10/25 大津 ボート釣り

釣果:マアジ二匹
アジ二匹

前回のリベンジに単独電車で大津に出撃してきました!

風予報、天気共に良く、秋のボート釣りシーズンの大潮ということもあり、6時半には石田丸はボート完売!
始発電車で出発したので何とかボートを確保出来ました。

大賑わいなので湾内で待機してから一斉に出港、今回も中根を目指します。
中根では二週間前に大吟醸さんが大鯛含めて2枚、兄が大型3枚を上げており、釣り方を含めて事前に二人から色々と話を聞いていたので、気合いが入ります!

潮回りからあらかじめ候補として考えていたポイントにアンカリング、ハリス3号の1本針で開始しました。
しかし、しばらくしても全く反応が無いので、もう一つの候補ポイントへ移動することにしたものの、ここでも反応は無く、餌も取られません。
何箇所か移動を繰り返しても、一回も餌すら取られること無く、前回ポツポツとヒットした大アジも当たらない状況です。

中根はボートで混雑ですが、前回釣行の金曜日と比べてそれほど多いという程では無い印象です。
それでも潮当たりの良い根の急な落ち込みなどのポイントには既にボートが入っており、海苔棚のロープがかなり沖まで伸びているので、ここなら大丈夫だろうと思ってアンカリングしてもロープに邪魔されたりと移動は全て空周り、基本的にじっくり場を作って勝負する釣りなのに、移動しては反応無しという悪循環が続きます。

昼過ぎになって潮止まりを挟んでも状況が変わないので、中根に見切りをつけて富士山出しまで移動することにしました。
富士山出し付近を漕ぎながら様子を見ると、アジの群れっぽい反応の他に、単体魚と思える反応もあったので早速アンカリング。
数投すると置き竿に中アジが付いてきました。

底付近にはかなり良い感じでアジっぽい反応が出ていますが、アジ狙いではないので底から少し上の棚を狙います。
しばらく続けていると頭をすっぱりと取られるアタリも出ましたが、その後はアジっぽい反応ばかり。

中根周辺よりは、魚探の反応もあって餌も取られる状況ですが、ボートが減って静かになってくる時間に、急に中根で食いが立つかもしれないと14時頃に中根に戻ってしまいました。
結局移動後もアタリは無くタイムアップで終了。

リベンジどころか、空周りを続けるだけの一日となってしまいました。
この日は富士山で6kgオーバー、武山出し、中根でもマダイが出ており、アジも全体的に釣れていたので、日が悪かったというより完全に自滅して反省点しかありません。

一番の敗因は、場を作って時合いと回遊を待つ釣りにも関わらず、無駄な移動を繰り返したことかと思います。
タックルを一新して臨んだことで、仕掛けの状態を思うように把握出来ず、餌も取られない状況に焦ってしまったことから全てが空周りして悪循環に陥ってしまいました。
基本的な技術は勿論、状況判断も含めて全てが足りていないのに、絶対に釣ってやろうという気持ちが強すぎました。

帰宅後は二匹だけ釣れたアジで作ったタタキ丼を食べながら悔し涙です(笑)
タタキ丼

結果が出なかったこともありますが、とにかく内容が酷い一日だったので、次回は釣れなくても選んだポイント、仕掛け、釣り方を信じて、気負わずに一日続けてみようかなと思います!
スポンサーサイト

10/10 大津ボート釣り

釣果: マアジ(36~43cm) 12匹
オオアジ12

一週間間隔で発生する台風の影響の為、秋の3連休はボート釣りにはかなり厳しい状況、次の週末も予定が入って釣りに行けそうにないので、何とか都合を付けて金曜日に単独電車で大津に出撃してきました。

風予報は午前中北風1~2m、午後は南風3mと穏やか、潮回りは大潮で昼前に干潮、午後は上げ潮と大津での大物狙いには最高の条件です。
7時前に到着すると、好条件の日とあって平日でも結構賑わっていました。

これほど風が穏やかな日は珍しいので、朝はタイラバでマダイ狙い、その後は中根にアンカリングしてビシで大物狙いの予定で7時過ぎに岸払い。
海苔棚のロープが無ければ、武山出し付近もタイラバで流してみようかと思いましたが、すでにロープが入っており断念、中根を目指すことにしました。

中根本体を少し流してから、北側の平根に移動していつも通り落としては巻きを繰り返します。
潮はゆっくり沖から伊勢町側に流れて良い感じですが、欲を言えばもう少し濁りが欲しいところです。

しばらく反応が無く、落としては巻きを繰り返してはボートを漕ぐという単調な時間が流れて行きます。
5流し目ぐらいでしょうか、着底後数回巻いた時にネクタイを噛むようなコンッというアタリが出ました!
しかし、ドラグの調整ミスで緩く設定し過ぎていたことから、一瞬ドラグが滑ってハンドルが空周り、瞬間的にタイラバが止まってしまいそれっきり、フッキングまで持ち込めませんでした。

同じラインを再度流したもののアタリは無く、潮が澄んでいるのでオレンジからイワシカラーに交換したり、巻くスピードを変えてみてもアタリはありません。
9時頃までタイラバを続けて疲れが出てきた頃に、丁度ボートが集結していた中根の黄色ブイの横でアンカーを上げているボートが見えたので、空いた場所にアンカリングしました。

40号ビシに3号1本針の仕掛けをセットして、底から2、3mに投入、コマセと同調させながら置き竿にして朝食タイムにしました。
すると、数投目で竿先が海面に突き刺さりました!

良く引きますが、クククッっという特有の引き込みで上がってきたのは予想取りの大アジ。
サイズは40cmを超えて良い型です。
早朝は緩かった潮が沖から伊勢町方面に急流のように流れ始めて、ポツポツと大アジがヒットしますが、その他の魚は釣れません。

11時近くなって早かった潮が緩んできたので、ここがチャンスかなと思った時に、少し岸寄りに浮かんでいるボートで大物っぽいやり取りが始まりました。
しばらく様子を見ていると魚が浮きあがり、良型マダイの尾びれが見えました!

その時は分かりませんでしたが、落ち着いたやり取りで見事に大物を釣り上げたのはアッキーさんでした。
数多くのボートが中根に集結していた状況ですが、やはりマダイをを釣る技術を持っている人が釣るのだと納得です。

こちらにヒットしてくるのは依然として大アジばかり、徐々に風向きが南寄りになってボートの位置が動いたので、アンカリング位置を修正したものの、その後もヒットするのは大アジとサバ。
昼を過ぎると岸から沖に向かう潮になって濁りが強くなり、大アジのアタリが止まりました。

14時を回ってまだ少しコマセが残っていましたが、最後は折角の機会なのでタイラバで狙おうと数回流したもののアタリは無く、不完全燃焼なまま沖上がりとなりました。

この日はマダイ以外にイナワラも上がっており、大物を釣る条件は整っていたものの、結果は前回に引き続き大アジと微妙な釣行となってしまいました。
ログ1010

3回ほどオキアミの頭をすっぱりと切り取られていたので、ポイント選定の問題では無く、釣り方の問題でした。
一番の原因は7:3調子の竿で置き竿メイン、40号のビシを使ったことで、穏やかな海でもビシが揺れ過ぎたことで付け餌が不自然に動きすぎたことかなと思います。

大アジは魚探に反応が出た時にゆっくりと仕掛けを持ちあげて誘うとヒットしてくることが多かったので、揺れが誘いになって大アジは多く釣れたのかもしれません。
好条件で結果が出せなかったことは、ラッキーで釣れてしまうよりも今の釣り方を見直す良いきっかけになったと、プラスにとらえて次回につなげたいです。

大アジは捌くと腹から大量のアミコマセが出てきたので、中根で撒かれるアミコマセを回遊しながら拾って食べているようです。
個体差はありますが、腹にラードを大量に蓄えている個体も多く、これから活発に餌を食べることで食味が増して来るのではないでしょうか。
今回の最大サイズは43センチと今まで釣ったマアジのサイズ自己記録更新です!
マアジ43cm

釣って良し、食べて良しの大アジなので、釣りとしては申し分無く、あまり大物狙いにこだわるのは微妙ですね。。。

夕食は最近定番のアジの刺身、残りは干物、南蛮漬け、保存用に3枚に卸して冷凍としばらく魚には不自由しなさそうです。
大アジ刺身2

今回の釣りは、今までの考え方を少し変える機会になったので、次回は気分を切り替えて良い釣りが出来ればと思います!

10/4 大津 ボート釣り

釣果: 大アジ(35~38cm)7匹 ゴマサバ2匹(リリース多数) ショゴ1匹
オオアジ釣果

台風の接近した土曜日にKAKE氏と大津に出撃してきました!

ボート釣りは絶望的と思われた週末でしたが、台風の進路が一度西側に移動したので、意外とボート大丈夫なのではという期待を元に、ダメなら遠投カゴ釣りの準備をして大津に向かいました。

行きの湾岸線ではあまり風は吹いておらず、6時前に大津に到着しても思ったほど風が吹いていません。
台風の接近でどうなるか分からない状況の為、しばらく様子見でしたが、風が吹きだしたら終了という条件付きでボートが出ることになりました。

準備をしていると、観音崎から出る予定だった大吟醸さんが登場、観音崎は前日の予報でボート中止になったらしく、後からk-aoruさんと合流して大津から出るということでこちらは先に岸払い。

最近アジは結構釣っているので、今回はオキアミ餌のビシ仕掛けで大物狙いに絞っていくことにしました。
この日は若潮で朝に干潮、午後までゆっくり上げ続ける潮です。
港を出ると潮は比較的澄んでおり、波は思ったほどありません。

魚探で様子を見ながら中根まで行くと、海苔棚の設置が始まって中根の西側はロープが入っています。
潮は沖から岸寄りに流れているので、ロープの無い場所で潮通しの良さそうな場所を選んでアンカリング、4号2本針の仕掛けで棚はべた底から開始しました。

魚探には底付近に反応が出ていますが、数投コマセを巻いても餌すら取られません。
棚を少し上げてみても、反応はないようです。
しばらくすると電車で後から来た兄が来て近くにアンカリング、他のボートも何艘か来て中根付近にボートが集まり始めました。

魚の反応が無いので、仕掛けを3号1本針の仕掛けに交換、針も小さくしたところ、少しづつ餌が取られるようになってきました。
しばらくして微かなアタリがあり、上がってきたのは10cm程のシロギス!?

その後数投したところで、一気に竿先が入りました!
やり取りを開始すると良く走って引くのでイナダかなと思いましたが、上がってきたのは丸々太った大サバ。
見た眼で旨そうなので有難くキープしました。

サバの処理をしていると大吟醸さんとk-aoruさんの最強コンビのボートが登場、少し西側にアンカリングしました。
潮が動き出したのか、少しずつ魚の食いが立ってきたような感じになり、かすかなアタリの後に竿先を絞り込むような強いアタリがでました。

良く引きますが、サバほど走ることは無く、クロダイやマダイとも違います。
何かと思ってハリスをたぐると、上がってきたのは大アジでした!

棚は底から2~3mで、棚のちょっと上でコマセを撒き、ゆっくりと巻いて付け餌が棚付近に到達したら一度止め、ゆっくりと持ちあげるとわずかなアタリが出るので、そこからさらに持ちあげると一気に竿先が入るというパターンで大アジが連続してヒットします。

5匹目を口切れで取り込みでばらした後に、時合いが去ったのか大アジのアタリが止まりました。
潮はまだ良い感じで動いており、アジのアタリが止まって何か他の魚が食ってくるのではないかと期待したものの、次にヒットしたのはゴマサバ。。。

その後はサバタイムに突入してしまったようで、釣れるのは朝一に釣った物より一回り小さなサバばかりです。
昼前になって、朝から多少吹いていた北風が完全に収まり、ほぼ凪ぎと呼べる状態になったことから、この日は無理と思っていたタイラバの流し釣りをやってみることにしました。

中根の沖側、ロープの無いエリアを数回流しましたが、外道のアタリも無く終了、昼前に再び中根にアンカリングしてビシ釣りに戻りました。
珍しいことに、巻き上げてハリスを手繰っていた時に、カンパチの子供がヒット!
サイズが小さいので普通ならリリースサイズですが、大津では珍しかったのでキープしてしまいました。

また、兄には底付近でヒラソウダがヒットしたようで、大津ではあまり実績の無い魚が釣れたのは興味深いです。
その後は特に大きな変化も無いまま、ポツポツとサバがヒット、14時頃に連続して大アジ3匹を追加しただけで終了となりました。
ログ

最近大津で好調だった兄も本命は空振り、大吟醸さん、k-aoruさんコンビも大アジとサバのみで終了となったようです。
KAKE氏は午前中鉄板で中アジとイナダ、昼頃に中根でオオアジを釣った後に、午後は鉄板で中アジが入れ食いとなったようで、今回も順調にアジの釣果を伸ばしていました。

若潮で潮の動きがあまり良くなかったのかKAKE氏のイナダ以外には青物の回遊も無く、マダイやクロダイも上がっていませんでした。
海苔棚設置作業の影響もあるのかもしれません。
タチウオもこの日は釣れていなかったようで、台風の通過と共に少し海況も変わってきたのかなとも思います。

中根付近には大アジがかなりの数居るようで、餌を活発に食べているのか体高も出てきて狙う価値があると思います。
朝一で釣った大サバは期待通りの脂ののり、大アジも7匹中3匹は腹に大量のラードが入っており、刺身で美味しく頂きました。
大アジ刺身

大物不発となったものの、予想外に穏やかな中釣りが出来て、大アジ含めてアタリがあったので楽しむことは出来ました。
大物狙いはその日の状況にも左右されるので、諦めずに秋の大物シーズンを楽しみたいと思います!
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック