スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊東港 カゴ釣り

6/27 釣果:小サバ

天気が良く、伊豆のドライブのついでに伊東港の白灯堤防に寄って夕方3時間ほどカゴ釣り。
サバの回遊ありとの情報でしたが、小サバと豆アジのみで終了。
周りでも大型の回遊魚はまったく上がっていませんでした。

白灯堤防は外側に電線がある為に遠投カゴ釣りはちょっとやりににく、地元師はジギングがほとんどでした。釣り場の雰囲気はとても良く、気分良く竿を出すことが出来ましたが、釣果は振るいませんでした。釣れた小サバは持ち帰って南蛮漬けにしました。


サバ 南蛮漬け

スポンサーサイト

大津 ボート釣り

6/14
釣果:アジ 39匹  メバル6匹(20センチ以下は多数、全てリリース)

魚探(HONDEX(ホンデックス) HE-51C)を活用すべく今回もボート釣りです。陸釣り日記ではなくなっていますね。
今回はアジ狙い専門にして、ビシ釣りの竿を2本用意。餌もアオイソを買わずにオキアミのみで挑みました。

いつもと同じ大津港からボートで出ると、午前中北風の為か、予報よりも波がありボートは揺れまくりです。
前回調子の良かった岸寄りのポイントを探してみるも、どうも特定できません。
一度根っぽい場所を見つけてアンカリングしたものの、いい位置に決まらなかったので竿を出さずに移動、岸近くを諦めて有名な竹山出しを目指しました。
 
おおよその山立てで目指す付近に着いたものの、周辺での魚探の底質判定は0(砂地)なので、しばらく付近を漕いで回ると、広範囲で岩っぽい場所を見つけたので、ボートの流れる向きを考えてアンカリング。しかし、これが決まらず流された先は砂地っぽい場所。。。
再度やり直すのは面倒ですが、ここまで来て妥協することはないと再度アンカリングすることに。

これが大正解!うまく固定された場所の底質は程よいレベル。水深は22メートルぐらいで特に底付近に魚っぽい反応はありませんが、とりあえずコマセで寄せる作戦で竿を出してみます。
2本目の竿を出してちょっとすると、1本目に出した竿に反応が出ているので、上げてみると凄い引き!
大物期待で上げると23センチぐらいの良型メバルが二匹付いていました。
幸先良くメバルが上がったので、前回同様この場所はいいかなと思っていると、すぐにアタリがありアジが釣れました。
その後は2本竿を使う必要が無い程度にアタリがあり、釣れ続きます。朝の時合いを過ぎても結構アタリがあり、30分ぐらいの入れ食いタイムを何度かはさんで釣れ続きました。
結局、場所移動なしでコマセが無くなった2時に沖上がりとなりました。

クーラー アジ3 メバル


今回分かったことは、食いが少し悪くなった時に、ビシ釣りでは置き竿だと圧倒的にアタリが少なく、こまめにコマセを入れてはしゃくって誘いをかけるとヒット率が格段に上がることです。
誘った方が良いのは当たり前のことなのですが、今回2本出して差が歴然だったので驚きました。
入れ食い状態の時はそれほど差はありませんでしたが、食いが落ちた時は置き竿にした2本目の竿にはほとんどヒットせず、手持ちで誘いをかけていた1本目にほとんどヒットしました。
特にメバルは圧倒的に誘った方がアタリがあり、仕掛けをフォールさせるところで食ってくるパターンが多かったです。この辺は今後数を重ねて条件によっての攻略法を確立したいところです。

ようやく念願のアジ大漁という結果を出せて大満足です。
食べきれずに半分以上配ることになりましたが、アジは刺身、なめろう、押し寿司にして、メバルは刺身、煮付けで食べました。

アジ刺身 アジ寿司


魚探効果で釣果も順調で楽しすぎるので、カゴ釣りで回遊魚が本格的に狙える時期まではボート釣りが続きそうです。


HONDEX(ホンデックス) HE-51C

釣行記をまとめて更新

しばらく更新していなかった3月頃からの釣行記をまとめて更新しました。回遊魚の居ない時期のカゴ釣りはパッとしないので、ボート釣りが多いです。

横須賀海辺つり公園 サビキ カゴ釣り

6/6
釣果 カタクチイワシ 80匹ぐらい コノシロ1匹 シロギス1匹

午前中雨予報の為、午後から海辺釣り公園へ。アンチョビの仕込みの為、カタクチイワシを釣りに行ったところ、夕方サビキで入れ食いでした。

イワシ1

久しぶりにサビキに6連で釣れたりして、結果は満足。始めからカタクチイワシ狙いで行くと、釣果がカタクチイワシでも満足するので不思議なものです。サッカーw-cup予選(出場決定!)を見た後、夜中1時からアンチョビの仕込み開始して終わったのは明け方4時。疲れましたが今後の熟成が楽しみです。

イワシ2

イワシ3

コノシロはちょっと皮に臭みがあったのですが、酢〆にしてしっかり皮を引いて食べたところ意外といけました。

大津 ボート釣り

6/2
釣果:アジ8匹 メバル約10匹 シロギス13匹

念願の魚探(HONDEX(ホンデックス) HE-51C)を購入したので、早速ボート釣りへ出撃。

早朝は岸近くの浅場を魚探を頼りに吟味してアンカリング。この場所が正解でしばらくメバルが入れ食い、そこにアジが混じり初めて最高の状態へ突入。その後、メバルのアタリが止まると今度は良型のシロギスが釣れ始めました。しかし風向きが変わってボートの位置が変わるとアタリが遠のき始め、10時頃に場所移動した後は不調、さらに岸からの風が強くなり、沖のアジ狙いのポイントまで出れず、最初のポイント以降はシロギスを数匹追加したのみで終了となりました。
 
魚探があるだけで釣っている場所の水深、底質が分かり、水中を想像しながらポイントを選定することができるので、ボート釣りの楽しさが倍増しました。ある程度釣りに使うなら、安い簡易魚探ではなく、間違いなくこちらがお勧めです。実売は3万円程度でポケット魚探アルファの6~7千円と比べれば高いですが、性能的には天と地ほどの差があると感じました。後日もう少し詳しいレビューを書きたいと思います。バッテリーと振動子、取り付け金具が付いているので、購入すればそのまま使用できます。


HONDEX(ホンデックス) HE-51C
 
アジは脂ののりが非常に良くて大変美味でした。シロギスは型が良く、刺身と昆布締め。メバルは刺身と煮付け。メバルの小型は針を呑まれたもの以外は全てリリース。久しぶりに満足行く釣果となりました。

アジ

シロギス

メバル



Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。