スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/23 伊勢町ボート釣り

イナダ53cm1匹 メバル1匹 カサゴ1匹
イナダ

先週大津でアジを釣ることが出来たので、週末は予定通り伊勢町にタイラバと泳がせ大物狙いで出撃しました。
行きは大津でアジ狙いのKAKE氏に同乗させて貰って6時頃に伊勢町到着。

後から来たY氏と合流してから受付を済ませて準備します。
かなりの南風強風予報でしたが、浜は穏やかで明け方降っていた雨も上がってよい感じです。

9時頃が干潮の潮止まりなので、最初はハシカ根でタイラバ、その後は泳がせ実績ポイントで大物狙いの予定で臨みました。
前日に70センチオーバーのワラサが上がったらしく、期待が膨らみます。

Y氏は直接大物ポイントへ直行、こちらはハシカ根を目指します。
ポイントは空いており、アンカリングしているボートが居ないので流し釣りタイラバを開始。
空いていますが南風が強く、安定して流せないので途中からパラシュートアンカーを投入したらいい感じになりました。

しかし、アタリは無く、ここで来るかと思った最高のラインを通っても無反応だったのと、南風でボートを漕いで戻るのが辛いので一時間程でタイラバを諦めて泳がせポイントへ移動しました。
流し釣りログ


泳がせポイントに着いてはY氏に様子を聞くと、ビシにアジ仕掛けで大物をハリス切れでバラしたそうで、アジは釣れなくても何かは釣れそうな感じです。
漁探で小魚の反応を探してアンカリング。ビシを入れるといきなりアタリがあってメバルがヒット。
まあまあのサイズなのでキープ。

メバルは入れ食いですが、何時ものパターンで最初が一番サイズが良く、その後は小型ばかり。
餌は瞬殺でウミタナゴがかなり居るようです。
しばらくしてウミタナゴがヒット、ちょっと大きめですが、とりあえずウミタナゴを付けて泳がせ仕掛けを投入。

小魚をコマセで寄せて大物を呼ぶのと、追加の生き餌確保でビシ釣りを続けます。
アジはまったくヒットせず、小型のウミタナゴが多い為か餌が瞬殺。
ビシ仕掛けを入れて空合わせしながらウミタナゴを狙いますが、なかなかフッキングしません。
ビシに苦戦していると泳がせ竿が海中に引っ張られて落ちそうになっています。

急いで手に取ると引き込まれたので、合わせを入れてファイト開始。
元気が良くて突っ込みで10メートルぐらラインを出されましたが、特に問題なく水面まで浮いてきました。

よいサイズのスズキが見えたのでタモを取った途端にジャンプして強烈なエラ洗い!
これでフックアウトして痛恨のバラしです。。。

残念ですが気持ちを切り替えて急いでウミタナゴを釣り、再度泳がせ仕掛けを投入。
するとしばらくして再度泳がせ仕掛けの竿先が海中に突っ込みました!
今度こそはと落ち着いて上げていると、途中で急に軽くなりました。
うまくフッキングせず、飲み込んでいたウミタナゴを吐き出したみたいです。

活餌のウミタナゴ確保が難しいので、根掛かりで切れたビシ仕掛けから胴付き仕掛けを作り、オキアミ餌でカワハギ釣りのようにしたら10センチ程の活きの良いウミタナゴが釣れました。

活餌に丁度いいサイズだったので、急いで泳がせ仕掛けを投入、その後もう一本の泳がせ仕掛けを中層に入れた後に、餌確保の仕掛けを入れて小型ウミタナゴを狙っていると、最初に入れた泳がせ仕掛けに又もやアタリが出ました!

急いで二本の竿を巻き上げてから、アタリのあった泳がせ仕掛けを手に取ると、まだ引き込みます。
ドラグを締めて巻きにかかると、何かに引っ掛かって巻けません。
ヒットしてからすぐに底を切らなかったので、根に逃げられた様です。
引っ張ると痛恨のラインブレイク。。。

凡ミスで三回連続泳がせ大物を逃がしてしまい落ち込みましたが、気を取り直して再度泳がせ仕掛けを投入。

11時を過ぎると、風が強まって観音崎の上空に黒い雲が出てきて嫌な感じです。
沖上がりを考え始めた時に再度泳がせ仕掛けの竿先が海面に突っ込みました!

最初の引き込みで竿を取って合わせると一気に走り出しました。
スズキと違って良く走ります。
慎重に寄せてくると、見えたのはイナダでした。

もう一本出していた泳がせ仕掛けと絡まりながらタモ入れ成功。
小さいながらもなんとか泳がせで一匹取れました。
ボートイナダ

イナダの血抜きを始めた所で雨が降り出して遠くで雷も鳴ったので急いで撤収。
岸に上がると土砂降り。
しばらく雨宿りして様子を見たものの、雨雲レーダーの感じから14時頃まで降り続きそうなので、無念の終了としました。

泳がせはアタリが多く、上げ潮が動き出した所で青物が入って来たので狙い通りの展開でしたが、痛恨の連続バラしと想定外の大雨で不完全燃焼の釣りになってしまいました。

泳がせのポイントもピンポイントなのか、すぐ側でやったY氏には泳がせのアタリは無く、代わりにビシに数回大物がヒットしてハリス切れでばらしたそうです。

サイズの割に太ったイナダは脂のって食味最高でした。
刺身

過去の実績から、9月中旬ごろまでは同じポイントで狙えそうなので、近いうちに伊勢町泳がせリベンジに行きたいと思います!!!
スポンサーサイト

8/14 大津 ボート釣り

釣果:マアジ 23匹 タチウオ1匹
釣果

一ヶ月半ぶりの釣行です。
最近浅場にマダイが入ってきたようなので、伊勢町でタイラバの流し釣りとトーセキで泳がせ釣りの予定で単独電車で出撃しました。

行きの電車で釣果情報を調べていると、前日に大津でアジ好調とのこと。
久しぶりの釣りなので、アタリの多い釣りをやりたいという気持ちと、夏場の脂ののったアジが食べたいという気持ちが徐々に強くなり、横須賀中央を過ぎた所で急遽行き先を大津に変更、昼ごろまでアジ釣りをしてから、中根や武山出しをタイラバの流し釣りというプランにしました。

石田丸で受付をしていると、後ろから声を掛けてきたのは大吟醸さん!!!
今日は親戚の方とアジ釣りとのこと。
平日ですがお盆休みだからか、結構賑わっています。

前日はヤマダ電機、丸根、武山と幅広いエリアでアジが釣れていたようなので、ポイントは鉄板に決定。
風は穏やかで波も無い中ボートを漕ぎます。

大気の状態が不安定という予報なので雨と雷が心配ですが、朝は丁度いい曇りで日差しも無く、この時期の灼熱地獄を回避出来て助かりました。
潮は濁りが強く、7時満潮からの下げなので、丁度潮変わりと時合いも良い感じです。
鉄板付近に到着、周囲にボートが居ないのでじっくりポイントを吟味して二度程アンカリングをやり直し、狙っていた岩礁帯の駆け上がり中腹にピッタリと止まりました。

ビシ仕掛けに2.5m、3本針のウィーリー仕掛けを入れると、一投目からアジがヒット!!!
さらに立て続けに二匹釣れた後は、餌は取られても釣れない状態になりました。

あまり誘い上げるよりも、底付近で置き竿の方が食いが良いようです。
ウィーリーにはアタリは無く、先のカラ針のオキアミにアタリが集中しています。

濁りが強いので、魚が餌の匂いに反応して、コマセの群れに突っ込んできてはすぐに居なくなるパターンなのかなと思いました。
そこで、仕掛けをウィーリーから1.5m、3本針のピンクスキン付遠投カゴ釣り仕掛けに交換してみましたが、あまり効果が無いようです。

とりあえず、置き竿にしてもう一本の竿の準備をしていると置き竿の竿先が海面に突き刺さり、ドラグから糸が出されています。
竿を手にとってゆっくりリールを巻きますが、かなりの引き込みで底を切るところまで巻けません。

根に入られると嫌だなと思っていた時に突っ込まれて耐えていると急に手応えが無くなりました。。。
ハリスの強度程の負荷はかかっていないはずと仕掛けを確認すると、仕掛けは全くの無傷。
かかりが浅く、口切れによる針外れでバレたようです。

1.5mの仕掛けにヒットしてきたので、恐らくホシザメかと思いますが、最初の突っ込みの走りの勢いから、良型マダイだったかもという気持ちも残ります。
気を取り直してもう一本のビシ仕掛けを投入すると、しばらくして止まっていたアタリが戻ってきてポツポツとアジが釣れるようになりました。
アジが5匹を超えた所で泳がせ仕掛けも投入しました。

9時を回ると、20センチ程の小サバが出てきて置き竿の二本の仕掛けが滅茶苦茶にされてしまい、ビシ仕掛けを一本の手持ちに変更。
少しでも棚を上げると小サバが食ってくるので、棚はべた底狙いに絞りました。

ウィーリーには全くアジが反応しない中、餌取りのウミタナゴが多い為、底に沈めてもすぐに餌を取られるので、ウィーリーの針にも小さめもオキアミを付けて、着底したら1.5mほど巻いてコマセを振り、すぐに1mほど巻いてからゆっくりと誘い上げるというパターンを試してみるとこれが大当たり!!!
1投1匹ペースでウミタナゴ混じりでアジが釣れるようになりました。

丁度コマセの煙幕の中に、底を這っている仕掛けがゆっくり通過するイメージで誘います。
上針から順番に付け餌が上がってくるので、ウミタナゴに最初の餌を取られても次の付け餌をアジが食べればヒットに持ちこめるという作戦です。
上針にヒットすることが多いので狙い通りです。
ただし、コマセボケしてきたのか置き竿だとフッキングせずに餌を齧られることが多く、フッキングしたアジもかかりが浅くて口切れでのバラしが増えてきました。

アジ釣りを続けていると、武山出し付近を狙っていた大吟醸さんが移動してきて、武山出し付近は不調のようで、小サバが多く、全体的にもアジは釣れていないみたいです。
鉄板は比較的アジが釣れるので、並んで釣りをすることになりました。

10時頃まではアジが釣れ続きましたが、風向きが変わってボートが逆向きになるとアタリが全く無くなりました。
ほんの10m程ずれただけなので、ポイントはかなりシビアなようです。

数回アンカリングをやり直しましたが良い位置にボートが止まらず、アジ数匹を追加しただけで11時頃にはぱったりとアタリが無くなったことから移動を決断。
移動しようと泳がせ仕掛けを上げると、ボートの向きが変わった時にアンカーロープにひっかかったのか途中で巻けなくなりました。
先にアンカーを上げてみると仕掛けは外れたようで、泳がせ仕掛けを手に取ると引き込みがあります。
慎重に上げてくると何かが付いているような感じがあってから急に軽くなり、上げてくるとアジの後ろ1/4ぐらいが切り取られていました。
最初イカかなと思いましたが、イカの齧り方とはちょっと違うので何か歯の鋭い魚が食っていったようです。

下げ潮なので沖を狙った方が良いと思い、今年好調の海底遺跡に移動。
魚探の反応が良いので、期待して仕掛けを入れましたがまったくアタリが無く、3投目でアジがヒットして群れが回ってきたかたと思った後もまったくアタリがありません。
二本仕掛けを入れても餌すら取られないので、13時頃にアジ狙いを諦めて仕掛けを片付け、タイラバ流し釣りに変更しました。

分厚い雲が出てきてたまに小雨がパラついて嫌な状況ですが、タイラバ流し釣りならアンカリングをしないので、状況が悪くなった時にもすぐに避難できるのは良さそうです。
中根付近から流し始めますがアタリはありません。
何度か流して、ようやく去年の秋の実績ポイント付近を流してみようと思った時に雨と風が強くなってきました。

残念ですが諦めて沖上がりかなと戻っていると、武山出し付近で雨が上がって明るくなってきたので、最後は武山出し付近を流してみることにしました。
2流し目で中層付近でコンコンというアタリが出ました!!!
そのまま巻き続けると引き込まれましたが、あまり重量を感じません。

引き込む時はそれなりに引くのですが、急に軽くなったり、青物とも違う引き方になにかと思って上げて来ると、なんとタチウオでした!!!
泳がせに食ってきたのもおそらくタチウオだったと思われます。
その後は数回流して、フォールの着底直前でコンコンというアタリがあってフッキングせずが一回のみで3時に沖上がりとしました。

岸に戻ると世妃亜さんがいらっしゃって色々とお話をしていると、大吟醸さん、まるまつこうじさんも戻ってきました!!!
大吟醸さんはビシでタチウオをゲット、まるまつこうじさんは武山付近でアジ、サバに良型カサゴを上げていました。
この日は全体的にアジが不調だったようで、鉄板のピンポイントに運良く入れたことが良かったようです。

タチウオは初めて釣ったので炙りで刺身、アジは定番の刺身、タタキ、ナメロウにしました。
刺身
タチウオは白身なのに脂が乗って最高に美味いですね。
この時期のアジの旨さは今更書く必要がありません。

さらにいままでやったことのなかったアジフライも作ってみました。
アジフライ
腹開きなので形がイマイチですが、フワフワサクサクで味は最高!!!
是非また作りたいと思います。

真夏の釣りでも暑さはそれほどでも無く、アジ釣りは程々に釣れて、タイラバも初めてのタチウオゲットと久しぶりの釣りを楽しむことが出来ました。
ログ

これから秋の大物シーズンの期待大なので、次回は何処に行くか悩むところです。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。