スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/24 油壺 ボート釣り

釣果:ヒラメ 40cm 1匹 マアジ 5匹 イサキ 1匹 メジナ 1匹(リリース多数)
ヒラメ2

油壺3点セット

週末は良い天気に恵まれましたが土日仕事になってしまい、皆さんのブログを羨ましく見て回りながら過ごしてました。
その分、月曜日は休めたので耐えきれずに油壺に単独出撃してきました。

電車とバスを乗りついで7時ちょっと前に到着すると、少し雨がパラついています。
予報では風は大丈夫そうですが、昼ごろに雨が降りそうな感じもあり、ちょっと不安な状況です。

とりあえず坂を下りて準備をしていると、声を掛けて頂いた方がなんと、ブログを良く拝見していたぴー太郎さんでした!!!
楽しく話をしていたら、受付の始まる時間に気が付かないで慌てて受付しました。

雨も上がってべた凪状態の中岸払い。
今回も二匹目のドジョウでヒラメ狙いです。

魚探でイワシの群れを探しながら、前回流したポイントを目指しながらボートを漕ぎます。
潮は濁って良さそうですが、肝心のイワシの群れが見当たらず嫌な予感がします。

浅場からポイント付近までしばらくボートを漕ぎますが底から水面まで埋め尽くすようなイワシの群れは全く見当たらず、たまに小さな群れの反応が見えたら集魚板を付けたサビキを急いで入れてみるものの、イワシはまったく釣れません。
しばらくやってようやく10cmぐらいの小サバが1匹。

その後もイワシの群れは見当たらず、このままイワシ釣りに必死になって朝の時合いを逃しては意味がないので、1匹だけの小サバで取りあえず本命のヒラメを狙ってみることにしました。
前回ヒットしたポイント付近まで漕いで、仕掛けを投入します。
オモリは35号ですが、かなり流れがあって仕掛けが斜めに入っていきます。
底が取れたかなと思った途端に、竿先にゴンゴンっという反応が出ました。

一瞬、オモリが根がかりしてボートが流れたことでの反応かと思いましたが、明らかに魚のアタリのようです。
すぐにクラッチをフリーにしてからスプールをサミングして、テンションをアタリが取れる程度かけた状態でラインを出していきます。

緊張しながら食い込みを待つと、何度かゴンゴンという反応が出た後に、竿先が絞り込まれました!!!
頭の中でヒラメが餌を咥えて反転して泳いでいる状態をイメージしながら合わせを入れると、重みが乗りました。

前回と同様、ドラグを出すような突っ込みはありませんが、そこそこの重みはあるので、慎重にテンションを緩めないようにリールを巻きます。
仕掛けを入れた途端にいきなりのヒットなので、さすがにそうは上手くいかずに、エソでも付いてくるんじゃないかな―と思って覗き込むと、なんとヒラメです!!!

今回はタモを伸ばすのに手こずって、水面近くで二度程突っ込まれたものの、バラすことなく無事にネットイン。
サイズは小さいですがいきなりの本命、しかも嬉しいことに、合わせが決まって親針が上あごにきっちり掛かっていました。

ボート上ヒラメ

血抜きをしながら、すぐに仕掛けを投入したいのですが、活餌がありません。。。
仕方が無いのでイワシの群れ探しに浅場へ移動です。
潮が速くボートのすぐに流されるので、一休みも兼ねて浅場で一度アンカリング、コマセを溶かしてから、サビキとウィーリーを出して小魚を狙ってみるものの、まったく釣れません。

9時半を回り、このまま本命でも無い活餌釣りを続けるのもバカバカしいのと、小さくても1枚釣れたのでヒラメ釣りは諦めて定置網南の根に移動しました。

GPSと魚探を使って、イサキポイントのかけ上がりにアンカリング、まずは既に作ってあるウィーリー仕掛けを投入してみます。
潮は早く、25号のオモリで投入角度が45度ぐらい、底付近まで落としてから少しずつシャクリ上げてくると、3投目ぐらいで先針のオキアミ餌に小アジがヒットしました。
何匹か釣れればヒラメ狙いに戻ることも考えましたが、小アジは単発のみで、その後は付け餌はすぐに餌取りに取られてしまいます。

ウィーリーがイマイチなので、もう一本の竿に6m二本針のマダイ仕掛けを付けて、底から5mぐらい上に棚取りして投入しました。
二本の竿を置き竿にして、先ほどの小アジを付けて泳がせ仕掛けを入れようかと準備を始めると、ロングハリス仕掛けを付けた竿が一気に水面に突き刺さりました。
慌てて竿を取るとかなりの手応えです。
引きの感じはメジナやマダイとは違う感じですが、かなり良く引いて糸を出されます。
慎重にやり取りすると細く白っぽい魚が見えました。

大アジ一荷

なんと、大アジが二本針に二匹付いていました!
良く引くはずです。

直後に小型ながらイサキがヒット、その後は12時頃までメジナに混ざって大アジがポツポツと釣れましたが、潮止まりになるとビシの投入角度が変わってポイントがずれたのと、流れが緩やかになったことで餌取りのスズメダイが中層まで上がってくるようになり餌が瞬殺になったので、移動することに。

前々回マダイが釣れたイサキポイントからちょっと離れたポイントにアンカリングしてロングハリス仕掛けを投入します。
餌取りは居ませんがアタリも少なく、コマセが効きだすとポツポツとメジナがヒットするようになりました。
35cmほどの尾長メジナで良く引いて楽しめます。
メジナは1匹だけキープして他はリリース、二時になって釣果も十分なので、ちょっと早めに沖上がりすることにしました。
残念ながら、根周りでは小アジを付けた泳がせ仕掛けは無反応でした。

仕掛けを片付けてアンカーを上げようとすると、がっちり根にかかって外れません。
ボートを逆側に漕いだり、真上に移動して思いっきり引っ張ったり15分程格闘しましたがまったく外れる気配が無いので、諦めてボート店に連絡。
しばらく待っていると店主が来て船外機で引っ張ってくれましたが、延長用に付けたロープの部分から切れてしまいました。

結局、アンカートラブルでボート乗り場に戻ったのは3時過ぎ、道具を片付けて坂を上がると、車の横で手を振っているぴー太郎さんの姿が見えます。
岸払い前にお話ししている時に、三崎口駅まで乗せていただけると言われていたのですが、すっかり戻るのが遅くなっていたので流石に先に帰られたと思っていました。

大変申し訳無いことに駐車場で待っていて頂いたようで、しかも、結局家まで送って頂いてしまいました!!!
車の中でも色々とお話することが出来て、とても充実した時間を送ることが出来ました。

釣果はヒラメに大アジ、イサキ、メジナの定置網南の根3点セットで、大アジはぴー太郎さんに3匹引き取っていただき、持ち帰りは2匹です。

刺身盛り2

ヒラメ薄造り2

食べるのに十分な量で、今回も美味しい刺身を食べることが出来ました。

ボート釣りナビのログです。
油壺
ヒラメは前回と同様、定置網中間から北側、水深28mから22mメートルぐらいまでかけ上がりになっている所を流した時にヒットしました。

餌のイワシが釣れなくて、本命のヒラメ釣りをやったのは数分程度だったものの、無事に1枚キャッチすることが出来て、前回からの課題だったフッキングもクリアできたので結果は満足いくものとなりました。
雨も降らずに風も穏やかと天候に恵まれ、ぴー太郎さんともお会い出来てとても充実した一日を過ごすことが出来ました!!!

相変わらずマダイは釣れませんが、魚種の多い油壺は本当に奥が深くてハマってしまいます。
そろそろ旬を迎えた大津のアジも食べたくなってきたので、次回どこに行くか悩みますね。
スポンサーサイト

6/8 油壺 ボート釣り

釣果:ヒラメ 50cm 1.5kg サバ 42cm 1匹 メジナ 1匹

ヒラメ

メジナサバ

週末土曜日に友人KAKE氏、Y氏と油壺に出撃してきました。
今回も大潮で11時干潮、朝の下げ時間は砂地を流し釣りでヒラメを狙い、潮止まりを挟んで根周りでイサキやマダイを狙う作戦で行きました。

かなり早めの5時半前に駐車場に到着すると、入り口にまさかのボート休みの看板が出ていてビックリです。
さすがにこの予報で休みは無いだろうと思って待っていると、しばらくして駐車場の係りの人が来て前日の看板が出しっぱなしだったということで一安心。

ボート店の人も早めに来たので、準備して6時半過ぎに岸払い。
波も風も穏やかなので、まずは活餌のイワシ調達ついでに、旧定置網付近の調査で沖を目指します。
GPSで登録しておいた目ぼしいポイント付近を探しましたが、根の反応はありません。
しばらく漕いでいると、魚探に大きなイワシの群れの反応が出たので、とりあえずサビキを投入してイワシを釣ります。

サビキへの反応はイマイチながら、なんとかイワシ3匹を確保したので旧定置網付近の調査は見切りを付けてヒラメ狙いに切り替えます。
下げ潮なので少し深場の根周りの砂地を攻める予定で、4月に見つけた港を出た所にある30m付近の根を狙うつもりで漕いで行くと、既に乗合船がポイントに入っていました。

折角の朝の時合いなので、狙いのポイントは諦めて、ちょっと離れた水深30mほどの所から流し釣りを始めることにしました。
いつも大津でワラサ狙いに使っているタックルと仕掛けを、孫針だけトリプルフックに交換した仕掛けにイワシを付けて底すれすれに棚取りしながらボートを流します。
風も穏やかで、いい感じのスピードで岸と平行に定置網方面にボートが流れて行きます。

しばらく流して水深が25メートルぐらいまで浅くなるかけ上がり付近に近付いた時に、竿先に反応が出ました。
ドラグを緩めて食い込みを待つと、一気に竿先が引き込まれまたので合わせようとしますが、ドラグを締めるのに手こずって良いタイミングで合わせを入れられません。

仕方なく一度仕掛けを軽く送りこむと、再度引き込まれたので合わせを入れます。
重みが乗ったので無事にフッキングしたようです。
手ごたえはかなりありますが、余り引き込むことは無く寄せてくることが出来て、水面を覗き込むとヒラメの姿が見えました。

ヒラメは取り込みでバラシが多いらしいので、タモを取って水面まで上げずに、水中にタモを差し込んで一発でタモ入れ成功!!!
無事にボートに上げることが出来ました。

ヒラメボート上

ボートに上げた時点でフックは外れており、孫針のトリプルフックがなんとか引っ掛かっていただけのようでした。
初のヒラメ釣りで、1流し目からヒットとはかなりツキがあるようです。

とりあえず血抜きしようとしたら、おとなしくしていたヒラメがビッタンビッタンと凄い勢いで暴れ始めました。
上に飛ぶように暴れるのでボートの外に飛び出しそうです。
なんとか抑え込んで血抜きを開始、気が付くとボートが定置網付近まで流れてしまったので、GPSで確認してボートを漕ぎ、同じラインを再度流してみます。

血抜きしたヒラメを処理していると、思い出したかのように暴れ始めて気が抜けません。
クーラーにしまおうと格闘していると、またもや置き竿の竿先に反応が出て一気に引き込まれました。
置き竿だったのでまたもや合わせのタイミングを逃してしまいました。

もう一度引き込んでくれないかなと竿先の反応を見ると、まだ餌を咥えているような反応があります。
しかし、再度の引き込みが無いのでちょっと待ってから勝負の合わせを入れた所、無念の空振り。。。
餌のイワシは無くなっていました。

再度同じ場所を流すとさすがに今度はアタリが無く定置網付近まで来てしまい、仕掛けを回収する為に巻き上ると途中でゴンゴンというアタリ。
残念ながら今度もフッキングせずにボロボロのイワシが付いてました。

3匹のイワシが無くなり、当初狙う予定だった根が空いたので、移動してアンカリング、目的のヒラメは一枚釣れたのでロングハリスのビシ仕掛けを入れて置き竿で一休みです。

魚探に良さそうな反応は出ていてもマダイのアタリは無く、どうやら餌取りのようです。
しばらくビシ釣りを続けながら、イワシの群れが通過するタイミングで活餌用のイワシを確保して再びヒラメ狙いに戻りました。

風向きが変わって今度は沖から岸よりに流されます。
少し風も強まったので練習の為に持ってきた自作パラシュートアンカーを投入、ヒラメ狙いの仕掛けも、遊動式の仕掛けをもう一本出して二本竿で流してみます。

パラシュートアンカーは風向きと潮の流れが逆でボートがうまく流れなくなったので回収、風向きに合わせてマリンパーク下方面に流すことにしました。

しばらく流すと竿先に反応が出て、待っても引き込みが無いので合わせを入れてみたら空振り。
今度のアタリは朝のヒラメとは違う雰囲気です。
再度仕掛けを投入すると、すぐに同じようなアタリがあって今度は引き込まれたので合わせを入れると何かが乗りました。

結構走って良く引いて、ヒラメでは無く青物っぽい雰囲気です。
寄せてくると40センチオーバーのサバでした。

その後はマリンパーク下付近でイワシを仕入れながら流し釣りを続けましたがアタリは無く、12時近くなったのでヒラメ狙いは終了して定置網南側の根に移動。

KAKE氏、Y氏は朝から同じポイントでビシ釣りをやって、良型イサキを結構釣っているようです。
既に周りにボートが多く、良いポイントにアンカリングするのは難しそうな状況です。

魚探で根の位置を確認しながらとりあえずアンカリングしてビシ釣りを開始すると、入れ食いとはいかないまでもメジナがヒット。
しかし、良型イサキの時合いは潮変わり直後だったようで、呑まれたメジナ一匹をキープしたのみでビシ釣りは不発で2時半に沖上がりとしました。

久しぶりに沖上がりまで風が強まることも無く、幸運にも狙い通り本命のヒラメも上げることが出来て、満足な釣行となりました。

KAKE氏は良型イサキとオオアジ
KAKE氏釣果

Y氏は珍しいブダイと34センチを筆頭に良型イサキ大漁
Y氏釣果

種類も多く、豪華な刺身盛りが出来上がりました。

ブダイは卸した時は身が水っぽく感じたのですが、食べると歯ごたえもあって臭みも無く美味しかったです。
冬場なら皮付きで鍋が良さそうです。
イサキの炙りは毎度最高ですね。
イサキ_ブダイ刺身

油壺の大アジは大津のアジと比べると脂の乗りは少なめです。
オオアジ刺身

ヒラメと縁側は文句無い美味さ。
ヒラメ刺身盛り

サクにして二日置いた刺身は旨みが増して絶品の白身でした。
肝合えはポン酢で食べたら美味しかったです。
ヒラメ刺身2

大サバはぴちっとシートで干物、針を呑まれて一匹だけ持ち帰ったメジナは香草焼きに
メジナ香草焼き

S&Bの香草焼き用のスパイスを使うと、まぶしてからフライパンでオリーブオイルを使って焼くだけ、簡単で美味しく作ることが出来ます。
香草焼きのもと

今回初めてヒラメ狙いの流し釣りをやってみましたが、潮と時合いが良ければ結構アタリがあるので、風が穏やかな日は狙ってみるのがお勧めです!!!
流し釣りにはGPSがあると便利でボート釣りナビが威力を発揮しました。

以下、今回の備忘録

バラシが多く、良い感じの引き込みまで出たアタリを逃したのは悔やまれる。
無事にキャッチできたヒラメもフッキングが浅かったので、しっかり食い込ませて合わせる技術を身につける必要がある。

流し釣りの場合は、合わせの都合も考えてサミング出来る両軸リールを使う方が良く、置き竿では無く手持ちでしっかりタイミングを見て合わせる方が確実にヒットまで持ちこめると思う。

時合いで餌が無くならないように、活餌のイワシは10匹ぐらいは確保しておいた方がいい。

ヒラメは潮変わりに食いが良いとのことだが、早朝も狙い目のような気がする。

イワシの群れが入っている時はヒラメの魚影はかなり濃いように思えるので、広く流して探ればチャンスは多そう。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。