スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/1 大津 ボート釣り

釣果:マアジ約10匹 ※写真は二人分の釣果
釣果

土曜日は前日までの予報を見ると、とても出撃出来そうにありませんでしたが、何故かYahooの風予報では北風2~3メートルだったのと、兄から今年予定的に土曜日出れそうなのがラストチャンスなので行けそうなら行きたいと連絡があったので、取りあえず行ってみることして大津に出撃しました。

あまりにも予報は悪く、低気圧と高気圧の入れ替わるタイミングの少し風が収まる時間帯だけ釣りが出来ればという覚悟です。

ダメ元の釣行ですがKAKE氏が参加ということで、車で6時頃に大津に到着。
都内から横須賀S.Aにかけては風も無く期待したものの、大津に着くと道沿いのソテツは揺れており、多少の北風が吹いています。しかし、早朝の風と波はそれほど悪くなく、ボート出れるかもという状況です。

石田ボートで聞いてみると、朝はそれほどでも無いけど、予報が悪いので風が吹いてきたら早めに上がるという条件でボートを出してもらえることになりました。

電車で来た兄と合流して、KAKE氏は一艘、こちらは兄と二人で一艘で沖の海苔棚を目指して7時過ぎに岸払い。
ここ最近の釣果情報から、アジの群れに付いてワラサの群れも入っているようなので、早朝にアジを釣って泳がせ、昼前にワラサを上げて早上がりというプランです。

風も波も比較的穏やかで、この状況が続いてくれれば良いのにという感じで、5枚目と6枚目の間の沖側にアンカリング、丁度潮止まりぐらいの時間帯でそこから昼まで下げ潮です。

KAKE氏が良い釣果だった二回は両方とも上げ潮、11/9に来た下げ潮の時は同じ場所であまり良くなかったので、事前検討でどうかなと思っていましたが、兄に一投目から最近にしては良い型の大津アベレージサイズのアジがヒットしました。
残念ながら取り込みの時に口切れでバラシでしたが、こちらには二投目で最近のアベレージサイズのアジがヒット、二投目にも同サイズがヒットして泳がせの餌は確保成功。
三投目にもアジがヒットしたのでとりあえずこの場所でやることに決めて、泳がせ仕掛けを準備して投入しました。

ただ、すぐ近くの海苔棚寄りのKAKE氏はアジサッパリのようで、ちょっと良くない雰囲気です。
こちらも泳がせ仕掛けを入れてからはアジのアタリはさっぱりで、しばらくして兄にイシモチがヒットした以外は忘れた頃にアジがヒットするレベル。

やはり下げ潮時は海苔棚の岸側が良いのではということで、11/9に良かったポイントに移動しました。
しかし、このポイントでもアジの食いは渋く、魚探には結構良い反応が出ているのにアタリはあまりありません。
アジがヒットして入れ食いになるかなと思っても、単発で終わってしまいます。

海苔棚のロープを外してアンカリングしたのですが、風が強まってきてボートが振られたことで、泳がせ仕掛けとアジ釣りの仕掛けが海苔棚のロープを跨いでお祭りしてしまいました。

ビシ仕掛けは外れたものの。泳がせ仕掛けはロープにかかってしまい、外すのに一苦労です。
タックルの強靭さの証明にはなりましたが、さんざん苦労して結局は高切れ、クッションゴムもショックリーダーも無くなってしまいました。

ショックリーダーが無いので、ダブルチチワで仕掛けを付けて再度泳がせ仕掛けを投入したものの、再度ロープに引っ掛かってしまい、またもや仕掛けを全ロストです。
寒さ、波、風もあってこの時点で完全に戦意を喪失してしまいました。

取りあえず残りの時間はお土産用のアジでも釣るかとビシ仕掛けを投入すると、兄のビシ仕掛けにアジでもイシモチでも無い感じの魚がヒット。
そこそこ重さがあって、ゆっくり首を振るような引き。鯛では無さそうで何だろうと話しながら上がってきた魚を見ると60センチを超えるアナゴでした。

大津のアナゴは美味しいので、取りあえずキープしようと血抜きの為にバケツに入れたところ、暴れてボートのスノコ下に脱走。
ボートには結構海水が入っているので、泳ぎまわって取り出し不可能になりました。

なんとかアナゴを出そうと格闘していると、兄の泳がせ仕掛けに何かがヒットしました!!!

待望のアタリに、急いで竿を取り戦闘態勢に入った兄が最初の突っ込みの引きで放った言葉は。
「ワラサじゃやない、○○だ!」
期待は失望へ。。。

重さと引きは強烈でも、突っ込みのスピードが無く、ゆっくりと首を振るような引きをする魚の正体は
サメ

答えはムービーをご覧ください。


兄の仕掛けはハリス12号の超強力タックル。
ドラグもギチ締めで強烈な引き込みも竿で溜めての圧巻のパワー勝負。

残り10メートルぐらいの所で突っ込まれた時に5メートル程ラインが出ましたが、それ以外は多少ラインは出されたものの、ロープに引っ掛かること無く一気に海面まで上げてしまいました。
乗合のマダイ釣りの外道で散々ワラサを上げているだけあってワラサの引きを間違える筈も無く、上がってきたのは発言通りの大きなドチザメ、ハリスを切ってリリースです。

自分がいつも泳がせ釣りに使っているのは6号ハリスのヒラメ仕掛けで、ドラグを使ってのファイトスタイルなので、もし同じサイズのドチザメがヒットしたら3倍ぐらいやり取りに時間がかかりそうです。

兄のタックルとファイトスタイルなら2,3キロクラスのワラサはゴリ巻きで一気に上げることが出来そうなので、ロープの多いこの時期にブリクラスを取るにはこの方法は有効だなと思いました。
まったく別のファイトスタイルを間近で見れたのは収穫でした。

丁度ファイト中にKAKE氏が移動してきて4枚目の手前角にアンカリング、アジが入れ食いになった様子です。
こちらもロープが無い場所に移動しようかと思いましたが、アジはポツポツ当たるのと、11時を回って風も波も強まってきたので、そろそろ諦め時かなと思って移動するのは止めておきました。
先ほどのアナゴはスノコの下から引っ張り出したものの、持ち帰る気分では無くなってリリースです。

そろそろ上がりを考え始めた時に、急にアジの食いが立ってきましたが、ボート店から沖で強風が吹き始めたので戻って下さいと電話があり、12時頃に沖上がりとしました。

帰りは北風なのでボートは進みますが、岸近くは波も荒れて二人乗りのボートはかなり危険な状態。
転覆を注意しながらなんとか港に帰りつきました。

港に戻ると突風のような北風と雨まで降ってきて天気図通りの状況です。
こんな筈は無いというYahooの風予報は外れて、天気図とGPVの風予報が完全にアタリでした。

丁度同じタイミングで上がった、まるまつ丸の常連さんは、30㎝オーバーを含む良型を30以上釣っていました。
武山付近ではマダイを上げた人も居たということで、短時間でも釣る人はきっちり釣りますね。

大津でボート釣りを始めた3年前のシーズンは、アジは当たり前に釣れて、泳がせを入れればワラサやスズキがヒット、次の年はコウジをぶっこめば良型マダイと、ビギナーズラックで良い釣果が出ていましたが、最近はいろいろと考えすぎてしまう為か、大津で思うような結果が出ない釣行が続いています。

コンスタントに狙った釣果を出せるようになる為には越えなければならない壁が高く、まだまだ経験が必要だなと実感する今日この頃です。
苦手な海苔棚周りの釣りもなんとか克服したいです。

本命のワラサのヒットも無く、アジの釣果も渋く惨敗の結果となりましたが、あの予報なら海に出れただけでも良かったのかなと思います。

アジは緑のウィーリーとピンクのスキンにヒットが多く、小型が多い為かオキアミ餌はほとんどヒット無しでした。
寒さと風の中でアタリも少ない中でボートに乗っている時は、わざわざ休みの日に何でこんなことをしているんだろうと言う気持ちになりますが、帰ってくるとまたボート釣りに行きたくなってしまうのは、一種の中毒ですね(笑)
今回は早上がりで時間もあったので、KAKE氏が釣ってくれたアジを全部握り鮨にしました。
アジ寿司

釣れた(KAKE氏に釣ってもらった)魚を美味しく食べて家でくつろいでいると、辛い釣行も楽しかったなーと思えるのが不思議です。

これに懲りず、年内もう一回ぐらい、リベンジに行きたいと思います!!!
スポンサーサイト
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。