スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/29 大津 ボート釣り

釣果:マコガレイ1匹 マアナゴ1匹 マアジ2匹 イシモチ12匹

釣果2

GWに単独電車で大津へ出撃しました。

最近伊勢町でカレイや浅場にマダイが入ってきたという情報を、みうらボートの釣果情報で見たので、伊勢町への釣行も考えていたのですが、電車移動だとアクセスが大変ということもあり、大津から出て、伊勢町寄りのポイントを探ってみることにしました。

海釣り公園や三春町岸壁からもカレイは釣れているのに、大津のボート釣りではあまり専門に狙う人が居ないのは、隣に伊勢町というカレイ釣りの本場ポイントがあるのが理由だからか、ひっそりと狙っている人が居たり、シロギス狙いでヒットすることはあるようです。
電車釣行で便利な大津でカレイを狙えれば、今後、春先の楽しみが増えるということで、調査も兼ねての釣行です。

二年前に伊勢町で同じ時期にカレイを釣った時はクロベ根手前の水深15メートル程の砂泥地、これと「釣れる!海のボート釣り」の情報を熟読した上で、釣行前は連日海図を眺めながらポイントを考えて作戦を練りました。
候補として考えたポイントは

・五つ根の岸より伊勢町側
・三つ目排水口、プール前付近
・カゴオトシの根周りの砂泥地

これらの候補で根際の砂泥地になっているところを魚探で探して狙うことにしました。

当日は午後の南風を除けば、今年最高ともいえる理想的な予報で期待が高まります。
満潮は8時半なので、朝一の潮止まり前後に絞ってカレイを狙い、午後はアジを狙ってみようという欲張りプランを立てて望みました。
翌日夕方から出張予定だったので、あまり沢山釣っても食べきれないことから、本命は午前中で、駄目ならその日のオカズ分は確保するという作戦です。

前日に外出したついでにコウジと岩イソメも仕入れて準備万端、GWは混雑が予想されるのと、朝の時合いを無駄にしたくないということから始発で6時13分京急大津駅に到着です。
さすがGWで天気予報も最高ということもあって、この時間で受付はギリギリ。さすがに混んでいる為か、まだ4月ですが7時前にどんどんボートが出て行きます。

急いで準備をして7時前に岸払い、先週とはまったく別の海のように凪いでいる中、ポイントは五つ根岸よりに決めて目指しました。
それなりの距離はあっても、波が無いので順調にポイント付近に到着、しかし、ここで魚探の反応が想定と違うことに気がつきました。
事前の想定では水深15メートルラインは砂泥地だと思っていましたが、どうやら根の上で、そこから一気に落ち込んで砂泥地になると25メートルぐらいの水深があります。また、至る所にノリ(ワカメ?)棚が残っています。

もうちょっと浅いポイントを狙うはずでしたが、15メートルより浅い場所は根みたいなので、とりあえず根から落ち込んだ場所の砂泥地で、水深25メートル程度、棚の間になっている場所にアンカリング。
ここで中根方面を見ると、もの凄い数のボートが浮かんでおり、圧巻でした。

二本針にアオイソメと切った岩イソメを付けた仕掛けをまずはボート真下に投入。
その後、同じ仕掛けをちょい投げでボートの右と左に出して、最初に投入したボートしたの仕掛けをチェック。
軽く竿を持ち上げると、竿先がクンクンとしなりました。

ドキドキしながらちょっと送り込んでからもう一回竿先を待ち上げると、また同じような反応が出たので、合わせを入れました。
間違いなく手応えはありますが、あまり引きません。
なんだろうと思っていると、上がってきたのは本命のマコガレイ!!!しかし、かなりの小型サイズです。。。。
二本針を両方飲み込んでいたこともあって、恥ずかしながらキープ。
小型ながら、水深が深すぎるかと悩んでいた時に、いきなり本命が来たことで一気に気合いが入ります。

3本の竿にプラスして、あわよくばカレイ以外にマダイも来ないかとコウジぶっ込みも投入して竿4本体制で、釣りというより仕掛けたワナをチェックするようにそれぞれの竿を聞き合わせてはちょっと動かして、餌を交換してを繰り返します。
しかし、ヒットするのは小型のイシモチ、ヒトデばかり。一度はヒトデがコウジを丸呑みしていてビックリしました。
8時半の満潮を過ぎて、9時を回った頃、またもやボート下の竿に反応が出ました。
緊張しながら合わせを入れるとかなりの手応え!!!

これはやったかと思いきや、なんだかカレイのような突っ込む引きがありません。大型のイシモチかなと思いながら水中を見ると大きなアナゴでした。。。まあ、ここのアナゴは美味しいのでとりあえず持ち帰り。

10時を回ってからは、どこに仕掛けを入れても餌も取られない状態になったので、悩んだ末、もう一カ所の候補であるプール前に移動することにしました。
小型でも一度釣れた場所で粘った方がいいのではというのと、移動時間で時合いを無駄にしてしまうこともありますが、今後の為に他の場所の様子も見ておきたいというのが決め手になりました。

プール前の岸から続く水深15メートルエリアは底質が岩っぽい反応で、砂泥地になるのは23メートルぐらいからでした。とりあえずアンカリングして仕掛けを投入してみたものの、まったく反応が無いので、今度は鉄板ポイント横の砂泥地へ移動、鉄板ポイントではアジ釣りで良くシロギスが釣れるので、どうかと思いましたがここでも反応は無し。

時間も昼前になり、イソメもほとんど無くなったので、残念ながら本命はタイムアップ、諦めてビシ釣りに切り替えることにしました。
先週やった二枚目、三枚目の間ぐらいを目指すと、かなりの数のボートが既に入っており、その中に無理に入るのはまずいと思い、ボートが集結している周りを漕ぎながら魚探で反応を探ります。
すると、結構いい反応が出たのでアンカリング。GPSで見ると、過去に季節の変わり目で調子の良かった、今は3枚目、昔の2枚目手前角のポイントでした。

同じポイントの昔の釣行記です。
2010 4/24の午後入れ食いの釣行記
2009 11/27 午後入れ食いの釣行記

仕掛けを入れると一投目から小型のイシモチがヒット、先週と同様、コマセを撒いてからウィーリー仕掛けをしゃくり上げるとヒットというパターンで、投入毎にアタリが出てどんどん釣れます。5投目ぐらいでようやくアジがヒットしたものの、仕掛けをたぐっている時に口切れでバラシ。その後は徐々にアタリが減りましたが、アジが混ざりながらポツポツと釣れます。

だんだん南風が出てくるとボートの位置が変わって完全にアタリが止まってしまったので、再度元の位置に戻るようにちょっと移動してアンカリング。沖上がり前にちょっと型の良いイシモチが連続にヒットして終了となりました。アジは数匹口切れでバラして、上げたのは結局二匹でした。

当日のGPSログです。
スクリーンショット 2012-04-30 22.04.10


カレイは丁寧に五枚卸にして刺身にしたところ、小型でも十分な旨さ。
アナゴは白焼き、アジとイシモチは刺身にして、定番でアラから汁を作って最後はお茶漬けと、オカズ分には十分な釣果でした。
時間がなかったので、盛りつけは適当、アナゴは串を打つのを忘れて丸まってます。。。
料理

本命がせめて30センチを超えていればという思いはありますが、アジ釣りとは違うカレイ釣りを楽しむことができたのと、釣行前にいろいろと考えたことが小さいながらも結果に結びついたこと、今後に活かせる経験が出来たことは大きかったです。
カレイ

そもそもカレイ釣りの経験もほとんど無いのに、そんなに簡単に結果が出ると思うことが甘いということで、いつかは大津から出て大型を仕留めたいですね!!!
スポンサーサイト

京急大津では海苔棚への係留は禁止です

ちょっと触れにくい話題だと思いますが、敢えて書きます。

先日の釣行で石田丸の主人から出港前に「海苔棚へ係留しないでね!」と注意を受けました。
ちょっとした注意が前日?にあったみたいです。
自分は係留をして釣りをしたことはなく、出港前にこのような注意があったのも初めてなので、念の為書いておきます。

京急大津エリアのボートポイントでは、海苔棚、ワカメ棚、ブイ等への係留は禁止です!!!

上記の目的は、海を生活の場としてる漁師さん達に迷惑をかけないということです。
なので、係留をしていないからと言っても、無理な場所にアンカリングしたり、漁師さんの注意に従って行動しないのも同じことです。


偉そうに書きながら、過去に強風で戻れなくなった時に、避難として係留させてもらったことはあります。。。
http://tokyowanturi.blog36.fc2.com/blog-date-201102.html
また、仕掛けやビシ等をロープに引っ掛けてロストしたことは何度もあり、かなり迷惑をかけていることも確かです。

このエリアに昔から通っている常連の方々は、漁師さんの動きを熟知したり、顔見知りで係留している場合がありますが、そういったベテランの方々と一緒だと誤解しないで下さい。

あの、漬物石のようなアンカーを上げるのは苦痛ですし、海苔棚の際にうまくアンカリングしたくても、風で流されてうまくいかないこともあります。
そういった時には、自分も係留の誘惑に駆られることもありますが、我慢しています。
なぜかというと、初めてこのエリアに来る人達の中には、誰かが係留して釣りをしているのを見れば、係留が黙認と勘違いする人が出てきます。
沢山人が来れば、世の中にはいろいろな人が居ますので、勘違いした人の中には、注意した漁師さんとトラブルを引き起こすことがあるかもしれません。そうなると、折角の海苔棚周りの釣りが禁止されてしまうことも考えられます。

目的は漁師さんに迷惑をかけないことなので、係留しなければ良いと言う訳ではありませんが、ルールは最低限のレベルに合わせざるを得ないのだと思います。

ハインリッヒの法則という有名な法則があります。
「1つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する」
http://www.infraexpert.com/info/network7.html


些細な注意で済んでいたことも、事象が増えてくれば重大なトラブルの前兆になることもあります。

自分のようなボート釣り初心者が、このようなことをブログで偉そうに書くのは躊躇しましたが、陸釣りでもゴミ問題、立ち入り禁止問題等で、釣り人への世の中の視線は厳しいと思っています。

折角の楽しい釣り場を減らさない為にも、宜しくお願いします!!!

大津産のイシモチと昆布で昆布締め握り

先日の釣行で、石田丸さんからお土産の生昆布をいただいたので、
今回はイシモチを昆布締めするのに、この昆布を使ってみました。

折角の生昆布、一番美味しい食べ方は、茹でてそのままを刻んで食べる方法です。
キッチンバサミで適当な大きさに切ってから茹でるとワカメと同じように綺麗な緑に。
昆布ゆでたて

これを刻んで味ポンをかけるだけで美味しく頂けます。ちょっと歯ごたえがあってたまりません。
昆布細切り

今回は全部上記の方法で食べるには結構量があったので、この昆布を軽く干した後、昆布締め用に使ってみました。
空気が綺麗な場所なら外で干すのですが、ちょっと排ガスなどが気になるので浴室で干してみました。
まあ、浴室というも気分的にはかなり嫌ですけど。。。

昆布干し始め

浴室に昆布の臭いが立ち込め、妻の冷たい視線を気にしつつも浴室乾燥器を30分ほど回した後は、換気のみで半日ほど干しました。
干し昆布

表面が乾いて昆布締めに丁度好さそうなぐらい乾燥した所で表面を日本酒で軽く濡らしたキッチンペーパーで拭きます。
昆布と刺身

三枚に卸したイシモチを並べてラップ、冷蔵庫で一時間ほど置くと。
昆布締め

身の水分が抜けて締り、いい感じです!

これを酢飯と合わせて握り寿司にしたら絶品でした!
イシモチ握り

あまり長く締めすぎるより、軽く締めるのが個人的な好みです。
十分に乾燥した状態ではなかったのと、出汁用の分厚い昆布ではなかったのでどう仕上がるか不安でしたが、まったく問題無く旨かったです。
ポイントは締める前に昆布の表面を拭いて、昆布のエグミを刺身に付けないようにすることだと思います。

問題点と言えば、浴室に臭いもこもりますし、浴室で干したものを食べるのも気分的にはイマイチなので、外に干すことが出来るのなら、外に干したいですね。。。

あと、イシモチを生で食べる時は特に、釣れた後の血抜きが重要です。
釣れたらすぐにハサミでエラブタの付け根を切ってバケツに付けておくだけで血が抜けて臭みがなくなります。

参考になりそうなところを検索したら、
HEPPOさんのブログに詳しく方法が出てました。
http://heppokonoppo.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-6f37.html

アジ料理
イシモチ以外にアジ盛り合わせと昆布の細切り、アジとイシモチのアラから取った汁で食べ、

茶漬け

最後は定番のアジ茶漬けで大津の釣果づくしの夕食でした!

残った分は、いつまでも浴室にぶら下げておくわけにはいかないので、ある程度乾いたところでキッチンバサミで適当に切って、トレイで一晩乾かしたら完全に仕上がりました。

干し昆布完成

普通の出し昆布より薄いので、細く切ってそのまま食べても、かむと旨みが出てきて旨いです。
使い方はいろいろとありそうなので、試してみるつもりです。

4/20 大津 ボート釣り

釣果:マアジ22匹 イシモチ18匹(二人分の釣果)

釣果

北風予報が多い週末が続きましたが、仕事も落ち着いているので、天気が良さそうな金曜日に休みを取って父親を誘って大津へ出撃しました。
しかし、数日前まで良かった予報が徐々に悪くなり、当日の予報は北東4mで大津へ着くとかなりの強風。
1人乗りなら何とかなりそうな状況ですが、2人なのでちょっと悩みました。
ただ、徐々に収まりそうだったので、ボート店のOKも出て7時半頃岸払い。

毎年この時期はポイント選定に悩むのですが、去年考えた水深25~30メートルぐらいの砂地を魚探で探して、群れの通る場所で粘るという方法を試してみることにしました。
(去年の記事)
http://tokyowanturi.blog36.fc2.com/blog-entry-102.html


ポイントはボート店から聞いた沖の海苔棚二枚目、三枚目付近に決めて、荒波の中ポイントを目指します。
直前の情報として釣りキチ先生のブログではこことガレ場と両方良かったみたいですが、北風が強いので波が不安定になりやすいガレ場はやめておきました。

二人乗りで横波を食らえば、あっさり転覆しそうな波なので神経を使いながらなんとかポイント付近に到着。
魚探で反応をチェックしてから、めいっぱいロープを伸ばしてアンカリング。

ビシ仕掛けで始めると、二投目で小型のイシモチ、その後でアジがヒット!
入れ食いではありませんが、仕掛けを入れて誘うとアタリが出て、1、2投に一匹ぐらいの割合で釣れ始めました。
仕掛けはウィーリーで、コマセの煙幕を作ってから、スーッと誘い上げてその中に仕掛けを入れるとアタリが出るというパターンです。
オキアミ餌、緑とピンクのウィーリーのどれもアタリがありますが、アジはウィーリーが多く、イシモチはオキアミが多いように感じました。

波はなかなか収まらずに、常に大波を警戒しながらの釣りで、父は船酔いでポイント到着から竿を出すことも出来ない状態。
潮止まりの10時半頃までポツポツと釣れ続け、アジが10匹は越えたと思えたので泳がせ釣りを投入。
再び潮が動き始めるとアジのアタリが出始めてイシモチ混じりで釣れます。

泳がせ仕掛けは、孫針にアシストフックとしてイカ用針を付けた新兵器を使いましたが、結局アタリはなし。
昼を過ぎるとようやく波が収まり、父が復活して釣りを開始。
午前中と比べるとアタリは減りましたが、イシモチとアジが忘れた頃にヒットする感じです。
流れと風向きが変わって、めいっぱい伸ばしたロープでボートの位置も変わってアタリも減ったので、ちょっと移動しても良かったのですが、朝の波で疲れて面倒だったので、そのまま場所移動無しで続けました。
すると2時半頃に、父親の仕掛けに大物がヒット。サメやエイとは違う引きで、ヒラを打つような引き込みが何度かあって期待大だったものの、無念の針外れでバラシ。クロダイの可能性が高かったので残念です。
その後はアジもヒットすること無く、3時過ぎに沖上がり。

20120420.jpg

釣果はこの時期としては良かったものの、午前中は北風と波、午後からはパラパラと雨も降ってきて、穏やかな日を選んで休みを取って、のんびり釣りをするつもりが、すっかりあてが外れてしまいました。
5月になれば天候も落ち着いて、泳がせで本格的にイカも狙えるようになると思うので、次回こそはのんびり釣りが出来る日に行きたいですね。

当日夜はアジを握りにしました。
アジの握り

大津のアジは相変わらず旨いです!

ボート釣りナビで使えるKMLファイル

天候の荒れた週末が続きますね。。。
釣行ネタが無く、今回もGPSアプリのネタです。

GPSのログや海図データを見ながら、最近好調のクロダイや、海苔棚が撤去された時のアジのポイントなどを考えて、GoogleEarthでKMLファイルを作成、アプリに取り込んで釣行に備えています。

線を描いて自作のポイント図KMLファイルを作る方法
http://ameblo.jp/tokyowanturi/entry-10936610140.html

マイ海図をKMLにする方法
http://ameblo.jp/tokyowanturi/entry-11077514547.html

カシミール3DからKMLを作成する方法
http://ameblo.jp/tokyowanturi/entry-11016650995.html

そんな用途で作った自作アプリのボート釣りナビが、いちGo!Go!というサイトで紹介されました!
ichigogo_top2.jpg

このアプリはKMLファイルを取り込んで表示することで、自作の海図やポイントデータを表示出来るのが売りなのですが、自分でKMLを作ることが出来ないと、画面には何も表示されないので、ちょっと使い方にハードルがあります。
そこで、ダウンロード可能なKMLファイルのリンクをまとめました。

nojimaruさん作成の全国の海岸線KML

素晴らしいです!エリアごとに分かれているzipファイルをダウンロードしてから解凍すると、県別のKMLファイルが入っています。
http://ux.getuploader.com/gpsmap/

神奈川の地図を読み込ませると、完璧に海岸線が表示されました!
device3_20120401001838.png

nojimaruさんには、ロランスのGPS魚探からドクターデプスで作成した海底地形図を作成、ボート釣りナビで表示した記事も書いていただいています。
http://blogs.yahoo.co.jp/npah2002/28373319.html

HEPPOさん作成の京急大津の海苔棚マップのKMLファイル
http://heppokonoppo.cocolog-nifty.com/blog/files/20120210.kml

データの詳細ブログ記事
http://heppokonoppo.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-2781.html

手漕ぎボートの実測で作成された2011冬から2012春の京急大津の海苔棚の位置です。
このようなデータを公開していただけるのは大変ありがたいです!
このデータを使えば、これから海苔棚が撤去されても、冬場に釣れたポイント(何枚目)がすぐに分かるので重宝します。

iphoneを使ってKMLデータをGPSで使う方法も紹介されています。
http://heppokonoppo.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-db23.html
http://heppokonoppo.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-88dc.html

友人KAKE氏作成の京急大津ポイント直行KMLファイル

http://www.gem.hi-ho.ne.jp/kake/kml/pointdirect2.lzh

ブログ記事
http://ameblo.jp/uozaru1315/entry-11146197313.html

大津に通って集めたデータを元に、各根やポイントへ直行出来るように作成したKMLファイルです。
表示もシンプルなので、日が当って見えないボートの上でポイントを目指すのに大変便利です。

上記三つのファイルを読み込んで京急大津の釣り場を表示しました。

device1_20120401001839.png

device2_20120401001839.png

ボート釣りナビは、無償版でも自分の位置を確認するレベルなら十分使えます。
andoroidスマートフォンを持っている方はお試し下さい!
ダウンロードはこちら
https://play.google.com/store/apps/developer?id=kagoturi

使い方など
http://ameblo.jp/tokyowanturi/entry-10936506504.html

iphoneでもHEPPOさんの記事で紹介されているように、KMLを活用出来ます。友人KAKE氏はipadをボート釣り用ナビとして使っています。GPSがあると釣りの楽しみも広がるので、まだ未経験の方はお試し下さい!!!

※記事を作成するのにボート釣りナビでKMLファイルを読み込んでいたら、線の色等の表示スタイルが一部で上手く動作していないことに気が付きました。本日、修正したので、次回の更新に反映させる予定です。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。