スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/13 油壺 ボート釣り

釣果:なし

年明けから仕事が物凄く忙しくなってしまい、すっかり釣行記の更新が遅くなってしまいました。

三連休は土曜と月曜が仕事という状況でしたが、久しぶりに週末最高の風予報に恵まれたので、友人Y氏を誘って油壺に出撃しました。

6時半ごろに駐車場に到着、坂を降りていくと真冬にも関わらず結構な人が居てびっくりです。
準備をしながら列の先頭を見ると赤い格好の人を発見、もしかしたらと声をかけてみたら、こっとんさんでした。
さらにCOZYさんFishRangeさんも居て、岸払い前にいろいろとお話をすることが出来ました。

7時半前ぐらいに岸払い、波は穏やかで天気も良く、最高のコンディションです。
ただ、湾内はものすごい澄潮で底までハッキリ見えます。
魚探の反応と実際に目で見た底の様子を比べたりしながら定置網を目指しました。

定置網先端付近の沖に向かって右側の空いている場所に係留、ハリス6m3号の二本針の片天秤仕掛けで始めました。

底からちょっと上に棚を合わせてから置き竿にすると、すぐに竿先に反応が出たので、食い込みを確認してから合わせを入れるとそれほどの重みはありませんが何かが付いています。

水面から覗き込むと白っぽい魚影が見えたのでちょっとチャリコ期待したものの、上がってきたのは20センチオーバーの大きなベラでした。

すぐにリリースして仕掛けを再投入しましたが、その後は餌は盗られてもアタリはさっぱりで、棚を上げても餌を盗られます。
試しにカワハギ仕掛けを出してみると、青イソ餌にはまったく反応がありません。

ここからは苦戦の時間が続いて、ハリスをかえたり、針のサイズを変えたり、餌の付け方を変えたりを試しても餌を盗られるだけ。
餌取りが集まりすぎたらポイントを移動して、上からの棚取り、下からの棚取り、コマセ撒き方を変えたり、誘いを試しても効果はなし。
しばらくすると餌取りが集まってきて棚を上げてもダメになるという状態が続きます。

透明度は高く、沈めたビシが15メートルまで確認出来ました!!!
折角の機会だったので、ビシと仕掛けの沈みかたをボートの上から見てみると、ロングハリスの仕掛けとビシは回転することもなくまっすぐ沈んでいました。
ビシと仕掛けは沈む時に結構回転すると書いていた本を思い出しましたが、この日見た限りでは違いましたね。

昼頃にこっとんさんの近くを通ったので、聞いてみるとイサキが釣れたけどタイはさっぱりとのこと。この時期にイサキとはビックリです。
その後もいろいろと試してアタリはなく、結局今回もボウズで無念の沖上がりとなりました。

岸に戻ってこっとんさんの釣果を見せてもらうと、良形イサキ3匹にマダイ二枚!!!
マダイは沖上がり前に立て続けに釣れたということで、前回に引き続き釣る人はしっかり結果を出されて凄いです。
COZYさんも良形のメジナを釣っており、NSでの釣果とのこと。

二回連続で片天秤ロングハリスのコマセマダイで完敗でした。
何回かオキアミ餌が頭だけかじられたときがあり、ウマズラ以外にマダイも居たのかもしれないので、片天秤でも上手い人ならマダイのアタリを出せるのかもしれませんが、今の実力では及びませんでした。

今回は、現時点で自分が試せることは全てやってみてダメだったので不思議と悔しいという思いは少なく、それよりも新しい引き出しを増やす必要性を実感しました。
油壺で片天秤の釣りにこだわっていたのも、今回で吹っ切れました。

今回はY氏も惨敗、帰りの高速は事故で渋滞と内容的に厳しい釣行でしたが、久しぶりに天気も良く穏やかな中で竿を出せて、お会いした皆様とも話ができて収穫の多い一日でした。

さらに寒くなって水温が低下するともっと渋くなりそうですが、釣果は出なくても次はNSに挑戦してみるつもりです。
カウンター付きの両軸リールを持っていないので、色分けされたフロロラインを購入しました。

DSC_0025.jpg

太さが3号までしかないのが弱点ですが、1メートル間隔でマーカーも入っているので使えそうです。
新しい釣法は事前に研究しても、海で試してみて初めて分かることが多いので、まずは経験値を少しでも上げていきたいと思います。
スポンサーサイト

1/5 油壺 ボート釣り

釣果:なし

年末は週末の悪天候と仕事の忙しさで結局釣りに行けなかったので、久しぶりの釣行は新年初釣りとなりました。

正月休みで天気の良さそうな日を選んで友人KAKE氏と大津へ出撃しました。
前日のYahoo風予報は良くなかったものの、GPV風予報も天気図も良さそうなので、大丈夫だろうと思っていると明け方更新されたGPV予報が悪化して昼まで6メートル以上の北風。
大津に向かう途中のラジオの予報や、湾岸線から見える煙突の煙を見るとかなりの風です。

馬堀インターを降りるとソテツが物凄い揺れで絶望的な状況。。。
海を見ると大荒れでとてもボートが出れるような状態ではありません。
とりあえずポイント大津店で買い物をしてから石田丸に寄って挨拶をして、油壺へ移動して見ることにしました。

油壺のボート店に電話すると、北風は結構あるけどこれからボートを出すところということで、安心して油壺に向かいました。
7時過ぎに到着してから岸払い、定置網を目指します。
風は結構ありますが、なんとか釣りは出来そうです。

沖に向かって左側の二番目のブイ付近に係留してビシ仕掛けを投入しました。
二投目ぐらいで竿先が引き込まれたので期待しましたが、もっさりとした引きで上がってきたのは30㎝オーバーの大きなショウサイフグ。

数投するとコマセで底付近に餌取りが集まったのか、餌が取られるようになったので、少しタナを上げてからカワハギ仕掛けを作って投入。
しかし、カワハギ仕掛けの餌はアオイソもオキアミもまったく取られることがありません。
ビシ仕掛けの餌は取られるのに不思議です。

強烈な北風と寒さで思考停止状態に陥り、定期的に餌とコマセを詰めては仕掛けの投入を繰り返すだけで針やハリスを変えたりと手を打つことも無く釣りを続けました。
餌は取られるものの、針には魚は掛からずに耐える時間が続きます。

昼を過ぎるとようやく風も収まってきたので、沖のポイントを狙おうかと思いましたが、アンカーが効きそうになったことから、定置網の反対側に回ってちょっと網から離れた場所をアンカリングで狙うことにしました。
しかし、結局アタリは無いまま時間が過ぎ、無念の沖上がりとなりました。

何だかんだでボート釣りを始めてから完全な坊主は初めて、新年の初釣りから厳しいスタートとなりました。

この日、こっとんさんが油壺に来られていたようで、なんとマダイ54センチを筆頭に7枚!!!
渋い状況だと思っていましたが、やはり釣る人はしっかり釣果を出すということで、今回も勉強になりました。
KAKE氏が良型のメジナとウマズラを釣ってくれたので、夕食の刺身は美味しく頂くことが出来ました。
KAKE釣果

冬場のメジナは脂の乗りが良くて食味は最高です。
刺身

ウマズラの肝は酒蒸しにしてからレモンと塩、ブラックペッパーを振って食べたら絶品でした。

油壺のマダイ攻略は去年の6月にようやく上げた一枚から連敗続きです。
釣れない釣行から学ぶことは多いので、次に活かして次回は頑張りたいと思います!!!

ブログを始めて5回目の新年となりました。
去年はiphone版のボート釣りナビのリリース、油壺、伊勢町など新しい場所での釣りと新しいフィールドを広げることが出来ました。
また、ブログを通じて今まで以上に色々な人と情報交換が出来るようになったことはとても嬉しいです。

当初、遠投カゴ釣りをメインとして始めたブログも、今ではすっかりボート釣り一色です(笑)
マイペースで更新頻度も低いのですが、これからもこんな感じで続けて行きますので、今年も宜しくお願いします。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。