スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/13 油壺 ボート釣り

釣果:マダイ1匹 チャリコ3匹 イサキ1匹 マアジ1匹 メジナ1匹
釣果

土曜日にヒラメ、マダイ狙いで油壺に出撃してきました!

電車とバスを乗りついで7時ちょっと前に油壺に到着。
先に車で到着していたY氏の情報からボートは十分にあるということで、安心して坂を下ります。
到着した時には既にボートを出し始めており、Y氏も丁度漕ぎ出したところでした。

受付をしてから仕掛けを準備して岸払い。
9時前に干潮、そこから上げ潮と油壺で実績の良い潮回りに期待が高まります。
風も波も無い湾内を漕いで行くと、珍しく濁りが入っています。

イワシの反応を探しながらマリンパーク前付近まで来ると、かけ上がりになった場所にY氏がアンカリングしていました。
こちらはもう少し沖を探ると伝えて、ヒラメ実績ポイント方面へ。

イワシの群れを見つけられないまま、ヒラメ実績ポイント付近まで来たのでとりあえずアンカリング。
まずはウィーリーでも出してみようかと準備を始めると、魚探の画面が真っ赤になりました!

急いでサビキを取りだすと、準備ミスで針の大きなサビキしかありません。
回遊しているイワシは型が小さく、このサビキではまったくフッキングせずです。

少しするとY氏が移動してきて近くにアンカリング、順調にイワシを入手しています。
こちらはウィーリーで何とか2匹確保、時間がもったいないのでヒラメ仕掛けを出して流し釣りを開始しました。

風が無く、時合いも潮止まりが近い為かほとんどボートが動かないので、底を取り直しながら少しずつボートを漕いで探ります。
しかし、アタリも無いまま確保したイワシがダメになってしまいました。

Y氏から活きの良いイワシを2匹もらって再度流しましたがアタリはありません。
以前の実績では、ヒラメが釣れる時はすぐに当たっているので、あまり粘るのは得策では無いと判断。
上げ潮が動き出す時合いに備えて、マダイ狙いで定置網跡方面へ移動することにしました。

Y氏は本命ではありませんが、ワニゴチを1匹釣って、まだイワシがあるのでもう少しヒラメ狙いを続けるとのこと。

定置網跡へ移動すると、何個か目印のようなものが浮かんでいるだけでブイがすっかり無くなっています。
魚探の様子を見ながら、以前この時期にマダイを釣った、定置網開始付近からちょっと沖の水深17mの場所にアンカリングしました。

2本針、ハリス2.5号、8mのロングハリス仕掛けを入れると、数投後にアタリが出て20cm程のショウサイフグ。
魚探に数匹の群れがはっきり映ってからアタリが出ており、水深が浅い為か魚探の反応が良いようです。

底付近に反応が出て餌を取られるのですが、たまに餌が残ってくることもあるので、コマセを少なめに手返しを繰り返して本命を狙います。
Y氏も移動してきて近くにアンカリングしましたが、アタリが無いので50m程離れたちょっと沖に再アンカリングしました。

しばらく手返しを繰り返していると、ようやく竿先が良い感じで引き込まれて23cmほどのチャリコがヒット。
がっつり呑みこまれてしまったのでキープすることに。

チャリコがいれば塩焼きサイズぐらいのマダイは居るはずと続けているとY氏がマダイを上げたようです。

こちらも負けては居られないと続けると、直後に何かがヒット。
そこそこ引いてメジナとは違う感じなので、期待しながらハリスを手繰ると急に軽くなって針外れで残念ながらバラシ。

急いで同じ狙い方で再投入すると、魚探に単体の魚の反応が出てから、竿先が一気に引き込まれました!
竿を取るとバラシた奴よりも引いて元気です。
慎重に上げて来ると35cm程のマダイでした。

小さいですが久しぶりの油壺のマダイです。
マダイ

その後、1匹目と同じぐらいのチャリコに再び針を呑まれてキープ、さらに30cmいかないぐらいのチャリコを追加。
Y氏は良型のイサキとメジナをを釣ったようです。

昼頃になるとアタリが無くなったので、移動するついでに少し離れたY氏の所に行くと、丁度NSでイサキを釣り上げた所でした。
魚探にも良い反応が出ているのでアンカリングすることに。

ビシ仕掛けを投入すると、早速アタリが合って良型イサキがヒット、直後には大アジがヒットしました。
ロングハリス絶好調で、コマセを撒いてから少し高めの棚まで巻いて、仕掛けがなじんでからゆっくりと落とし込むパターンでアタリが連発です。

大アジを釣った数投後、かなり強烈なアタリが出てこの日一番の引き込み。
引きの感じからメジナっぽいですが、ハリスを手繰ってくると白っぽい影が見えます。

これはやったかと思ったら、チャリコとメジナの一荷で上針にチャリコが付いていただけ。。。
チャリコはすぐにリリース、メジナは針を呑んでいたのでキープです。

その後釣れたのはメジナのみで全てリリース、14時半に沖上がりとしました。

Y氏はNSで油壺初のマダイと良型イサキ2匹、ヒラメ狙いではワニゴチを釣り、メジナは写真以外にも沢山釣って大漁!!!
Y氏釣果

イサキ、アジ、マダイは当日刺身で頂きました。
刺身盛り

マダイとアジは内臓のラードがかなり入っていて脂の乗りが良い感じでした。
イサキの白子は日本酒を少し入れて湯通ししてから、ポン酢とゆずコショウで食べたら感動の旨さ!
最近メジナ、クロダイと白子を食べる機会が多く、それなりに美味しく食べていたのですが、イサキの白子は臭みが全く無く、旨みと甘さも強くて驚きです。

ヒラメは不発でしたが、穏やかな海で釣果にも恵まれ、良い釣りをすることが出来たので、次回何処に行くか悩む所です。
スポンサーサイト

うろこの飛ばないウロコ取りを100円ショップで調達

メジナは引きも食味もよいのですが、悩まされているのがウロコの処理です。
忘れた頃に部屋の隅にウロコが落ちたていたり、何処まで飛ぶんだよというぐらい始末に負えないウロコ。。。

クロダイ乗合に乗る前の先週、クロダイが大漁だった場合に備えて、なんとか良いものは無いかと探してみたところ。
ウロコの飛ばないウロコ取りやペットボトルの蓋を使うなどありすが、がまかつから出ているウロコ取りが一番良さそうです。

GM-2010.jpg

値段は実売1500円程と高いですが、まるい円盤のような形状でウロコを剥がしていくことでウロコが飛ばない仕組みになっています。

早速ネットで注文しようとすると、週末のクロダイ釣りに間に合いません。。。
上州屋で扱っているみたいなので、翌日会社帰りに行ってみると川崎店、大井町店では扱っていませんでした。

このままでは クロダイ大漁 -> ウロコ地獄直行 ということで、すがる思いで大井町のキャンドゥへ。
キッチン用品を眺めていると、使えそうなものがあったので早速購入!!!

ミニお玉、二つで100円です。
お玉セット
※写真上のおたまは、一段階曲げてしまっています。

これをこんな感じに手で曲げてみると良い感じになりました。
お玉加工済

グリップ部分は手で曲がる程度のj強度なので、力を入れる時は指を添えて補助します。
持ち方

そして、週末の釣果、まずは一番小さいメジナから。
メジナうろこ取り

きっかけをつかむまではちょっとコツが要りましたが、慣れたらウロコが飛ばずにあっという間に完成です。
しかも剥がしたウロコがまとまっているので、そのまま集めてゴミ袋に入れることで、ディスポーザーが詰まることも無くなりました。

一番大きな45cm程のクロダイをやってみた動画です。


グリップの強度を考えれば、がまかつのウロコ取りの方が良いのかもしれませんが、実質2本で100円でかなり使えるウロコ取りが手に入ります。

釣った魚のウロコに悩まされている方は、是非お試しください!!!

5/30 久里浜 黒川本家 クロダイ乗合

釣果:クロダイ2匹 メジナ2匹 ウマズラハギ1匹 サバ1匹
クロダイ釣果

友人Y氏に誘われて、この時期限定のクロダイ乗合船に乗ってきました!

シーズン終盤でクロダイ乗合も最後という週末の土曜日、良い場所を取った方が良いというY氏の意気込みで夜中の2時に都内を出発、3時過ぎに久里浜に到着しました。
黒川丸の店先にある番号札を取ると4番と5番とまずまずの席順を確保出来たようです。

その後、24時間営業のファミレスに行って夜食と休憩をして、5時前に出船場所に向かいます。
5月末なのですでに明るくなっており、一番左がクロダイ乗合船、その他にマダイ、アジ船が出るようです。
港

クロダイ乗合の番号が順番に呼ばれて1、2番は二人で右側に、3番が左側に入ったので、左側にY氏と並んで入ることにしました。
船に道具を積み込んだら一度受付のある店?に車で移動、プラスチックの受付票をもらって再び出船場所に戻ります。

500円の割引券を使って一日で氷、餌が付いて9,300円。
ボートに比べて割高ですが、すべてお任せなので楽ちんです。

出船時間の7時まで、仕掛けを作りながらのんびり待ちます。
結局左側は5人で、丁度ど真ん中の位置になりました。
乗合船は昔一回経験しただけでほぼ初挑戦なので、なるべく周りに迷惑を掛けない釣りをすることを目標にしました。

7時に出船、15分ほど走って久里浜沖のポイントに到着、水深は25m程度と浅く、仕掛けは80号のビシに2号6mの一本針、ビシ棚4mでコマセと同調させながら付け餌を底に這わせて釣る感じです。

船でのロングハリス投入に戸惑っていると、ミヨシでいきなりクロダイが上がっています。
ようやくまともに仕掛けが投入出来たので棚を取って誘い上げるといきなりアタリました!

ゆっくり効き合わせて巻いてくると、それほど引きません。
ビシを持ってハリスを手繰ると、黒鯛っぽくない感じで泳ぎ回っています。
上がってきたのは予想通りのメジナでした。。。

油壺ならリリースサイズなのですが、雰囲気的にキープします。
足元のバケツに放り込んで仕掛けを投入してからキーパーにセット、血抜き用のナイフを取り出そうとしたら竿先が突き刺さりました!
今度は本命っぽい引きで、上がってきたのは良型のクロダイ。
バケツ

いきなり本命が釣れたので一安心、血抜きをしたり、写真を撮ったりしているとY氏にも本命がヒット、大トモの常連のご老人にもヒットして周りも皆本命キャッチで雰囲気も良い感じです。

その後、少しサイズダウンしましたが本命クロダイと良型メジナがヒット。
開始1時間も経たないうちに十分な釣果となり、このまま釣れ続けたら釣り過ぎになるなと思ってたら、潮止まりの9時頃からアタリがパッタリと止まりました。

その後は周囲もアタリは無く、餌取りが活発化したので手返しをしながらアタリを待つ時間が続きます。
しかし、同じポイントでは本命のヒットが無く、場所移動となりました。

少し港近くに戻ったポイントで始めると、上げ潮が動き出してかなりの激流状態。
こうなるとコマセはトモ側に流れてしまうので、かなり厳しそうです。
大トモでたまに本命が上がりますが、その他の場所は沈黙。
竿

25センチ程のチャリコ(リリース)と40センチほどの良型ウマズラはヒットしましたが、本命のアタリはありません。
日差しが強烈になってY氏はバテ気味です。

移動を繰り返しながら昼を過ぎるとサバの群れが入ってきてお祭りも頻発。
結局、午後はサバ1匹を追加しただけで2時半に沖上がりとなりました。

竿頭は6枚で、朝の時合いに3枚、その後上げ潮でポツポツと追加した大トモの常連のご老人でした。
話を聞いたり、周囲の釣り方を見たり、ボートでは味わえないので色々と勉強になりました。
Y氏は本命2枚で前回乗った時と同じだったので、もう少し釣りたかったようです。

当日はクロダイ、ウマズラ、サバで刺身盛りと肝に白子!
刺身肝白子

余った刺身は漬けにして丼ぶりで美味しく頂きました。
づけ丼

メジナとクロダイは捌く時にウロコが飛んで今まで大変でしたが、今回は100均の新兵器導入で解決です。
これについては別記事で詳しく書こうと思います。
メジナうろこ取り

費用はかかりますが、釣果的には申し分なく、道具も少なくて済むので乗合船は楽ですね。
ただ、やはり自分の考えた狙い方、ポイントで釣るボートの方が個人的には合っているようです。
ボートなら朝一に2枚クロダイを釣ったら他の魚を狙っていたかなと思ってしまいます。

乗合船には乗合船の良さ、ボートにはボートの良さがあるので、機会があればまた乗ってみようと思います!
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。