スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/16 伊勢町 ボート釣り

釣果:スズキ3匹(73cm、69cm、67cm)マアジ2匹 カサゴ1匹 シロギス5匹
スズキ

釣果

旅行やその他予定が立て込んでしまい、一カ月ぶりの釣行です。
友人Y氏と共に伊勢町に出撃してきました。

伊勢町を選んだのは、7月頃からお盆の時期まで限定で浅場を回遊することがあるらしい、アカムツを狙ってみたかったからです。

以前に釣って冷凍しておいたサバで身餌を作って、船宿の仕掛けを参考に胴付仕掛けを自作して深場を流し釣りで狙ってみる作戦です。

6時ちょっと過ぎに三浦ボート店に到着、南風が結構強くなりそうな予報と長潮で午後までゆっくり上げ続ける余り動かない潮と、アカムツ狙いにはイマイチっぽいので、保険でアオイソ1パックとアミコマセを1ブロック購入。
7時ちょっと前に岸払いしました。

潮は多少濁りがあって良さそうな感じです。
風は南風なので港付近は風裏でかなり穏やかでしたが、沖に出ると遮るものが減って風が強まりました。
胴付仕掛けにオモリ50号、サバの切り身を付けて投入、ボートを流し始めたところ、あっという間にボートがかなり沖まで流されてしまいました。

急いで仕掛けを巻きあげて岸方面に漕いで、自作のパラシュートアンカーを投入、ようやく流れるスピードも安定して底立ちもしっかり取れるようになりました。
底立ちを取りながら、定期的にゆっくり誘い上げては下げてを繰り返して深30m~45mほどのエリアを探りますが、まったくアタリがありません。

本命以外のアタリでもあればいいのですが、数回流して餌も取られない状況が続きます。
狙い方、餌、仕掛けの何かがダメなのか、そもそも食い気のある魚が居ないのか、未経験の釣りなので判断が付きません。

9時を過ぎてかなり南風が強くなったのと、炎天下で流しては漕いで戻ってを繰り返して疲労したので、初めてのアカムツチャレンジは諦めることにしました。

次の狙いを浅場でマゴチ狙いか、手前の根でコマセ釣りのどちらにするか考えた結果、一度アンカリングでボートを止めて休んだ方が良いと思い、トーセキでコマセ釣りをすることに決めました。

魚探でトーセキ付近の反応を見ると、水深15メートル程の底付近にアジのような群れの反応と、その上に大型魚の群れのような反応が出ています。

とりあえず疲れたので適当にアンカーを入れてビシ仕掛けを投入、飲み物を飲んで一休みです。
風のお陰で暑さはそれほど感じませんが、水分をかなり失っているはずなので、冷やしたスポーツドリンクを大量に飲んで休憩です。

しばらく置き竿にして休んでいましたが、ビシ仕掛けには全くアタリが無く、餌も取られないので再度魚探とGPSを確認しながらアンカリング。
数十メートルの移動で数回アンカリングを繰り返して、ようやく良さそうな場所にボートが止まりました。

魚探には良い反応が出ているので期待大、急いでビシ仕掛けを入れると、アタリは無いですが餌が無くなります。
餌取りがかなり多いようなので、ちょっと棚を上げてあまりコマセを出さないで竿先に集中すると、かすかなアタリが出ました。
ゆっくり効き合せて重さが乗ったので巻いてくると、残念ながら途中で外れてしまいました。

再度、同じように狙うと、今度はしっかりフッキングしたようでようやく20センチほどのアジが釣れました。
アジの群れは居てもかなり食いが渋いようです。
魚探の反応からもフィッシュイーターが入ってアジが警戒しているのではないかと思われます。

最初のアジは釣ってすぐに血抜きをしてしまいましたが、泳がせ仕掛けを入れてみた方が良かったと思い、急いで次のアジを狙います。
しばらくして同サイズのアジがヒットしたので、泳がせ仕掛けを準備して投入しました。

泳がせ仕掛けを投入してすぐに、置き竿のビシ仕掛けにコマセを入れようと巻き上げると、泳がせ仕掛けとお祭りしてました。
急いで引っ掛かった仕掛けを外して再び泳がせ仕掛けを投入して置き竿にしておいたところ、すぐにリールのクリッカーが激しく音を立てました。

竿を手にとって様子を見ていると、数度の弱い引き込みの後に一気に竿先が曲がりました。
合わせを入れてファイト開始、程々の手応えです。

意外とあっさり上がってきた魚の姿を見ると大きな頭に茶色っぽい魚体が見えたので、一瞬サメかと思いましたがスズキでした。
タモ入れも問題無く決まり無事にランディング成功、良い型のスズキを無事に取り込むことが出来ました。

暴れ回る魚を抑えて何とか血抜き、クーラーに入れてからY氏に電話します。
マゴチ狙いのY氏はまったくアタリが無いので、こちらに移動することにしたようです。

一休みしてから、ビシ仕掛けを入れてアジを狙いますが、なかなかアジがヒットしません。
Y氏も近くに移動してきて、すぐ近くにアンカリング、ビシ仕掛けを入れましたが、なかなかアジが釣れずに苦戦の様子。

こちらには、しばらくしてようやく小ぶりのウミタナゴがヒット。
ウミタナゴも捕食対象と思われるので、ウミタナゴを付けて再度泳がせ仕掛けを投入しました。
すると、すぐに泳がせ仕掛けにアタリが出ました。

今度もゆっくり食い込みを待ってから合わせを入れた所、いちど引き込んだ後に急に軽くなりました。
バレたかなと思ったらボートの真横でいきなりジャンプして豪快なエラ洗い!
餌のウミタナゴは外れて数メートル吹っ飛んでいきました。

どうやらヒットしてから一気に水面まで急浮上してジャンプしたみたいで、今度のスズキは元気が良いです。
エラ洗いでもなんとかフックが外れなかったので、二本目も無事に取り込み完了。

その後、ビシ仕掛けでちょっと大型のウミタナゴとアジが釣れたので、アジはキープして再度ウミタナゴ餌で泳がせ仕掛けを投入。
しかし、今度はさすがにすぐに泳がせ仕掛けにアタリは出ません。

昼を過ぎて、釣果的にはスズキ二本あれば十分なので、昼飯を食べながらのんびり置き竿を眺めます。
アミコマセは1ブロックしか買ってないので残りが少なくなり、アオイソがあるので、午後は近場でメゴチでも釣ってマゴチ狙いでもやってみようかなと思った直後に、再度泳がせ仕掛けにアタリが出ました。
ゆっくり食い込ませてから合わせを入れましたが、どうやらすっぽ抜けたみたいでバレてしまいました。

まだまだ、スズキは居るようです。
この状況で欲張ってマゴチを狙うより、スズキを釣って遊んだ方が面白そうなので、活餌だけ確保して最後までトーセキで続けることに決めました。

ちょっと後にY氏に待望のアジがヒット、泳がせ仕掛けを入れるとすぐにアタリが出たようでしばらく格闘した後に、無事にスズキを釣りあげました。
Y氏は去年の秋にこのポイントでスズキをバラしており、1年越しにリベンジ達成です。

残ったアミコマセで釣れた小型のウミタナゴを泳がせ仕掛けに付けた後は、コマセが無くなったので、コマセ籠を外して仕掛けをシロギス仕掛けに変え、アオイソで底物を狙ってみることにしました。
すると良型のカサゴがヒット、コマセ無しでも結構楽しめます。

しばらくアオイソ餌で遊んでいると、またもや泳がせ仕掛けにスズキがヒット、今度は底を切った後に、わざと走らせてゆっくりやり取りを楽しんでから無事にランディング。
夏のスズキは元気で良く引くので釣り味が良いですね。

今までは泳がせ釣りにシーバスロッドとスピニングリールを使っていたのですが、今回は新しいタックルで堅めの竿に両軸リールの仕掛けを初めて試したので、良い練習になりました。
秋のワラサ狙いで真価を発揮しそうです。

釣果的には十分なので、引き続きアオイソ餌で遊んでいると二人乗りの船外機船が風上側の近くにアンカリングしました。
恐らく、こちらのアンカーロープが入っている付近なので注意しながら様子を見ていると、走錨しているらしく、どんどんこちらに近づいてきます。
数メートルまで近づいてきたところで、ようやくアンカーを上げ始めましたが、アンカーが上がって一気に流されたことで、こちらのボートにぶつかりました。

そんな状況でも、もう一人は仕掛けを入れ続けていたらしく、予想通りこちらのアンカーロープにひっかかったようです。しばらく格闘して仕掛けは切れたようでした。

沖上がりの時にアンカーロープには太いサビキ仕掛けががっちり引っ掛かって外すのに一苦労、また、ぶつかった衝撃とアンカーを仕掛けで引っ張っられたことでこちらも走錨してポイントを10メートル程動いてしまったのですが、乗っていた二人は終始無言で去って行きました。

ぶつかりそうになった直前に衝撃で危ないのでこちらから 「ぶつかりますよー」 と声を掛けたのに無視、スイマセンの一言でもあれば別に気にならないことなのですが、こういった出来事は本当に残念ですね。

走錨して少し砂地に動いたことで、シロギスが釣れるようになったので、しばらくシロギスを釣ってから3時頃に沖上がりとしました。

沖上がりちょっと前に、アオイソ仕掛けにヒットしたベラを巻き上げている時に、スズキが食いついてきました。
残念ながらフッキングせずに吐き出したようでバレましたが、スズキの魚影は相当なものだっったと思われます。

懸念された暑さも南風が強いお陰で凌ぐことが出来て、泳がせのアタリを満喫、Y氏もリベンジでスズキゲット成功と、当初のアカムツ、マゴチ狙いとは異なっても結果オーライの釣行となりました。

二人でスズキ4本、釣るのは楽しいですが、捌くのは地獄ですね。。。
鱗は飛び散り、手は傷だらけ、捌きながらちょっと後悔しました。
4本スズキ

ただ、頑張って捌けば、夏のスズキは脂の乗りが良く、当日は刺身で大変美味しく頂きました!
刺身

実家に1本分、Y氏に1本分持ち帰ってもらってなんとか食べきれる量になりました。

釣行ログです。
釣行ログ
沖のログが流し釣りのラインです。GPSのお陰で少しづつラインを変えて流せましたがアタリはありませんでした。
アカムツ狙いはまだまだ検討の余地があるので、出来れば来年の夏もチャレンジしたいと思います。

この日は全体的にアジが渋かったようで、皆さんアジが釣れなかったという話を聞きました。
スズキの群れが入ったのが影響していたのかもしれません。

昼頃にすぐ正面で釣っていた二人乗りの船外機でクロダイが上がっていたのが見えたのと、クロベ根手前では2キロちょっとのマダイも上がっていたようです。
海釣り公園では珍しいサワラが上がっていたりと、徐々に秋に向けて楽しくなってきました。
次回は坊主覚悟でタイラバで鯛狙いも面白いかなと思っています。

去年も体験しましたが、伊勢町の泳がせ釣りはアタリがある時の爆発力が凄いですね。
これからの時期、泳がせ釣りも面白くなりそうです。
スポンサーサイト

今更ですがブログタイトル変更しました

7/27に参加した第二回「えらいこっちゃ会」は本当に楽しい会でした!

そのまま羽田空港に移動して、その日の夜中から旅行に出かけて一昨日帰宅、今更ですが、
皆様本当にありがとうございました!!!
当初、陸釣りのことでもマイペースに書いてみようかなと始めたブログがきっかけで、このようなつながりが出来るとは思ってもみませんでした。

今回残念ながらお会いできなかった方、席の都合でゆっくりお話しできなかった方も居たので、第三回の開催が楽しみです。
大吟醸さん、せーじさん、是非とも宜しくお願いします!!!

っで、最近ボート釣りがほとんどなので、この機会にブログのタイトルを変更しました。
どうもしっくりこないハンドルネームもそのうち変えようかと思っています。

更新もマイペースなマイナーブログですが、これからも細々と続けて行くと思いますのでよろしくお願いします。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。