10/24 大津 ボート釣り

大津 ボート釣り
釣果:スズキ 1匹(78cm 3kg)、マアジ(多数)、カサゴ1匹、ワカシ 1匹、
(ワラサ 1匹 62cm 2.8kg 友人の釣果)

釣果全部

人間は欲深いもので、一度大物を釣ってしまうと、それが忘れられなくなってしまうのか、すっかりカゴ釣りのイナダでは満足できなくなってしまい、友人を誘ってまたもや大津のボート釣りへ一発大物狙いで出撃です。

前日の予報では北東風2m程度なのでなんとか大丈夫だろうと思って出発、6時過ぎに馬堀海岸ICを下りて海を見ると、結構な波で少し白波っぽくなっているところもあります。街路樹も結構揺れており、これは無理かなと思える様子。ダメなら北風に強い鴨居も考えましたが、なんとかOKとのことなので、予定通り朝7時に大津から出撃です。

いつもは波がほとんど無い大津港内ですが、今回は普段の外海のような波があり、港の出口はちょっと恐怖を感じる程の波でした。友人に漕いでもらっていたので、ボートが横波を受けないように波の様子を監視しつつ、定番の竹山出しの岸よりを目指しました。
ボディーボードが出来そうなほどの波でボートは進まず、いつもの倍ぐらい時間がかかったような気がしますが、なんとか山立てを頼りにポイント付近に到着。魚探で水深と底質を確認しながらアンカリングです。

アンカーロープを目一杯出して固定の為、完璧な場所とはいきませんでしたが、状況を考えると仕方ないので始めることにしました。アジ仕掛けのビシにコマセを詰めては投入の3回目ぐらいで、ようやくアタリが出始め、友人がアジをゲット。その直後にこちらにもアタリがあり、良型のカサゴとアジをダブルでゲットしました。

ボートの揺れは凄いものの、アジの反応は良いようで、そこからは入れ食い状態です。アジを数匹釣った後に、一番小さいのを選んで、本命の泳がせ釣り仕掛けを投入しました。

続きを読む »

スポンサーサイト

釣った魚で干物を作る

釣れすぎた魚の保存方として、美味しくて長期保存が出来る干物の作り方を紹介します。

干物

作りかたは簡単でこんな感じです。

1.開いて洗って水気を取った後、海水より濃いぐらいの塩水に数時間漬ける。
2.漬けた魚を塩水から取り出し、キッチンペーパーなどで水気を取った後に干す。

干すのは干しかごで干す方法が一般的で安上がりですが



あまり空気の綺麗なところに住んでない場合には、
ピチットシートがお勧めです。



ピチットシートは浸透圧で魚の旨みを残したまま、余計な水分を抜き取ってくれる便利なシート。
そのまま魚を包んで冷蔵庫で一日置けば、干物の出来上がり!

サバ干物1 サバ干物2

続きを読む »

10/12 大津 ボート釣り 巨大ワラサゲット

釣果: ワラサ 78cm 5.9kg  マアジ(二人分):約30匹

ワラサ

カゴ釣りの時期になりましたが、7月末に雨と雷で断念したボート釣りのリベンジに行きたいと兄から要望があった為、大津のボート釣りに出撃です。
前日に5キロオーバーのワラサが上がっているようなので、今回も一発大物狙いを視野に入れて釣行です。先日のカゴ釣りで丁度タモが壊れたので、大物用に前日に60センチのタモ枠も購入。さらに前夜に急遽ラインシステムも組んで少しでも大物に耐えられるように備えました。

3連休最終日なのに7時ちょっと前と遅めの到着になってしまいましたが、ギリギリ最後の一艘前で間に合ってセーフ。手続きをして出船前にアジのポイントを聞くとプール前、竹山出し付近が良いとのことでいつもの定番ポイントへ向かいます。ワラサのポイントも聞いたら、狙って釣れるもんでもないから運だよと言われたので、アジが集まるところにはワラサも寄ってくるだろうという作戦で行くことにしました。前回の反省を活かして、まず真剣にアジを釣ることに重点を置きました。

竹山出し手前の定番ポイントに到着後、魚探をチェックしても魚の反応はありませんが、まずはいつもの潮の当たりがいい岩場の急な駆け上がりにアンカリングしました。ここでコマセでアジを寄せる作戦に出ました。するとすぐにアタリが出始め、アジの入れ食い開始です。こうなるとアジ釣りが楽しくて、しばらくはアジ釣りに熱中、活き餌用に小さいアジを選びながらアジを釣り続けました。
9時ごろにアジの反応がちょっと落ち着いたので、ポンプ付きバケツで活かしておいたアジをセットして本命泳がせ仕掛けを投入です。本命とは言っても、セットしたらドラグを緩めて置き竿です。

そのうちにアジのアタリが遠のいてきたので、魚探をチェックすると水深が最初より2メートルぐらい浅くなってちょっと流されていることが判明。長めに出したアンカーロープをちょっと引っ張ると10メートルぐらい動き、元の水深に戻るとまたすぐにアジがヒットしました。
ポイントはかなりシビアなようで、少し外れるとアタリが出ません。アジも入れ食いとは言っても、誘ったり合わせたりしないとバラシが多く、ちょっと食い込みが悪い感じです。

とは言っても結構アジも釣れて余裕が出てきて、先日釣って作ったサバの切り身でも釣れるか試していたら、いきなり竿先がのされて引き込まれました。とりあえずドラグを緩めて無理せずに少しずつ巻いていきます。根がかりのような引きですが、引っ張ると少しずつ上がってくるし、たまに引き込むので得意のサメかと思いましたが、ひょっとして黒鯛かとも思って慎重にやり取りです。シロギス用のロッドに2号ハリスなので無理も出来ず、ゆっくり引っ張っては巻きを繰り返すものの、すぐにドラグが回転してラインが出てしまい、一向に上がってきません。

続きを読む »

10/3 福浦 カゴ釣り

釣果:サバ大漁 ワカシ1匹 マルソウダ 1匹  
 
先週のリベンジで福浦へ。
朝から天気が悪く、午後から良くなる予報でしたが昼になっても雨がパラついている状態。こんな日なら逆に空いているだろうと、先週黒鯛を釣った友人と午後から出撃しました。
午後2時半過ぎに到着すると、結構人は居ますが、比較的良いポイントにすんなり入れました。
かなりの強風と波、雨も少し降っていて、あまりいい条件ではありません。風で流されて投げにくいし、波が凄くて浮きも見辛い状態。

しかし、一投目でいきなり友人がサバをゲット。その後すぐ、ウキに食いあがるような反応があったので、合わせてみると結構な引き。あまり横に走らないのでちょっと期待すると今年初のワカシでした。
ちょっとイナダには届かないサイズでしたが、久しぶりにカゴ釣りらしい釣果です。
その次にもすぐアタリがあり、今度も良い引き味でマルソーダが釣れました。

その後はサバラッシュが始まり、1、2投に一匹ペースぐらいでアタリが出始めて久しぶりに楽しいカゴ釣りになってきました。友人にはイナダとアジも釣れて青物揃い踏みになりました。満潮の潮止まりの夕方4時半頃までアタリが続きましたがその後はパッタリ。
日暮れ前のアジは無反応で5時半頃に終了。サバは型のいいものを選んで持ち帰り、実釣時間二時間半で満足行く結果となりました。

2009初イナダ

サバズ

不振だった今年のカゴ釣りでしたが、ようやく結果が出て満足です。これからしばらく好調が続いて欲しいです。
一般的に食味不評のワカシはナメロウにしてみたら、クセが無く甘みもあって旨かったのでお勧めです。マルソウダはサクにした状態から多めに血合いを取って火であぶり、氷水でシメた後にポン酢にニンニク、生姜を入れたタレで薬味と合わせてタタキ風にしたら、脂がのっていてかなり旨かったです。ヒラでなかったのですが、マルもしっかり血抜きして持ち帰れば十分に食べられますね。

刺身達

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック