スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川奈の海図データを更新しました。

川奈の海図データを更新しました。

最新の海図の内容は以下です。
川奈観光ボートハウスのブログ 
http://ameblo.jp/easyride613/entry-11165438510.html


マイ海図GPS川奈版1.2
アイコン

既にインストール済みの方は、アップデートすれば最新の海図に更新されます。
ダウンロードはアンドロイドマーケットのココから行って下さい。

使い方は以下を参照して下さい。
http://ameblo.jp/tokyowanturi/entry-11095109659.html

川奈のボート釣行を予定している方は、是非ともお試し下さい!
スポンサーサイト

ボート釣りナビ リリース1周年

android用のボート釣りGPSアプリ、ボート釣りナビをリリースして1年が経ちました!
お陰様で無償版のダウンロード数は1万本を超え、有償版も100本を超えました。

お使い頂いている方、ありがとうございます!

使い方などのブログ
http://ameblo.jp/tokyowanturi/entry-11022660402.html


アンドロイドマーケット
https://market.android.com/developer?pub=kagoturi


icon.png
無料版:BoatFishingNaviLite



icon_128.png
有料版:BoatFishingNavi


スマートフォン(android)GPSをボート釣りで使って感じたことをまとめてみました。

バッテリー対策

ボート釣りでの携帯電話は、緊急時に連絡を取るアイテムとして重要なので、GPSを使うことでバッテリー切れになるのは要注意。

電話用とGPS専用で二台別運用なら問題ありませんが、一台で電話とGPSを共通で使う場合は注意が必要です。
いざという時の為には、モバイルブースターがあると便利ですね。

今はIS01をGPS専用機として使っているのですが、ボート釣りナビでGPSを起動して一日ログをとっても半分もバッテリーは減りません。
バッテリーを一番消費する原因は画面のバックライトだと思います。
ポイントを探す時以外はバックライトを消すようにしておけば、一日十分使えると思います。

但し、機種によっては異常にバッテリーの減りが早いものもあるようなので、
購入の際はネットの口コミ情報等を事前にチェックすることをお勧めします。

画面の輝度

スマートフォンは一般的にアウトドアで使うことを前提とした機器でないので、朝日が当たったりすると反射して画面表示がまったく見えなくなります。
画面の輝度設定を一番明るくするとマシにはなりますが、魚探の画面と比べるとかなり暗く視認性は悪くなりますし、バッテリーの消費も多くなります。
画面が見えないと、当然操作も出来ません。

対策としては

アプリの設定で線を太くする。
※ボート釣りナビでは、設定で線を太く表示することが出来ます。

スマートフォン用の日除けを使う

こんなのが売ってます。
(iPhone4用 サンバイザー)
http://www.donya.jp/item/20090.html


わざわざ買わないでも、IS01用に古いビデオテープのケースと余ったマジックテープをハサミで切って作りました。
日除け

かなり不細工な出来ですが、この程度でも劇的に効果があります。
マジックテープとビニールテープが黒なら、もうちょっとまともな見栄えになりますね。

持ち運びは畳めばOK。材料費も0円です。
日除け2

防水、汚れ対策
 
防水のスマートフォンは結構出てますが、
オキアミなど釣り餌を触った手で、
スマートフォンを操作する人は少ないでしょう。

以前も紹介した100円ショップのチャック付きビニールに入れておくと、ある程度の防水と汚れ防止になります。
IMG_4300_R.jpg

いつもこれを使っているので、釣りに使うスマートフォンに防水機能は不要かなと。
注意としては、画面が濡れるとタッチパネルの操作が上手くいかなくなることですね。
これは防水のスマートフォンの場合も、袋に入れた場合も同じだと思います。

今後スマートフォンが普及すると、機種変更で不要になったスマートフォンが余ってくると思われます。
スマートフォンは大抵の機種でSIMカードが無くてもGPS機能やWifiが使えるので、電話として使わなくなった中古のスマートフォンをGPS専用機として活用すると良いかもしれませんね。

GPSがあれば釣れる訳ではありませんが、釣行毎にデータを記録して行くと、海図と重ねて自分なりのポイントを考えたり、釣りに行く前や後の楽しみが広がります。
値下がりしているちょっと前の機種でも、安定して動作するものなら十分に使えるので、是非お試し下さい。

スズキの卵のパスタ

釣れたスズキを捌いたら、立派な卵が入ってました!!!
IMG_4549_R.jpg

産卵前で身は痩せているので、この卵を食べないのは勿体ないとレシピを検索してみたら、良さそうなレシピを発見!!!
スズキの卵のスパゲティー
http://gomasio.syonan-life.net/cooking/2009/03/post-10.html


卵の皮を切って、血管などが入らないように取り除きながらスプーンでしごいて中身を取り出します。
IMG_4550_R.jpg

卵の下準備が出来たら、オリーブオイルにニンニク、鷹の爪で香りを付けてから、マッシュルーム、トマト缶を入れ、軽く煮立ったら卵を入れて塩コショウで味付け、麺を絡めて出来上がりです。
IMG_4553_R.jpg

IMG_4557_R.jpg

スズキの身でカルパッチョも作って良い感じのメニューに仕上がりました。

IMG_4559_R.jpg

上記ブログのレシピ通りで簡単に出来ます。
変えたのは出来上がってからちょっとだけ生クリームをかけたのと、大葉が無かったので乾草パセリをかけたことぐらい。
クセは無いけどコクのあるスズキの卵とトマトソースがマッチして、びっくりするぐらい美味しかったのでお勧めです!!!

残念なのはもう一度食べたいと思っても、スズキの卵は滅多に手に入らないことですね。


話は変わって、気になる魚の放射能汚染については、以下の水産庁の調査結果を見るとスズキは10bq/kg程度なので、
毎日365日食べるのでなければ、それほど気にしなくても良さそうです。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/sigen/housyaseibussitutyousakekka/other/120203_result_jp.xls

アジやワカメも横須賀、大津ではそれほど神経質になることは無いと思っています。
※個人的見解です。

ただし、広範囲に降った放射性物質は雨が降る度に河に集まり、凝集という現象で汽水域に溜まりやすいようなので、
汽水域のホットスポットで生物濃縮が起こったりする可能性も捨てきれません。
今後も継続して注意しておくことは必要ですね。

2/4 大津 ボート釣り

釣果:マアジ3匹 カサゴ1匹 スズキ 79cm 3.5kg 1匹

スズキ

釣果2

北風予報が多い週末が続きましたが、ようやく良い天気になりそうになったので、今年の初釣りに、単独電車で大津へ出撃しました。

ちょっとゆっくり出て8時過ぎに到着すると西南5mの予報とは違い、ほぼ無風状態。
ボート店で最近のポイントを聞くと、ガレ場かノリ棚4、5枚目付近で日によって安定しない様子。
ノリ棚周りのロープのある場所の釣りが苦手なので、迷わずガレ場を目指しました。

風は無くべた凪状態で驚くほど澄んだ潮で港内は底がはっきり見えるレベル、水温はかなり低く苦戦が予想されます。
GPSでガレ場付近を目指してから、魚探でポイントを探すと、1mぐらい高くなって底質が変わる場所を発見、底付近にいい感じの反応もあるので早速アンカリングしました。
水深は27メートルほどです。

ビシ仕掛けを投入すると、すぐにアタリがあって型は小さいながらも、幸先良くアジがヒット。
入れ食いとまでいかないまでも、その後は仕掛けを入れて少しするとアタリが出るという感じです。
最近は泳がせ釣りを入れるとアタリが止まるので、10匹釣れるまでは泳がせ釣りは我慢しようと思っていたのですが、4匹目のアジが釣れた時に下を覗くと、スズキが二匹水面近くまで釣れたアジを追いかけてきたのが見えました。
これには我慢出来ず、慌てて泳がせ釣り仕掛けを投入、スズキは比較的中層で釣れるので、棚は20メートルぐらいにセット。
すると、急に西風が出てきてボートの位置が変わり、アジのアタリがパッタリと止まりました。
なんだか予想通りの良くない展開だと思っていると、泳がせの竿先にアジが暴れているような反応が出た途端に、竿先が絞り込まれて緩めていたドラグから糸が出て行きます。食い込みを確認してから合わせを入れてファイト開始。
かなりの魚の重みはあっても、突っ込むようなような引きは無く、すんなりと上がってきたのは狙い通りのスズキ。
タモ入れで仕掛けが引っ掛かって上手く入らなかったので、ハンドランディングで引き上げて無地に取り込み終了。

この時点で10時ちょっと前、開始1時間でそれなりに結果が出て後はのんびり釣りが出来ればいいかなと思っていたのですが、徐々に西南風が強まって釣り難い状態になり、アタリもサッパリです。
風で動いてポイントを外れてしまったようで、魚探の反応も消えた為、反応の良い場所を探してちょっとだけ移動。
するとすぐにアタリが出ましたが、小メバル、小カサゴ、ウミタナゴが連発。
リリースしても、ウキ袋が膨らんで浮かんでしまい、カモメやトビの餌食になってしまうので、なんだかやりきれない気分です。

調子の良い時はこういった状況から再びアジのアタリが出だすこともありますが、良型のカサゴが一匹混ざった以外は小物ばかりです。風もかなり強くなってきたので、ちょっと近場の富士山出しの北側へ移動。
しかし、ここもアタリはサッパリでさらに風が収まる雰囲気が無い為、二つ目排水口付近で風を避けながらコマセがなくなるまでやることにしてさらに移動。

ボートを漕ぎ始めると西南風がかなり強く、岸に向かって無理に漕ぐより、観音崎側に流されながらも風を避けられる岸寄りに近づいていくのが良いと判断しました。
結果的に三つ目の排水口沖付近まで流されてから、少し戻って二つ目排水口沖に一度アンカリング。仕掛けを入れてみましたがまったく釣れそうな雰囲気も無かったのでここで道具を片付けて14:30頃沖上がりとしました。

戻って話を聞くとアジは全体的に不調のようで、ノリ棚周りもあまり釣れていなかったようでした。夜ボート店のHPで確認するとアジは良い人7匹!と驚きの渋さ。
さすがに澄み潮と低水温でアジの活性はかなり低いようですね。

朝一釣れたアジは、全てオキアミ餌に置き竿だったので、誘って食わせるというより、ピンポイントで群れを探して餌で釣る狙いが良かったようです。魚探に良い反応が出ていてもアタリは渋いので、居ても時間帯によっては餌を食わない可能性もあります。

スズキが釣れたおかげで、久しぶりに泳がせで結果が出て満足な釣行となりましたが、釣果のほとんどは朝の一時間だけという結果になりました。
他のボート店でもスズキが上がっているみたいで、アジを追い掛けてきたのが見えたことから、スズキの群れは入っているので、泳がせやルアーで狙ってみるのは面白そうです。

ログを見ると、帰りにかなり観音崎方面に風で流されたことが分かります。
友人KAKE氏作成の大津ポイント直行マップを使用しています。

釣行ログ

ガレ場のポイントは魚探で探ったところ、下の写真のピンクの部分が底からちょっと盛り上がった土塁のように帯状に伸びている感じで、その周りの魚影はかなり濃く、魚端の底付近にはかなり良い反応が出ていました。
海タナゴ、メバル、カサゴの魚影も濃いので、アジも活性が高い時ならもっと釣れるのではと思います。

釣行ログ2

夕食は久しぶりの大津のアジと、スズキの刺身を満喫。この時期だけのお土産の生ワカメももらって満足な初釣りとなりました。
刺身

風が無くてもっと快適に楽しめたらよかったのと、欲を言えば、もうちょとアジが釣りたかったですね。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。