10/26 福浦 カゴ釣り

釣果 サバ1匹 マアジ2匹
福浦釣果

週末になるとやってくる台風のせいで、またもや沼津遠征が中止になったので、せめて竿ぐらい出したいと久しぶりの福浦岩壁にKAKE氏と出撃してきました。

14時に到着すると、さすがに台風でほとんど人は居ないので、トイレ前のベストポイントを確保。
車内で道具を準備しているうちに雨が上がったので釣り開始です。

雨は上がっても風は強く海は大荒れ。遠投浮きは飛ばないし、波で当たりは取り辛いし、油断すると岸壁に波しぶきが上がって濡れるのでかなり釣り難い状況です。
こんな状況でもアタリがあればいいですが、アタリはまったくありません。

しばらくやってサバの回遊が期待薄なので、ロングハリスの一本針にして一発大物狙いに切り替えて続けましたがアタリは無く、大荒れの中ひたすら仕掛けを投げるだけの時間が続きます。

16時を回って坊主を覚悟しながら、最後に日が沈む前のアジに賭けて仕掛けをアジ狙いに交換、棚も底付近にしました。

すると、波にもまれながら浮きが不自然な動きをするので上げてみると、ようやく20センチ程のマアジつれました。
直後に横で釣っていたKAKE氏にサバがヒット。
そして、こちらもいい感じで浮きが消し込んで、今度は30㎝ちょっとのサバ。
ようやく時合い到来と同じ棚を攻めると、またもやすぐに浮きが消し込んで今度は25センチほどの良型のマアジ。

しかし、時合いはあっという間に去ってその後はアタリは無く、17時過ぎに撤収となりました。

この日、岸壁全体でもほとんど釣れている様子はありませんでしたが、撤収直前に、タチウオが上がっていました。
コマセもいらないので、夕方から気軽にタチウオ得狙いは面白そうです。

竿が出せれば十分という状況で、なんとか夕飯のおかず分ぐらいは釣れて、陸っぱりにしては上出来な結果となりました。

サバは漬け、炙り〆サバ、刺身にして、アジは刺身とナメロウ。
福浦刺身

今回のサバには、なんとアニサキスを発見。
釣ってすぐ内臓を取ったのに、元から身に付いていたようです。

捌いている時に、小さなドーナツのようなものを見つけたので、気になって包丁の先で破いてみたら、中から丸まったアニサキスが出てきました。

気になったので捌いた半身を光で透かすと、丸まったアニサキスが身の中に!!!
腹骨をすき取った状態のサバの身、赤で囲ったところに居ますが、この状態ではよほど注意しないと、ほとんど分かりません。
アニサキス3

強力なライトで照らすとかなり分かります。
アニサキス4

ちょっと出てきました。
アニサキス_2

ドーナツ型の袋から出したのと合わせて二匹居ました。
アニサキス

きっちり取りだしてから、残りの身も強力ライトで光に透かして細部までチェック、その後漬けにして食べてみたところ、結果は、一緒に無べたKAKE氏は翌日もまったく問題なし。
こちらは翌日の早朝に腹部に違和感と軽い痛みを感じたものの、昼ごろには収まりました。
ひょっとして凄く小さいアニサキスが取り切れずに残っていたのかもしれません。

今回は実験も兼ねて、強力なライトで身を透かして入念にチェックしてから食べてみましたが、そこまでしてサバを生食する理由はありませんし、東京湾のサバは釣ってすぐワタを取れば安全と言うことは全くないということが改めて分かりました。
アニサキスは冷凍か加熱調理をしないと死にません。
酢でしめたり、生姜をつけてもまったく効果はありませんのでご注意下さい。


久しぶりに気軽に出来る陸釣りの魅力を再認識しましたが、ワラサシーズン、来週こそはボートで大物を狙いたいですね。
スポンサーサイト

10/13 油壺ボート釣り

釣果:クロダイ 41cm 1.2kg カンパチ(ショゴ) 33cm
   ワカシ3匹(リリース多数)カワハギ 4匹

釣果

クロダイ

三連休は、当初土曜日に大津の予定でしたが、余りに予報が悪かったので日曜日に変更、北風予報の為、場所は油壺に変更してY氏と出撃しました。

3連休ということで、6時ちょっと前に到着して坂を下りると既に10組以上並んでます。
その後もどんどん行列は延びて6時半には乗れないレベルの列が出来てました。
行列

ボートの準備を待って7時半ごろに岸払い。
北風に強い油壺なので、多少は風と波がありますが問題ないレベル、最初はマリンパーク下を目指しました。

潮は朝から昼過ぎまで上げる小潮で潮は澄んでいますが、クラドのようなものが多少流れていて、バケツで海水を汲むと水温はかなり高めです。
マリンパーク下は既に先行のボートがアンカリングしていたので、空いているちょっと沖にアンカリング。ロングハリスのビシ仕掛けで始めました。

仕掛けを入れてから竿を持って尻手コードの準備しているといきなり竿先が引き込まれました。
チャリコを期待したものの、上がってきたのは残念ながらエソ。。。

ビシ仕掛けを続けていると少しずつ走錨しているようです。
ロープは目一杯出しているので、諦めてゆっくり流されるままにビシ釣りを続けます。

ゆっくり流され続けて9時頃には定置網の開始位置ぐらいまで流されました。
その間に何度かアタリがありましたが釣れたのはエソ、テンス、20センチほどのサバだけ。
また、フグが多いようで針を何度も取られました。

定置網に近づき過ぎたので、少し離れた沖側にアンカリング、水深は15mほどで、ビシ仕掛けを入れると相変わらず底付近は餌取りばかりです。
一度期待させるアタリがあったのは良型のテンス。
ビシ仕掛けは厳しいので、NSを出してみることにしました。

先日入手したチタノスタナトル GT1000の記念すべきNSデビューです。
しかし、期待のNSは数回流して当たりはなく、フグに針を取られるだけ。。。

潮の流れは良い感じなのですが、餌取り以外の気配が有いので、早々にNSを諦めて、気分転換にカワハギ仕掛けを入れてみることにしました。
アサリ餌で底まで沈めて、少したるませてから合わせると、小気味良い引きでカワハギが釣れました。

型は小さくても楽しめますが、フグが多くて数匹カワハギを釣った所で針を取られて三本針が一本になってしまい、仕掛けを交換。
その後カワハギを一匹追加した後にかなりの引き込みがあり、カワハギっぽく無い引きに何かと思って上げてみると、大きなサバフグ。
サバフグ

一番上の針にヒットして、暴れて下の道糸を噛みきったようで仕掛けとオモリが有りません。
カワハギ仕掛けは二組しか用意してなかったので、残念ながらカワハギ釣り終了です。

余りのフグの多さに、少し深い20m付近にポイントを移動してからロングハリスのビシ仕掛けに戻りました。

2本針6mの仕掛けで、ビシ棚12mから試すと、下針の餌が取られています。
棚を微調整をしなが数投すると、今までと餌の取られ方が違ってオキアミの頭だけ取られたり期待出来そうな雰囲気になってきました。

魚探には底から中層付近に単体の反応が出ていますが、アタリが出せないので先針を一回り小さい針に交換、棚まで沈めてからゆっくり仕掛けを上げてから誘い下げてみると待望のアタリが出ました!!!
合わせを入れるとかなりの引き込みなので、期待しながら慎重にやり取りして浮かせます。

しかし、上がってきたのは残念ながらワカシ。。。
引きが強いはずで、1荷でヒットしてしました。
1匹は飲まれていたのでキープしてもう1匹はリリース、魚探の反応はワカシの群れのようです。

その後、数投してもアタリが無く、残り時間も少なくなってきたので、ワカシを釣って遊ぼうと仕掛けをウィーリーに交換。
底からコマセ撒いてシャクって誘う釣り方に変更しました。

すると、1投目からシャクった途端に竿先が引き込まれてワカシがヒット!
その後は入れ食い状態に突入、イナダサイズも混ざって楽しい釣りになってきました。

ワカシを釣って楽しめば充分と思ってしばらくワカシ釣りを続けていると、なんとワカシに混ざってカンパチ(ショゴ)が釣れました!!!
カンパチはいつか釣ってみたいと思っていた魚だったので、思わぬ釣果に満足です。

さらにカンパチ(ショゴ)を追加したいところですが、風向きが変わってボートが20mほど動いてポイントを外れてしまいました。
その後3投連続でアタリが無く、残った付け餌のオキアミはわずか、時刻も14時を過ぎたので、最後は置き竿のロングハリス仕掛けに交換して片付けに入りました。

それまでウィーリーで底付近に大量にコマセを撒いているので、棚を高めにして、11mまで沈めてからコマセ振らずに9mまでゆっくり巻き上げて止めました。
パラパラとコマセを巻きながら浮いてきた魚を狙う作戦です。

投入してから置き竿にして、カワハギ仕掛けの片付けを始めると、いきなり竿先が海面に突き刺さりました。
ゆっくり竿を取ってみるとイナダのような走りと引き込みです。

やり取りを楽しんでゆっくりと上げてくると、数回の突っ込みの後は、最初の元気が無くすんなり上がってきます。
ハリスを手繰るとボートから少し離れた場所に浮いてきたのはクロダイでした!
急いでタモを持って無事に取り込み成功。
クロダイボート

残念ながら赤くは有りませんでしたが、充分な釣果にこれで沖上がりとしました。

乗り場に戻るとiOSの常連さんがいらっしゃっており、道具を片付けながら色々とお話が出来て、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

帰りは必殺の抜け道のお陰で、駐車場を16時に出て三浦縦貫道に乗るまで20分程度と完璧に渋滞回避に成功。
横横道路では逗子の事故渋滞と朝比奈の登り坂渋滞はありましたが、三連休にしてはマシなレベルで帰宅することが出来ました。

Y氏はマリンパーク下の根の上でやって良型カワハギにワカシ、マルソウダ。
Y氏釣果

カンパチは小型でも噂通りの旨さでした。
刺身盛り

Y氏の釣ったカワハギの肝は最高でした!
この時期の肝は違いますね。
カワハギ

小型のカワハギはブツ切りで汁の具に。
汁

久しぶりのマルソウダは炙ってニンニクと生姜を入れた味ぽんでタタキで頂きました。
この時期だけの楽しみです。
タタキ
※マルソウダはヒスタミン中毒の危険がありますので、慣れていない人は生食は控えて下さい。

クロダイは脂ののりは今一でしたが、兜煮は鉄板の旨さ、刺身も半身は2日寝かせたら程々に美味しく食べることが出来ました。
かぶと煮

ワカシは淡白なので、ムニエルが合いますね。
ソテー

午前中は北風と波が強く釣果もさっぱりでしたが、午後の移動後はワカシの入れ食いからカンパチ、クロダイと結果的に満足な釣行となりました。
釣果はウィーリーとビシ仕掛けだったので、NSはまだまだ修行が必要ですね。

最近、大津でマダイ、ワラサが好調のようなので、次回は東京湾側で坊主上等の大物狙いに挑戦したいと思っています。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック