付をして7時ごろに岸払い。
いつもの泳がせポイント付近を漕いで海タナゴの群れの反応を探してからアンカリング、小針のサビキみオキアミを付けて投入すると、すぐに丁度良いサイズの海タナゴがヒットしました。

海タナゴは釣れると水圧で腹が膨らんでしまうので、針でガス抜きしてバケツに入れます。
早速泳がせ仕掛けを投入すると、サビキに小アジがヒット、生餌を小アジに交換して再度泳がせ仕掛けを投入します。

調子よく小アジと海タナゴが釣れて、生餌は十分に確保できましたが、すぐ近くのY氏は生餌の確保に苦戦の様子です。
小型の海タナゴが多いので、小針の胴付き仕掛けかサビキにオキアミ餌を付けると良いのですが、Y氏は丁度良い仕掛けが無いようです。

風も波も無い中、のんびりとアタリを待っていると、8時を回った頃に泳がせ仕掛けの竿先が海面に突き刺さりました。
落ち着いて竿を手に取ると、あまり手応えがありません。

多少の引き込み以外は、ほとんど抵抗が無く上がってきましたが、水面近くまで来ると良く走り回ります。
上がってきたのは50cmほどのイナダでした。
すぐに生餌を付けて泳がせ仕掛けを再投入しましたが、アタリは単発で終了。
9時近くになって苦戦のY氏は少し沖に移動しました。

大型青物の回遊に期待しながら、浅場でやるか、少し沖に移動するか悩んでいると、泳がせ仕掛けの竿先がゆっくりと曲がっていくのが目に入りました。
その後一気に竿先が入ったので急いで竿を手に取ると手ごたえがありません。
上げてくると生餌が一度飲み込まれてようにボロボロになっていました。

餌を交換して再投入すると、再度同じようなアタリがありましたが、またもやフッキングしません。

アタリの出方がススキっぽいので、孫針の位置を少し頭側に移動させて針先をかかりやすいように付け直して再投入すると、今度は一気に竿先が突き刺さってフッキングしたようです。

竿を手に取って巻き始めるとあまり手応えがなく、ばれたかなと思ったら海中にスズキの姿が見えました。

明るい場所に上がってきたので海底に戻ろうとここで一度の突っ込みがあり、10mほどラインが出ましたが抵抗はこれで終わり、その後はあっさりとタモ収まりました。
スズキ

スズキのアタリはこれで終了、その後しばらくアタリがないので、少し沖のポイントに移動することに。
しかし、移動したポイントではまったくアタリがありません。

昼を過ぎると南風がかなり強まってきたので、安全の為に再度岸よりのポイントに移動。
その後は泳がせのアタリは無く、さらに南風が強まったので2時半後に沖上がりとしました。

かなりの澄み潮で全体的に不調だったようですが、アジを大量に釣った人もいたようでした。
Y氏は小アジのみと苦戦の結果で、泳がせも仕掛けやポイント選びが難しいですね。

イナダは太って脂がのっていたので、刺身で美味しくいただきました。
スズキ‗イナダ刺身

なんとか泳がせの釣果はありましたが、狙った大型青物は不発と不完全燃焼。
昼前に沖に移動せずに、潮が上げきる前の時間を最初のポイントで続けた方が良かったかもしれません。

ただ、この時期でも浅場のポイントで泳がせ狙いが出来ることが分かったのは収穫でした。
夏から秋の伊勢町の泳がせ狙いは、良い潮回りやヒットする時間帯、餌確保の方法などかなり確立してきたかなと思います。

10/10 伊豆某所 ボート釣り 

釣果:ソコイトヨリ多数、ヒラソウダ、アオアジ
ソコイトヨリ

APさん幹事で伊豆の某所にえらいこっちゃメンバーで遠征してきました。

KAKE氏の車に、芋焼酎さん、APさんと4人で夜中の2時過ぎに川崎を出発、途中で牛丼を食べて5時過ぎ頃伊豆に到着。
現地でY氏、iOSさん、釣りキチ先生と合流してボートを借り、6時頃に岸払いです。

KAKE氏、Y氏は5馬力船外機、先生とAPさんが二馬力船外機、こちらはiOSさん、芋焼酎さんと同じ手漕ぎボートです。

船外機組は沖でアマダイ、オニ狙いの流し釣りのようで、こちらは沖の根回りでアンカリングしてビシ釣りです。
事前に調べておいたポイントをGPSを頼りに目指してから、魚探をチェックしてアンカリング、水深は45mほどで、アンカーは10mロープを足してなんとか止まりました。

魚探に比較的良い反応が出ており、ウィーリーを入れると早速アタリがあって、良い引きで上がってきたのはソコイトヨリ。
そこからはソコイトヨリが入れ食い状態で、あっという間にお土産分が確保出来たので、マダイ狙いのロングハリスに切り替えます。

棚を上げてソコイトヨリを回避しながらアタリを待っていると、伊豆名物のサバやソウダがアタッってきました。
棚を下げればソコイトヨリ、上げれば青物と餌を置ける棚が無く、とにかく手返しをしながら本命を狙いますが、釣れるのはソコイトヨリと小型のサバとソウダばかり。

途中、20センチ程のアオアジが釣れたので、泳がせ仕掛けも入れてロングハリスから泳がせ+ウィーリーに切り替えましたが、しばらくして回収すると活き餌が針が外れていたので、諦めて再びロングハリスに戻りました。

海はべた凪で程よく日差しも無くて、最高の条件に景色を眺めながらのんびり釣りを続けます。

昼過ぎになると、他の場所からマイボートで出ていたATSさん、セージさん親子とCOZYさん、大吟醸さんも近くに来て、賑やかで楽しい釣りになりました。
大アジやカイワリも上がったようで歓声が上がります。

しかし、徐々に表層のソウダの群れがもの凄い数になり、船縁から少しでも仕掛けが海中に落ちると、食って走り回り大変な状態に。

底まで仕掛けを落とせなくなったので、必殺反転カゴ釣法を開始です。
今回はハリスを4mほどにしてやってみましたが、投入時に気をつければ確実に底まで餌が届き、確実なコマセとの同調でアタリが出るので、この釣り方をもう少し研究してみようかと思いました。
伊豆のサバ避けの釣り以外にも、コマセとの同調に可能性を感じてきました。

結局、釣果はほとんどソコイトヨリで終了。
リリースを含めると50ぐらい釣ったのではないかと思います。
ソコイトヨリは引き味も良く、食べても美味しいのですが、小移動して群れを避けるとか、もう少し手を打っても良かったかもしれません。

KAKE氏は本命のアマダイ、オニカサゴと狙い通りの釣り、同船したY氏は今回は不調のようでした。
帰宅後はY氏のカワハギを入れて伊東の地魚刺身盛りにしました。
伊東刺身盛り


釣果には恵まれませんでしたが、滅多に無い好条件の中、伊豆の海で景色を楽しみながら大人数で海に浮かんで楽しい釣りが出来ました。

大津でマダイ、ワラサも上がりはじめて、伊勢町のリベンジも行きたいし、油壺も気になるしと、秋のシーズン次回の釣行に悩む所です。

10/3 伊勢町 ボート釣り

前回の泳がせ惨敗のリベンジに、単独伊勢町に出撃しました。

朝一満潮から下げ続ける潮と、魚探の振動子を紛失して魚探無しという悪状況でしたが、泳がせ仕掛けは160mと200mとラインを巻いたリールを二つ用意、
3mm1mのクッションにハリス10号の仕掛けも購入して大物に備えて望みました。

弱い南風予報なので波の無い中、いつもの泳がせポイントまで移動、GPSで確認して活き餌確保のサビキを入れますが、反応がありません。
2カ所程アンカリングし直してもアタリが無いので、GPSで位置を確認しながら流し釣りをしてポイントを探ることにしました。

既に潮が緩んでいるので、ゆっくりボートが流れていき、少し流した所でウミタナゴがヒット!
急いでアンカリングしてサビキを再投入、泳がせの準備をしているとサビキにアタリが出て、小アジサイズが4匹着いてきました。

ひとまず活き餌確保に成功したので、泳がせを入れてからサビキをウィーリーに交換、泳がせを入れながらウィーリーでコマセを巻いて小魚を寄せるいつもの釣り方を始めました。

しばらく続けていると、9時を過ぎたぐらいに背後にあった泳がせ仕掛けが竿ごと海中に引きずり込まれました。
急いで尻手コードを手繰って竿を回収すると、最初に竿を手に取った時に残っていた手応えがありません。
仕掛けを巻上げてみると6号ハリスがプッツリと切れていました。

浅場のポイントなので最初の走りで根に入られないようにドラグをかなりキツめにしていたとはいえ、3mm、1mのクッションも入れていたのでこんなに簡単にハリスが瞬殺されるとは予想外でした。
パワーで切られたのではなく、歯のあるサメやサワラの可能性もあるかと思いますが、先週ヒットしたレベルの走りならパワーでぶっちぎる可能性もありそうです。

スズキも想定して市販の孫針3本針の6号ハリスと細めの仕掛けを使ったのが失敗で、最初からブリワラ狙いの10号ハリスを使うべきでした。
また、新しくしたリールのドラグ設定をもう少し慎重にやっておくべきだったと後悔です。

仕掛けを交換して再投入、釣りを再会すると今度はウィーリーに結構良い感じのアタリ!
サバとは違い下に引いてなかなか上がってきません。
イナダとも違う感じですが、クロダイのような引き込みもありません。
何かと思って慎重に上げてくると、40センチ近いアイゴでした。
アイゴ

伊勢町でアイゴを釣ったのは初めてで珍しい魚ですが、毒ビレが怖いので慎重にリリース。

その後はアタリが無いので、横根に移動した後、再度同じポイントに戻るとアジが入れ食い、お土産分アジを確保できたものの、本命泳がせのアタリは無く、リベンジ釣行は完敗となってしまいました。
アジ釣果

アジたたき

8月から泳がせのバラシが連続しているので、タックル構成、釣り方と見直すことで、この機会になんとかレベルアップしたいと思います。

9/23 伊勢町 ボート釣り

釣果:マアジ5匹、サバ1匹(リリース多数)

8月末から仕事が忙しくなり全く釣行予定が立てられませんでしたが、シルバーウィークの水曜日はなんとか1日休めたので、伊勢町泳がせに出撃してきました。

今回はKAKE氏がこの夏に船舶免許を取得したので、KAKE氏、Y氏、APさんとの4人(YKKAP)で船外機船を借りて操船練習も兼ねての出撃です。

いつもの手漕ぎボートと比べるとこの大きさ、乗合船のような余裕です!
ボート

朝からゆっくり上げ続ける、昨年まで伊勢町泳がせで外れの無い潮回りに期待しながら、いつものポイントに到着、ウミタナゴの群れを確認してからアンカリング。
早速仕掛けを入れると、ちょうど良いサイズのウミタナゴが釣れたので、泳がせ仕掛けを投入します。
但し、浅場は赤潮のような濁りが入っているのでちょっと嫌な予感です。

Y氏はウミタナゴ釣りに苦戦の様子でしたが、しばらくして泳がせにちょうど良いサイズのアジをゲット、こちらにもアジがヒットしました。

4人全員泳がせを投入してアタリを待ちますが、本命のアタリがありません。
アジは小型ながら入れ食い状態なので、お土産確保にしばらくアジ釣りを続けるも、潮の状況と魚探の反応から浅場のウミタナゴポイントにスズキが着いていないと判断、少し沖に移動する事にしました。

少し沖に移動すると濁りもましになり、横根の手前付近のかけ上がりが根になっている付近に良い反応があったのでアンカーを投入。
船が固定されたので仕掛けを入れようかと思っていた時に、既に仕掛けを入れていたY氏の泳がせ仕掛けにアタリが出ました!

それほど大きくは無さそうですが、それなりに引いて走っているので青物っぽい感じです。
皆で関係ない仕掛けを上げたり、タモを準備したりとサポートに回ると、上がってきたのは60センチ丁度ぐらいのイナワラサイズでした。

船中一本目が出た事で活気が出てきて、再度泳がせ仕掛けを入れながら活き餌の確保を続けますが、ビシにヒットするのはヒイラギやショウサイフグばかりです。
また、たまにサバがヒットすると走り回って船中お祭りパニックで大変です。

そんな状況で続けていると、APさんが良形のショウサイフグを釣り上げた後に、こちらのビシにも小型のショウサイフグがヒットしたので、針を外していた時にいきなり泳がせ仕掛けが竿ごと海中に引きずり込まれました!

前回の反省から少しドラグを強めに締めていたので、最初の走りのパワーで船縁に固定していたキーパーごと竿がもぎ取られたようです。
慌てて尻手コードを手繰って海中から竿を手に取り、ファイトを開始しました。

竿を手に取った途端、これは相当デカいなという手応えに緊張が走ります。
最初の走りが10m程で止まったので、落ち着いてテンションを緩めないようにポンピングでリールを巻き始めると、直後にもの凄いパワーで一気に走り出して、キツめのドラグからあっという間にラインが50m以上引きずり出されました!

小型リールで100m程度しかラインが巻いていないので、ドラグをさらに締め込むか迷っている内に、あっという間に残りのラインが全て出されてしまい、スプールとの結び目になってしまいました。
なんとかここで走りが止まりましたが、ユニノットの輪で止めたスプールと結び目が回転してしまい、ラインを巻く事が出来ない状態になっています。

なんとか少しでもラインを巻いて次に備えたいと思っていた所に、再度の強烈な突っ込みでラインブレイク、無念のバラシとなってしまいました。

6年前に5.9kgのワラサを上げたとの同じタックルでしたが、情けない事に一度も主導権をとれずにやられてしまいました。
http://tokyowanturi.blog36.fc2.com/blog-entry-47.html

その後は船中アタリが無いので、KAKE氏の操船練習を兼ねて中根まで移動してビシ釣りに変更。
ここでも、あたりが無い中Y氏が一人大アジを釣り上げて時間切れ終了となりました。

自分は惨敗でしたが、Y氏は泳がせ本命に大アジとダントツの竿頭、KAKE氏、APさんはお土産には十分なアジを確保出来て、楽しい釣りをすることが出来ました。
Y氏釣果


船外機は腰も伸ばせて快適で、皆とワイワイと話しながら釣りが出来るので、予定が合う時はこんな釣りも良いなと思いました。

個人的には、久しぶりの超大物ヒットのチャンスを活かす事が出来なかったという、反省しか無い釣行となってしまいましたが、これを教訓に次回につなげたいと思います。

しばらく更新していませんでしたが再開します。

ブログの更新に使用していたPCが壊れてしまい、更新が止まっていましたが、新しいPCを購入したので再開したいと思います。
宜しくお願いします。
PC.jpg
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。