1/24 福浦 ボート釣り

釣果:アマダイ6匹(最大34cm)、ソコイトヨリ1匹、ホウボウ1匹、ヒメコダイ6匹
アマダイ釣果

友人KAKE氏に誘われて、二回目の福浦アマダイ狙いに挑戦してきました!
Y氏も参加となり、海老名で牛丼を食べて5時半頃に駐車場に到着。
今回は餌屋も別の場所にして新鮮なオキアミ餌を仕入れて準備万端です。

駐車場でananさん、釣りキチ先生、APさん、芋焼酎さん、腰痛持ちさん、釣一郎さんと合流して、ピストン輸送でボート乗り場へ。
ボート乗り場ではananさん指揮の元、全員でボートを出してからボートをチェック、準備が終わると丁度夜が明けたので岸払いです。

1週間前は90m付近の深場が良かったようなので、皆さん深場を目指していきますが、まずは年末にアタリが多かった付近で開始しました。

1投目から早速アタリがあり、上がってきたのはちょっと小ぶりのホウボウ。
その後もアタリはありますが、釣れるのはトラギスばかりです。
少し沖でやっていた釣りキチ先生に様子を聞くと、丁度良型のアマダイを上げた所でした。

同じ場所を流すか悩みましたが、沖を狙ってみることにしました。
90m付近まで移動すると、ananさんが居たので様子を聞いてみると、アマダイが釣れて底質の感じも良さそうとのことです。

早速パラシュートアンカーを入れて流し始めます。
今回はボート店のパラシュートアンカーが足りなかったので、100均折りたたみ傘で作った自作のパラシュートアンカーを使いました。
小さいので効きは悪いですが、風が穏やかな日は逆にボートが適度に流れてポイント広く探れるので結果的には良かったかもしれません。

流し始めるとヒメコダイが連発した後に、小型のアマダイがヒット!
直後に少しサイズアップしたアマダイが釣れましたが、その後は着底するとすぐにアタリがあってヒメコダイやトラギスばかり釣れてしまいます。

外道の活性が高いようで、去年の網代の仕立て船釣行の際に、のりべんさんから誘いすぎるとヒメコダイが釣れてしまうという話をしていたのを思い出しました。

そこで、仕掛けを動かすスピードをゆっくりにして、底を取ったら1m巻いて、竿先に集中しながらゆっくりと持ち上げて止めて、ゆっくり落とし込んでアタリを待ちました。

すると、竿先がかすかに動くようなアタリが出たので、ゆっくりと効きあげたら一気に引き込みました!!!
この誘い方に変えたのが功を奏したのか、その後サイズアップして良型アマダイが連発です。

このままアマダイ狙いで最後までやっても良かったのですが、前回アタリが多くて楽しかった浅場のコマセ釣りもやっていたくなり、11時前に移動しました。

しかし、浅場は餌取りが多くて底まで落とすと餌が瞬殺、棚を上げても餌を取られてしまいます。
結局、コマセ釣りでは良型のソコイトヨリ一匹のみで12時半に沖上がりとしました。
福浦ログ

駐車上に戻って皆さんの釣果を確認すると、ananさんはアマダイ8匹!
釣りキチ先生は大型ホウボウにアマダイ多数、釣一郎さんは大型オニカサゴ、KAKE氏は特大ホウボウと良い釣果が出ており、皆さんと楽しく情報交換をしてから撤収となりました。
アマダイ釣果2

当日の夜はソコイトヨリ、ホウボウ、小型のアマダイを電子レンジで酒蒸し、ヒメコダイは3枚に卸して湯引きにしたところ簡単で美味しかったので次回もやってみようと思います。
酒蒸し

アマダイは一日寝かした刺身と塩焼きでいただいて、残りは干物にしました。
刺身塩焼き

二回目の福浦で満足の行くアマダイ釣りをすることが出来ました。
この時期タイラバでヒラメも狙えるようなので、次回はコマセを持たずに荷物を減らして、再度福浦にチャレンジしたいと思います。
スポンサーサイト

1/3 大津 ボート釣り

釣果:マアジ30匹
アジ釣果

すっかりブログの更新をさぼってしまいましたが、久しぶりに更新します。

新年初釣りは友人Y氏と大津に出撃してきました!
行きは電車で行ってY氏と現地合流、7時前に着くと比較的空いており、手続きをしようとすると正月は短縮営業で14時までとのこと。
昨年は通常営業でHPにも何も書いていなかったのでちょっと想定外でしたが、受付を済ませて準備をしていると、強烈な寒さに早上がりで十分かなと思えてきました。

北風ですが穏やかな中を岸払い、真冬とあって港内はかなりの澄み潮です。
まずは昨年の初釣りで好調だった沖の海苔棚5~6枚目手前付近を目指しました。

12月~1月のアジは、海苔棚5~6枚目手前付近から中根の尻尾にかけて少し深くなっているエリアへの駆け上がりに沿って回遊しているのではないかと考えており、まずは海苔棚6枚目の手前付近にアンカリングしました。
去年より海苔棚が沖側に移動しているので、その分少し微調整します。

海苔棚の位置はHEPPOさん記録の今年のデータです!
毎年この為に釣行してデータを作成していただけるので、本当に頭が下がります。
大津ログ

ロープの真上にならないように気を付けながらアンカリング、まずは持ってきた日本酒で新年の安全祈願をしました。
お酒

ビシ仕掛けを入れると一投目からアジがヒット!!!
ポイントの読み通り、朝一からアジが入れ食い状態になり、5匹目を釣った所で泳がせ仕掛けを投入です。
本命はヒラメなので棚は底付近、アジの群れを寄せることでヒラメを寄せる作戦です。

しかし、泳がせを入れたあたりから少し北風が強まって徐々に走錨、アジのアタリが遠のいた上にロープに重なるようになってしまいました。
さらに寝不足と寒さで船酔いになって良くない状況です。
休憩するにしても、海苔棚のロープがあると置き竿に出来ないので、海苔棚の間のロープの無い場所に移動してから仕掛けを入れ、置き竿で休憩します。

仕掛けは4.5mの二本針にして、底から少し上を漂わせるとボートの揺れが良い誘いになってポツポツとアジが釣れます。
群れが回ってくると入れ食い状態になり、昼頃には風も弱まって波も収まり、日差しも出てきて体調が少しづつ回復してきました。

アジはぽつぽつと釣れ続けて、小型をリリースしながら泳がせで大物のアタリを待ちますが、こちらは無反応。
魚探には中層にスズキっぽい反応も出ていましたが、ヒラメを釣りたいので棚は底付近にしてアジを寄せながらアタリを待ちますが、結局大物にアタリは無いまま、13時半頃に沖上がりとしました。

Y氏は昼前ぐらいからアジのパターンを掴んだようで、イシモチとアジを釣って初釣りとしては満足な釣果だったようです。
この日は澄み潮でアジの食いが悪かったのか、速い動きで誘うよりも漂わせながらゆっくりと餌を動かすと食ってきました。
棚はべた底よりも少し高かったように思います。

アジは刺身、タタキ、ナメロウ、Y氏の釣ったイシモチは塩締めして刺身にして大津の定番定食でいただきました。
アジ刺身

新年初釣りから船酔いになって、大物も不発でしたが、ホームの大津でアジが程々に釣れたので、まあまあのスタートが切れたかなと思います。

12/28 福浦 ボート釣り

釣果 アマダイ2匹、ホウボウ1匹、ソコイトヨリ3匹、カワハギ2匹
釣果

ブログを更新する暇が無いまま年が明けてしまいましたが、年末の釣行記をアップします。

年末釣り納めに正月用の赤い魚を釣りに行きたいと思っていたところ、KAKE氏と予定が合ったので福浦のアマダイ釣りに初挑戦してきました!

小田原厚木道路の早川ICを降り、途中釣り餌を買ってから真鶴駅前の道を曲がり、福浦に到着。
真鶴や湯河原には陸釣りや海水浴では何度も来たことはありますが、ボート釣りは初ということで気持ちが高まります。

到着して駐車場で迎えを待っていると、エトーボートの店主が到着、車を乗り換えてボートの乗り場まで送迎です。
車を降りて急な階段と坂を下りて行くと、小さなゴロタの浜にボートが並んでいるのが見えました。

まだ暗い中道具を準備して、少し明るくなった7時ちょっと前に岸払い。
明け方福浦

KAKE氏に教えてもらったポイントを目指しボートを漕ぎます。
水深65~70メートル付近に到着して仕掛けを投入しようと餌の準備を始めると、オキアミが腐っています。
オキアミNG

アマダイ釣りはコマセを使わないので、加工オキアミよりも生餌の方が食いが良いのではとわざわざ選んだのに、ほとんど頭が黒くなったオキアミしかなくて使い物になりません。
中が見えないオキアミのパックを買う場合は要注意で、鮮度管理をしっかりしていないような店では買ってすぐに空けてチェックした方が良いですね。

小さく切ったコマセ用オキアミブロックを一つ持ってきていたので、仕方なく解凍して使えそうなのを拾って付けることにしました。
こちらも切断部が多く、良い状態の物はほとんどありませんが、選べばなんとか使えそうです。

網代の仕立船の時に使った、ガン玉付の市販アマダイ二本針仕掛けに50号のオモリをセットして流し釣りを開始しました。

餌のトラブルはありましたが、朝日が上がってきて素晴らしい景色をみていたら気分が回復、もう一本の竿を準備します。
福浦の朝日

すると、置き竿にアタリが出ました!
結構良く引くので、いきなり本命かと期待しながら上げて来ると30㎝程の良型ソコイトヨリでした。

その後は一本を置き竿、もう一本を手持ちで誘いながら流し釣りを続けますが、ほとんどアタリがありません。
1時間ほどほとんどアタリが無いまま続けて、KAKE氏のそばまで行くと、すでにアマダイを3匹上げているとのこと。

どうやらポイントが狭いようで、お勧めの場所を聞いて流すと、早速アタリがあって20cmちょっとのアマダイがヒットしました!
風向きと潮の流れでボートの流れる向きが目まぐるしく変わるので、同じポイントをなかなか流せずに苦労しましたが、同じポイントを攻め続けて30㎝程の本命を追加。
KAKE氏はその間に40cm近い良型を釣り上げて絶好調のようです。

その後は、アタリがあっても釣れるのはクラカケトラギスばかりで、だんだんアマダイのアタリが無くなってしまい、11時近くになってKAKE氏は浅場でウィーリーに切り替えて移動。
こちらも片方の竿を4m、2本針のビシ仕掛けに交換、コマセを入れてコマセ流し釣りに変更しました。

浅場の方まで流していくと、置き竿のビシ仕掛けに反応がありました。
そこそこの重さに期待しながら上げて来ると、ホウボウが付いていました。

少し高めの棚で流し始めましたが、流している間に水深が浅くなって底付近を仕掛けが這ってホウボウがヒットしたようです。
水深40mぐらいの浅場では、コマセを振るとすぐに何かが当たってきて、良型カワハギ、ソコイトヨリなどを追加。
場荒れしていない魚影の濃さを感じながらコマセ釣りを楽しんで、12時半に沖上がりとなりました。

岸に戻るとKAKE氏はウィーリーでマハタを釣ったようで、良型アマダイと含めて流石の釣果!
KAKE氏釣果

初めてのボートアマダイ釣りは、なんとか本命の型を見ることが出来ましたが、流し釣りでのポイントの攻め方など経験値を上げて行きたいです。
流し釣りで探る釣りなので、ポイントは広範囲と思っていましたが、意外と釣れる場所はピンポイントでした。
今後釣行を重ねて、時期や日によるポイントの引き出しを増やしていきたいですね。

当日の夜はKAKE氏の釣ったハタとアマダイのアラ、カワハギで高級魚鍋を作って一年のボート釣りを締めくくることが出来ました。
ハタ鍋

色の綺麗なソコイトヨリは正月用の酢締めに。
ソコイトヨリ酢締め

釣果はイマイチでしたが、初挑戦の釣りを楽しんで締めくくることが出来ました。

2014年は伊東での釣り、網代でのえらいこっちゃ会の方々との仕立てアマダイ釣りなど、新たな経験や知り合いも増えて楽しく釣りをすることが出来ました。

2015年も相変わらずマイペースでブログを続けて行きますので、今年も宜しくお願いします!!!
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック