シンガポールで買った釣り具

前回の記事で釣具店を紹介しましたが、ただ見るだけでは面白くないので、お土産も兼ねていろいろと買ってきました。

DSCN0759_R.jpg

サビキは、ハヤブサが海外用のパッケージを作っているみたいですね。
もう一つは謎のこちらのメーカー製。
両方ともハリスはlbs表記なのでイマイチ分からず。
あとはカラフルなフロートと集魚板です。
値段はどれも100円ぐらいです。
DSCN0758_R.jpg

ジグは200円~300円と、日本のワゴンセールぐらいの値段。
品質もそれほど悪く無さそうなので、結構買いました。
DSCN0760_R.jpg


後は目標のマダイを釣る為のタイラバです!!!

これは定番のソルティラバーが売っていたので丁度いいと思って手に取ると???

下が日本で見慣れたパッケージで1000円ぐらいと国内と値段は変わらず、上は見慣れないパッケージですが500円程と格安。
DSCN0761_R.jpg

最初に見つけたのは安い上の方、そして良く見ると。

???
DSCN0762_R.jpg

ンルテイー・ラバーって何ですか?(笑)

完全に日本製のソルティラバーをパクった商品ですね。
カタカナが分からないので微妙に間違えているみたいです。

下が本物で上が偽物です。
意味が分からないまま、カタカナをコピーしているので、グローチューブがグローチューグになっていたり、カモフラージュがカモフラージョだったり、絶妙な間違い方です(笑)

DSCN0763_R.jpg

DSCN0764_R.jpg

ンルテイー・ラバーでマダイが釣れたら面白いですね~
スポンサーサイト

シンガポールの釣具店

今年もシンガポール旅行に行ってきました!

シンガポールの釣具店を見てきたので、ご紹介します。

釣具店は、アラブストリートを少し南に行ったビーチロードに集中しています。
地図

道の名前の通り、埋め立てられる前は海岸だったようで、その時代からの店が残っているようです。
写真を撮った店以外にも、あと数軒ありました。

DSCN0381_R.jpg

DSCN0401_R.jpg

DSCN0406_R.jpg

DSCN0404_R.jpg

どの店も日本に良くある釣具店ぐらいの広さです。
平日の昼でしたが、どの店も数人のお客さんが居ました。

DSCN0415_R.jpg

DSCN0402_R.jpg


シンガポールは海岸寄りの場所は沢山ありますが、あまり釣りをしている人は見かませんでした。
釣りをする場合には、船で沖に出る人が多いようですね。

DSCN0403_R.jpg

DSCN0405_R.jpg

餌釣り用の道具は少なく、売っている道具はルアー、ジグ、タイラバ、エギ、サビキなどがほとんどでした。
日本製の物が結構多かったです。
値段はあまり日本と変わりませんが、物によって安いものもありました。

DSCN0413_R.jpg

DSCN0414_R.jpg

唯一見かけた釣り餌は冷凍の小魚
DSCN0408_R.jpg

シンガポールは海岸にすぐ出れて、ルアーを投げたら面白そうなところが多いのに、釣り人を見かけないのはいろいろとルールが厳しいんですかね。
もうちょっと気軽に釣りが出来るようだと、旅行の楽しみも増えるので残念です。

シンガポール旅行記(3) セントーサ島のお勧めアクティビティ

セントーサ島で体験した中で、
お勧めのものを紹介しておきます。

<メガジップ>
http://www.sentosa.com.sg/en/gallery/attractions/megazip/

山の上からビーチまで張ったロープにぶら下がって
最高時速50キロほどで一気に滑り下りるアトラクション。

イメージとしては、スキー場のリフトのロープを、
アスレチックに良くある滑車にロープが付いてぶら下がるやつで
滑り降りる感じです。
結構高いところをかなりのスピードで滑るので迫力満点です!

メガジップ遠景

体にハーネスを付けて見晴らし台みたいなところからぶら下がり、
ストッパーが外れると一気に滑り出します。
スタート前にぶら下がる場所は、下にネットがあっても
高さ10メートルぐらいあり、ちょっと怖いですが、
スタートしてしまうとあまり高さを感じることなく、
気持ち良く滑り降りることが出来ます。

メガジップスタート2

メガジップゴール

一回29$(シンガポールドルは現在1ドル65円ほど)1900円ぐらい
20$でもう一回出来るみたいです。
ビーチ側で申し込みするとプラス2$でビーチから山の上まで
カートで運んでくれます。IDカード等は不要です。

荷物は預けて、貴重品だけ借りたネットの袋に入れて
体からぶら下げて一緒に滑ります。
 
混んでいると結構待つことになるので、
申し込み時に確認するのが良いです。

<ウェーブハウス>
http://www.wavehousesentosa.com/
ウェーブハウス

流れる水で人工的に波の形を作るプールです。
傾斜の緩いフローライダーと、波が大きなフローバレルの2種類があります。

フローライダーで練習しないとフローバレルは出来ないといった制限は無く、
フローライダーは日本国内にもあるので、フローバレルがお勧めです。

こちらがフローライダー
フローライダー

これがフローバレル
フローバレル1

フローバレル3

料金は1時間でフローライダーが30$、フローバレルが40$
すぐに予約が入ってしまうので、セントーサ島に到着したらすぐに予約するか、
事前に電話等で予約しておくのが良いと思います。
写真付きのIDカードの提示が必要なので、パスポートを用意しておく必要があります。
10時にオープンで11時から開始出来ます。

ボディーボードと、立って乗るボードの二種類が選べます。
初めて体験してみた感想としては、波と違って後ろから押されるような感じが無く、
前から来る抵抗に対して傾斜を利用してバランスを取る感じでした。
フローバレル
スピード感はありませんがかなり楽しいです。
壁はぶよぶよのビニールみたいな感じで、巻かれても痛くありません。
水流がかなり強いのでちょっとレールを入れる角度が狂うとあっという間に
後ろに流されたり、ノーズが刺さって巻かれてかなり難しかったです。
見ての通りでレギュラーの波しかありません。

初心者がやりにくい雰囲気は無く、観光客が和気あいあいと
写真を撮ったり気軽に挑戦出来ます。

残念ながら時間の都合で一時間しかやりませんでしたが、
余裕があれば二時間ぐらいやってみたかったです。

<IFLY>
直径5mぐらいの筒の中に強力な風を送って体を浮かせ、
疑似的にスカイダイビングを体験するアトラクションです。
http://www.iflysingapore.com/
ifly2.jpg

最近出来た施設のようで、ガイドブックにも出ていません。
何かのテレビで見たことがあってやってみたいと思っていたので、
思わぬところで体験出来ました。

初心者は入門コースの2ダイブと4ダイブの2種類。
入門コース2ダイブ+写真で1人110$でした。
時間帯(混雑具合)で料金が変わります。

予約時間の1時間前に集合して簡単なレクチャーを受け、
レンタルつなぎに着替てから開始します。
紐付きの靴を持っていないと、別途靴のレンタル2$が必要。
 
一回45秒ぐらいなのであっという間に終わってしまいますが、
空中に体が浮くなんとも言えない感覚で、
スキューバの中性浮力みたいな感じを空気中で味わえます。
ifly.jpg

筒の中に入ると下から強烈な風が吹いて体が浮かびます。
足を延ばすと体が上がっていき、
筒の中のインストラクターがアシストしてくれます。

ワイヤーのネットが足場になっていて、その下から風が出るのですが、
筒の下の送風装置?まで高さが10メートルぐらいあって
覗くとちょっと怖いです。
ただ、姿勢的に真下を見ることはほとんどないので、
あまり気になりませんでした。

2ダイブの場合、終わった後に希望すれば、
エクストラ30$でもう1ダイブ可能
実質の体験時間と値段を考えると結構高価ではあります。

見学場所での撮影は禁止なので、
写真が欲しければ別料金で購入が必要

家族だとDVDが付くファミリーパックというのがありました。
上手くなるとくるくる回ったり
いろいろな技が出来て凄く楽しそうです。

肩を脱臼したことのある人はNGで、
申し込み時に写真付きのIDカードの提示が必要なので
パスポートの用意が必要
です。

人気なのでセントーサ島に到着したらすぐに予約するか、
事前に電話等で予約しておくのが良いと思います。

9時にオープンして11時が初回です。
(事前準備があるので11時予約は10時集合)
所要時間は事前準備から終了まで二時間ほど。

---------------------------------------------------------

紹介したアトラクションの受付には、
日本語の話せるスタッフは居ません
が、
片言レベルの英語が使えれば何とかなりました。

ウェーブハウスとIFLYの予約をしてから、
最初にIFLYをやって、水着に着替えてウェーブハウス、
メガジップをやり、その後はシロソビーチでのんびり過ごしてから
帰ると言うのが個人的な理想プランだと思います。

シロソビーチは綺麗な無料のシャワーと更衣室が完備されており、
貝殻の白い砂の静かなビーチなので、のんびり過ごすのに良さそうです。
※今回行ったのは平日なので、週末は少し混むかもしれません。
シロソビーチ


セントーサ島ではソングオブシーという有料のショーが有名ですが、
マリーナエリアやその他でも無料のショーが沢山あるので、
わざわざ見なくても良いかなと思いました。

ショーを見た後、橋を渡ったVIVOシティからホテルに帰る
タクシーやMRTの切符売り場が激混みでした。
MRTで帰る場合はezlinkなどのパスを用意しておくことを
お勧めします。

また、今回はID(パスポート)を持っていかなかったことから
一日目に上記二つのアトラクションが出来ず、
予定を変更して次の日の午前中に再度行くという
二度手間になってしまいました。

事前にこの辺の情報が分かっていれば
時間を無駄にすることも無かったので情報収集は大事ですね。

街から30分以内でアクセス出来て、気軽に遊べるので、
セントーサ島はお勧めです。

シンガポール旅行記(2) 街で個人的にお勧めの場所

近代的で綺麗なシンガポールの中でも、
東南アジアやインドっぽい雰囲気のあるところをまとめてみました。

みなとみらい+ミッドタウン+ららぽーとみたいなショッピングセンターが
一駅間隔ぐらいであるシンガポールですが、綺麗なブランド店よりは
異国の雰囲気のする場所が個人的には好きです。

ムスタファセンター

 24時間のスーパーで所狭しと物が陳列してあります。
 食料品のスパイス関係からお茶、お土産のお菓子などなんでも買えて便利でした。
 スパイス関係はリトルインディアの小さな商店の方が楽しいですが、
 とりあえずまとめてお土産などを安価に買いたい場合はお勧めです。
ムスタファセンター

 かばんやビニール袋を持っていると、入り口で預けるか
 インシュロックで閉じられます。
 出る時に言えばインシュロックをハサミで切ってくれます。
 万引き防止だと思われます。

 インドでも高級スーパーなどでは入り口で荷物を預けるのが
 普通だったので、習慣ですかね。

テッカマーケット

 リトルインディアにあるマーケットで一階はフードコート、食料品、
 二階は衣料品を扱っています。
テッカセンター服

 ここの鮮魚売り場は臭いは強烈ですがかなり楽しいです。
テッカセンター魚

フードコートもいい感じで、
マトンのムルタバとマサラドーサを完食しました。
ムルタバ

テッカセンターフードコート

テッカセンターフードコート2

ラッキープラザ
 電気の街だった頃の秋葉原駅前や有楽町の交通会館のようなビル。
 怪しい電気店、両替屋、雑貨屋、食堂がぎっしり入っていて、
 綺麗なシンガポールで東南アジアの雰囲気を楽しめます。
 両替のレートが比較的良いので、両替にもお勧め。

 高級ブランドが立ち並ぶオーチャードロードの中にある異次元空間です。
 高級住宅地で使用人として働く出稼ぎの人たちが買い物をする場所のようです。

シンガポール旅行記(1) 高層ビルの上の船

船と言えば、普段は大津の手漕ぎボートなのですが、
夏休みに贅沢してシンガポールにある、
高層ビルの上にある船を体験してきました!!!

ベイサンズ昼遠景

去年オープンしたばかりのマリーナ・ベイ・サンズというホテルで、
ネットの口コミ情報では、ホテルの設備は良くても
サービスがイマイチでチェックインで物凄い待たされたり、
部屋の掃除が不完全だったなどの情報があって心配したものの、
早朝到着で荷物を預けてから市内観光、
昼過ぎに行くとすぐにチェックイン出来て、
すぐに部屋に荷物が届き一安心。

部屋も綺麗に清掃されており、
テレビを付けると画面に名前が出てきてびっくり!!!
テレビ

無料で変圧器も借りることも出来て、
頼んだらすぐに持ってきてくれました。

ホテルの印象は混雑等によって当たり外れがあり
部屋数が多いので、混雑時期や曜日によって違うのかもしれません。
今回は火曜日チェックインで文句無しの大満足でした。

なんといってもここの売りは屋上のプール!!!
超高層の上から景色を眺めながら
のんびり過ごすことの出来る贅沢な場所です。
昼プール2

昼プール3

夜は夜景が綺麗ですが、プールに入ると結構寒い。。。
プール夜
一応プールの反対側にジャグジーがあるので、
冷えた場合はそこで休むと良いです。

プールに入れるのは宿泊者のみ
屋上には更衣室が無いので、部屋で水着に着替えてから
エレベーターで屋上に上がり、カードキーを使って入る方式です。
なので、ちょっと水着の上に羽織れるものがあると良いです。
部屋にバスローブがあるので使っている人が多いようでした。

部屋番号と名前を言うとタオルが借りられるので、
プールから上がった後はタオルで水気を拭いて、
上に何か羽織ってからエレベーターで部屋に戻ります。

プールサイドで飲み物や軽食を注文できるので、
景色を楽しみながらのんびり過ごすのが良いと思います。
昼プール

注文は部屋番号を言えば、チェックアウトの時に清算出来ます。

ホテルに隣接して巨大なショッピングセンターとフードコート、
カジノがあり、夜はライトアップされたりと
ホテル周辺だけでもかなり楽しめました。
マリーナ夜景

夜景
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック