イナダ不発でサバとヒラソーダ

ちょっと忙しくて更新できませんでしたが、先週末の釣行記です。

土曜の夜中から、ワラササイズを求めて三崎方面へ行ってきました。
某釣具店の掲示板にも情報が載ったので、混雑を恐れて2時半頃にはポイントへ。
予想に反して案外すんなり場所が確保することができ、イワシの群れが入ってくるのを待ちましたが、3時になっても水面は静かなまま。結局明け方までナブラは立たず朝8時ごろまで粘って撤収。全体的にもほとんど上がっていませんでした。
前日までは結構良かったとのことで、何かが変わったのか、運悪く潮がダメだったのか原因は不明です。明け方に一度、中層で強烈なアタリがありましたが、ドラグをしめてここからという時にバラシ。それほど負荷がかかった訳ではないのにバレたので、フックが外れたのだと思ったんですが、原因はアシストフックが折れていました。思わぬ失態に後悔です。前の週に使ったフックを使いまわしたのが敗因でした。

朝までやって何も釣れなかったのでやりきれない気分になり、友人から前日にアジとサバが好調という情報を得ていた福浦に寄ってみました。餌は前に余った半分パックのオキアミと、開封した後に輪ゴムで巻いて密閉しながら何度も使っている袋入りの配合コマセ。
タイミングよくポイントに入ることができ、9時半頃ごろから12時ぐらいまでやって、ポツポツアタリがあって、サバとヒラソーダが釣れました。
ヒラソーダとサバ

サバは30センチ前後と小型ばかりで、新しい群れが寄ってきている印象でした。ソーダはマルがなくてヒラのみ!かなり凄いナブラも立っていて腹の中からは大量のシラスが出てきました。ヒットしたのは全てオキアミ餌でピンクのバケはサバもヒットしませんでした。シラスを追っていたので、白っぽいサビキや土佐カブラの方が釣果は伸びたかもしれません。最後はオキアミ餌がなくなったので、ソーダの腹から出した3センチぐらいのカタクチイワシを付けたらサバが釣れました。餌が無くてもサーフトローリングで粘れば、結構釣れたかもしれません。

ほどほどに楽しめておかずも確保できたので、昼頃に撤収。
ヒラソーダは先日釣ったマルと違って大変美味でした。ただ、先週のイナダの強烈な引きを味わってしまったので、ちょっと物足りなくなってしまいました。そろそろ青物シーズンも終盤ですが、今シーズンも残りを満喫したいと思います。
ソーダサク カツオ刺身 ソーダタタキ

スポンサーサイト

イナダリベンジ成功!

先週の失敗の反省を踏まえて、金曜の夜からイナダのリベンジに行ってきました。
餌もアミコマセも買わずに、ルアー装備で夜中の1時半ごろポイントに到着。
さすがに人もまばらだったので、良い場所を確保することができました。

まずはシーバス用の9ftロッドにオレンジの18gメタルジグ、アシストフックをセット。ラインは5号のナイロンです。普段シーバス用に使っているPEとフロロカーボンのリーダーが付いたものもありましたが、不慣れな釣でのライントラブルを恐れてあえてナイロンにしました。
ルアーの道具を準備してキャスティングをしてみるものの、反応はまったくないので、とりあえずカゴ釣りの仕掛けを組んで、配合コマセと前回余ったオキアミ半パックを開けてカゴを投げてみました。投げる度にウキに反応はなくても、餌がなくなってくるので、小魚がいるのかなと思っていると、15センチくらいのフグが付いてきたので、カゴ釣りは諦めムード。
2時を過ぎても魚の気配はなく、今日は回遊はないかなと思っていると、なんだか海面が騒がしくなってきて、イワシの群れが入ってきたような気配が。そして2時半頃に、離れたところでイナダが上がったらしいとの声が。そこでルアー仕掛けを手にして、沖目にキャスト、ジャカジャカ巻きで巻いてちょっと止めてを3回ぐらいやったところで、強烈なアタリがきて一気に引き込まれました。
普段のカゴ釣りで4.5メートルの竿で慣れているせいか、短い竿での青物のやり取りに若干戸惑いましたが、なんとかタモ入れ成功して46センチのイナダを無事ゲット!!!

とりあえず一匹上げたので一安心。その後周りでもバンバン上がり始め、入れ食い状態。中には60センチオーバーのワラサクラスも上がっていて凄い状態に!
1匹釣った後はなかなか後が続かなかったものの、その後2匹追加。4匹目はジグが着水と同時にヒットしたものの、ラインの確認をしっかりしていなかったのが敗因のラインブレイクでバラシ。
そこでアタリのオレンジのジグがなくなってしまったので、その後調子を崩し、軽いバイトのみでヒットせずに明け方でアタリが遠のき終了。

夜が明けても多少は回ってくるような雰囲気でしたが、3匹釣って食べるのには十分だったので6時頃に撤収しました。
イナダ1

イナダ2

去年、福浦や横須賀でカゴ釣りで釣ったイナダは、ギリギリ40センチ超えぐらいのサイズだったので、脂ののりもイマイチでしたが、今回のサイズは脂ものってきて食味もとても良かったです。
引き味も良いし、アミコマセで道具も汚れないので、次はワラサ狙いで行こうかと思います。

イナダ刺身

リベンジ失敗

日曜日に明け方の三崎近辺の様子を見に行ってきました。
夜中はイワシの群れが岸近くまで寄っており、あちこちで水面がざわついて、それを何かが追いかけている雰囲気でした。3時半頃からルアーの人たちがイナダを上げはじめたので、イワシをイナダが捕食していることが判明!その後ルアーの人たちはイナダを次々に上げて行きますが、イナダの群れはイワシについているらしく、オキアミには無反応でした。明け方にイナダの群れもイワシの群れも去り、明るくなると魚の気配がすっかり無くなって静かな海になりました。
イナダの回遊は本当のようなので、次回はなんとか攻略したいものです。

夜が明けて魚の気配が消えた為、三浦近辺のポイントを見て回った後、福浦の様子も見に行くと、強風の為にまともに仕掛けが投げられない状況でした。その為か岸壁全体でもまったく釣れていません。今回は昼から用事があったので、福浦も様子だけ見て撤収しました。

残念ながら先週のリベンジは果たせずに完全坊主でしたが、三崎近辺の様子もチェックしたので、次回はリベンジを果たしたいと思います。

三崎から福浦で惨敗

週末土曜日は気持ちのいい秋晴れの日で、ちょっと朝ゆっくり出て、友人達と三崎周辺の様子を見に行ってきました。

朝10時頃に、通り矢周辺に到着して、まずはカゴ釣りを仕掛けをセット、沖目に投げるも船の往来が多くて釣りにならない為、ギリギリ船が通らないところを狙って投入することにしました。タナを変えたり場所を変えるもまったくアタリはありません。時間帯もありますが、近場をトウゴロウイワシの群れと、岸壁沿いに小メジナが沸いているぐらいで魚の気配はありません。
カゴ釣りは期待できそうに無いので、久しぶりにちょい投げで近場を探ってみることにしました。するとハオコゼ連発、それ以外はサビハゼ、ウミタナゴ、小メジナなどでなんとかワッペンサイズのカワハギを一匹釣りましたが、小さすぎたのでリリースしました。

昼過ぎぐらいまで小物釣りで遊ぶも、回遊魚の気配はなし。最近好調という情報もあったウルメイワシもまったく見当たりません。話によると明け方は三崎港周辺でイナダがかなり回っていたらしく、夕方も4時過ぎぐらいからは回遊があるとのことでした。
しかし、今回は釣りが始めての友人が一人いたので、沢山釣れる釣りを体験してもらおうと思っていたこともあり、最近外れなしで実績のある福浦でサバでも釣ってもらえば、かなり楽んでもらえるはずと思って、話で聞くイナダの回遊よりも、実績重視で福浦に移動することにしました。

しかし、これが失敗でした。移動して3時ごろ福浦に着くと、先日の好調とがらりと変わって、ソーダどころか、サバの反応すらまったくありません。岸壁全体でも、たまにサバが上がるだけで、まったく違う場所のような雰囲気です。
サバでもいいからと思っていたものの、日が暮れるまで一度も当たりがありませんでした。最後に終了と思って仕掛けを上げるのに軽くあおると、起死回生であたりがあり、良型のアジをゲットできましたが、大量に釣って食べようと思っていたのも当てが外れ、予想外の釣行となりました。
アジ

やはり釣りは釣れて当たり前などど思うと、ツキに見放されてしまうのかもしれません。久しぶりにまったくウキの反応がない釣りとなりました。
近日中に、福浦のリベンジと、三崎周辺のイナダの回遊を調べに行きたいところです。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック