4/29 伊勢町ボート釣り

釣果:アジ4匹 シロギス6匹
伊勢町釣果

ゴールデンウィーク前半に一回は釣りに行きたいと思い、29日の月曜日に単独電車で伊勢町に出撃してきました。

油壺が第一候補でしたが、予報で昼から南風が強まりそうなのと、電車とバスでは油壺でボートが借りられる時間に到着するのが難しいので、第二候補の伊勢町を選択。
今回はダメもとで色々と試してみたいということで、2、3時間ごとに分けて狙いを変えてみるということにチャレンジしてみました。
潮は早朝に満潮、昼過ぎに干潮の中潮、南風が午後から強まる予報なので、午前中に沖の根周りを攻めて、昼からは潮変わりの時合いにカレイ狙いというプランです。

6時半にバスで伊勢町に到着して三浦ボート店で受け付け、ゴールデンウィークということでかなりの人出、普段ボート釣りにほとんど来ないような人も多そうです。
伊勢町朝

7時ちょっと前に岸払い、まず朝一はハシカ根をタイラバで流してみました。

ボート釣りナビで位置を確認しながら、アンカリングしているボートに迷惑を掛けないようにボートを流してタイラバを底まで落としては巻きを繰り返します。
流し釣り結果

相変わらずの単調な作業を続けるもアタリは全く無く、一回だけ何かが一瞬触れたような感触があっただけで9時を回り、残念ながらタイムアップ。
ハシカ根の狙えそうな所は全て流してみたので、諦めて第二ステージのアンカリングでのビシ釣りに変更です。

アミコマセを1ブロックだけ買ったので、タイラバで流している時に確認した魚探の反応の良さそうな場所を選んでアンカリングしました。
しかし、流れが速くて走錨してしまい、ボートが止まりません。
仕方が無いので走錨しながら仕掛けを落とします。

ビシは25号で投入角度が45度ぐらいになってしまいますが、シロギス竿しかないのでこれ以上のオモリ負荷は無理と諦めました。
3本針で先がカラ針のウィーリー仕掛けを付けて底まで落とし、底からしゃくり上げるとすぐに小メバルが一荷でヒット。
メバルが居る所にはアジが回遊することが多いので続けると何匹か小メバルが釣れた後にアジがヒットしました。

しかし、折角ポイントに入ったと思っても走錨してすぐにポイントを外れてしまいます。
アジの釣れた位置をボート釣りナビでマーキングして、何度もアンカリングをやり直しながらアジ釣りを続けますが、コマセが無くなった11時半頃でビシ釣りは終了。

丁度南風が強まってきたので岸よりに移動して、本日最後のカレイ狙いです。
3年前に良型マコガレイを釣った実績ポイントに移動すると、シロギス狙いのボートも含めて結構沢山のボートが既に浮かんでいました。
空いている場所を選んでアンカリング、二本竿に市販のカレイ仕掛けを付けて、アオイソ房掛けで投入すると、すぐにアタリがあって釣れたのはシロギス。
13時半が潮止まりなので、気合いを入れて投入を繰り返しますがカレイのアタリはありません。

14時を回ると南風がかなり強くなったのでカレイ狙いは断念、港を出てすぐの砂地に移動してシロギス釣りをしてから沖上がりとしました。
欲張った3部構成のチャレンジは惨敗という結果になりました。
ログ

ボート店で聞くと、この日マダイは出ていないようですが、マコガレイは小型は結構出ており、40センチオーバーも一枚でていたようでした。
釣果は振るいませんでしたが、マダイもカレイも釣れたらラッキーぐらいの狙いだったので結果に不満は無く、楽しむことが出来ました。
タイラバのマダイは夏から秋の良い時期以外で専門に狙うのはかなりの忍耐が要りそうですね。

釣ったアジとシロギスはその日の夕飯のおかずには丁度いい量。
シロギスはナメロウにしてみた所、上品でクセの無い味で美味かったです。
刺身となめろう

先週、今週と伊勢町に来たことでの大きな収穫は電車とバスでもそれほど不便なく釣行出来ることが分かったことです!
6時15分に馬堀海岸駅着だと、丁度歩いてすぐのバス停から6時22分発の観音崎行が来て、5分ほどで伊勢町に着きます。
帰りは電車で来たことを言えば、三浦ボート店で馬堀海岸まで送ってもらえるので特に不便無く釣行出来ます。

マダイや大型回遊魚が本格化する時期の単独釣行では、伊勢町も選択肢に入れることが出来るようになりました。
タイラバ専門なら道具も少ないしコマセで汚れないので電車釣行に向いてるかもせません。

不甲斐ない釣りが続いてますが、ゴールデンウィーク後半は、待望の油壺に出撃したいと思います!!!
スポンサーサイト

4/20 伊勢町 ボート釣り

釣果:イシモチ3匹 シロギス8匹
シロギス

土曜日は寒さと雨模様の天候でしたが「隔週刊 釣り情報」誌の取材に同行させていただけるという機会だったので、急遽、伊勢町へシロギス狙いのボート釣りに行ってきました。

伊勢町2

「釣れる海のボート釣り」の表紙でマダイを持っている写真の尾川記者と伊勢町をホームとするレポーター原田氏からいろいろと貴重な話を聞くことが出来て有意義な体験となりました。

伊勢町

自分の釣果は貧果だったものの、原田氏のシロギスの釣果は物凄い量!!!
今までボートでシロギスを専門に狙ったことは無かったのですが、シロギス釣りも奥が深いですね。
詳しくはここでは書けませんので、5月15日発売予定の「隔週刊釣り情報」誌をご覧下さい。

この時期とは思えない強烈な寒さに芯まで冷えて帰宅後すぐに風呂直行、釣ったイシモチとシロギスは久しぶりの揚げ物。
揚げたてを塩と大根おろし+麺つゆで食べるとフワフワで最高に美味いです。
揚げ物

良い気分転換と刺激になったので次回こそはマダイ狙いでなんとか結果を出したいと思います!!!

4/13 油壺 ボート釣り

釣果:マアジ1匹 メジナ2匹
釣果

連敗が続いているマダイ狙いで、油壺に出撃しました。
前回の沼津に引き続き、友人KAKE氏、Y氏と三人での釣行です。

6時半頃に油壺に到着すると、既に何人かの方が並んでおり、こっとんさんCOZYさんFishrangeさんがいらっしゃいました。
楽しくお話をしてから7時ちょっと前に岸払いで定置網を目指します。
波は穏やかで、水温は結構高く濁りがあります。

定置網の先は作業中なので、皆さんちょっと手前側でやっているようです。
空いている所を探して、水深24メートル付近で開始しました。

NSを二本出して、片方は3Bのガン玉を付け、片方はそのままナチュラルに流します。
二本流して反応を見ることで早めに棚を探る作戦です。
大潮後の中潮ということで、流れは結構早くて砂コマセがかなりの勢いで流れます。
5回ほど流しましたが全く生体反応がありません。

ガン玉を付けた方は、一回餌が取られましたが、餌取りっぽい雰囲気です。
ナチュラルに流した方は流れでふけて底まで仕掛けが沈んでいる気配が無いのでガン玉を付けました。

さらに5回ほど流しますが餌も取られない状況が続いて、120メートルぐらい流しても綺麗なまま付け餌が戻ってきます。
10時になり、ポイントに見切りを付けて移動することにしました。

KAKE氏、Y氏は定置網から200メートル程離れた場所にアンカリングして釣っているようで、こちらは以前から試そうと思っていた、湾をまっすぐ出た旧定置網があったところの根周りを調査してみることにしました。

ここは「釣れる海のボート釣り」に掲載されている昔定置網があった付近で、たけちゃんさんが以前アンカリングで試されていたポイントです。
かなり距離はありますが、おおよその位置にアタリを付けてGPSに登録してあった場所を目指して移動、魚探を見ながら探っていくと、根が点在している場所を見つけました。
水深が35メートルほどあるので、10メートルのロープで延長してアンカリングしました。

NSを二本出して探りますが、アタリはありません。
昼前になって全くアタリ無し、最近慣れてきたボウズの予感がよぎります。

ここでKAKE氏の状況を確認するのにサバカウンターを見てみると、アジとその他の釣果が出てます。
ポイントから想像するに、大アジとイサキと思われるので、再び定置網へ戻りました。
定置網には係留せずに、アンカリングしているKAKE氏、Y氏のボートが並んでいる所へ行って状況を聞いてみると、真鯛はダメでも大アジやイサキが連発とのこと。

とりあえずアンカリングしてNSを流すと、25メートルほど流したところでスプールが高速回転しました。
サミングしてから合わせるといい感じの手応えですが、ちょっと鯛っぽくありません。
上がってきたのは30㎝オーバーのメジナでした。

再度NSを流すと、30メートル程流してまた当たりました。
同じような手応えで上がってきたのはメジナ。

その後はNSのアタリが少し遠のいたので、ロングハリスのビシ仕掛けを投入して置き竿にしてから、再度NSに戻りました。
昼過ぎの干潮の潮止まりでも潮があまり止まらず、13時を回るとかなりの勢いで流れ始めました。
ビシ仕掛けは25号で投入角度が45度ぐらいになってしまったので35号に交換。

しばらくすると置き竿のビシ仕掛けの竿先がクンクンと引き込まれたので、手にとって合わせを入れるとなかなかの手応え、緩めのドラグが少し滑って糸を出されました
最初の引き込みに耐えてからリールを巻こうとすると、根に入られたようで上がりません。
ちょっと強めに引っ張ったら根ずれでハリスが切れてしまいました。
メジナの可能性が高いですが、正体を見ないままバラしたのは悔やまれます。

その後はアンカーが走錨してなかなか落ち着いて釣りが出来ません。
NSに30㎝ぐらいのメジナが一回ヒットしたのをリリースした後、100メートルほど岸寄りに再アンカリング。
風と流れでアンカーが効かずに何度かやり直した後、残り一時間ラストチャンスに賭けてNSを流します。

潮は早く、メカニカルブレーキを締めてもドンドン糸が出てしまいます。
数回流したところで、一気にラインは出ないけど、やけに糸の出が止まらないので竿を取ると何かが付いている感じがありました。

100メートルほどラインが出ているので慎重に巻いてくるとそこそこの引きでたまにグングンと引き込みます。
ラインの残りが少なくなったので海中を覗くと、白っぽい魚が回転しながら上がってきました。
これはマダイか!!!と期待しましたが大アジでした。

その後はアタリも無く、南風と波が強まってきた中をぎりぎりまで粘って14:30に沖上がり。
今回もマダイゲットならずと悔しい結果となりました。

掲示板を見ると、この日もマダイ6枚と3キロクラスのイナワラが上がっていたようなので、油壺攻略の難しさを思い知らされました。

KAKE氏は40センチを筆頭に大アジ4匹とイサキ、メジナも多数
KAKE.jpg

Y氏は大アジ、イサキ、メジナ、カワハギで大漁という結果になりました。
Y氏

真鯛は無くても、刺身に肝合えと豪華な刺身盛り
刺身盛り

大アジ、メジナは卵が入っていたので煮付けに
卵

大アジは刺身も良いですが、三枚に卸して塩焼きが最高でした。
塩焼き

メジナは美味しいのですが、沢山あると鱗取りが大変です。
次回以降は持ち帰り数を制限することにしました。
カルパッチョ


今回の収穫は定置網沿いの根と、港を出た場所の根の位置を確認出来たことです。
係留してコマセで寄せる釣りよりも、魚探でポイントを探して釣る方が相性が良く、結果が出ている気がするので次回以降の攻略法は検討の余地ありです。

ログ

今回もマダイの姿を拝むことが出来ませんでしたので、次もマダイ狙いで行くか、ちょっと矛先を変えて流れを変えてみるか、悩む所です。

以下、今回の個人的な備忘録です。

ハイパータナセンサー250Fはスプール回転が非常にスムーズだが、こっとんさんも書かれているようにアタリが取り難い。NSは二本出したが、全てチタノスGT2000+フロロフラッシュにヒット、何故かハイパータナセンサーにはヒットしなかった。
次回以降は潮の状況でリールを使い分けてみようと思う。

NSには潮が緩い方が良いと思われる。ある程度コマセと同調させないとダメかもしれない。

KAKE氏がアンカリングしていた場所は根になっており、定置網と並行して根がある感じだった。
ビシ以外に、ウィーリーでも大アジがヒットしていたので、濁りがあって潮も速かったことが、大アジには好条件だったのかもしれない。

大アジはこの時期産卵で浅場に群れが入っているのかと思う。
以前、三浦の地磯で大アジを遠投カゴで釣ったことがあり、5月~6月は三浦で岸から結構アジを釣った記憶がある。

android版 ボート釣りナビを更新しました

android版のボート釣りナビを更新しました。

https://market.android.com/developer?pub=kagoturi

icon_128.png
有料版(\250):ボート釣りナビVer 1.9.1(15)


icon.png
無料版:ボート釣りナビLite Ver 1.9.1(14) 


主な改修点は以下です。

・ピンチズームへの対応(android2.0以上)

・kmzファイルの読み込みへの対応

・グリッド表示の濃さを三段階に設定可能に変更可能(有償版のみ)

・速度表示の追加(有償版のみ)

・kml読み込みのフォルダパス取得方法の修正

・無償版の広告表示方法を変更

使い方は以下を参考にして下さい。

android版ボート釣りナビの使い方
http://ameblo.jp/tokyowanturi/entry-10936506504.html

ナビゲーション機能の使い方
http://ameblo.jp/tokyowanturi/entry-11270032185.html

iOS版クリックリファレンス
http://ameblo.jp/uozaru1315/entry-11434796915.html

iOS版大津で使う場合の簡単な例
http://tokyowanturi.blog36.fc2.com/blog-entry-165.html


実際に使用して頂いている方のブログ記事です。

せーじさんのブログ(AQUOS PHONE zeta SH-02使用)
http://blog.livedoor.jp/seiji_t1970/archives/24052597.html
http://blog.livedoor.jp/seiji_t1970/archives/23043210.html

tiidaさんのブログ(Nexus7使用)
http://nen12boatfishing.blogspot.jp/2013/02/nexus7.html

ブライアンさんのブログ(iPhone使用)
http://brablog.blog71.fc2.com/blog-entry-316.html

nojimaruさんのブログ(IS01使用)
http://blogs.yahoo.co.jp/npah2002/28373319.html

海図データの簡単な入手法です。

ボート釣りナビには海図データは海図データが入っていないので、自分で海図データを作成する必要があります。アプリを大津で使う場合には以下の記事からkmlファイルをダウンロードしてから、スマートフォンのSDカードに自動的に生成されるBoatFishingNaviというフォルダにUSBケーブル等でコピーすれば使えます。

HEPPOさん作成の2012-2013海苔棚位置ファイル
http://heppokonoppo.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-cbd1.html

友人KAKE氏作成の大津ポイント直行KMLファイル
http://ameblo.jp/uozaru1315/entry-11471753267.html

※最近の機種では、SDカード以外に元から内部ストレージとして本体付属のメモリを持っている機種があります。その場合は内部SDの領域にBoatFishingNaviフォルダが生成されて外部SDは使用出来ませんのでご注意下さい。

川奈に釣行される場合には、川奈観光ボートの管理人でもあるマイ海図作者、増渕氏の許可を頂いて配布している以下の海図が使用できます。
面倒なデータのコピー等は不要でインストールするだけで使えます。

マイ海図GPS川奈版1.2
アイコン


ボート釣りナビ又はボート釣りナビLiteをインストールした状態で、上記アプリをインストールした後、ボート釣りナビ又はボート釣りナビLiteを起動してメニューから「マップ/ログ読込」を選択すると「マイ海図川奈」と表示されて選択することで海図が読み込めます。

その他、マイ海図をアプリで利用する場合は、以下を参考にして下さい。
ボート釣りナビ マイ海図を読み込んで使用する


また、Nexus7使用した場合に以下の現象があるようですので、対処法のメモを書いておきます。

アプリ上では見えるログがPCから接続すると見えない
→ 一度nexus7を再起動してからPCで接続すると見えるようになる
http://cybercivil.blogspot.jp/2012/10/pcusbnexus7.html
http://nen12boatfishing.blogspot.jp/2013/02/nexus7mac.html

SDカード(内部ストレージ)に自動的にBoatFishingNaviフォルダが生成されない
→ USBケーブル等で接続して、BoatFishingNaviを手動で作成してここに地図データ等を置いて下さい。

当初1月を予定していたandroid版の更新がようやくリリース出来たので、当面はiOS版の更新に取り掛かりたいと思います!

3/30 沼津 内浦ボート釣り

釣果:なし

ノッコミマダイを狙いに、KAKE氏、Y氏と共に沼津に遠征してきました!!!

行きがけにトージンで餌とまきこぼし釣り用のLIPを購入してから、5時半頃にあいそボートに到着。
数日前に電話で予約していたので、少しすると店主が登場して、3人で一艘づつのボートを借りて6時過ぎに岸払い。
沼津内浦は西風以外には強く、関東は強風予報にもかかわらずべた凪です。
ただ、気温はかなり低くて風が冷たく感じます。

店主から聞いた情報で手前の生け簀に係留して、早速仕掛けを準備、ロングハリスのビシ仕掛けと竿まきこぼしでマダイ狙い一本で勝負です。

潮は多少濁りが入っており、魚探の反応を見ると底付近に餌取りのような反応があります。
まずは竿まきこぼしの準備でタナをセット、セット7メートルで開始しました。

LIPを落とした後にコマセが付け餌を通過するまで90秒ほど待ち、そこからゆっくりと付け餌を落とし込みます。
しばらくしてから回収すると餌が齧られています。

落とし込むタナを底から数メートルぐらいまでにすると餌が残ってくるので、様子を見ながら棚を探ります。
すると、リールの棚カウンターが不具合で上手く動作しなくなりました。
仕方がないので浮き止めでラインにセット棚をマーキングして続けることに。。。

マキコボシの餌が取られなくなってきたところで、ハリス6メートルのロングハリス仕掛けも投入。
今回は生け簀周りの釣りなのでロープ対策で一本針にしました。

その後はロングハリスのビシ仕掛けと竿マキコボシを続けますが、まったくアタリがありません。
場所、棚、仕掛けを変えたり、ビーズを付けたりいろいろと試しますが効果はなく餌も取らずにあっという間に14時を回りました。

昼過ぎから上げ潮に変わる時合いに期待しましたがどうもダメそうです。
ボート下では釣れる気がしないので、二本の竿を置き竿にしてタイラバを準備、数投しますがこちらもアタリはなく、引き続きマキコボシ仕掛けと、ロングハリス仕掛けを続けます。

15時を回ってほとんど餌も取られない状況なので、再度タイラバをキャストすると、着底して巻き始めた時にコンというアタリ、そのまま巻き続けると竿先に重みが乗りました。
「よしっ!!!」と思った途端に軽くなって無念のフッキングせず。。。。

竿まきこぼしとロングハリスにはアタリは無く、15時半を回ってそろそろ上がりと片付け始めた、時に隣で釣っていたKAKE氏のロングハリス仕掛けに何か大物がヒットした様子。

緊張して見守ると竿先がグングンと引き込まれた途端に竿先の曲がりが無くなりました。
ハリス切れだったようで、引き込みの感じから結構なサイズのマダイの可能性が高いと思われます。
そこが唯一の盛り上がりで16時に沖上がりとなりました。

3月末とは思えない冷たい北風の中、沼津まで行って苦し紛れのライラバ以外は一回もアタリ無しという非常に悔しい釣行となりました。
しかし、タイラバのアタリがフッキングまで持ちこめていれば一枚だし、KAKE氏のヒットも取りこめて居ればまったく違った結果になったので、マダイ狙いの釣りでは仕方無いのかなとも思います。
Y氏は手堅くカワハギ狙いでお土産を確保成功。

結果は惨敗ですが、マダイ狙い一本に絞って一日釣り続け、初めて試したマキコボシ釣りを経験出来たので、次回につなげてリベンジしたいと思います。

竿マキコボシ釣りは流れが弱く、穏やかな沼津から西伊豆での釣りに非常にマッチした釣法で、NSと組み合わせることで強力な選択肢になりそうです。
リールの不具合という不運がありましたが、今回の経験から仕掛けやタックルのバランスもいろいろと考える必要がありそうです。

去年までボート釣りでのボウズの経験はありませんでしたが、今年に入って三回目のボウズ。。。
慣れない釣り場とマダイ狙いの厳しさを実感している今日この頃。
この悔しさをバネにして、なんとかレベルアップにつなげたいですね。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック