放射能汚染と回遊魚

海の放射能汚染が話題になっており、
釣った魚を安心して食べる為には、
情報が必要と思い、調べてみました。

魚介類の測定値はココにまとめて出ています。
http://atmc.jp/food/

水産庁のHP
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/Q_A/index.html


しかし、セシウムとヨウ素は出ていますが、
気になるストロンチウム90の値は出ていません。
ガンマ線ではなく、ベータ線を出すので、
測定が難しいことから、データが少ないのだと思います。

ストロンチウムはカルシウムと似た性質を持っており、
海水中に放出された場合、魚の骨に生物濃縮で
溜まるのではないかということが心配されます。

小魚を捕食して育つ、代表的な回遊魚の
回遊ルートについて調べた結果です。


<イナダ、ワラサ>

情報元
太平洋における成長段階別の回遊様式の把握

太平洋における成長段階別の回遊様式の把握
⑴ 年齢別回遊群について


なかなか分かりにくい内容ですが、
興味のあるところだけ抜粋してみると、

p56 三陸・外房・相模湾放流群における年齢別の回遊様式
→三陸付近で二歳ぐらいまで育ってから、
 相模湾付近まで移動する例がある。

p65
→近年では成魚になってからの回遊エリアは狭く、相模湾以西と
 東北海域は回遊域が異なる。

これだけを見ると、イナダサイズぐらいまでは東北エリアで育った魚が、
関東に回遊してくる可能性はありそうです。

ワカシ、イナダサイズの頃に、東北でシラスやコウナゴを
たっぷり捕食して育った個体が
東京湾に回遊してくる可能性があるということで、
注意しておく必要がありそうです。

釣った魚を毎日食べる訳ではありませんが、
この秋のイナダやワラサのアラを煮付けたりするのは、
ちょっと控えておこうと思っています。

<ゴマサバ>
http://www.mpstpc.pref.mie.lg.jp/sui/gyokyo/091030.htm
http://www.mpstpc.pref.mie.lg.jp/sui/gyokyo/091016.htm

沖合で成長することが多いらしいですが、
沼津では大量に湾内に居ましたし、伊豆や三浦半島でも10~20センチぐらいの
小型が大量に釣れる場合もあるので、なんとも言えませんね。

福島近海で育った個体が南下してくる可能性は低そうですが、
安心は出来ないと思われます。

<ソウダガツオ>
http://www.tosakatsuo.com/mamechisiki.html

カツオは一度北上してから、秋に戻りガツオとして
南下するのが一般的なようですが、
ソウダガツオはどうなんでしょうか。
ソウダガツオの方が沿岸性が強い為、
汚染された小魚を捕食する機会も多そうなので、
気になります。

結局、詳しいことは分かりませんが、
回遊魚はどれも汚染された小魚を食べて
育っている可能性がありそうです。

安心して釣った魚を食べる為にも、
調査結果のデータを沢山公開してもらいたいですね。
スポンサーサイト

泳がせ釣り(端物狙い)の勝率

ボート釣りの大物狙いとして有効な泳がせ釣り、
一般的に端物狙いの仕掛けは、
ヒットしたら幸運ぐらいに言われることが多いようですが、
以下のように今までの釣行記での結果を集計して見ると、
3割~4割ぐらいで何か大物が釣れており、
サメやラインブレイクも含めると、
結構な確率でアタリがあることが分かります。

釣果

ヒットすれば大物確実で、
基本的には置き竿で良いので、
活きアジが釣れた時に余裕があれば
泳がせ釣りをやってみることをお勧めします !

ワラサ シーバス

ワラサ2 イナワラ

ワラサとイナダ マトウダイ

釣果0507


仕掛けは市販のヒラメ仕掛が十分使えます。
竿とリールもそれなりに大物に耐えられるものなら
使えると思います。

仕掛けを入れたらアジの状態を定期的に確認するのと、
狙う魚に合わせて棚を調整するぐらいです。
今までの経験だと、底から3メートルぐらいを
基本にして、スズキは中層狙いというのが良いようです。

秋の大物シーズンが楽しみですが、
大型魚は特に放射能汚染が心配ですね。
この辺りについては、また調べて書きたいと思っています。

5/21 沼津 内浦ボート釣り

釣果:マダイ 41cm 1.3kg 1 小アジ 2 
小サバ 多数(リリース)

マダイ

友人と大津への釣行の予定でしたが、
土曜日は南西強風の予報から、
風に強い沼津遠征に変更することにしました。
去年の年末に惨敗した内浦でのリベンジ釣行です。

前回の反省から、狙いをマダイに絞り
基本をロングハリスのビシ仕掛けにして、
コウジぶっこみを入れ、餌取りが多ければ
ひとつテンヤやタイラバを使うという作戦です。

このエリアではマキコボシ釣りがメジャーのようですが、
経験が無いので慣れている仕掛けを選びました。

金曜日の夜に友人にユムシ(コウジは入手出来ず)を
仕入れてもらい、行きがけに静浦のマイムスで餌を購入、
朝4時半に内浦に到着。
すると、前回は波一つなかった内浦湾に結構波が出ています。

ちょっと嫌な予感がしながらボート屋の主人に電話すると、
風と波が強いから今日のボートは厳しいとのこと。
しかも朝10時に津波対策の防災訓練があり、
一回は岸に戻らなければならないので、
それでも良いかと聞かれました。

波と風があると言っても、普段の大津の良い時ぐらいです。
しかもポイントは200メール程度の距離。
沼津まで来て餌も買っており、この程度のコンディションで
何もせずに帰るのは悔しいので
交渉してみると、なんとか了承してもらい、
1人一艘でボートを借りることが出来ました。

6時前には岸払いで、一番手前の生け簀付近で釣り開始です。
波も風もそれほど気になるレベルでは無く、
ポイントも200メートルぐらいなので問題なしです。

まずはビシ仕掛けにウィーリーをセットしてを投入、
ぶっこみの準備をしていると置き竿のビシ仕掛けに
泳がせ釣りに丁度よいサイズの小アジがヒット。

ぶっこみ仕掛けにユムシを付けて投入してから、
急いで泳がせ仕掛けの準備です。
ビシにはすぐに小アジが来ましたが、
その後は小サバが入れ食いになったので、
小サバを付けて泳がせ仕掛けも投入しました。

ぶっこみと泳がせは置き竿にして、
ビシ仕掛けに戻りますが、
小サバの猛攻で全く釣りになりません。
落とし込みの最中に小サバがかかってしまい、
なんとか底まで落とすことが出来ても、
すぐに小サバが食ってきます。

ビシは諦めてひとつテンヤに切り替えました。
軽くキャストして探りますが、アタリは全くなし、
10時の防災訓練の時間になったので、
一度岸に戻りました。

トイレに行って一休みしてから釣り再開、
風と波も少し収まってきたので、
一つ沖の生け簀に移動です。

しかし、まったくアタリが無い時間が続きます。
ビシ仕掛けを入れれば、相変わらず小サバの猛攻、
泳がせ釣りとぶっこみは全く反応なし、
ひとつテンヤやタイラバも同様にアタリ無しです。

午後2時を回ると、さすがに今日はダメかなという
気になってきました。

ここで冷静になって状況を考えてみたところ、
ここは生け簀に係留して釣るスタイルなので、
コマセで魚を寄せる釣りというイメージが強いものの、
ひとつテンヤやタイラバだったら
良さそうなポイントを魚探で探し、キャストして
攻める方が良いのではということに気が付きました。

生け簀周りで水深の変化と底質を見ながらポイントを探し、
潮上からキャストで狙えそうな場所に係留、
置き竿の泳がせとぶっこみを投入した後に、
ひとつテンヤで勝負に出ます。
期待しながら探りますが、
相変わらずまったくアタリ無し。

てんやのエビが終了して、
さすがにアタリの無い時間が続いて疲れてしまい、
ビシ仕掛けを入れてみましたが小サバの猛攻は相変わらずで、
仕掛けを底まで沈めることができません。
フォール中にサバがヒットすると
ロングハリスの仕掛けが絡まり最悪の状態です。

夕方4時近くなり、どうせダメなら小サバを釣って
南蛮漬け用のお土産にしようかなと思って
絡んだ仕掛けを交換しようとしたときに、
ふと今回の釣行の目的はマダイであり、
ここで諦めてはいけないと思い返しました。

ビシ仕掛けからタイラバに変更してキャスト、
底を取ってすぐに巻き始め、
数メートル巻いた時にコンというあたり、
タイラバは合わせずに巻き続けるという話通り
我慢して同じスピードで巻き続けると、
二、三回軽いアタリが続いた後に重くなって
竿先が引き込まれたところで合わせを入れました。

ようやく来ました!!! ヒラを打つような引きと、
何回かの突っ込みでマダイの確率大です。
それほどのサイズでは無さそうですが、
少しドラグを緩めて突っ込みを耐え、
ゆっくりとテンションを緩めないように
リールを巻いてしばらくすると
水中に白っぽい影が見えてマダイと確信。

慎重に浮かせた後にタモ入れ成功で無事に
待望の1匹を上げることが出来ました。
ボートに上げた時点で既に口から針が外れており、
皮一枚でかなり危なかったです。

本命のアタリはこの一回だけ、
時間ぎりぎりで、ようやく結果を出すことが出来ました。

釣りあげた鯛は生け簀からの脱走か、
尾びれはしっかりしているものの、
色は黒ずんでお世辞にも綺麗な鯛ではありませんが、
一日苦労したことから最高の1尾となりました。

当日の刺身は勿論のこと、
食べ頃サイズの雄で白子が入っており、
アラと一緒に煮付けたところ最高に旨かったです。

鯛刺身

かぶと煮

なんとか沼津でのリベンジを果たすことが出来、
満足な遠征となりました。

心配された風と波は大津のボートで慣れているので、
それほど気になりませんでした。
ポイントも近く、アンカリングも必要無いので
沼津のボート釣りは良いですね。

BoatFishingNaviで記録した今回のログです。
岸に戻った途中などで記録を停止していた部分が
ちょっと切れていますが、丸一日分の記録です。

内浦GPSログ

生け簀やボート店の位置で確認すると、
記録データが5メートルぐらい、
全体的に右(東)にずれているように思えます。
google earthの精度の問題でしょうか。

ゴルフ用のGPSアプリをリリースしました。

釣りとは全く関係ありませんが、
ゴルフ用のアンドロイドアプリを作ってみました。

icon_free_128.png
無料版:GpsGolfMapLite


icon_128_20110517230742.png
有料版:GpsGolfMap


GPSを使って自分の位置から対象の距離までを表示したり、
ポイントを記録して、記録したポイント間の距離を表示します。

gpsgolfmap4.png  gpsgolfmap2.png

Kmlファイルを読み込んで
地図と重ねて表示することも出来ます。

用途はゴルフに限定していないので、
地図を使って距離の測定したい時などに、
使えるかと思います。
※無料版は画面上に広告が表示されます。

5/7 大津 ボート釣り

釣果:アジ 約15匹 イシモチ 約5匹 フッコ 1.8kg 59cm 1匹

釣果0507

連休終盤の土曜日に、友人達と大津へ出撃しました。
曇りの予報が直前で悪くなって時々雨に変わり
ちょっと微妙な感じです。

5月からボートのスタートが6時半になったので
早めに到着して準備開始です。
この時点では雨は降っておらず、
風も波も無くて最高のコンディション。

ポイントを聞くと、富士山出し北部の沖、
27メートル付近が好調とのこと。
3人で二艘に分かれて、
教えてもらったポイントを目指します。

魚探で良さそうな反応を見つけたところで
アンカリング、早速ビシ仕掛けを投入すると、
二回目でアジが当たって幸先良いスタートです。

そこからはほぼ入れ食い状態で、
立て続けに5匹釣ったところで
別のポイントに行っていた友人に電話で連絡してから、
泳がせ釣り仕掛けの準備を開始しました。

表層でボイルが出ており、魚探で中層付近に
イワシの群れが見えるので、
中層の15メートルぐらいの棚に合わせて泳がせ釣り
仕掛けを投入しました。

泳がせ仕掛けは置き竿で、
再びビシ仕掛けに戻ると、
飽きない程度にアジとイシモチがヒットします。
しかし、徐々に雨が降り出して来ました。
雨対策に荷物にビニールを被せたりしていると、
泳がせ仕掛けに何かがヒット。
ドラグが出ていくまで待ってから一回合わせを入れて、
ファイト開始です。
それほど引かないで上がってきたのは、
予想通りのフッコ。

久しぶりに朝一からアジがヒットして
泳がせ釣りも結果が出て、朝9時で結構満足な状態です。

その後は徐々にアジのアタリが遠のき、
忘れた頃にヒットする程度になりました。

泳がせ釣りはイカに半分かじられてアジを交換後、
昼前にもう一度アタリがありましたが、
合わせてから一回目の突っ込みでハリス切れのバラシ。
孫針がハリスから切れていました。
ハリスは斜めにスッパリと切れており、
アジも切ったように頭だけ残っていたので、
サメの仕業ということにしました。

朝から降り出した雨は一度昼に止みましたが、
午後になって再び降り出し、北風も強まってきたので
14時頃に終了しました。
20110507ログ

朝一からポイントに入ることが出来て、、
場所移動無しでアジと泳がせ釣りの結果も出て
釣果は文句無しでしたが、予想以上に降った雨で
カッパを着ていてもかなり濡れて、
快適に釣りを楽しめる状態ではありませんでした。

最近苦労していたポイント選定は、
ボート店の情報を聞いたことが、
一番良い結果につながりました。
いろいろと考えても、結局最新の情報を得るのが
間違い無いですね。

フッコはカルパッチョとアクアパッツアで
美味しく頂きました。

アクアパッツァ
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック