スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/29 大津 ボート釣り

釣果:マアジ 約20匹 イシモチ

マダイ狙いの一つテンヤを準備して、
0.8号のPEラインで底が取れるかのテストに大津のボート釣りに出撃。

朝の時合いにアジを狙ってそこそこ釣れたので
ひとつテンヤを試したみたところ、5号でも十分に着底が分かりました。
しかし、残念ながら本命のアタリはありませんでした。

アジのビシ釣り以外の釣法には、まだまだ研究の余地がありそうです。
沖上がり少し前にビシ釣りで大型のイシモチが釣れましたが、
やけに赤みが強くて上がってきたときに一瞬タイかと思ってしまいました。

0529.jpg
スポンサーサイト

5/15 大津 ボート釣り

釣果:マアジ 約10匹

アジ7匹

前回の惨敗に懲りず、友人と大津へ出撃
朝は結構な波で沖に出るのが大変な状況です。

ボート屋の情報では、アジは浅場に入っているとのことなので、
比較的近場で去年の定番ポイントの
竹山出し手前付近にアンカリングしました。

久しぶりに朝から調子よくアジがヒットして入れ食い。
早速泳がせ仕掛けを投入しましたが、
一時間ぐらいでアジのアタリが遠のき、
その後まったくアタリが無くなりました。

そのまま粘っていると、泳がせ釣りの仕掛けが
友人のビシ仕掛けと絡まったようで、仕掛けを上げました。
すると、上がってきた仕掛けにゴミのようなものが付いています。

すぐにイカだと気がついて、慌てて網ですくおうとしたのですが、
残念ながら逃げられてしまいました。

まったくアタリがなくなったので、場所移動を決断。
アジは朝夕の回遊時間は近場の根周りに寄ってきて、
昼は少し沖にいるのではと予想。
波も収まったので冬の定番ポイントである、
沖の中根付近を目指します。

すでに何艘かボートが集まっており、アンカリングした横のボートの人が、
ここは釣れているからいいよと教えてくれました。
ボートだけでなく、すぐ近く20メートルぐらい横には
遊漁船も出ていてびっくりです。

早速開始すると、友人に幸先良くヒット。
25センチクラスの良い型のアジです。
入れ食いとはいきませんが、楽しいレベルでアタリがあり、
小型が釣れた時のアジで泳がせ釣り仕掛けも投入。

しかし、泳がせ釣り仕掛けは、すぐにアジがイカに食べられてしまいます。
結局、この日はイカに4回ほどアジを齧られて泳がせ釣りは惨敗です。

齧られアジ

昼を回るとアタリも遠のいたため、2時前に沖上がりとしました。

今回驚いたのは友人が泳がせ釣りで釣った1mの巨大アナゴ。
太さが腕ぐらいある化け物です。

一緒に写っている普通のアナゴやアジと比べると
大きさが分かると思います。
ちなみに隣のボートでも同クラスのアナゴが上がっていました。

巨大アナゴと普通

白の斑点が側線に沿って入っており、色もマアナゴに見えますが、
クロアナゴなのか、ダイナンアナゴなのか、
巨大マアナゴなのか謎です。

巨大アナゴ

友人が煮アナゴにして食べたところ、小骨も無く美味しかったそうで、
そうなるとマアナゴの可能性も否定できません。
調べてみると、マアナゴもメスは最大で1mになるそうで驚きました。

巨大マアナゴの捕獲記録

東京湾の巨大アナゴの正体

巨大アナゴ出現

活きアジの泳がせ釣りに巨大アナゴがヒットするとは
大津のボートは何が起こるかわからないものです。

5/5 大津 ボート釣り

釣果:マアジ 3匹

アジ2匹

連休の最終日に、午前中のみの勝負で、兄と大津へ出撃しました。
風も無く暖かく穏やかな中岸払い。
驚くほど波が穏やかでボートが進みます。

先週と変わって、沖のワカメ棚が全て無くなってポイント選定が難しくなりましたが、
山立てで先週の入れ食いポイントにアンカリング。
しかし、小型のウミタナゴとメバルの反応はあるものの、アジはサッパリです。

潮が澄み過ぎているのと、カタクチイワシの大群にスズキの群れが着いてしまい、
アジがあまり餌を食わなくなっているのか、魚探にアジっぽい反応があっても、
ほとんどアタリがありません。
誘いをかけると、たまにアタリがありますが、かなり渋い状況です。

ポイントを何度か移動するも、周りでもそれほど釣れている気配はありません。
結局、釣れたのはアジが3匹と厳しい釣果。

そのうち一匹は小型だったので、泳がせ釣り仕掛けを投入している兄に渡しました。
すると昼前に泳がせ仕掛けに85センチのスズキがヒット。
その釣果が起死回生となりましたが、それ以外は目立った釣果も無く、
昼過ぎに沖上がりとなりました。

同じポイントでも、一週間違うとこうも違う結果とは、
コンスタントに結果を出すのが難しいことを実感しました。

ワカメ棚も無くなり、水温も上がってくれば、
浅場の根周りに入ってくるのではないかと思いますが、
まだ群れが安定していないようです。
そう簡単に思い通りにならないところが、釣りの面白いところですね。

5/2 伊勢町 ボート釣り

マコガレイ 38センチ1匹
シロギス 30匹

マコガレイ

シロギス

前回のボートでアジは十分に釣ったので、
カレイ狙いで友人と出撃しました。

午後1時過ぎぐらいが下げ止まりなので、
昼ごろから本気を出すつもりでちょっとゆっくり出発、

コンビニで買い物したりして、
結局岸払いは8時過ぎになりました。

事前に本で調べた情報と、ボート店で聞いた情報から
黒部根手前の根周りの砂地を狙い場所としてボートを漕ぎます。
なんとかポイントに着いて、さあ始めようと思った時に、
餌を入れたバケツが見当たりません。

どうやら駐車場に忘れてきたようで、岸まで取りに戻り、
結局仕掛けを出したのは九時近くになりました。
しかし、カレイの時合いには時間があるので、
まずはシロギス狙いです。

続きを読む »

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。