11/27 鴨居 ボート釣り

釣果:シロギス キュウセン

シロギス

今シーズン最後の大津ボート釣りの予定で出撃しました。

前日の予報では朝は北東4、
午後から穏やかになりそうだったのですが、
馬堀海岸から見える海は大荒れの状態で
とても出れる雰囲気はありません。

ポイント大津店でコージを仕入れた後、
しばらく様子を見ましたが、
穏やかになりそうにないことから、
諦めて鴨居に行くことにしました。

風裏の鴨居は比較的穏やかで、
問題無く海に出ることが出来ました。
しかし、港を出るとそこそこ風と波があって、
ボート屋の主人から教わったポイントの
ワカメ棚が特定できないままアンカリングです。
9:30頃の満潮前後の時合いに勝負をかけて、
二本竿のカレイ仕掛けとコージのぶっこみ仕掛けを投入。

ボート下とちょい投げの二本を交互にチェックして
カレイを狙いますが、
餌取りに取られるだけで本命のアタリは無し。
11時近くなって時合いも過ぎたので深場の根周りに移動。
用意してあったコマセを無駄にしない為に
ビシ釣りをしました。
しかし、肝心の根がうまく見つからず、
水深も15メートル程度と浅く期待薄。
ビシ仕掛けは反応が無いのでシロギス釣りをメインにしました。

シロギスは入れ食いとまでいかない程度で
ポツポツと釣れるので結構楽しめました。
結局沖上がりの最後までシロギス釣りをやって終了。

戻ってボート屋の主人に話すと、
カレイを釣るなら動かないでポイントで粘ることと、
潮が速いので仕掛けが浮かないようにハリスは短め、
オモリは重い(15号以上)ものを使用することと言われました。

仕掛けとオモリは問題ありませんでしたが、
朝の時合いにやったポイントが外れていたようです。
この日もカレイは上がっていたらしく、
経験の無い場所で結果を出すことが出来ませんでした。

去年の春に鴨居に行った時よりはボート釣りに慣れたので、
カレイ一枚ぐらいは上げられるだろうと思っていたのですが、
まったくダメでした。
大津以外でもコンスタントに結果を出すには、
まだまだ経験不足ですね。
今回も不完全燃焼の釣行となってしまいました。

てんぷら

スポンサーサイト

11/20 沼津 内浦ボート釣り

釣果:カワハギ 1 小アジ(マルアジ)多数(ほとんどリリース)

カワハギ

週末の大津の予報が雨なのに、
沼津は土曜日も晴れ予報だったことから、
友人と沼津まで遠征することになりました。

前日の昼過ぎに予報が変わって、
神奈川も晴れ予報になったのですが、
北風が強そうなので確実に竿を出せそうな
沼津に出撃。

マダイで有名な木負に7時ごろ到着したところ、
既にボートは出払っており、
一つ手前の内浦のあいそボートに行きました。
内浦は昨年の春にサンマを釣った場所ですが、
ボートは初めてです。

ここは最近、兄がマダイ、ヒラメ、カンパチなどを釣っている
という話を聞いており、穴場のようで期待が高まります。

ボート屋(小屋)には誰もおらず、
看板に書いてある番号に電話すると留守電。。。
諦めかけてもう一回電話すると、
主人が出ていまから行きますとのこと。

一人一艘ずつ4000円を支払い、
ちょっと離れたトイレに行っている間に、
海岸にボートが準備されていました。

主人からポイントや釣り禁止エリア、
いけす係留の注意を聞いた後、
バケツとザルを貸り、道具を積み込んで岸払い。

湾内なので波も無く、ポイントもすぐ近く
岸から2、300メートルほどのいけす回り。
大津の感覚だと、波は漁港内を漕いでいるレベルで、
漁港の出口がポイントのような近さ。
水深は一番遠い生け簀で40メートルほどあり、
ボートにはアンカーが無いので、
いけすから延びるロープに係留して釣り開始。

ビシでアジを釣ってから泳がせ仕掛けを投入して
端物狙い、その後はマダイ狙いの一つテンヤか、
ロングハリスのコマセマダイでマダイ狙いの作戦です。
さらに、ぶっこみ仕掛けも準備しましたが、
沼津でコージ餌を確保出来なかったことから
餌はアオイソに変更。

小アジ(アオアジ)は大量にいるようで、
すぐに活餌は確保出来て泳がせ仕掛けを投入。
ビシは小アジばかりで上から下までタナを変えても
すぐに餌を取られてしまいます。
しばらくしてから、ちょっと岸寄りに移動、
ビシを諦めて一つテンヤで軽くキャストしながら探ります。
コンコンという軽いアタリはあるものの、
合わせてもハリ掛かりしません。
その後タイラバに変更してチャレンジするも
一回だけコツンというアタリがあっただけで空振り。

結果が出ないので、昼過ぎに朝やった場所に戻って
泳がせ仕掛けを投入、すると、
底を取ってちょっと巻いたところでゴンというアタリ!
すこしラインを送って30秒ほど待ち、
ドラグを締めてからゆっくり竿を上げて、
竿先のアタリを確認してから大合わせ。
乗りました!!!

それほどの引きではないですが、
ヒラメの期待でドキドキしながら巻いてくると
見えたのはオキエソ。。。
がっかりしてすぐにリリース、傷ついたハリスは交換です。

その後はロングハリスのコマセマダイ仕掛けを試みましたが、
ボート下に大量に湧いている小アイゴのせいで、
付け餌を付けてから仕掛けを海に入れると
すぐに集まってきて針がかりしてしまい
非常に釣りにくい状況。
さらに小アジの大群が上から下までどこでも食ってきて
ほとんど釣りになりません。
泳がせ仕掛けはいろいろとタナを変えたりしても反応無。

結局、アオイソのぶっこみにチャリコ(リリース)、
ビシ仕掛けで20センチほどのカワハギを1枚上げただけで
16時頃に沖上がり。

初めての場所で狙いや仕掛けを定められなかったのが敗因となり、
夏以来の好調がストップして完敗でした。
大型青物の気配が無かったことも残念です。

ボート屋の主人の話では小アジやカワハギなどの餌取りを
かわせば真鯛は居るはずとのことで、コージが入手できれば
ぶっこみで狙ってみたかったところです。

波も無くて海も綺麗で大津のボートとは別次元の釣りでした。
機会があればまた行ってみたいと思います。

カワハギは釣ってすぐの血抜きがうまくいって、、
取りだした肝は真っ白。
カワハギの肝

酒をまぶしてから湯通しして、
肝合え、肝醤油で最高でした!!!
カワハギ解体

肝合え

カワハギを専門に狙えばよかったかなと思いました。

この日、大津はボート出たらしく、
午後からは比較的風も収まったとのことで判断ミス。
残り少ない大津のマダイチャレンジのチャンスを逃しました。

今回はまともな魚の引きをほとんど味わえなかったので、
近日中に今シーズン最後の大津にチャレンジしたいです。

11/3 大津ボート釣り マダイ&ワラサ(その3)

(その2)へ

欲を出してアジも釣ってやろうとの思いが裏目に出たか、
定番ポイントはアジのあたりはサッパリ。
去年も今頃からアジのパターンが変わって苦労しましたが、
今年も同じ状況の様子。

アジはヒットせず、変わりに45センチのイナダが
2号ハリスのビシ仕掛けにヒット。
最近ビシにヒットした大物をばらしているので、
慎重にやり取りして無事に取り込み成功です。

その後もアジのアタリは無く、状況からアジのパターンは
冬場のパターンになったと判断、
13時に定番ポイントから沖のワカメ棚手前の角付近へ
移動しました。

すると、既に友人がそこでやっていました(笑)
しかし、アジが一匹釣れただけでこちらも渋い様子。

何故か釣れるワカメ棚の角ぎりぎりに
アンカリングが決まってビシ釣り開始。

しばらくして、二本のビシ仕掛けのうち、
ワカメ棚側の竿だけが入れ食い状態。

小型のアオアジと、中型のマアジが次々に釣れました。
釣れたアジはスカリに入れて保存して、
マアジが4匹になった14時に、
小型の青アジを付けて泳がせ仕掛けを投入。

泳がせ仕掛けを準備している間にアジのアタリが遠のき、
アジタイムは終了した様子。
アジ釣りを続けていると、泳がせ仕掛けのドラグが
ジリジリと出ています。
しばらく様子を見ても一気に食い込む様子は無いので、
一発大合わせを入れましたが手ごたえは無し。
アジは無くなっていました。
すぐにもう一匹確保してあった小型のアオアジを付けて投入。
底を取って巻き上げた途端にゴンッというアタリ。
思わず反射的に合わせてしまい空振り。

アジをチェックすると、孫針が外れているだけで
無事だったので再度投入。
アタリの様子からイカが寄ってきているようです。

さすがにもうダメかなと思っていると、
数メートル離れた友人のぶっこみに大物がヒットした様子。

声を掛けながら様子を見ていると、
持っていたビシ竿に強烈な引き。
昼に上げたイナダよりも引いて走るので、
巻いてもすぐに糸を出されて
かなりヤバい状態です。

ワラサの群れが入ってきたかと思ってやり取りしていると、
今度は置き竿の泳がせ仕掛けの竿先が水面に突っ込んで、
ギュンギュンとラインが出ています。

ビシ仕掛けの方はかなり手こずりそうなので、
あきらめて泳がせ仕掛けに持ち替えました。
こちらはフロロの8号ハリスなので、
かなり強引に勝負に出ますが、
結構な引きで簡単には上がってきません。

ビシ仕掛けはラインが全部出てしまい、
竿が水面に引きづりこまれそうなので、
足で押えながら泳がせ仕掛けを巻きます。

気が付くとボートが引っ張られて
友人のボートと1メートルぐらいまで接近。
アンカーロープに絡まないように
引っ張りながらゴリ巻きします。
ようやく水面に見えてきたのはワラサ!!!

しかし、友人の仕掛けと引っ掛かってしまい
タモ入れに苦戦。
ようやく成功してワラサをゲットしました。

友人にヒットした大物はまだ上がって無いので、
慌てて絡んだ仕掛けを間違えないように
慎重にハサミで切って外し
再びファイトを再開してもらいました。

しばらくのファイトの末、
友人にヒットしていたのは大きなサメでした。

ビシ仕掛けの方は、ワカメ棚のロープに
引っ掛かってしまったようで、
仕掛けが切れてしまいました。

最後にワラサが一本上がったことで
大満足で沖上がりとしました。
手漕ぎボートの釣りでも、
ここまで釣れるのかという思いです。

念願のマダイ、今年不調だったワラサが釣れて
出来過ぎの結果でした。

アジは去年と同様に、この時期から
冬場のポイントに移動してきており、
定番ポイントに行けばアジが釣れるという時期は
終わりになりそうです。

今年はマダイのアタリ年で、
深場にはワラサも回遊してきているようなので、
年内あと一回ぐらいは大津のボート釣りに
行きたいと思います。

大満足なサイズのマダイでしたが、
大ダイと呼べるサイズではないので、
まだまだチャレンジしたいと思います。
ワラサはちょっと小さく、ワラサと言うよりイナワラサイズ。
ワラサとマダイ

ビシ釣りで釣ったイナダは45センチぐらいあり、
ビシ釣りで釣った中では最大サイズでした。
上のワラサとイナダの比較↓
ワラサとイナダ

11/3 大津ボート釣り マダイ&ワラサ(その2)

(その1)へ戻る

痛恨のバラシに呆然となりましたが、
気を取り直してマダイはまだいるはずと
再度ハリスをチェックしてからコージを付けて投入。

準備していた一つテンヤにも餌を付けようとすると、
なんと、再度ぶっこみ竿のドラグがなりました!!!

自分に言い聞かせながら落ち着いて竿を持ち、
食い込みを確認して一発大合わせ。
今度もフッキングしたようで、最初の激しい走りを
ドラグの調整でかわしてから、巻き上げ開始。

先ほどばらしたのと同レベルの手応えなので、
祈るような気持ちでリールを巻きます。
何度も突っ込まれて糸が出されながらも
徐々に寄ってきました。

どのくらいの時間かかったのか覚えていませんが、
ようやくリーダーが見えたので、下を覗くと、
水中に白っぽい影が見えました。

リーダーの残りを巻きとると、
水面に浮きあがったのはかなりの大きなマダイ!!!
緊張しながらタモ入れを試みますが、
4メートルのハリスの為、
竿で寄せるのでは、遠くてうまくいきません。

浮きあがっていても、ここで再度突っ込まれたら
どうしようかと思うと、なかなか竿を置いて
ハリスを手繰ることが出来ません。

2回ほどタモ入れに失敗したところで、
意を決して竿を置き、ハリスを手繰って寄せたら、
一発でタモ入れ成功。
ようやくボートの上に乗せたところで緊張から開放されて
一人ボートの上で叫んでしまいました。

チャリコ以外の人生初マダイがこれほどのサイズで釣れてしまうとは、
ボートの上に横たわるマダイを見てテンションMAXです。

マダイ

朝10時前にして、既に今日の釣りは十分満足という気分です。
早速、竹山出しを攻めている友人に電話、
するとこちらに向かっているとのこと。

回遊の時合いなら、まだ可能性はあるので、
傷んだ仕掛けを交換して、再度ぶっこみ仕掛けを投入。
釣れたマダイの血抜きを開始しました。

デカイので、エラを切ってから頭だけバケツに入れて
血抜きです。クーラーに入らないので、
到着した友人の大きめのクーラーに入れてもらいました。

ようやく落ち着いて、次を狙う為にひとつテンヤを開始。
テンヤは反応がありませんが、
再度ぶっこみ仕掛けにアタリが来ました。
しかし、今度は一気に糸が出ていく感じはありません。

急いで一つテンヤの仕掛けを巻きあげましたが、
途中でぶっこみとお祭りしてしまい、
急いで絡みを解いてぶっこみ仕掛けを持つと、
既に反応は無くなっていました。

仕掛けを回収するとペンチで切ったようにハリスが切れており、
犯人はフグと断定。
仕掛けを交換して再度ぶっこみを投入、
一つテンヤを続けますがアタリは無く、テンヤを根がかりでロスト。

マダイの追加はあきらめて仕掛けを再度ビシ釣りにしますが、
まったく反応は無い為、岸よりの定番ポイントでアジ釣ろうと
11時ごろに移動しました。

(その3へ続く)

11/3 大津ボート釣り マダイ&ワラサ(その1)

釣果:マダイ64センチ 3.6キロ、ワラサ 62センチ 2.2キロ
   イナダ 45センチ マアジ 3匹
マダイとワラサ2

週末台風で行けなかったので、
祝日に友人と3人で大津へ出撃。

今回は本命をマダイ一本に設定して、
アジは釣らなくても良いという意気込みで出撃です。

一つテンヤ、タイラバ、アオイソマダイの攻める仕掛けと、
コージのぶっこみという待ちの仕掛けの
ダブルで攻略する作戦です。

(注意)
※「久里浜アシカ島と浦賀水道本船航路1番ブイ(青)を結んだ線より北側沿岸は マダイ専門のコマセ釣りを禁止する。」というローカルルールがあるそうです。

このルールの場合、ビシ釣りでコマセを使いながら、
横にぶっこみ竿を入れてマダイを狙うのは許されるのか???
という疑問がありますが、自分としては
コマセでビシ釣りをする場合には、
なるべくとマダイ狙いのぶっこみは入れないという
自主規制で対応することにしました。

行きがけに湾岸線が事故で通行止め等のトラブルがあり、
予定を1時間半ほど遅れて8時頃大津に到着。
ボートはまだあったので、ポイント大津店でコージを購入後
3人で3艘に分かれて岸払い。

当初は竹山出しの掛けあがりを攻める予定でしたが、
ボート店で前日にマダイ釣れたのは中根付近と聞いて、
急遽目標を変更。
中根付近はワラサも入ってきているとのことで、
さらに気合いが入ります。

北東3の予報でも、この時期の朝にしてはマシなレベルの中を、
ひたすら20分ほどボートを漕いで中根付近に到着。

黄色いブイの手前、観音崎寄りを
ボートを漕ぎながらポイント捜索です。
干潮が8:20頃なのでこれから潮が上げてくる時間帯、

ちょうど沖から岸よりに斜めに流れているので、
一番潮が当たって、根が砂地に向けて急激に落ち込む場所を
15分ほどかけて魚探で探し、
良いと思った場所をGPSでマーキング。

GPSは新規無料、月額負担8円で入手したauのIS01に、
自作のアプリを入れた新兵器です。

GPSログ
※グリッドの間隔は50メートル

一回目のアンカリングは失敗、悩みましたが
マダイはポイントが肝と思い、
再度アンカリングして二回目でようやく良い位置に
ボートを固定することが出来ました。

魚探をチェックすると小魚のような反応も出ています。
潮が動き出す時間帯が勝負なので、
早速仕掛けの準備ですが、
ここでワラサ回遊の情報から欲が出て、
アジの活餌確保の為にビシ仕掛けを準備、
最初に投入しました。

しかし、ビシにはまったく反応無し。
本命を釣らなくては意味が無いので、
反省してビシを置き竿にして、
コージのぶっこみ仕掛けを準備して投入、
さらにビシ仕掛けを本命狙いに変える為、
巻き上げてひとつテンヤの準備を始めました。

すると、置き竿にしたぶっこみ仕掛けから
ドラグが音を立てて凄い勢いでラインが出ています。

はやる気持ちを抑えながら、まずはタモ網を組み立て、
ゆっくりとドラグを締めて思いっきり合わせを入れました。

その途端に激しい突っ込み、
ドラグを調整しながら走らせます。

昨年釣った40センチのクロダイとは比べ物にならないパワー。
サメじゃなければかなりの大物の予感に、
慎重にドラグを調整しながらリールを巻きます。

テンションが緩まないように
ポンピング厳禁で慎重に寄せてくると、
走られて糸が出されていきます。

ハリスはフロロの4号、ワラサほどのパワーとスピードは無いので、
根から離れれば切られることは無い感じです。
引きの様子からサメっぽくないので、
なんとか姿を拝みたいと祈るような気持ちで巻き上げます。
しかし、ようやくあと10メートルぐらいまで来たときに、
何の前触れも無く軽くなりました。。。

痛恨のバラシです。
巻き上げると餌は無くなっていますが、
ハリスには傷一つなく、完全なハリ外れ。
フグやサメの可能性は低く、マダイの可能性が濃厚です。
フッキングが口の外側だったのでしょうか。

(その2)へ続く

10/31 福浦 カゴ釣り

釣果:ゴマサバ 3匹 アオアジ 1匹

福浦大サバ

台風の影響でボート釣りが不可能となった週末。
日曜の午後は天候が回復したので、
友人と福浦のカゴ釣りへ出撃。

13時頃到着すると、既に結構な人。
しかし、良い場所が空いていたので
声を掛けて入れてもらい早速開始。

風がかなり吹いて釣りにくい状況で、
周囲でも釣れている気配は無し。
遠くでサバが上がっているようですが、
あまり良くない感じです。

そんな中、開始30分ぐらいで友人がサバをゲット。
俄然やる気が出ますがこちらには反応なし。

1時間ぐらいして、ようやくウキに反応が出て、
食いあがったような怪しい動き。
ひとまず合わせると手応えがありましたが、
寄せてくる時にバラシ。
すぐに同じポイントに仕掛けを投入すると、
ウキが消しこんでようやくサバが釣れました。

その後は15時頃と16時前に1本ずつ追加してサバは3本。
足元まで寄せてきた所で隣とお祭りでバラしもあったり、
合わせがすっぽ抜けたのもあり、、
まったくアタリが無い訳ではありませんでしたが
渋い状況。
16時過ぎに小アジ(アオアジ)を追加した後、
17時過ぎで終了。

周囲がほとんど釣れていない中の釣果ということで
結果は満足でした。
サバの腹の中にコマセが大量に入っていたことから、、
コマセは食べても付け餌は食べないという状況だったようです。
手返しを良く仕掛けを投入して
なるべくコマセと同調させる時間を長くしたことと、
吹き流し仕掛けでヤマシタの泳ぐビーズの
効果があったのかなと思います。

3本目に釣ったサバは37センチと、
今まで福浦で釣った中で最大サイズ。
いつもより重くて抜き上げに苦労しました。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック