6/21 大津 ボート釣り

釣果:マアジ 2匹 メバル2匹 シロギス3匹
釣果

今回も一週間遅れての釣行記アップになってしまいました。

南風予報で油壺が厳しそうなので、釣行予定が無かったのですが、KAKE氏が大津に出撃するということで、急遽一緒に出撃することにしました。

いつもの通り、行きに横須賀SAで休憩していると、なんと釣りキチ先生が登場!!!
先生も大津から出撃ということで、賑やかになりそうです。
到着すると海はべた凪、準備をしていると先生といけぼさんが到着、伊東でのカイワリ釣りなどの話をしながら準備をして7時前ぐらいに岸払い。
ボートは大繁盛でかなりの人出です!

この日は満潮が11時前ぐらいで朝は上げ潮、潮はかなり澄んでいて風は無く、べた凪です。
最初はKAKE氏が先週良かったという鉄板ポイントを目指すことにしました。
山立てで位置を確認してから、魚探の反応を見ながらアンカリング、まあまあの場所にボートが止まりました。

仕掛けを出すと早速アタリがあって小メバルがヒット、そしてその後にヒットしたのは大サバ。。。
伊東での嫌な思いから即座にリリースしてしまいました。
しばらくしてからアジが1匹釣れましたが、それ以外にヒットするのは小メバル、小カサゴ、小サバばかり。。。
メバルは1匹だけ良い型だったのでキープしましたが、それ以外はリリースサイズです。

仕掛け投入毎にアタリはあるものの、アジはヒットしません。
南風でボートが振られて、ちょっとポイントも微妙な位置なのですが、周囲にボートが多くてアンカリングをやり直すスペースもありません。
9時を過ぎるとアタリが止まったので移動することにしました。

少し南風が出てきましたが、澄み潮なのでちょっと沖目に移動した方が良いかと海底遺跡に行くと、すでにKAKE氏が移動してポツポツとアジが来ている様子。
しかし、海底遺跡もベストポイントは既に空いていないので、ちょっと離れた場所にアンカリング。
ここではアジが1匹、メバル1匹、シロギス2匹が釣れましたが、それ以外は小サバとウミタナゴばかりで厳しい状況です。

昼を過ぎて南風が強まってきたので岸寄りに移動、港出てすぐのかけ上がりを試してみると、良型のシロギスが釣れましたがアジはアタリません。
二つ目排水口付近まで移動しても目ぼしいポイントはボートが多くて空いていないので、再び鉄板まで移動、するとここでも既にKAKE氏がやっていてアジがポツポツとのこと。

アンカリングするとKAKE氏のボートに近寄り過ぎたので、ちょっと離れた場所に再度アンカリング。
しばらく釣り続けてもまったくアタリが無く、最後は少しボートの減った二つ目排水口付近に移動しました。

しかし、ここも釣れるのは小サバと小メバルのみで諦めて仕掛けを片付け始めると、小サバを付けて泳がせていた仕掛けが斜めになっています。
これはイカが抱いているのではと慎重に巻きあげてみたところ、上がってきたのは無残な姿になった小サバ。
齧られサバ

イカ狙いだったのに、何を血迷ったかトリプルフックを腹側に付けてしまい、逃げられてしまいました。
最後のチャンスをものにできずに無念の沖上がりとなりました。

KAKE氏はポイント移動しながらアジを拾い釣りでトータル20匹、珍しいスルメイカまで釣り上げて流石の釣果。
釣りキチ先生は見事に泳がせ釣りでスズキゲットと素晴らしいです。

大量のアカクラゲが仕掛けやアンカーロープに絡みつき、餌を付けて仕掛けを船縁に落としておくと小サバが食ってきて釣りづらい状況の中、移動も後手に回り、全てが空周りの釣りになってしまいました。
しかも、どこかで家のカギを紛失したようで帰宅してから家に入ることが出来ず、外出していた妻の所まで鍵を受け取りに行くという事態に。。。

うまくいかない1日でしたが、最後は釣った獲物を美味しくいただいて終了。
料理

次回は気を取り直して良い釣りをしたいものです!
スポンサーサイト

5/31 伊東 ボート釣り

釣果 カイワリ2匹 ソコイトヨリ2匹 マルイカ1杯 アオアジ1匹 サバ多数
釣果

更新が一週間も遅れてしまいましたが、釣行記をアップします。

先週末の土曜日に、カイワリリベンジでまたもや伊東に出撃してきました。
今回はYKKの3人で、現地でananさんと合流です。

ananさんの手配で早目にボートを出して貰えるということで、5時過ぎにはオーシャンボートに到着、準備を済ませてから出ボートの手伝いをして、受付をして6時半頃に岸払い。

まだ出ているボートは少ないので、カイワリポイントに無事アンカリング、サビキとビシ仕掛けを投入します。
ビシ仕掛けには短めのピンクスキンの遠投かご釣り仕掛けを使用しました。

しばらくするとビシ仕掛けにアタリが出て、上がってきたのは大サバ。。。
回りもサバが釣れ始めて嫌な感じの出だしです。
大サバはオキアミ餌以外への反応が悪いみたいなので、ビシの先針を空針にしてピンクスキンのみにしたら大サバがヒットしなくなりました。

サビキをコマセと同調させながら誘いを続けますが本命のアタリがありません。
ananさんはカイワリ、KAKE氏、Y氏は良型のアオアジがヒットしたようですが、こちらはアタリがありません。
仕掛けを落としたときに錘が海底に刺さる感じも無いので、ちょっと移動することにしました。

50mほど移動して同じように狙いますが、アタリは無くてサバの勢いが増してきました。
大サバに小サバも混ざり、大サバもサビキに反応するようになりました。

小サバを付けて泳がせを投入、サビキは60号の重りで一気に沈めてサバを回避、本命を狙い続けるとようやくサビキ仕掛けにカイワリがヒット!

時合い到来かと期待したものの、その後はサバ地獄。。。
ビシ仕掛けは小サバの壁を越えられないので、サビキ二本でカイワリを狙うも、大サバ、小サバが底でもヒットして釣りになりません。
こうなると、頼みは泳がせ仕掛けです。

活餌のチェックで竿を取ると重みが有るので慎重に巻いてくると、イカが着いてました!
トリプルフックの孫針が引っ掛かったようで逃げられること無く無事にネットイン。
待望のサバ以外の獲物はマルイカでした。
アカイカ

この釣果で気分が変わり、サビキ仕掛けから再び一本針のビシ仕掛けに変更、以前から試してみたかった反転かごを試してみることにしました。

ボート横で水面下を見ながら仕掛けが機能することを試したところ、天秤の先にクッションと組み合わせて付けると問題なく使えることが分かったので投入。
落とし込みでサバに止められることなく棚まで仕掛けが落ちたので軽くシャクって反転かごを反転させ、付け餌を放出させます。

すると仕掛け馴染んだときにアタリが出てソコイトヨリがヒット!
再投入でも同じようにソコイトヨリが釣れて狙い通りの展開です。
さらに同じように仕掛けを入れるとまたもやアタリ!!!
今度こそカイワリかと期待すると、、、、ベタ底でも大サバでした。

サバを何匹か釣った後に待望のカイワリが来ましたが、その後も釣れるのはサバばかり。
泳がせ仕掛けはサバに巻かれて再起不能。。。
サビキはサバに取られて重い錘が全滅。最後まで大サバに苦しめられて沖上がりとなりました。

今回はサバ対策が効果を発揮してビシもサビキも底まで落とす事が出来ましたが、カイワリのアタリは少なく、底まで落としても大サバということで、カイワリリベンジは出来ませんでした。
収穫は反転カゴ仕掛けがかなり機能したことで、落とし込みでのサバ回避以外に、付け餌がコマセと一緒に放出されることでの効果もあるので、今後も試してみようと思います。

カイワリの型は見ることが出来て、マルイカも釣れて、穏やかで綺麗な海に素晴らしい景色の中釣りが出来たので充分楽しめました。
オーシャンボートさんは雰囲気が良いので、是非またお世話になりたいと思うボート店です。

Y氏は終盤に良型のハナダイを釣って相変わらずの底力を発揮!
Y氏ハナダイ

YKKでマルイカ(白)、カイワリ(発)、ハナダイ(中)と伊東大三元(小三元ぐらい???)を達成して、豪華な刺身盛りとなりました。
大三元

刺身三点盛り

GWから毎週続いた釣りも梅雨で一休み、来週天気が良ければ、久しぶりに油壺のヒラメ狙いに行きたいですね。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック