8/22 大津 ボート釣り

釣果(二人分):アジ 50匹 ヤマトカマス 2匹 カサゴ 2匹

カゴ釣りはサバもソーダもイマイチなので、すっかり定番の大津のボートに出撃です。
ボートの上は立ち上がることも出来ない状態で狭いのですが、
誰にも邪魔されずに自由に竿が出せるボート釣りの魅力にすっかりハマッてしまいました。

早朝なんとか駐車スペースを確保して6時ごろボート店に着くと、既にかなりの混雑。
予報では南西風が午後から8メートルぐらい、さらに太平洋上の熱帯低気圧からのうねりもありそうで、ボートが出るか心配して行ったのですが、海はものすごく穏やかでビックリです。
大津は北風が吹くと波が立ちますが、南西風には風裏になるので強いです。ただ、南西風が強くなると岸に帰るのが大変になるので、ボート店から沖に出ないように注意がありました。

まずは前回好調の港出てすぐのポイントで開始。しかし、まったくアタリがありません。
潮はかなり澄んでいて動きも早く、今日は苦戦かなという雰囲気です。

まったくアタリがないので場所を移動、一つ目の排水溝沖のポイントで、砂地から岩場へ急なかけ上がりになっている所を見つけてアンカリング。潮が早いので潮があたるところにアジが回遊してくるとの予想です。
これが大正解でしばらくコマセを撒いているとアタリが出始め、アジの入れ食い状態突入。ただ、潮が澄んでいるためか食い込みが浅く、誘いをかけたりしないとなかなか食わなかったりで、なかなか楽しませてくれる展開でした。
アジに混じってゲストで良型のヤマトカマスも釣れました。残念ながらアカカマスではなかったものの、最近釣っているはアジばかりなので嬉しい外道です。

1時間ぐらい釣っていると風向きでボートの位置が変わり、アタリが遠のいたので再度20メートルほど移動してアンカリング。するとまた入れ食いスタート、その後1時間ぐらいで朝の時合いが終了したのかアタリが遠いたため、10時ぐらいに移動を決断。

移動先はちょっと沖になりますが、今回はあまり浅いところはアジが回遊しておらず、風と波の様子から大丈夫と判断して竹山出しへ。6月に爆釣したポイント付近へ撮影した山立てを頼りに移動、さらに魚探で水深が一気に変わる部分を探してアンカリング。
しかしアタリがなかったので、魚探で水深と底質を確認しながら再度2、30メートル離れたところへ慎重にアンカリング。すると仕掛けを落とすとすぐにアタリがあり、カサゴが釣れました。
少しするとコマセが効いてきたのかアジが釣れ始め、ここからまた入れ食いタイム。
その後はほぼ入れ食い状態が続き、2時ぐらいにアタリが遠のいたため、港すぐ近くへ移動、そこでちょっと竿を出しながら道具を片付けて3時過ぎに沖上がりとしました。

外道でサバなどが来ることもなく、メバルも掛からずにひたすらアジが釣れ続けた一日でした。
今回もポイント選定がうまくいって結果が出せ、楽しい一日となりました。
大津のアジ釣りは、魚探のお陰でコンスタントに結果が出せるようになりました。

アジ50

アジは前回と比べると少し小振りですが、友人を呼んで刺身、なめろう、アジの押し寿司などで食べ、
さらに土産で持って帰ってもらい。それでも余った分はカマスと一緒に干物にしました。
最近アジは十分釣っているので、次回はボート釣りでも、一発大物狙いなどやってみたいところです。

干物

スポンサーサイト

8/14 福浦 カゴ釣り

釣果:アジ 8匹

横須賀惨敗のリベンジの為、福浦へ。
前日の帰りに、夕方アジの回遊の様子もチェックしていたので、夕方狙いに絞って15時ごろ到着。
アジのベストポイントが空いていたので早速始めると、3投目ぐらいでウキが怪しい反応。上げてみると、3本針りに10センチぐらいのヒイラギが3匹付いてました。

どうやら浮き下はアジ狙いの底付近で問題ないようなので、そのまま続けると、今度はもう少しマシなアタリがあり、18センチぐらいの小アジが釣れました。
さらに30分後ぐらいに、今度はいい感じの消しこみでウキが入り、20センチ越えのアジと、最初に釣ったぐらいのアジを1荷でゲット。
ここのアジは夕方日没前30分が勝負なのですが、早い時間に結構アタリがあり気合が入ります。
しかし、その後はまったくアタリがありません、
 
しばらくアタリがありませんでしたが、日没前1時間ぐらいになると予定通りの時合い到来で、ウキが消しこみました。しかし、うまく針がかりしないのか、口切れでばれているのか、空振りが続きます。
そこで、ゆっくり待って食い込ませてから上げると、ようやく20センチぐらいのアジが釣れました。
その後、空振りはあるものの短時間勝負で夕方の時合いに5匹釣って合計8匹。前半にコマセを使いすぎてコマセもなくなったので、まだ釣れそうでしたが日没前に終了。
夕方アジ狙いの目的が達成できて、前日のリベンジを果たし満足な結果となりました。

福浦アジ


久しぶりの福浦は、ゴミ箱が撤去されたところがゴミの山となっており、地面にもヒトデの死骸が散乱して酷い状態でした。
良い釣り場なだけに、ゴミ問題で正式に釣り禁止とならないよう、最低限持ってきたゴミぐらいは持ち帰ってもらいたいものです。
 

8/13 海辺釣り公園 カゴ釣り

釣果:小サバ 1匹

そろそろ青物時期到来では!と、海辺釣り公園へ。
朝7時に到着すると、結構な混雑で少し間が空いている所に挨拶して入れてもらいました。
仕掛けを作りながら様子を見ると、周りはまったく釣れていない雰囲気です。
その後はアタリが無いまま日が上がって容赦ない日差しの灼熱地獄になり、スポーツドリンクを2.5リットルも飲んで、ペットボトルの氷水をかぶりながら頑張るも、ウキに反応があったのは小サバ(25センチぐらい)一匹のみ。疲れ果てて15時に撤収となりました。
結局釣れない昼間の暑い時間に、無駄な体力を使っただけとなりました。

早朝は多少サバの回遊があったようですが、全体的に型も小さくまだまだといった感じでした。
ただ、40センチぐらいのマルソーダが2,3本上がっていたので、少しは回遊魚シーズンになってきたというところでしょうか。

8/1 大津 ボート釣り

前回ボート初挑戦で黒鯛を釣った友人から再度行きたいとのリクエストがあり、なんと一週間に3度目の大津ボート釣りです。完全に陸釣り日記ではなくなってしまいました。

この日は天気も風もいい感じの条件でしたが、北風の為か、波が結構ある中のスタートとなりました。
今回も岸寄りが調子良さそうだったので、朝一は岸よりで開始。早速入れ食いとなりますが、ちょっと経ってアタリが遠のいた為、久しぶりに竹山出しへ移動することに。

すると、高波の揺れで今回酔い止めを飲まずにチャレンジした友人が船酔いでダウン。
親切な近くのボートの方が酔い止めを分けてくださったのですが、船酔いは一度酔ってしまうと回復するのは難しいので、一度岸に戻りました。

友人には回復したら携帯に連絡して欲しいと伝えて、すぐ戻れるよう最近好調の近場のポイントでやることにしました。
するとこれが正解で、怒涛の入れ食いが開始です。
休む暇無くあたりが続き、1時間で20尾近く上げました。

入れ食いを楽しんでいると友人から連絡があり、船酔いが回復したとのことなので、一度岸に戻って再度同じポイントで始めました。しかし、残念ながら既に入れ食いタイムは終了の様子で、たまにカサゴが釣れるものの、アジは一向に回ってきませんでした。

そんな中でも、友人は30センチ近い巨大カサゴを釣り上げて釣り運の強さを発揮です。
終了間際にようやくアジが掛かって、これで最後かと思っていると、置き竿のもう一本の竿が激しく曲がって海に引き込まれそうになっていました。
あわてて竿を手に取ると強烈な引きで引き込まれ、その途端にハリス切れ。ドラグの調整ミスが悔やまれます。

以前にサメがかかったときのような引き込みの雰囲気もありますが、前回の黒鯛のことがあるので正体が確かめられなかったことが悔やまれます。
最後に失敗したものの、さすがに一週間に3度も来ているだけあって、アジについてはポイント選定がうまくいって満足な釣果を得ることが出来ました。

アジは二人で分けたので、釣ったのは20以上でした。
オオアジ3

カサゴの大きいのは友人の釣果です。
カサゴ

Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック