スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/24 油壺(小網代) ボート釣り

釣果:チャリコ3匹 カワハギ4匹 メバル1匹
釣果2

今度こそマダイを釣る!!!と言うことで、3度目の油壺へ友人KAKE氏と出撃しました。
直前の予報で土曜日の予定を日曜に変更したのに、予報が変わって日曜は微妙な天候。

6時半頃到着すると小雨が降って嫌な感じのスタートでしたが、すぐに止んで7時半頃岸払いすることが出来ました。
いろいろな仕掛けを出して試したかったので、ボートは1人一艘です。
波、風はほとんどないので、定置網を目指し、前回、前々回と同じ場所に係留。

最初にロングハリス仕掛けを準備して投入、ハリス6メートルの二本針です。
水深は23メートル程で、底から5メートル上ぐらいまでビシを沈めて軽くコマセを撒き、ハリスがなじんでから4メートルほど巻いて待ちます。
5分ほど待ってから餌とコマセの放出量を確認する為に上げてみると、餌が残っています。
まだ餌取りが集まっていないみたいなので、同じ棚に再度仕掛けを投入してから、ユムシぶっこみの仕掛けを準備していると、置き竿にアタリが出ました。

竿を持って聞き合せると引きこむので、軽く合わせを入れてから巻き上げてみると、小気味良い引きで上がってきたのはチャリコ!
前回からの課題だった、ロングハリス仕掛けでマダイ(最低でもチャリコ)を上げるという目標をまずはクリアです。
一匹釣れたということで、同じ棚に仕掛けを入れましたが、早くも餌取りが集まったみたいで同じ棚では餌は瞬殺。
棚を2メートル上げると餌が残るようになったので、定期的に付け餌をチェックしてコマセを詰めて置き竿にしました。

ユムシぶっこみを投入してから、ウィーリー仕掛けを作って投入。
底から数メートル付近からシャクリ上げて、コマセに寄ってくるメジナやイサキ狙います。
しかし、まったくアタリがありません。
しばらく続けていると、ロングハリスの餌交換の時に置き竿にしていたウィーリー仕掛けの竿に何かがヒット。
上がってきたのはスレでひっかかったカワハギでした。

中層でのウィーリー仕掛けには何もヒットしないので、ウィーリーをカワハギ仕掛けに交換して試しますが、何度か餌を取られた後はカワハギの群れが去ったのかヒットせず。
カワハギを狙うとアタリが無く、ウィーリーやロングハリス仕掛けを底まで落とすとオキアミ餌は取られるというなんともやり難い状態が続きます。
ロングハリス仕掛けは上の棚を狙うと餌は残りますがまったくアタリがありません。

満潮が7時頃で午後まで下げ続ける中潮の為、9時を回ると段々と潮が速くなってきてアミコマセは真横に流れる状態。
ロングハリス仕掛けはアミコマセとうまく同調しなくなりました。
そこで、比重の軽いアミコマセの沈下速度を調整する為に「釣れる、海のボート釣り」のNS釣法の所に出ていた、砂コマセを試してみました。

岸払い前に海岸で取った砂をアミコマセに混ぜてボートの横にちょっと入れると、いい感じでコマセが沈むことが確認できました。
これをコマセ籠に詰めて、朝一チャリコがヒットした棚まで沈めてから同じようにコマセを撒き、コマセがなじんだ所でゆっくりと巻いてハリスを張ると、ひったくるようなアタリ!!!
合わせを入れると良い感じの手応えで上がってきたのはチャリコ。
早速同じように狙いますが、その後はアタリはありませんでした。

砂コマセの効果があったのかはよく分かりませんが、致命的な欠点は砂がビシカゴに噛んでしまうことで、投入毎にしっかりと砂をすすがないと、ビシカゴが動かなくなってしまいます。
考えてみれば当たり前のことなので、やはりこの方法はNSやマキコボシ向きですね。

昼ごろになると魚探の反応も全く無くなり、この日はメジナもヒットしません。
ひとつ隣のブイに係留していたKAKE氏はマリンパーク下へ移動したみたいで、こちらもしばらく定置網付近の魚探の反応を見た後にマリンパーク下に移動しました。
しかし、二か所ほどアンカリングして狙いましたが、小さいベラやオオスジイチモチなどで期待が持てずに、昼過ぎにラストチャンスで再度定置網の朝と同じポイントに戻りました。

ロングハリス仕掛け、ユムシぶっこみを投入してから、お土産用のカワハギ狙いの仕掛けを投入。
すると、置き竿にしていたロングハリス仕掛けにアタリが出て、チャリコがヒット。
今度こそと同じ棚を狙うも、またもや、すぐにカワハギが集まってしまったみたいで、餌が瞬殺です。

諦めて棚を上げ、カワハギ仕掛けでお土産確保に切り替えました。
カワハギを釣っていると、徐々に風が南寄りに変わって、周囲のボートも岸寄りに移動していきます。
こちらも諦めて二時頃に港の入口付近まで移動、仕掛けを片付けて沖上がりとしました。
仕掛けを片付けている時に入れていたロングハリス仕掛けにメバルがヒットしたのが最後の釣果となりました。

前回からの目標だったロングハリスでチャリコサイズでも一匹上げるという目標はクリアしましたが、結局マダイと呼べるサイズは釣れず、一日を通してアタリも少なく、なんとも不完全燃焼な結果となりました。
ユムシぶっこみは細かい噛み跡でボロボロにされており、フグやチャリコが突っついただけで、本命サイズは当たりませんでした。

この日出ていた「たけちゃん」さんは、なんとマダイ13匹にクロダイ。他でもイサキやキロクラスのマダイを上げた人も居て、上手い人は確実に結果を出していますね。
また、定置網は台風の影響を避けるために縦網が外されていたようで、ウィーリーに中層でメジナがまったくヒットしなかった理由も分かりました。
網が無いのに、網があるのと同じ攻め方をしてはダメなはずです。

ただ、前回までの反省を踏まえて餌取り対策でロングハリスを二本針にしたこと、なるべくハリスが張った状態をキープするようにしたこと、コマセと同調させる棚を工夫したことが結果につながっていたなら嬉しいです。
まあ、今回はチャリコの活性が高かったから運良く釣れたと言えなくもないのですが、、、

二本針の効果は、釣れたチャリコは上針だった気がする(肝心な情報なのに取り込みの時に意識せずに忘れてしまいました)のと、下針は餌を取られても上針は残っていたりしたので、多少はあったと思われます。

3回連続の油壺は、結果はイマイチでもいろいろと新しい分野の経験が積めたことは収穫でした。
今回はアタリが少なく、あまり自分向きの釣りではなかったので、次は大津でアジの入れ食いを味わいたいですね!!!

KAKE氏の釣ったメジナと一緒に、カワハギを薄造りにしました。
刺身2

産卵期で卵はあっても肝がまったく無いカワハギだったので、薄造りをポン酢に唐辛子ベースの赤いゆずコショウを入れて食べた所、かなり美味かったです。
白身を薄造りにして食べる時には合いそうなので、機会があったらまた試してみようと思います。
詳細はKAKE氏のブログで

塩焼き

チャリコは塩焼き。小さくても美味いですね。
スポンサーサイト

ボート釣りナビを更新しました

ボート釣りナビを更新しました!

https://market.android.com/developer?pub=kagoturi

icon.png
無料版:BoatFishingNaviLite 1.9.0 (13) 


icon_128.png
有料版:BoatFishingNavi 1.9.0 (14)


変更点の詳細は以下です。

http://ameblo.jp/tokyowanturi/entry-11269919705.html


一番大きな変更は目的地登録機能と、ナビゲーションモードと設定モードの切り替えです。

設定モードで画面上の長押しで目的地を登録すると、行き先と現在位置が緑色の線で結ばれます。
device-2012-06-05-001654.png

画面上をダブルタップするとナビゲーションモードになって、GPS測位が更新される度に画面中心に自己位置が移動してスクロール、コンパスで地図の向きが回転するので、目的地に伸びる線の方向にボートを漕げば目的地に向かうことが出来ます。
device-2012-06-05-001741.png

詳しくはこちらにまとめてあります。
http://ameblo.jp/tokyowanturi/entry-11270032185.html

現在、iPhone版も作成中です。


android版の更新がようやく終わったので、今後しばらくはiPhone版の作業に注力したいと思っています。
今回リリースしたandroid版の1.9.0とほぼ同等の機能で、地図データはiPhoneExplorerを使ってKML形式のファイルをiPhoneにコピーして使うようになります。
但し、androidのマイ海図GPS川奈版のような、マイ海図とのアプリ上の連携予定は今の所ありません。

ほぼ、全ての機能の実装は完了しているのですが、描画やファイル読み込みのパフォーマンスのチューニングや、細かい修正がまだあるので、その辺りを修正してから審査に出して、夏ごろリリース出来ればと思っています。

こちらも宜しくお願いします。

6/10 油壺 ボート釣り

釣果:カワハギ4匹

※写真は二人分
釣果

前回と同様、油壺のボート釣りへ友人KAKE氏と出撃しました。
風予報も申し分なく、朝6時過ぎに到着。
前回である程度勝手が分かったので特に迷うことなく手続き完了、今回は二人乗りです。

7時過ぎに岸払いして定置網を目指しました。
波も穏やかで快適にボートを漕いで前回と同じ場所を目指すと、既に先行のボートが居たのでちょっと沖よりで始めることにしました。
前回の反省から、メジナの棚よりちょっと上の10mぐらいに仕掛けを入れて、コマセを撒き過ぎないようにしながらロングハリスのマダイ仕掛けを投入すると、今回は結構餌が残ってきます。
しかし、餌は残ってくるものの、アタリはありません。
そこで、底付近を狙う為に、ユムシのぶっこみも投入。

しばらく粘りましたが、アタリの無さに耐えきれずに棚を下げると餌が無くなります。
こうなってくると、我慢出来なくなってカワハギ仕掛けを投入。
アオイソメ餌でカワハギの胴付仕掛けを使うと、ワッペンサイズより一回り大きいぐらいのカワハギがヒット。
カワハギの当たりは入れ食い状態ですが、巻き上げ途中でばらしたりもあって、数は伸びません。
8時が満潮で下げ続ける潮でしたが、途中風向きが変わって南寄りになってボートが定置網から遠ざかってしまい、カワハギのアタリもストップ。

少し移動し直した後は再びビシ仕掛けに戻りました。
しかし、相変わらずアタリがありません。前回と同様定期的に回ってくるカタクチイワシの大群にも悩まされます。
何度かちょっとだけの移動を繰り返すもアタリは無く、昼前に定置網に比較的近い場所にボートが付いた所でようやくアタリが出始めてKAKE氏に連続してメジナがヒット。
こちらも耐えきれずにロングハリス仕掛けをウィーリーに変えるとすぐにメジナがヒット。
数匹釣って30㎝以下だったので全てリリースです。

メジナを釣って遊んでいるとユムシのぶっこみに何かがヒットしました。
急いで上げてみると、30㎝オーバーのショウサイフグ。。。
急遽タモ網まで組んで慌てて上げたのにがっかりです。
捌ける人にとっては良いですが、残念ながら海にお帰りいただきました。

その後は再びロングハリス仕掛けに戻しましたが、相変わらずアタリが取れず、巻き上げてみたらメジナが付いていたりとまったくロングハリス仕掛けを使いこなせません。
一度棚を深めに落としてから巻き上げてハリスがたるまないようにしてみたり、水中浮きを間に入れてみたり、いろいろと試してみたものの、うまくいきません。

試行錯誤をしていると、再びユムシぶっこみに何かがヒット、緩めたドラグから一気に糸が出て行きます。
急いで竿を持って引きこみを確認してから合わせを入れると、残念ながら空振りでした。
食い込みが甘く、針の部分だけ千切れたユムシが付いていました。
食ってからいきなり走り出すアタリの出方はマダイっぽいですが、ユムシを食いちぎった食べ方はフグっぽくもあり、姿を見れなかったのが残念です。
そのちょっと後に、近くのボートでマダイが上がったのを目撃、さらにバラシが悔やまれます。
1時を過ぎるとメジナのアタリも止まり、かなり期待薄な雰囲気になりました。

2時近くなり、ある程度コマセが残っていたので、最後は慣れているウィーリー仕掛けに戻して数投目、底からシャクリ上げたところでひったくるようなアタリ。
木端メジナぐらいの引きでちょっと期待して上がってきた魚を見ると、チャリコでした。
サイズは20センチぴったりのリリースサイズ。
これが最後の釣果で14時半に不完全燃焼のまま沖上がり。

風も波も穏やかで、一日良いコンディションに恵まれ、沖上がり直前にはボートの下に40センチぐらいのトビウオの群れが泳ぎまわっているのが見えて夏を感じました。

釣果は全く振いませんでしたが、近くのボートではマダイが上がっていましたし、こっとんさんのブログを拝見すると、しっかり結果を出されているようで、完全に技量の問題ですね。
あまり考えすぎるのも良くないのかもしれませんが、次回こそはロングハリス仕掛けでチャリコでも良いので一匹釣るのが目標になりました。

刺身盛り

帰宅後はカワハギとメジナで刺身盛り。盛り付けはKAKE氏担当で見事な出来。
この辺も練習ですね。

油壺の釣果を食べる(主にメジナ)

先日の油壺の釣果を一通り食べた感想です。

まずは、大津ではあまりお目にかからないメジナから


一般的に夏場のメジナは磯臭くてまずいと言われますが、先日釣ったメジナはとても美味でした。
釣り船が多いので中層でオキアミをメインに食べているからかもしれません。

ただし、一つ注意があって、腹身を剥き取る時に、赤丸で囲んだ部分をしっかり取ることです。
刺身で食べた時に、一部完全に取りきれていない部分があって、ちょっと臭いが気になりました。
半身

この部分は凹んでいて取り難いので、大胆に取って汁の出しにでもするのが良いと思います。
臭いは火を通せばほとんど気にならないです。

釣行記の最後でも紹介した刺身です。
釣った当日より二日後の方が美味かったです。
メジナカワハギ刺身

カルパッチョもクセの無い白身なので当然美味いですね。
カルパッチョ

こちらは漬け丼。これ美味いです。
みりん、酒、醤油を混ぜて煮沸してアルコールを飛ばし、スリゴマを入れてから冷ましたタレに数時間漬け込みます。
余ってしまい、翌日すっかり漬かり込んだ状態でも、ご飯に合って最高でした。
漬け丼

定番のアクアパッツァです。
ベビーリーフを乗せすぎて肝心の魚があまり見えませんね。。。
メジナは結構味がしっかりしているので身の味が埋もれずに良く合いました。
アクアパッツア


そしてマダイです。
塩焼きは文句無いですね!小さくても立派な鯛の塩焼きでした。
マダイ塩焼き

最後は謎の魚テンス
テンス

3枚に卸して、ウマズラのぶつ切りと共に汁の具にしました。
ウマズラとテンス

クセの無い白身で決してまずい訳では無く、ウマズラと比べてそれほど大きく劣ることもありませんでした。
皮目の色が綺麗なので、調理法によっては結構良いと思います。

今週末は、再度油壺へ出撃予定でしたが、天気が微妙ですね。
予報が外れて好転してくれると良いのですが。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。