スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/24 伊東 ボート釣り

釣果:カイワリ3匹 ソコイトヨリ2匹 カタクチイワシ ゴマサバ(リリース)
釣果カイワリ

予定が入っていた為に不参加予定だった、えらいこっちゃ会メンバーによる伊東釣行に急遽都合が付いたので参加しました!

前日の予報は絶望的なレベルの南風、なんとか朝一ぐらいは出れるかもという状況でananさんがオーシャンボートと交渉、朝6時からボートを出していただけるということになって午前中勝負で出撃することとなりました。

KAKE氏の車に、芋焼酎さんAPさんと同乗で夜中に出発、5時ちょっと前に伊東に到着しました。

到着してananさん、いけぼさんと合流、風は無く、海も凪いで朝一は最高のコンディション! 
6人のオーシャンズ6でカイワリを攻略します。
伊東明け方

6時前には岸払いしてカイワリポイントでアンカリング、一投目で小さいながらもソコイトヨリがヒット、さらに二投目で同サイズのソコイトヨリがヒットしました。一匹はリリースしましたが二匹目は水圧変化で目が飛び出していたのでキープしました。

3投目で今度は大きなアタリが出ましたが、嫌な感じの引きです、巻いてくると徐々に回転してくるこの魚は、、、、
今回も宿敵大サバが回っているようです。

この後は大サバが連発、ananさんにはカイワリがヒットしたようで、前回よりはゴマサバ以外の魚も居そうですが、大サバに中層にはイワシと小サバと厳しい状況です。

ちょっと移動してアンカーを打ちなおすと、思った位置とずれた所に止まってしまい、大サバが走ってananさんのアンカーロープに仕掛けが絡まってしまいました。。。
仕掛けを外そうとしてオールは海に落とすは、朝の好時合いにananさんに大迷惑をかけてしまいました。

再度、アンカリングをやり直して、サビキ仕掛けも入れると、アタリが出て小さいながらもカイワリがヒット。
とりあえず今回は型を見ることが出来て一安心。

海も穏やかで、南風も時折強めに吹くものの、まだなんとかなるレベルです。
9時を回ると、中層の小サバの勢いが増して、仕掛けを底まで沈めることが出来なくなりました。
仕掛けを落とすと途中で抵抗があって軽くなり、小サバが付いてしまいます。

オモリを重くして沈下スピードを速くしたいのですが、オモリを30号までしか用意していなかったので、サビキには40号のスリムタイプFLビシを下に付けて落としたらなんとか小サバの壁を通すことが出来ました。
ビシ仕掛けは一本針で針を少し大きいものに交換、オキアミを抱き合わせで付けて針先を隠したところ底まで落とせるようになりました。

小サバの棚突破の試行錯誤にかなり時間を使ってしまいましたが、サビキには良型のカイワリがヒット、ビシにもソコイトヨリがヒットして少しずつ状況を攻略出来るようになってきました。
しかし、11時半頃にさらに南風が強まってここで釣りストップ、残念ながら沖上がりとなりました。

最悪出ることも出来ないかもという状況で、早朝から昼まで釣りが出来て、カイワリの型も見ることが出来たので満足な釣行となりました。
大サバは前回持ち帰った3本が全てパサパサだったので、今回は全てリリースしましたが、皆さんの話ではかなり脂が乗っていたということで、数本持ち帰れば良かったなと後悔しました。

カイワリの刺身は、夏にラードがたっぷり入った大津のアジを超えるほどの旨さ!!!
小型のイトヨリはぶつ切りで汁の具にして、美味しく頂きました。
良型のカタクチイワシはオリーブオイルとバジルソースに漬けて、アニサキス対策に一度冷凍してから食べました。
※大型のカタクチイワシにはアニサキスが付くことがあるそうなので注意が必要です。
刺身

今回釣行の皆様、お疲れさまでした。
お陰さまで楽しい釣りをすることが出来ました!!!

伊東のカイワリ狙いは、今回もサバの回遊周期に当たってしまったので、次回こそはサバの居ない時にカイワリ爆釣を狙いたいです。

以下、カイワリ狙い備忘録です。

本文にも書いたが、小サバが多くて仕掛けが落とせない時はオモリを重くすることと、抵抗の少ないビシカゴを使って早く沈める。
ビシ仕掛けは一本針、針を大きめにしてオキアミを二匹がけで針先を隠す。
沈下中に小サバにオキアミが突かれるので、二匹がけにすることでフッキング防止と餌の保護になる。

今回カイワリを釣ったのは全てサビキ、大津のアジ釣りではサビキを使うことはほとんどないが、カイワリ狙いでは一本はサビキを出した方が良さそう。
針数が多いとサバにやられるので、針数は減らしておいた方が良い。

カイワリの習性は、ウィーリーのシャクリ方も含めて、大津のアジとは違うので、これから経験値を増やしたい。
スポンサーサイト

5/17 大津 ボート釣り

釣果 マアジ46匹(二人分の釣果)
アジ

土曜日に父を誘って大津に出撃してきました!
微妙な風予報で、直前まで油壺と迷いましたが、石田丸に電話確認して大津に決めました。

受付を済ませて準備していると、大吟醸さんが登場!
そろそろ大津にもマダイが入って来ているかもしれないので、狙ってみるとのことで、一度戻ってからゆっくり出るそうなので、先に岸払いしました。

今回は父にアジを釣ってもらうのが主目的なので、メインはアジ狙いです。
中潮で昼過ぎに干潮の下げ、潮はかなり濁っています。

アジのポイントはこの時期、根周りよりも砂地の落ち込みや平根の様なところが良く、当初はヤマダ電機前からガレ場の間を狙ってみる予定でしたが、北風が強いので武山出しの周辺から試してみることにしました。

そこそこの波の中ボートを漕いでいると武山出し手前の砂地に良い反応があったのでアンカリング。
ビシ仕掛けを入れると一投目からアタリが出て、泳がせに丁度いいサイズのアジがヒット。
その後も入れ食い状態で形も良くなってきました。

父の仕掛けにはなかなかアジがヒットせず、良型のシロギスや小メバルばかりでしたが、突如強烈な引き込みのアタリ!
慎重なやり取りで何とか海面近くまで上げたものの、最後の突っ込みにやられたようで無念のハリス切れ。
引きの雰囲気からクロダイっぽい感じだったので残念です。

その後、父にもアジがヒット、二人分でアジがツ抜けしたので泳がせ仕掛けを投入しましたが、その辺りから急に船酔いになってきました。。。
前日早目に夕食を取り、朝食もほとんど食べていなかったので空腹と寝不足が原因と思われます。

ビシを入れる気力も無くなったので、泳がせ仕掛けだけ入れて休憩、一回リバースしてから軽く食べたらなんとか回復しました。
10時を回ってアジのアタリが止まったので、下げ潮から沖に行った方が良いと判断、移動することにしました。

北風が弱まって波も収まってきたものの、船酔いのダメージで遠くまでの移動はキツい為、予定していたガレ場は諦めて途中の海底遺跡にアンカリング。
ポイントを探すのに漁探とGPSを見ていたら船酔いが悪化したので、ビシと泳がせ仕掛けを放り込んで再び休憩しました。

丁度リバースしている時に、10m程の超至近距離に乗り合い船かやってきて釣り始めました!
なんとも恥ずかしい状況(笑)でしたが、一通り出したら結構スッキリしてようやく釣り再開。

乗り合い船は小メバルしか釣れなかったみたいですぐに移動していきました。
数投後に底からシャクリ上げるといきなり引き込んで良型のマアジがヒット。
そこからコマセが効いたのかアジの入れ食いが始まりました!

こちらは入れ食いなのに、父の使っている仕掛けにはヒットしないので、同じウィリー仕掛けを渡すとアジが釣れ始めました。
珍しく緑色よりもオレンジやピンクの方が反応が良く、群れが入れ替わるのか形も大小バラバラです。

昼過ぎまで入れ食いが続いて少しアジのアタリが減ったところで、アジは父に任せてロングハリス仕掛けに交換。
しかし、ロングハリスでもアジが釣れただけで大物のヒットは無く、南風が強まったので二つ目排水口まで避難してから道具を片付けて15時頃沖上がりとしました。
二つ目排水口でも15分ほどの短時間でアジが二匹釣れました。
大津釣行ログ

今までのボート釣り史上で一番辛いレベルの船酔いとなった釣行でしたが、苦手なこの時期のアジを攻略出来て、父にもアジを釣ってもらうことが出来たので、結果は満足でした。
小アジサイズはかなりリリースして、泳がせ用のアジも数匹消費したので、数はかなり釣れたと思います。

当日は刺身、タタキ、ナメロウ、
アジ刺身

翌日は握りと定番メニューで頂きました。
握り

次回は油壺か、伊東のリベンジか悩みますね。

以下、この時期のアジ狙い備忘録です。

この時期のアジは根周りよりも砂地のかけ上がりに沿って回遊することが多く、回遊ポイントを見つけてコマセで止めて釣る方法の実績が高い。

上げ潮や朝一、午後には浅場に群れが入ることがあり、岸より第一、第二排水口前の岸に平行した落ち込み部分が回遊ルートになっていると思う。
条件によって近場で入れ食いになることがある。

ここ数年で実績一番の回遊ルートはガレ場からヤマダ電機前と丸根の間の少し深くなっている部分、ルートの端ギリギリに海底遺跡も含まれており、日によって少し変化するので、何ヵ所か探ってその日のポイントを探すのが良さそう。
以前は富士山の北側が良いポイントだったが、現在は航路上なので注意が必用。

過去の参考釣行記
2012年4月20日の大津釣行
2011年5月7日の大津釣行
2011年4月24日の大津釣行

5/10 伊東 ボート釣り

釣果:ゴマサバ 3匹(リリース多数) ムシガレイ1匹
伊東釣果

久しぶりにY氏、KAKE氏と3人での出撃となり、初の伊東へカイワリ狙いで遠征してきました。
予報は最高、6時前に到着すると海は穏やかで気持ちが高まります。
べた凪の朝

予約してあったオーシャンボートでボートを借りて7時頃岸払い。

狙いのカイワリポイントはカメヤホテル前と呼ばれるポイントのちょっと沖の水深39m付近。
GPSで位置を確認してアンカリング、底付近には良い反応が出ています。

ウィリー仕掛けを入れると早速アタリがありました。
強烈な突っ込みと走り、海面近くで円を描くような引きに嫌な予感。。。。
上がってきたのは40センチぐらいあるゴマサバ。
朝一なので取りあえずリリースすると、その後もすぐにアタリが出て同じぐらいのゴマサバ。。。

3本針のウィーリーだと多点掛けになって大変なので、ハリス6mの一本針仕掛けに交換、竿も二本出すと絡まって大変なので基本一本竿で勝負することにしました。

なんとかカイワリやハナダイを釣ってやろうと続けますが、釣れるのはサバばかり、仕掛けを落としたり、巻き上げ中にもヒットするし、べた底でも食ってきて本当に厄介です。
魚探にはサバの反応が絶えず出てました。
魚探の反応

また、大量のくらどが流れていてラインにべっとりとこびり付きます。

サバ以外の魚の活性は低いようで、べた底狙いにしてもサバ以外にヒットしたのはムシガレイ一匹。
場所移動も考えましたが、ちょっとぐらい移動してもサバを回避出来そうに無く、コマセを撒いて場を作れば時合いが来るはずと信じて頑張りましたがサバ地獄は収まること無く、15時半に無念の沖上がり。

沖上がりちょっと前に別のボート店から出ていたCOZYさんにお会いしましたが、サバ地獄は変わらないようでした。

結局3人ともカイワリのヒットは無く、Y氏が小型のイトヨリを釣った以外に目立った釣果はありませんでした。
サバに悩まされた一日でしたが、暖かくべた凪の中、新緑の山を眺めながら気持ち良く釣りが出来たのと、サバでも魚の引きは満喫できたので楽しむことは出来ました。

持ち帰ったサバは相模湾なので生食は控えて塩焼きや竜田揚げ、Y氏の釣ったイトヨリは炙りでいただきました。
イトヨリ炙り

ムシガレイは塩焼きにしたら身離れが良くて食べやすく、味も良かったので次回も釣れたら持ち帰ろうと思います。
ムシガレイ塩焼き

伊東は遠いですが魅力的な釣り場なので、カイワリ狙いのリベンジにまた行きたいと思います!

5/3 大津 ボート釣り

釣果:マアジ 5匹 メバル3匹 イシモチ2匹
大津釣果

ブログの更新が周回遅れ状態になってしまったので、なんとか今週中に追い付きたいと思います。

GW後半、風予報も良さそうだったのでKAKE氏と大津に出撃しました。
6時前に大津に到着すると海はべた凪、受付を済ませると連休とあって次々と人が来て大賑わい。

7時ちょっと前に岸払い、このところアジはイマイチのようですが、今回の狙いは懲りずにクロダイです。
海は鏡のようなべた凪であまりに風が無いのでちょっと不安な予感がよぎります。

アジはヤマダ電機沖が良いらしいとのことですが、海苔棚も無くなったのでカサゴ根周辺を攻めてみることにしました。

13時過ぎに干潮で午前中は下げ潮、観音崎方面に潮が流れているので根の潮の当たる側にアンカリング。
二本針のロングハリス仕掛けを入れると一投目からアタリが出て良型メバルの一荷。
獲物が少なそうなのでキープしました。
その後は徐々に釣れるメバルの型が小さくなっていき、しばらくするとまったくアタリが無くなりました。

カサゴ根付近で数回アンカリングをやり直しましたが本命のアタリは無く、9時過ぎぐらいから南風が出てきました。
予報では風が吹くのは昼過でしたが早くから吹き始めました。
カサゴ根付近はまったくアタリが無いので、昼前に武山出しの北に移動。

KAKE氏はしばらくここでやっていたようですが、メバルばかりとのことです。
根の際を探してアンカリングしましたが、アタリはありません。
昼を過ぎると南風が強まって釣り辛い状況、用事がある為にKAKE氏は早上がりしました。

13時を回って潮変わりの時間になると久しぶりのアタリがあってアジがヒット。
お土産確保の為に二本のうち一本はウィーリー仕掛けに交換したところ入れ食いとまではいかないまでもアジが釣れるようになりました。
早速、中層に泳がせ仕掛けも投入。

アタリが出始めたので、このまま続けようと思っていると、さらに南風が強まってかなり波も出てきました。
14時を回って岸寄りに避難しようと思った時にロングハリス仕掛けの竿先が海面に刺さりました!!!

急いで竿を手に取ると結構な手応え、ドラグを緩めにして慎重にやり取りします。
それほどの突っ込みはありませんが、それなりのパワーはあってゴンゴンという首を振るような引き込みが間に入ります。

ビシカゴを掴んでハリスを手繰るとずっしりと重量はクロダイっぽい感じです。
多少の違和感を感じながらも、期待しながら上がってきた魚を見ると。

特大のヒガンフグでした。。。
ヒガンフグ

なんと40センチオーバー、フグを捌くことが出来れば良い獲物ですが、海にお帰りいただきました。
噛まれたら指が無くなりそうな強烈な歯、たまに泳がせ仕掛けをハリスごと切り取っていくのはコイツの仕業ですかね。

その後第二排水口前に移動してアジとメバルを追加、道具を片付けて沖上がりとしました。
泳がせのアジは針が外れて居なくなっていました。

沖上がり直前には30㎝オーバーのショウサイフグもヒットして大型フグは絶好調でした(笑)
ショウサイフグ

本命クロダイはサッパリで今回も惨敗、べた凪の中釣りが出来ると思っていたのに予報に裏切られて早い時間から南風で釣りづらい一日でした。
ログ

クロダイ狙い連敗記録更新中ですが、程々に外道のアタリもあって、おかず分ぐらいのお土産も釣れるので、大津では同じような狙いでしばらく続けて行こうと思います。

Android版 ボート釣りナビを更新しました。

久しぶりにAndroid版のボート釣りナビを更新しました!

icon.png
無料版:ボート釣りナビLite Ver 1.9.2(15) 


icon_128.png
有料版:ボート釣りナビVer 1.9.2(16)


主な改修点は以下です。

・マップ(kml/kmz)を一度に複数選択可能に変更(有料版のみ)

 マップ選択時にチェックボックスをチェックして一度に複数選択可能としたので、複数のマップを選びたい時の手間が軽減されます。
 また、読み込んだマップをクリアする際にも複数選択可能としました。

・フォントサイズ、線の太さの設定値を高精細画面用に拡張
 最近のスマートフォン高精細化に合わせて、フォント表示のサイズと線の太さの設定値を拡張したので文字が見づらい問題が解消されます。

・ポイント記録時間のkmlフォーマット不具合を修正
 保存ファイルをGoogle Earthで開いた状態で目印を追加しようとするとGoogle Earthが不正終了する問題が解消されます。

・トラックの現在位置の色を青から緑に変更
 トラックの線と現在位置が同じ青だと、アンカリング時などに線に隠れて現在位置が分かり難いので色を変更しました。

その他、詳細は以下をご覧ください。
http://ameblo.jp/tokyowanturi/entry-11838571236.html
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。