5/16 川奈 ボート釣り

釣果:メジナ4匹 ウマズラハギ1匹
釣果ザル

APさんのお誘いで久しぶりに川奈に遠征してきました!

当初厳しかった予報が前日に好転したので、予定通りKAKE氏の車で夜中に都内を出て川奈を目指します。

途中小田原で夜食を食べて、順調に熱海を過ぎたぐらいから、霧雨程度だった雨が急に激しくなり、川奈に着いても降り続いています。

現地でAPさん、芋さん、COZYさん、腰痛持ちさん、ananさんと合流、受付を済ませましたが雨は時折激しく降ってきます。

雨よりも雷が怖いのですが、風は無く、雨雲レーダーを見ると数時間で雨雲が通り過ぎそうなので、川奈観光ボートの待合室で話しながら待つことになりました。
景色

一緒に待っているお客さんの中にNS釣法の創始者、赤地氏がいらっしゃって、色々とお話を聞く機会に恵まれるなど、話していると時間があっという間に過ぎて、9時頃に出船OKとなりました。

一週間程前にジギングでブリが上がったらしいということで、泳がせで大物狙いの為に定置網付近にアンカリング、活餌確保のウィーリー仕掛けを出しました。

しかし、まったくアタリが無く、空針に付けたオキアミは瞬殺です。
底付近は餌取りが寄っているみたいですが、ウィーリーには反応してきません。

アタリが無いので一時間ほどで見切りをつけて日蓮像前の根に移動しましたが、同じように餌取りの反応のみです。
ウィーリー仕掛けを3本針の空針仕掛けにして、小さめのオキアミを付けてみたりしますが、ベラやスズメダイがヒットするだけです。
途中からロングハリスの仕掛けも入れましたが、こちらもアタリはありません。
雨も降り続いて厳しい釣りが続きます。

あまりにアタリが無いので、今度は湾中央付近の根に移動することに。
魚探で底の状態を見ながら良さそうな場所を選んでアンカリング、同じようにウィーリーとロングハリスの二本出しです。

投入してすぐは底付近でも結構餌が残りましたが、コマセが効いてくると底付近は餌が瞬殺になりました。
そこで、オキアミコマセがボートの揺れで少しずつパラパラ出るようにビシを調整、ハリス8m、天秤+クッション2mでビシ棚を底から15m~20mに上げて、コマセで大物を中層に浮かせて狙ってみることにしました。

雨が上がって潮も動きだし、徐々に雰囲気が良くなってきた頃、置き竿のロングハリス仕掛けにアタリが出ました!
竿を持って効き合わせると一気に突っ込んでラインが出されます。

根に持っていかれないように少しづつ浮かせてくると、上がってきたのは予想通りのメジナ。
同じ棚に再投入すると、今度は一気に竿先が海面に突き刺さってまたもやメジナがヒットです。

その後はロングハリスを置き竿にしながらウィーリーを底付近に入れると、ウィーリーには良型のウマズラ、ロングハリスには同じようにメジナがヒット。
日差しも出てきて気持ちの良い釣りになってきました。

コマセで群れが寄ったようで、メジナは4匹キープしてすでに十分な釣果、このまま同じように狙い続けてもメジナ以外の魚が釣れる可能性が低いので、最後は定置網付近に再び戻ってみることに。

しかし、最後の移動ではミノカサゴ一匹(リリース)だけでアタリもほとんど無く、3時前に沖上がりとなりました。

航跡

岸に上がってからは恒例の釣果確認と情報交換タイム。
深場の流し釣りで皆さんオニカサゴを釣っており、次の機会には他の場所では珍しいオニカサゴを狙ってみようと思いました。

帰りは渋滞も無くすんなり帰宅、メジナの刺身、白子、ウマズラの刺身と肝を美味しく頂きました。
刺身1

メジナの白子はこの時期の珍味で、湯通ししてから赤のゆずコショウとポン酢で食べると最高です。

KAKE氏はオニカサゴ、ムシガレイ、カナガシラ、ヒメコダイと深場釣りで見事な釣果。
KAKE釣果

オニカサゴは半身をもらったので、二日寝かせてから湯引きの刺身にしたところ、噂通りの旨みの濃い白身で絶品でした!
オニカサゴ刺身

本命の泳がせは出来ませんでしたが、悪天候の早朝を考えれば出船出来て魚の引きを味わえたので満足です。

川奈は他で珍しい魚を狙える場所なので、次の機会にはリベンジしたいと思います!!!
スポンサーサイト

4/26 油壺 ボート釣り

釣果:チャリコ3匹 メジナ2匹(リリース多数)
釣果

GWの前半、予報も良かったので久しぶりに電車とバスを使って油壺に出撃しました。

GW期間ということもあり、混雑でボートが無くなる心配がありましたが、車で先に到着したiOSの常連さんにメールをすると、ボートは大丈夫そうということで一安心。
7時ちょっと前にボート店に到着しました。

のんびりと支度をしてから岸払い、定置網の先端付近を目指します。
多少の濁りが入った感じで、水温はまだ低そうです。
波が穏やかなので、水深40メートル付近でロングハリスのビシ仕掛けで開始しました。
潮は南から北に流れており、ロープの向きからNSは厳しいことからビシ一本です。

9時頃に満潮でその後は下げなので、潮変わりの時合いに期待して続けますが、潮もあまり動かず、餌取りに餌を取られるだけでアタリがありません。

餌取りがかなり高い棚まで上がってくるので、中層ても餌を置けない状況です。
細かい修正をしながらビシ釣りを続けますが、状況が良くないので10時過ぎに定置網の水深25m付近まで移動しました。
潮も少し動いてきて期待が出来そうです。

底付近は餌取りが多いので、10mぐらいまで上げて待っていると、竿先が一気に絞りこまれました。
最初のアタリの出方にはちょっと期待しましたが、やり取りを始めると横に泳ぐ感じで、上がってきたのは予想通りメジナ。
本命ではありませんが、40センチオーバーと良型なのでキープしました。

その後はNSを出しながらビシ釣りを続けていると、ビシにチャリコがヒット、やり取りをしていると今度はNSのスプールが高速回転しました。
急いでチャリコを取りこんだ後に、NS仕掛けを上げるとこちらはメジナ。

メジナはかなり高い棚で餌を食べており、チャリコもかなり浮いているようです。
その後もビシとNSに飽きない程度にアタリがあって、チャリコやメジナがヒットします。

チャリコは針を飲まれてしまったのでキープ。
メジナは沖上がり直前にビシ仕掛けの置き竿に強烈なアタリを出した40センチオーバーの良型を追加でキープした以外はリリース。
本命は空振りでしたが、ちょっと早めの14時頃に沖上がりとしました。

iOSの常連さんは浅場で良型のカサゴとカワハギを上げていました。
他ではマダイも上がっていたようです。
イワシの群れの反応があればヒラメ狙いも考えていましたが、この日はあまり反応がありませんでした。

メジナは刺身と香草焼き、アラは煮付けに。
メジナ刺

チャリコは定番の鯛飯と塩焼きで美味しくいただきました。
鯛飯

塩焼きアラ煮

過去の釣行記を見直しても、この時期の油壺でまともな釣果が出たことが無く、今回も不発に終わりましたが、天気が穏やかでほどほどにアタリもあり、メジナの引きも味わえたので楽しむことは出来ました。

GW後半は予定があるので、GW明けにまた出撃したいと思います!
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック