スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/25 福浦 カゴ釣り

釣果:サバ 多数 マルソーダ 多数 アオアジ1匹 小アジ5匹

20100925_1.jpg

今年はスタートから好調の福浦のカゴ釣りへ出撃。
今回はカゴ釣り初めての友人二人が参加して総勢4名。

明け方から行く予定でしたが、
台風の影響で昼過ぎに到着。
空は晴れたものの、海は大荒れで風は強風という状況で
13:00頃にスタート。

さすがにこの状況なので、ポイントはガラガラ、
釣れている様子もありません。
まずはタナを6メートルぐらいにして様子を見ると、
2投目で浮きが消しこむもすっぽ抜け。
3投目はきっちり針掛かりしてサバをゲット。
4投目はサバっぽくない引きで期待すると、
良型のアオアジ。

その後すぐ、後発の2名が合流した直後に
今度はマルソーダがヒット。
好調な出だしで、一休みして釣れた魚の処理と、
初めての友人に仕掛けを作ったりと余裕の状況です。

マルソーダは大きな群れが入っているようで、
投げればヒットという状況です。
14:00頃からは結構人も増えてきて、
サバとマルソーダが4:6ぐらいの入れ食い状態。
友人たちも次々に釣りあげていき、
食べきれない分はリリースです。

ソーダはピンクのバケ、
サバはオキアミの付け餌が良いようです。
処理したソーダの腹の中からは、
シラスや3,4センチのカタクチイワシが
大量に出てきました。

16:00を過ぎるとアタリが減っていき、
タナを下げると小アジがヒット。
夕暮れまで十分に楽しんで終了しました。
大漁でしたが、波が強くて
岸壁の上まで波が被るという状況の為
快適とは言えませんでした。

ソーダは定番のタタキ、サバは持ち帰り5本中1本が
アタリのトロサバだったので刺身。
アオアジはあっさり目のナメロウになりました。

20100925_2.jpg

毎年食べているマルソーダのタタキは、
釣り場でしっかり血抜きして、
血合いをメインに全体を炙ってミディアムレアぐらいにすれば、
脂が乗って非常に美味しいです。
青魚は相性もあるのでお勧めは出来ませんが、
個人的には大好物です。

福浦が好調ですが、そろそろ秋本番、
特大ワラサも狙いたいですね。
スポンサーサイト

緑ウィーリーと水中映像

澄み潮のボート釣りで調子がいい緑ウィリー、
何故緑色???という疑問に対して、
先日の水中映像がヒントになるかなと思い、
ちょっと検証してみました。。

水面直下はこんなですが、
水面

想像している世界とは違い、
水中は驚くほどの緑色の世界。
水中_メバル

水中_メバル2

この状況に仕掛けが入るとどうなるのか、
試しに透明緑のプラスチックを通した写真を撮って
比べてみました。
色比較

結果は、ピンク、オレンジは緑色に消されて目立ちませんが、
緑は色が重なって濃くなります。

ちょっと強引な推測ですが、
上から光が入ってくる水中では、
緑色が良く見えて目立つので、コマセに同調した状態で
これにアクションが付くと、
反射的に食ってくるのではないかと思います。

釣りは経験則が大事ですが、
こうやって理屈を考えるのも楽しみの一つ。

そうなると、緑以外に、青や黒でも良いか???
と思うので、是非試してみようと思います。

9/11 福浦 カゴ釣り

釣果:サバ 多数 小アジ(アオアジ) 7匹

サバ


久しぶりのカゴ釣りです!
友人から、午後福浦へ出撃するとの連絡があり、後から合流、
15時頃釣り場に着いてポイントに入れてもらいました。
ピーク時期は大混雑の福浦も、比較的人は少なめです。

友人はちょっと前にサバを一匹上げたところで、
岸壁全体でもポツポツとサバが釣れている様子。
久しぶりなので、感覚を確かめながら仕掛けを投げます。

すると2投目でウキが入り、サバをゲット。
その後は投げればウキが入る入れ食い状態!
すぐに釣れ過ぎ状態になったので、
釣れたサバの処理をしたり、
水を汲んだりしてのんびり釣りをして、
釣果を増やさないようにしました。

それでも投げれば釣れる入れ食い状態なので、
さすがにリリースを開始しました。
すると、サバを引き取ってもらえる人が現れたので、
それなら沢山釣ろうと思ったのですが、
16時を過ぎるとアタリが減ってきました。

その後は小アジ(アオアジ)のアタリは出ても、
サバのアタリは遠のいてしまい、
数匹を追加して18時半ごろに終了。

久しぶりのカゴ釣りでしたが、
午後からちょっと出かけてこの釣果なら大満足です。
二人分の釣果ですが、引き取ってもらったり、
リリースも含めると二人で20以上は釣ったと思います。
岸壁全体では入れ食いという感じは無かったので、
相変わらずヤマシタの仕掛けが好調のようです。

今年はボート釣り続きでしたが、
陸からのんびりウキを眺めて釣りをするのは
気分がいいですね。
この時期のゴマサバは脂が乗っていて最高です!!!

サバの刺身


※サバはヒスタミン中毒と共に、
 加熱調理以外ではアニサキスに十分に注意が必要です。
 必ず釣ったらすぐにワタを出し、
 調理の際にも確認して自己責任で食べてください。

9/4 大津 ボート釣り

イナダ2匹(54cm) アジ 約15匹 サバ4匹(半分程度リリース)

イナワラ
釣果

そろそろ青物シーズン本格突入のはずと、
大津のボート釣りへ出撃。

アジは最近十分釣っているので、泳がせの大物狙いがメインです。
友人と3人で2艘に分かれて出撃、定番ポイントで開始です。
魚探にいい感じの反応が出ており、アンカリングして
ビシ仕掛けを落として棚を取ると
数秒でアタリがあってアジをゲット。

その後は、アジの活性はそれほど高くないようで、
置き竿ではほとんど反応が無く、
コマセと同調させて誘うと食ってくるという状況。
それでも順調に釣れて、1時間も経たずに
10匹を超えたのでアジは十分と判断、
本命の泳がせ仕掛けを出します。

その後は、泳がせ仕掛けの予備用のアジを釣っておくために、
ビシ釣りも続けましたが、徐々にアジのアタリが
少なくなってきました。
そこで、9時ぐらいになって、今回の秘密兵器、
水中カメラの準備にとりかかりました。

以前、海水浴の時に水中撮影が出来る
カメラが欲しいと購入した、
安売りのデジカメと簡易防水パックに錘を付け、
沈めて底の様子を撮影しようという試みです。
水中デジカメ


防水パックの仕様は水深10メートルなので、
定番ポイント23メートルに耐えられるかをテストするために、
カメラでは無く紙を入れて沈めてみます。
底まで沈めて巻き上げようと思った時に、
泳がせ仕掛けのドラグが鳴りました。

急いで防水パックを巻きあげ、
泳がせ仕掛けに持ち替えて戦闘開始です。
ブリクラスのワラサに対応出来る仕掛けなので、
余裕のやり取りで上がってきたのはイナダ(イナワラサイズ)。
イナワラ2

このサイズでも20センチ以上のアジを丸呑みでした。
大きくてクーラーに入らないので、
血抜きした後に保冷袋に氷と一緒に放り込み、
仕掛けを交換して予備のアジを付け、
泳がせ仕掛けを再投入。

その後、防水パックのテストがOKだったので、
実際にデジカメを入れて
水中の様子を撮影したのがこれです
ボート下の水中映像

魚探の底質判定は岩礁帯で、
底付近に細かい魚影が見える状況で、
実際の映像を見てみると、その通りでした!!!
しかし、アジだと思っていた反応は映像だとメバル。
底付近は予想より明るく、プランクトンの影響か
かなり緑色に見えることが分かりました。
この辺は緑色のウィーリーと何か関係がありそうな気がします。

しばらく水中カメラの撮影をやっていると、
アジの時合いはすっかり去って、
サバが釣れ始めました。比較的良い型で太っているので、
良さそうなものをキープしながらサバを釣って遊びます、
すると11時過ぎに泳がせ仕掛けのドラグが鳴り、
一匹目と同サイズのイナダをゲット。

昼になると日差しも強烈になって風も無くなり、
暑さが危険なレベルになったので
13時に沖上がり、サイズはワラサに届きませんでしたが、
泳がせ釣りに久しぶりに結果が出たので満足でした。
ボート屋の話ではこの日アジは絶不調だったらしいですが、
朝の時合いに真面目にアジを釣ればかなりの量になっていたと思うので、
改めて定番ポイントとウィーリー仕掛けの威力を思い知りました。

また、水中カメラが面白いので、
今後もドンドン撮影してみようと思います。
水中でのカメラのバランスとか、改良の余地もありますね。

今回釣ったサバは脂ののりが良く、当日夜の刺身が最高でした。
これから回遊魚も季節も本番になるので、今から楽しみです。
刺身
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。