スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/25 大津 ボート釣り

釣果:マアジ9匹 アオアジ1匹

アジアオアジ

早くもイナワラとマダイが釣れて好調な今年の大津。
この機会を逃す訳にはいかないと友人KAKE氏とY氏の三人で大津へ出撃しました。

アジは狙わずに、イナワラとマダイに照準を合わせての釣行です。
今回もマダイ専門狙いのコマセ釣り禁止のローカルルールを尊重して、コウジブッコミ、タイラバをメインに設定、青物用にはメタルジグとバイブレーションを用意しました。

前日までの検討から、それほど深場では無い場所が良さそうなので、ポイント候補は竹山出し周辺の根から砂地に落ち込むエリアで、潮が当たる側に決めました。
後は当日の潮の加減で狙い場所を絞っていくつもりです。
ただ、この日の潮は小潮で朝からゆっくり上げ続け、昼前に満潮、その後はあまり動かない潮で、アジには良さそうですが、大津のマダイや青物の回遊にはちょっといまいちな感じです。

早朝5時過ぎに大津に到着、風は全くなく海は凪ぎ、3人別々のボートを借りてからポイント大津店でユムシを購入。残念ながらまだ本コウジはまだ入荷していないとのことで、ユムシで我慢です。
アジ釣り用の保険?として、ボート店でアミコマセも1ブロック購入してから6時半に岸払い。

友人Y氏はアジ狙いですがポイントが分からないとのことなので、自分がアジを狙うならここに決まりの、お勧め第一排水口沖のポイントを案内してから、竹山出しを目指しました。

潮は観音崎方向と沖から斜めに入っているので、竹山出しの観音崎側の根の落ち込の砂地にアンカリング。
今回はコマ目な移動を想定して軽めのホールディングアンカーを使用しました。

真下にユムシブッコミを投入した後、朝一は青物狙いでバイブレーションを投げます。
しばらく投げ続けますが穏やかな海でボイルも無く、早朝の青物回遊の雰囲気はあまり感じられません。
種類を変えたり、棚やアクションを変えたりしながらタイラバやメタルジグを投げてもアタリは無しです。

魚探を見るとイワシの群れや、底付近のアジのような反応が出ているので、試しにビシ仕掛けを入れてみましたが、こちらも無反応。
竹山出しにはかなりの数のボートが集結していますが、見た感じ釣れている雰囲気がありません。

早朝の青物回遊狙いはまったくアタリが無いので諦めて、当初予定していた流し釣りのタイラバに変更です。
周囲のボートの位置、アンカーロープの入り方を見ながら、良さそうな場所を探してボートを流します。
風がほとんど無いことから、用意したパラシュートアンカーを使う事無く、いい感じでボートが流れてくれました。

タイラバをサミングさせながら落とし込んで着底させ、底に付いたらすぐに1秒2回転ぐらいのスピードで十メートルほど巻き上げてから再び落とすを繰り返しながら探っていきます。
しかし、本命どころか外道のアタリすらありません。

徐々に日が上がって10時を過ぎ、強烈な暑さの中、まったくアタリの無いタイラバとボート漕ぎに疲労してきました。
置き竿のアジ狙いと違い、流し釣りとタイラバはルアー操作とボートの位置に気を配らなければならないので、のんびりする時間が無く、さすがに集中力が切れてきました。

KAKE氏に状況を聞く為に電話すると、なんと早々に本命に見切りを付けて、第一排水口の沖、Y氏の横に移動してアジ入れ食いとの答えが返ってきました。

魚のアタリに飢えていたので、急いで移動して保険で買ってあったアミコマセでビシ釣りを開始。
一投目から二本針にダブルでアジがヒット。
型は小さく泳がせ釣りにピッタリのサイズ。
泳がせ仕掛けを準備して投入してから再びアジ釣りに戻ると二投目もアジがダブル。
久しぶりに魚の引きを味わったので、泳がせ仕掛けを置き竿に日傘をさして休みながら飲み物と食事を取って休憩。

昼前に満潮になって潮が代わり、少し風も出てきました。
潮が岸から沖に流れるようになってボートが動き、アジのアタリが遠のいた為にちょっと移動。
入れ食いでは無くてもポツポツ釣れます。

だんだんとアジ釣りに熱中して来た所で、釣行の目的はアジでは無いということを思い出し、ここでアジを釣って帰るのでは前回の釣行と変わらず、マダイやイナワラ狙いの作戦を考えて準備してきた意味が無くなります。
釣れなくても、次につなげる為に準備した狙いをやってみれば、新たな課題も見つかると思い、13時半頃に再度竹山出しへ移動。

岸から沖に向かって猿島方向に潮が流れているので、朝と同じ潮の当たる観音崎側にアンカリング。
暑さで早上がりの人が多い為か、ボートの数も減り、キャストして狙うにも好都合です。

朝と同様にボート下にユムシブッコミを投入後、コマセが残っていたので、欲張ってハリス3号のカゴ釣り仕掛けを付けたビシ仕掛けを中層に入れました。
二本は置き竿にして、残る本命ルアーロッドで、バイブレーション、ジグ、タイラバを交換しながらキャストします。

しばらくすると、中層の置き竿にアオアジがヒット、サバかと思って期待したのですが残念です。
魚探にはイワシや中層に中型の魚の反応が出ていたので、イナワラを期待していたのですが、アオアジの可能性が高いことが分かりました。

置き竿には期待せず、諦めずにキャストを続け、14時半になりました。
タイラバを投入後、本命の底付近でアタリが無く、回収モードで考え事をしながら巻いていた時に、ガンという衝撃とと共に急にリールが巻けなくなりました。

魚探の振動子にラインが引っかかったのかなと思った途端、強烈な引き込み!!!
凄い勢いでラインが出て行きます。
やりました!遂に来ました!しかもデカイ!!!

走りのパワーとラインの出方から大型の青物の可能性が高く、2、3キロクラスでは無い感じです。
二週間ほど前に、兄と電話で、乗り合いでもイナワラに混ざってブリクラスも上がっているから、大津も群れが入っていれば中には大型も入っているはずで、大型を狙うならノリ棚が無い今がチャンスなのではと話した事を思い出しました。

周囲にボートもノリ棚も無く、注意するのは自分のアンカーロープのみ、仕掛けは自分の持っているシーバス用最強タックルで、ラインはPE1.5号の20ポンド、フロロの30ポンドのリーダーと最高の条件が揃いました。

2、3キロクラスのワラサなら、やり取りを楽しみながら余裕で上げられるタックルだけに、取れない訳がありません。
置き竿の二本の仕掛けに絡まないようにやり取りしますが、走りは強烈で一進一退。
3年前に釣った5.9キロを思い出させる走りとパワーです。

走られると主導権を取れずに一気にドラグが回転してラインを出され、ポンピングで寄せると魚の引きでボートが動いていくのが分かります。
かなり近づいて来たので、強烈な引きを楽しんで味わいながら、釣り上げた後の事もいろいろと頭を過ります。
ドヤ顔で港に戻る光景まで想像してしまいました。

ボートのすぐ近くまで寄せると、濁った潮の中に白っぽい魚が横切るのが一瞬見えました。タモ網も手を伸ばせば届く位置にあります。

よし!と思った時に、水面に近付いて明るくなったことでの最後の抵抗があり、アンカーロープ側に一気に走りました。
かなり強烈な走りでラインが出されたので、竿先で頭の向きを変えてロープにからむのを回避しようとした時です。。。。

フッといままでの抵抗が無くなり、竿を持つ手が軽くなりました。
切られるような負荷ではなく、普通に竿で方向をいなしたつもりだったのですが。。。。




釣りで最も落ち込む瞬間です。
リーダーかルアーの結束部が抜けたのか、針が折れたのかと思い、チェックすると異常なしです。
ボート下のやり取りで横方向に力がかかったことで、フックアウトしたみたいです。

ヒットした時に追い合わせを入れなかった事、タックルへの過信と焦りで中層での弱らせが足りなかった事など、後から考えれば反省は出てきますが、ばらした直後のもの凄い喪失感が襲ってきました。。。

ただ、落ち込んでも、仕方ありません。
気持ちを切り替えて、群れが入っていればまだチャンスはあるはずと再びキャストを続けます。
しかし、その後のヒットは無く、15時過ぎに無念の沖上がりとなりました。

暑い中を耐えて諦めずに狙い続けたことが、待望のヒットに結びついたのに、釣りの神様がくれたチャンスを生かす事ができませんでした。

全体では、この日はマダイは上がっておらず、イナワラサイズは数本上がっているみたいでした。
アジは、なんとアジ釣りに転向したKAKE氏が41匹で竿頭、友人Y氏も37匹と小型ながらもアジは大漁。
今年の夏の第一排水口沖は凄いですね。

KAKE氏もY氏も、一日泳がせ仕掛けは入れていたようですが、こちらはヒットせず。
イナワラはまだイワシに付いていてアジを食わないのか、この日浅場に入らなかったのか、今年はまだアジの泳がせに実績が出ませんね。

ワラサのヒットですが、釣れない日でも、14時から15時の間で急にヒットする事が過去に数回ありました。
今回もそうですが、この時間の実績が結構多いのは気になります。

http://tokyowanturi.blog36.fc2.com/blog-entry-77.html

http://tokyowanturi.blog36.fc2.com/blog-entry-52.html


http://tokyowanturi.blog36.fc2.com/blog-entry-51.html

さて、逃がした魚についてはいくらでも大きく言えますので、釣らないと意味がありません。
一瞬見えたと言っても、サイズまではっきり見えた訳ではないので、上げていない以上はいくらでも誇張できます。(笑)
しかし、手応えから言って、イナワラではない、ブリワラ???サイズが居る事はまず間違いないようです。

今回味わった喪失感は、釣り上げなければ埋める事が出来そうにありませんので、絶対にリベンジしたいです!!!!
泳がせアジにヒットするようになってくれば、アジ釣りをしながら横に入れておくことで気軽に狙えるようになりますね。

ミスをする事無く、丁寧にやり取りすれば大型でも上げられるはずなので、今シーズン大型狙いお勧めです!!!

ノリ棚の無い今の時期ならパワー勝負よりもやり取りに時間をかけて楽しむことが出来るので、ラインは6~8号でもあればなんとかなりそうです。
ラインの太さよりも、ドラグ性能の良いリールを使った方がやり取りも面白いと思います。

残念ながら、今シーズンの大津特大ワラサ一番乗りを逃してしまいました。。。

久しぶりの大物のやり取りを楽しめた事、諦めずに狙い続けてヒットにつながった事、狙ったポイント選定がヒットに結びついた事、タイラバでワラサのアタリを出せたことは今回の収穫でした。
悔やむばかりでは仕方が無いので、ミスや反省点を次につなげることが大事ですね。

釣行ログ

竹山出し周辺は事前検討の作成通り、アンカリングと流し釣りでかなり攻めたものの、マダイはさっぱりでした。全体でも釣れていないので、この日は良くなかった可能性が高く、次回に期待です。

アタリが少なく耐える時間は長いものの、タイラバなら、マダイとワラサ両方狙えるので、同じ狙い方で試してみる価値はありそうです。

KAKE氏、Y氏のアジの釣果は凄まじい量!!!
やまもりアジ

食事後、手分けして流れ作業で下処理して24時までかかりました。。。
特大ワラサがあったら、さらに大変でしたね(強がりです)

定番の刺身となめろうは美味しく頂きました。
なめろう


第一排水口沖のポイントですが、2009年の同じ時期にアジ爆釣してたのをすっかり忘れてました。
http://tokyowanturi.blog36.fc2.com/blog-entry-41.html
当時はGPSのログを取っていなかったので、自身のポイントマップからも抜け落ちていたみたいです。
夏場のポイントとしてはお勧めですね。

Y氏には紹介した第一排水口ポイントでアジを沢山釣ってもらえて、アジ釣りに転向したKAKE氏はこの日の良い人とアジチームは良い結果に恵まれて良かったです。

しかし、今回のバラシの悔しさは半端無いです。
いつもより釣行記のアップが早いのは、明け方に大物をばらした夢で目が覚めてしまったからです(笑)

タイラバメインでコマセを使わなければ道具も少なく、電車でも気軽に行けるので、今シーズン、特大ワラサ、大ダイを上げて今回の雪辱を晴らしたいです!!!
スポンサーサイト

8/13 福浦 カゴ釣り

釣果:なし

先日の大サバをまた食べたいと思い、明け方から福浦岸壁へ単独バイクで出撃しました。
5時ちょっと前に到着すると、結構人が居ます。
トイレ前のベストポイントが空いていましたが、混み合って釣り難くなると嫌なので、30メートル程離れた所で始めることにしました。

既に明るくなっていたので、最初からカゴ釣りで開始します。
周囲ではポツポツアジが上がっているようで、数投目にようやくウキが消し込んでアジがヒット。
しかし、足もとで口切れでバラシ。

その後はまったくアタリが無く、周囲でもたまにアジが上がるぐらいでサバの回遊の雰囲気はありません。
棚を変えたり、ハリスを細くしたり、いろいろと試しますがアタリは無く、結局餌が無くなった11時前までアタリが無い時間を過ごして終了となりました。

外道のヒイラギやサッパすらヒットせず、朝一でばらしたアジ以降、一度も浮きが沈みませんでした。
岸壁全体で見える範囲では、トイレ前のベストポイントでサバが二本上がった以外は釣れている様子は無く、完敗の釣行となりました。

釣行記としての内容もあまり無いので、正直書くのをやめようかと思ったのですが、一応記録を残すと言う意味で書いておきます。

ネタが無いので、先日釣ったアジの調理に付いて、かれいふぁんさんが紹介しているユッケ丼のレシピを試してみた結果です。
http://ameblo.jp/kareifan/entry-11325709432.html

ユッケ丼

これ、激ウマです。

丼にする場合は、個人的好みではちょっと醤油多めにすると良いかと思いました。
味に深みもあって、夏向きのレシピなのでお勧めです。

8/10 大津 ボート釣り

釣果:マアジ27匹
大津釣果

お盆休み中の条件の良い日を選んで大津へ出撃予定でしたが、どうも良い予報の日が無いので、南風が強まる予報の中強行で出撃しました。
狙いは、久しぶりのアジをある程度釣ることと、最近回遊しているイナワラサイズのイナダです。

女子サッカーの決勝を見てから電車で出撃した為、ボート店には遅めの7時過ぎに到着。
平日なのでボートは問題無く確保出来て、準備をしてから7時半頃に岸払い。

ボート店の情報では、アジは岸から200メートルぐらいの近場が良いということでしたが、まずはこの時期の定番ポイント(鉄板)を目指しました。
浅場の状態を魚探で見ながらボートを漕ぎます。
早朝は風もなく凪いでおり、すぐに鉄板ポイントに到着。
先行のボートも居ないので、じっくり吟味してアンカリングしました。

魚探にもいい感じの反応が出ているので、期待しながらウィーリー仕掛けを投入。
しかし2、3回入れ直してもアタリがありません。

とりあえず置き竿にして、もう一本はビシカゴに遠投カゴ釣り用の仕掛けをセット。
3本針で下がカラ針、上二本がピンクのスキンで、遠投用なので長さが短かめです。
仕掛けが短いので一気にコマセを撒いて煙幕の中に仕掛けを入れて釣る作戦です。

すると、新しく入れた仕掛けにいきなりアタリが出ました!
しかし、引きがアジとちょっと違います。
ブルブルと振動するような引きで水面付近の横走り。
釣れたのは20センチちょっとのサバ。。。

再度投入すると、今度はさらに引いて、アジと小サバののダブル。
小ぶりながらもようやくアジが釣れました。

その後はほぼ入れ食いでサバ混じりでアジが釣れ、アジが6、7匹になったところでサバしか釣れなくなりました。
べた底でもサバが食ってきてまったく釣りになりません。

とりあえず、ビシ釣りは中断して泳がせ仕掛けを準備して投入。
ビシ仕掛けに戻りますが、ヒットするのはサバばかり。
ウィーリー仕掛けはサッパリなので、短めの2本針のオキアミ餌の仕掛けに変更。
竿2本体制でアタリを待ちますが、サバ以外のアタリは無く、徐々に南風が強まって釣り難くなってきます。

9時過ぎが満潮の潮止まりで、潮の向きが少しずつ変わってきたこともあり、50メートル程移動しました。
移動した場所は、最初はアタリがありませんでしたが、しばらくするとサバ混じりでアジが釣れ始めました。

しかし、アジが5、6匹釣れた後はサバだけになって、底まで沈めてもヒットするのはサバばかり。
餌もオキアミしか持ってきていないので、サバをかわす方策もありません。

南西風がかなり強くなってきたので、昼前に2番目排水口沖、200メートル付近へ移動。
夏場はかなり実績のあるポイントで、魚探も良い感じの反応でしたが、まったくアタリは無し。
魚探の反応はウミタナゴのようで、付け餌のオキアミすぐに無くなりますがアジはヒットしません。

風も収まらずに1時を過ぎ、釣果は小ぶりのアジ15匹程度でイナダもヒットしない不完全燃焼な状況。
他のポイントを攻めたくても風が強いので沖には行けません。
悩んだ末、朝に底の様子を見ながらボートを漕いでいる時、港を出てすぐの所に、急なかけ上がりがあったことを思い出したので、その付近を攻めてみることにしました。

ボートを漕ぎながら魚探で探ると、第一排水口沖に15メートルから22メートルぐらいまで一気に落ち込む岩礁帯を見つけたので、風の流れを考えてアンカリング。
アンカーを水深15メートル付近で投入すると、丁度ロープが張っていきながら水深が落ち込んでいき、22メートル付近にボートが固定しました。

期待を込めてビシ仕掛けを二本投入しましたが、アタリはありません。
諦めずにコマセで寄せる作戦にして、仕掛けを投入します。

すると、しばらくして置き竿の二本の竿先がぐいぐいと引きこまれました。
魚探を見るとアジの群れっぽい反応が出ています。

急いで竿を持つと、アジっぽい引きで結構引きます。
上がってきたのは25センチオーバーの良型マアジ。
もう一本の竿も同サイズのマアジ。

すぐに投入し直すと、棚を取る間もなく引きこんでまたもや同サイズのマアジ、入れ食いモード突入です。
10匹近く入れ食い状態で釣れた後は、ちょっと落ち着いてポツポツ程度のヒットになり、型も小ぶりになりました。
泳がせ仕掛けは沈黙のまま、2時半を過ぎるとアジのアタリもほとんど止まったので、仕掛けを片付けて3時前に沖上がり。
かなりの南風強風でしたが、港のすぐそばだったので問題無く戻ることが出来ました。

ボート店の話では、全体的にアジは不調のようでしたが、50センチオーバーのイナダは二本上がっていたみたいで、ワラササイズも交じってきてラインを切られた人も居るとのことでした。

ポイントは浅場まで入っているようなので、泳がせ仕掛けに一回もヒットしなかったのが残念です。
回遊コースに入っていなかった為なのか、まだイナダがアジを捕食していないのか分かりませんが、悔しいので絶対リベンジしたいですね。

アジのポイントは、水深20メートルぐらいの岩礁帯のかけ上がりのようなところを、狭い範囲で回遊している印象でした。
魚探にアジの反応が無くても、起伏のある岩礁っぽい所を魚探で探してコマセを撒けば、ある程度は釣れるのではないかと思います。
ただ、去年もそうでしたが入れ食いの時間があまり続かないので、手返し良く釣らないと釣果を伸ばすのが難しいです。
ログ

久しぶりの大津のアジ山盛り。
大葉と大根を切らしていたので、刺身とネギで適当に盛り付けです。。。
アジ刺身


型の良いアジはぴちっとシートで干物に。
干物

カルパッチョはカリッと焼いたパンと一緒に食べると最高です。
カルパッチョ

アジはそこそこ釣れたものの、本命のイナワラは不発、大サバも釣れずにちょっと悔しい結果に終わりました。
南風が強くて始終風を気にしながらの釣りとなり、ポイント選定も制限されたので、次回こそはのんびり条件の良い日に、ワラササイズを釣りたいです。

ワラサは、まだアジの群れに付いていない気もするので、アジ泳がせよりも、ジグやオキアミ餌で狙った方が良いのかなとも思います。

8/4 福浦 カゴ釣り

釣果:マアジ3匹 アオアジ2匹 ゴマサバ1匹

※写真は二人分の釣果
釣果

久しぶりに大津ボート釣りに出撃する予定が、風予報が悪く福浦のカゴ釣りに変更。
7月始めは大サバラッシュだったらしい福浦も、最近はすっかり落ち着いてしまったようなので、明け方のアジ狙いで友人KAKE氏と出撃しました。

オリンピック女子サッカーの試合を見てからそのまま出発、4時前と暗い内の到着でしたがトイレ前には結構人が居てびっくり。
それでも丁度良い場所が確保できました。

最初は暗くて浮きが見えないので、ぶっこみサビキを投入。
ぶっこみサビキは底べったりの棚が確実に取れて、良い時は明け方アジが入れ食いになるのですが、二投目に小メバルがヒットした以外はアタリがありません。
徐々に明るくなってきたのでカゴ釣りに変更、棚は底付近のアジ狙いで8メートルぐらいで始めます。

かなりの波と風で釣り難い状況ですが、カゴ釣り一投目でいきなり浮きが消し込んで、幸先良く20センチ届かないぐらいのアジがヒット。
その後しばらくアタリが無い時間が続いた後、再び同じぐらいのアジがヒット。
KAKE氏には良型の30㎝オーバーのアオアジがヒット。

このまま行けば、晩のおかず分は十分釣れるかなというペースで続けていると、いい感じで浮きが消し込んで、竿先まで曲がるアタリが出ました。

ドラグが緩すぎたのでちょっと締めてから巻き始めると結構な引きです。
手前まで寄せても走り回ってかなりの抵抗。
引きの感じからイナダでは無さそうな感じで、上がってきたのは良型のゴマサバ。
いつもなら抜きあげですが、獲物が少ないのでタモ入れして取り込みました。
大サバの回遊は終わっていると思っていたので、嬉しい釣果です。

その後は朝一のマアジと同サイズぐらいのアオアジ2匹と、マアジ1匹を追加、20センチぐらいのサバも数匹釣れましたが、最初の一匹以外はリリース。
KAKE氏にも大サバがヒットして、こちらは珍しいマサバ。

朝一は結構調子良かったものの、8時を過ぎると釣れるのはサッパとヒイラギばかり、日差しが出て暑くなり始めた10時頃に餌が無くなったので終了しました。

ワカシが1匹釣れれば完璧という内容でしたが、回遊が終わったと思っていた大サバが釣れたので満足です。
岸壁全体は渋い感じで、サバも見渡す範囲では数匹程度といった感じ、アジも朝一の時合いでポツポツといった状況。

大サバの刺身は脂も乗って最高に美味!!!
マアジは刺身、青アジは小サバと混ぜてナメロウにしました。
刺身
※サバの生食はアニサキス症、ヒスタミン中毒の危険がありますのでご注意下さい。

次は、お盆休み中の予報の良い日に、大津に出撃したいと思っています。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。