北海道の魚介を食べる2

前回に引き続いて北海道の魚介第二弾です!!!

今回は回転寿司です。
なんと、個室で区切られて
窓のような所にベルトコンベアがあるという
珍しい店内。
DSC_0073.jpg

先日刺身で食べた時に、握りにしたら
美味いだろうなーと思ったアオソイ(クロメヌケ)
予想通り、酢飯と相性抜群でした。
DSC_0077.jpg

そして、フライなどでは良くあっても、
生で食べられることはなかなかないオヒョウと
銀ガレイ(カラスガレイ)

DSC_0078.jpg DSC_0079.jpg

銀カレイは縁側がヒラメの縁側として、
安い回転すしで出されたりすることがあるらしい魚。
強烈に脂の乗った白身で、酢飯と合わせると激ウマでした。

先日の居酒屋と比べると
普通の回転すしレベルの値段でしたが、
珍しい種類があったので満足でした。

スーパーにも寿司は売っていますが、
あまり面白い物は無く、とりあえずしめ鯖300円を購入。
こちらは値段の割には美味かったです。
DSC_0084.jpg


釣具屋もあったので覗いてみると、
仕掛け類は北海道仕様で、ホッケやメヌケ用の仕掛け、
タラ釣り用の巨大なジグなど、関東とはまったく違う品揃え。
ビシ釣りの道具は見かけませんでした。
DSC_0072.jpg

ホームセンターでも釣具や餌を売っており、
そこで見かけたのが餌用のソーダガツオ。
DSC_0068.jpg

アキアジ用って書いてあって、
アキアジってなんだ???と思って調べたら、
サケのことなんですね。
このサイズの餌を丸呑みするサケ釣りなんて、
面白そうですね~。

最後におまけ、
このネーミングセンスに素通り出来ずに
写真を撮ってしまいました。
DSC_0082.jpg
スポンサーサイト

北海道の魚介を食べる

北海道の中標津に一週間ほど滞在しているのですが、
魚介がものすごく安くて美味いので紹介します。

夕食で毎日通っている居酒屋。
格安、激ウマ、ボリューム満点と3拍子揃って、
この辺では有名な店のようです。
DSC_0054.jpg

まず驚いたのがホタテのデカサ!!!
殻のサイズは人の顔ぐらいあります、
DSC_0055.jpg

串焼き500円、バター焼きは一皿1000円と格安!!!
貝柱のサイズは餅の様。
DSC_0056.jpg DSC_0049.jpg

ホッケの刺し身(ルイベ???)は一皿700円
凄く脂の乗った白身で、トロサーモンのような感じでした。
凍らせてあるのはアニサキス対策ですかね。
DSC_0045.jpg

ニシンの刺身はこの量で600円。
味はイワシとサンマを合わせたような感じです。
小骨がありますがあまり気になりません。
こちらは冷凍ではなく、普通の刺身です。
DSC_0048.jpg

サービスで卵を焼いたものも付きました。
ニシンの卵だから数の子ですが、
塩漬けしてない生を焼いたものは初めて食べました。
DSC_0050.jpg

アオソイの刺身。脂の乗りが良い根魚の刺身です。
これも一皿600円。
調べたところ、正しい名前はクロメヌケみたいですね。
北海道の魚は難しい。。。
DSC_0051.jpg

ナメタカレイの干物焼きは500円。
ホッケも500円で写真はありませんが最強に美味いです。
写真のご飯は小ライスで100円。
味噌汁も100円で日によってはコマイのぶつ切りが入っています。
DSC_0057.jpg

その他、刺身盛もあります。
食べかけですが1000円で凄い量です。
しめ鯖、シャケのルイベ、ホッキ貝、
ホタテ、エビ、タコの6種類
DSC_0046.jpg

魚が好きな人は、中標津に来たときには
絶対に寄ることをお勧めします!!!
量が多いので一人では二皿が限界かもしれません。
大人数でいろいろ頼んで食べるのが理想ですね。
店の人の愛想が悪いのが非常に残念なところですけど。。。

その他、スーパーでも魚は安く売っているので、
ホッケやカレイの干物でも買って帰ろうと思います。
DSC_0042.jpg

北海道の魚介と言えば、カニ、ウニ、イクラが代表的ですが、
それ以外でも美味いものが沢山あるので、
是非食べてみて下さい!!!

ボート釣りでスマートフォンのGPSを活用する。

ボート釣りのポイント選びで必須のアイテムと言えば、
以前に紹介した魚探HONDEX(ホンデックス) HE-51Cなのですが
さらにあると便利なのがGPS。

GPSがあると、過去に釣ったポイントを記録したり、
山立てをしないでも
自分の位置を把握することが出来ます。

GPS魚探や、専用のGPSを購入すれば使えるものの、
買うと結構な値段になります。

そこで、去年の秋まではau携帯に入っている
GPSログ機能を使っていました。

地図ビューアーというアプリを起動して
簡易ハンディGPSを起動すると、
緯度経度がログ情報として記録出来、
「あしあとデータ」として保存することが出来ます。

保存したあしあとファイルをPCに移動してから、
あしあとデータコンバーターを使ってファイル形式を変換することで
GoogleEarth等でトラック情報を確認することが出来ます。
http://www51.tok2.com/home/y2software/tool/

しかし、この方法はその日釣ったポイントを
帰宅後に確認することは出来ますが、
その場では場所を確認出来ないので、
ログ取り専用になります。
後からポイントの分析が出来るので無いよりは良いですが、
その場で位置を確認出来るのがGPS使用のメリットと考えると
不満がありました。

なんとか格安でGPSが使えないかと探していたところに
登場したのがauのIS01というスマートフォン(スマートブック)

OSはアンドロイドの1.6でGPSが使えるこの機種が、
新規契約だと0円で、さらにキャンペーン中は
月々の使用料が割引されて実質月額8円で維持可能という、
auはどうやって儲けるのか疑問になるような状態で
販売されていました。
去年の9月にこの情報を聞いて早速入手、現在愛用中です。



※残念ながら現在IS01は販売店では
 入手不可&キャンペーン期間も終了しています。


IS01のOS、android1.6では、使用可能な無料のGPSアプリが
結構あります。

 ○Google提供のアプリ
  My Tracks
  ナビ
  マップ

 ○キャッシュすることでオフラインでマップを表示出来るアプリ。
  Rmaps
  MapDroyd
 
 ○カシミールの地図を画像出力して、
  オフラインでトラックを表示出来るアプリ
  YamaNavi

しかし、一通り試してみたところ、ボート釣りで使いたい機能が
十分ではありませんでした。

そこで、androidは無料の開発環境をダウンロードするだけで
構築できることから、自分で作ってみることにしました。

やりたいことは以下になります。

 1. アンカリングの際に、魚探で良いと思ったポイントをマーク、
   ボートの流れる向きをチェックしてからマークした場所に
   止まるようにアンカリングしたい。

 2. 以前に釣れたポイントや根の位置などのマイマップを
   PCで作成して、作成した地図を読み込ませ、
   表示しながら自分の位置を確認したい。

 3. 釣れたポイント、時間、魚種を記録してPCにコピー、
   釣行のログ作成やポイントの分析に活用したい。

 4. ボート釣りで使うので、操作を簡単にして、
   外でも見やすい表示にする。

 5. IS01を月8円のwifiで運用するので、地図を3Gで表示するのではなく、
   オフライン状態で使用出来るようにしたい。

釣行ごとにテストをしながら機能を追加していき、
ようやく前回の大津でほぼ最終版のテストが完了しました。

device1.png

device2.png

画面のバックライトを消さないようにして、
最大輝度で表示させると、日差しがあっても結構使えます。
また、海上で使うとGPSの精度も10メートル程度になりました。

PCとのデータ連携も簡単に出来て
既にボート釣りで手放せない
アイテムになりました!!!

先日SoftBankのガラパゴス003shも手に入れたことから、
android2.2にも対応させて
近日中にリリースする予定です。

これから釣りでスマートフォンを使う方は、
Docomoから出ているT01Cとauから販売予定の
IS04のREGZA Phoneが防水で画面も大きくて
良いかなと思っています。

ただ、ボート釣りで使う時には、
専用の防水パックやジプロックを利用することをお勧めします。
※ジプロックを使う際には、表面が濡れると
 タッチパネルの操作がまともに出来なくなるので注意です。

GPS専用機と比べると、劣る部分はあるかもしれませんが、
電話に付随する機能として利用すればコストも安いので、
スマートフォンはお勧めです!!!


新しいクーラーを購入

ボート釣りでの以下の要求を満足させる、
新しいクーラーを購入しました。

(新しいクーラーへの要求事項)

 1. 60センチ以上の大物が収納出来ること。
  
 2. 電車釣行の際に、なるべくかさばらず、
   釣りの後の汚れた道具も一緒に収納できること。

 3. ボート内は狭いので、荷物が一つにまとまって、
   出し入れがしやすいこと。

 4. ボートは波しぶきがかかることが多いので、
   クーラー内に道具が収納出来ること。

 5. 釣行後の洗浄が容易で、
   保管する場所が確保できること。

 6. 出来るだけ予算は抑えること。


この条件でいろいろと候補を考えた結果、
上州屋安売りクーラーの大型サイズ、
COOL FISHER 350Aにしました。
これ以上大きいのはちょっと無いなという
ぎりぎりのサイズです。

クーラー外観

初売りセールで4,480円、ポイントも二倍ついて格安!
15,000円ぐらいの予算で考えていたので、要求6については完全クリア!

そのまま買ったクーラーを持って100円ショップへ、
サイズがぴったりのタッパー200円と
フードストッカー(米びつ)400円を選んで購入。
これにバケツを入れてぴったりサイズです!

新クーラー

クーラーの中身

タッパーは蓋をするとクーラーの蓋と干渉するのですが、
蓋の両側をカッターで切ることで解決です。

タッパー加工

釣れた魚はクーラーに直接入れずに、
フードストッカーに収納します。

クーラーの蓋は取り外しが出来て、
蓋のクリップも大型のプラスチックで取り外せて、
丸洗いも容易です。

水抜き用の栓が無いのと、
保冷力がそれほどでは無いのが弱点ですが、
想定している運用では問題ありません。

これで要求2~5も満足しました。

残るは要求1ですが、大物が釣れた時は、
タッパー、バケツ、フードストッカーを
100円ショップのショッピングバッグに移して、
クーラーをフルサイズで使用します。

袋収納

縦が50センチほどで、深さもあるので
折り曲げれば70センチクラスの
ワラサや80センチクラスのスズキが納まります。

クーラーサイズ

ちょっと要求2~4と両立しなくなりますが、
60センチ以上の大物は
毎回釣れる訳ではないのでOKとしました。

いままでは大物用に、
ボート店でもらった長ネギ箱を使いまわしたり、
ストリンガーでつないだりしていましたが、
ネギ箱は大きすぎて邪魔だし、
開け閉めが不便で油断すると底が抜けるという
弱点がありました。
ストリンガーは魚が死んでしまうと
血抜きが出来ないのが難点でした。
それに比べると、大幅な改善です。

新年の電車釣行で試したところ、
フードストッカーにアジ20匹、イシモチ2匹、
氷で問題なく収納出来て、
かなりいい感じでした!

アジ_こめびつ

欠点は横幅があるので、カートに乗せると
自動改札がそのまま通れないのと、
通行の時にすれ違いで気を使う点です。

また、電車内は座席の角なら置き場所がありますが、
それ以外だと幅があってそれなりに
場所を取ってしまうことです。

まあ、60センチ以上の大物が入るクーラーとなれば
仕方が無いですね。

低予算で満足いく買い物が出来ました。
今年も頑張って大物を狙いたいと思います!!!

1/5 大津 ボート釣り

釣果:アジ 20匹 イシモチ2匹

アジ

新年初釣りに、単独電車で出撃しました。
午前中は穏やかで午後から南西風が強まる予報だったので、
早上がりの予定で行きました。

ボート屋の話では、岸近くで結構釣れているとのことでしたが、
まずは冬の定番、沖のワカメ棚の角でスタート。
釣りを始める前に、新年なので日本酒と塩を海に撒いて
今年のボート釣りの安全祈願です。

期待して始めたものの、ビシ仕掛けを二本出しても
まったくアタリが無く、ボートが流されて
仕掛けがロープにひっかかる始末。
30分ほどで早々に見切りを付けて富士山出しへ移動。

魚探の反応はあまりありませんが、前回も同じ感じだったので
とりあえず仕掛けを入れてみました。
しばらくコマセを撒き続けるとようやくアジがヒット。
その後は忘れたころにアタリがあるような状態ですが、
活餌が確保できたので泳がせ仕掛けも投入。
ビシ二本に泳がせ一本の体制でアタリを待ちます。

穏やかな海にのんびりムードで、
ぱっとしない状態のまま昼を過ぎた頃に、
急に底まで落としてちょっと巻いて誘うと
アジがヒットで入れ食い状態になり、
連続で4匹ほど上げました。

しかし、ここからと思ったところで急に西風が強まり、
ボートも動いてアタリが止まり、
このまま風が強まると危険と判断して
岸よりのポイントへ移動。

ボート屋で聞いた岸よりのポイントは、
去年の夏に入れ食いでアジが釣れた、
二つ目の排水溝から数百メートルぐらいの近場の根付近でした。

ここなら、多少の南西風でも戻れそうなので、
餌が無くなるまでやってみるつもりで仕掛けを投入。
その後、まったくアタリが無いまま30分ほど経過。
ダメかなと思っていた時に、ようやく竿に反応が!!!
結構引くので何かと思ったら、アカメフグ。。。

諦めムードが漂った途端に、
もう一本の竿にアタリが出てアジがヒット。

その後ポツポツとアジが釣れ始め、
2時半を過ぎてから急に入れ食い状態。
残りのコマセと餌が無くなった3時まで続けて沖上がり。

岸よりのポイントで10匹以上釣って、イシモチも混ざって、
それなりに満足な結果となりました。

去年の冬場はポイントが定まらずに苦労したので、
大漁ではありませんが、まあまあの新年スタートとなりました。

冬場のアジは、ポイントに限らず沖上がりの前に
急に食い出すことが多い気がするので、
攻略のヒントになるかな思いました。
今回は二本針のオキアミ餌と、ウィーリー仕掛けを
各一本づつ出しましたが、オキアミ餌が好調でした。

置き竿にしていたこともありますが、誘いで釣れる場合と、
底付近で動かさない場合の方が釣れる場合もあるので奥が深いです。
泳がせ仕掛けは完全な不発でした。

今回は、近日リリース予定のandroid用の
ボート釣りGPSアプリのテストと、
新しく買ったクーラーボックスも試すことが出来ました。

android用のボート釣りGPSアプリでは、
午後のポイントを記録しました。

device1.png device2.png

クーラーは不意の大物にも対応可能なサイズで、
普段は魚と収納を併用可能にしました。

新クーラー

この辺については、別の記事で書く予定です。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック