スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/28 大津 ボート釣り

釣果:フッコ54cm、マアジ 6匹 カサゴ1匹

フッコ

アジカサゴ

GW前半の土日は良い条件だったみたいですが予定が合わず、月曜日に単独電車で大津に出撃してきました。
この日を逃すと火曜日から天候が崩れるので、南風予報5~6mでも強行出撃です。

7時前に大津到着、心配していましたがボートは出るようで風も思ったより吹いていません。
すぐに準備して岸払い、最近は海苔棚が撤去され、ポイントも岸寄りになってるようです。
ボート店の情報では最近はヤマダ電機沖が良いらしく、他は岸よりの二番目排水口前でも釣れているとのこと。

ちょっと悩みましたが、状況から朝一は鉄板ポイントに行ってみることにしました。
この日は10時20分に干潮、潮は澄んでおり海面付近の水温は結構低めです。
鉄板ポイントに行くと岸よりの海苔棚が少し離れた所に残っていてロープが気になる感じです。

魚探で確認するとロープは大丈夫っぽいのでアンカリング、ビシ仕掛けを二本入れて開始しました。
二投目で竿先が引き込まれて20センチぐらいのメバルがヒット。
リリースすると直後にも同サイズぐらいのメバルがヒット。
その後は少しサイズダウンしたメバルが入れ食いになりましたがアジはヒットしません。
しばらく続けているとアタリが無くなり、全くの無反応になりました。

状況からアジの回遊は厳しそうなので鉄板付近に見切りをつけてヤマダ電機方面に移動することにしました。
南風が急に強まったり、弱くなったりする状況から沖のポイントは諦めです。

途中、第二排水口前付近をチェックしてみると魚探に反応は無く、そのままヤマダ電機前まで移動、移動中に魚探にイワシの群れの反応が頻繁にありました。
根の際をチェックしてアンカリング、ビシ二本で始めますがまったくアタリがありません。
ヤマダ電機前には結構ボートが居ますが、釣れている様子も無いようです。

イワシは沢山居るので、ひとまずイワシを釣って泳がせ仕掛けを投入、これだけイワシが入っていれば泳がせは期待出来そうです。
アジのアタリが全く無いので、アンカーを入れ直してポイントを少し移動しましたが効果はありません。
この状況だと思い切ってガレ場付近まで移動した方が良い気もしますが、南風で行くのは止めた方が良さそうです。

11時前に待望のアジがヒットしましたが単発でそれ以外のアタリは無く、11時を過ぎて移動しようとビシ仕掛けを上げてから、泳がせ仕掛けを上げようと持ちあげた途端に竿先が引き込まれました!!!

合わせを入れてからファイト開始、結構元気良く引いて楽しめます。
上がってきたのはスズキと呼ぶにはちょっと小ぶりなフッコでした。

フッコボート上

魚探にはイワシの群れと中層にスズキのような反応が頻繁に出てていたのですが、入れっぱなしの泳がせ仕掛けにはあまり反応せずに、仕掛けを上げようとして縦方向に動かしたことが誘いになって食ったようです。
正月も巻き上げ中のアジにスズキが食いましたが、泳がせでスズキ狙いの時は入れっぱなしより縦方向への誘いが効果がありそうです。

その後もアタリが無いので、昼前に第二排水口方面に移動して見ることにしました。
潮が上げてくれば岸よりのポイントにも回遊があるのではとの読みです。

第一排水口と第二排水口の間にメバルの群れっぽい反応を見つけたのでアンカリング、ビシ二本で始めると数投後に急に竿先が引き込まれて25センチ程の良型アジがヒット。
その後は仕掛けを入れてコマセを撒けば30秒以内に竿先が引き込まれる状態になりました。
土壇場でアジ大漁かと思って続けていると、立て続けにメバルが釣れた後にアタリが急にぱったり止まりました。

アジの時合いは短く、その後はカサゴ一匹を追加しただけで15時に沖上がり。
南風にアジが渋い状況でしたが、なんとか一日釣り続けることが出来て、ほどほどにアタリもあって泳がせのフッコも釣れたので楽しむことが出来ました。
ログ

ボート店でこの日の状況を聞くとヤマダ電機の沖側でアジが25匹出ていた以外は、全体的にアジは10匹前後と不調のようでした。
この時期イワシの群れが入ってスズキの群れが入ると、一時的にアジが不調になることが以前にもあったので、少しすれば良くなるのではないかと思います。

2010年5月6日
http://tokyowanturi.blog36.fc2.com/blog-entry-61.html


2011年5月7日
http://tokyowanturi.blog36.fc2.com/blog-entry-104.html


そろそろゴマサバも入ってくる時期ですね。

釣れたフッコとアジは当日は刺身
アジ_フッコ刺身

翌日はアクアパッツァとカルパッチョで美味しく頂きました。
カルパッチョ

アクアパッツァ

連休後半は天気が良さそうなので、もう一回ぐらい出撃したいと思っています。

スポンサーサイト

4/20 油壺ボート釣り

釣果: チャリコ1匹 カワハギ1匹
釣果

先週のリベンジという思いで、日曜日に友人KAKE氏と油壺に出撃してきました。

予報があまり良くない中、衣笠ICを降りるとかなりの雨と強風、気温も低くテンションが下がります。
当初は活きアジを買ってヒラメ狙いを考えていましたが、ボートが出るかも分からないのでとりあえずコマセと付け餌だけ買って油壺を目指します。

6時頃に駐車場に付くと、COZYさんがいらっしゃいました!
浜に降りてみると一番乗り、受付時点で10組ぐらいと、この所の調子の悪さもあって人も少なめです。
COZYさんとお話しながら準備をして、7時前ぐらいに岸払い。

中潮で7時過ぎに満潮と一日下げ潮での釣りです。
先週と比べると濁りは改善されており、海水面の水温もかなり上がっているので条件は良くなっているっぽいです。
去年のヒラメ実績ポイント付近をタイラバで流しながらイワシの群れを探し、イワシが確保出来たらヒラメ狙いに移行の予定でしたが、イワシの群れがまったく見つかりません。
また、風と波が強烈で流し釣りは厳しい為、アンカリングしてコマセ釣りに方針転換しました。

かけ上がり付近にアンカリングしてビシ仕掛けを投入すると、二投目で竿先が引き込まれました。
期待しながら竿を取ると、元気は良いもののそれほど引き込みは無く、上がってきたのはチャリコ。

このサイズは群れで居るはずとすぐに仕掛けを入れますが、その後はアタリがありません。
直後に下針の餌を頭だけ齧られた後は餌取りっぽい反応だけです。
NSも流してみますが反応がありません。
ビシ仕掛けは底付近で餌を取られるのでオキアミ餌でカワハギ仕掛けを入れるとかすかなアタリがあってカワハギがヒット。
しかし、カワハギも後が続かずその後はアタリはありません。

この時期とは思えない寒さと強風に体力を奪われながら釣りを続けて気が付くと、かなり定置網に近い場所まで流されていました。
アンカーブロック二つでも完全に止め切れていないようです。
元居た場所まで戻って同じように続けますが、さらにアタリが無くなって餌すら取られなくなりました。

昼前に風が収まってきたので、浅場に移動です。
COZYさんとお会いしたので様子を聞くと、旧定置網付近でクロダイを上げたとのことで見せていただきました。
悪条件の中良型のクロダイとは流石です!!!

浅場も全くアタリが無いので再び朝の場所まで戻ってみましたが、ビシもNSも全く反応がありません。
NSは120mぐらい流しても餌が綺麗についたままです。

昼過ぎに凪になったのでちょっと早めにNSとビシを片付けて、以前から油壺で試してみたかったタイラバ流し釣りをやってみることにしました。
旧定置網沖のツブ根付近とマリンパーク下を数回流してみましたがアタリは無くタイムアップで沖上がりとしました。

全体でもマダイは上がっていなかったようで、二週連続油壺で渋い釣りをすることになってしまいました。
期待したイワシを見かけることは無く、ヒラメ狙いはスタート地点にも立つことが出来ませんでした。

KAKE氏は渋いながらもビシで良型メジナ二匹とカワハギ1匹の釣果、当日はメジナとカワハギの刺身、肝と卵の煮付けで美味しくいただきました。
かけちゃんメジナ

刺身

久しぶりのチャリコは丁度良いサイズだったので、翌日に試してみたかった鯛飯にしたら最高でした!
鯛飯

とにかく寒くてアタリが無かったので、次回は風の無い条件の良い日に、楽しい釣りをしたいですね。

4/12 油壺ボート釣り

釣果:メジナ1匹
メジナ

今年初の油壺に単独電車で出撃してきました!

朝は北風が結構強い予報だったのでちょっとゆっくり出て、7時過ぎに到着。
既にボートが出ている中を受付を済ませて、7時半過ぎに岸払い。
この時期はこの時間でも十分ボートが残っていました。

出ているボートが少ないので、頼んでアンカーのブロックを二つにしてもらい北風での走錨対策も万全です。
予想通り北風が結構強く、湾内も少し波があります。
この日は大潮前の中潮で9時半頃に干潮、水温は低く結構な濁りがあります。

マリンパーク下の水深16メートル付近にアンカリング、まずはビシ竿を出します。
北風と波が結構ありますが、ブロック二つのアンカーのお陰でアンカーはがっちり効いています。
二つで大津のアンカーと重さは同じぐらいかなと思います。
アンカー

しばらくビシ仕掛けを出してみますが餌も取られなので、ビシ竿を置き竿にしてNSを流し始めました。

ビシとNSを続けても、たまに餌取りっぽい感じで餌が取られるだけで期待出来る感じが無いので、10時過ぎに定置網の開始地点付近に移動。

しかし、このポイントはまったく反応が無く、餌すら取られません。
1時間ほどで定置網の沖側へ移動しました。

水深は30m程、アンカーロープはぎりぎりでなんとか底まで届きました。
この時間はべた凪になってきたので、ロープがほぼ真下でもボートが止まります。

ビシ仕掛けを出した後に、NSも投入。
小型のカワハギかキタマクラか、餌取りが結構居るようで、ビシは棚を上げても餌を取られます。

ビシもNSもさっぱりで、まったく釣れる雰囲気が無く昼過ぎになって諦めムードになってきた時、ようやくNSのスプールが高速回転しました!
急いで竿を手にとって合わせを入れると、100m程先でヒットしたのに結構な引きです。
期待しながら慎重に寄せて来て、ボートの近くまで寄せるとタイのように下に潜る引きでは無く横に泳いでいます。
上がってきたのは予想通りの油壺定番のメジナ。。。
しかし、釣果が無いのでありがたくキープします。

再び同じ棚まで流してみますが、アタリは単発でその後の反応は無く、13時を回ってちょっとだけ浅場に移動、移動直後にビシにアタリが出ましたが、巻き上げ中にバラシ。
引きの感じから小型のテンスのような気がします。

その後もアタリは全くなく、時間いっぱいまで粘って14時半に沖上がりとしました。
べた凪の海を背に急坂を登りながらリベンジを誓います。
坂道

心配していた重油流出の影響は見た限りではありませんでした。

久しぶりのメジナは刺身と卵の煮付けにして、夕食のおかず分はなんとか確保
メジナ刺身

今年初の油壺は厳しい釣行となりました。
雰囲気的にマダイ狙いは5月ぐらいからが良いかなという気がします。
次回はNSやマダイにこだわらずに狙ってみたいと思います。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。