油壺の釣果を食べる(主にメジナ)

先日の油壺の釣果を一通り食べた感想です。

まずは、大津ではあまりお目にかからないメジナから


一般的に夏場のメジナは磯臭くてまずいと言われますが、先日釣ったメジナはとても美味でした。
釣り船が多いので中層でオキアミをメインに食べているからかもしれません。

ただし、一つ注意があって、腹身を剥き取る時に、赤丸で囲んだ部分をしっかり取ることです。
刺身で食べた時に、一部完全に取りきれていない部分があって、ちょっと臭いが気になりました。
半身

この部分は凹んでいて取り難いので、大胆に取って汁の出しにでもするのが良いと思います。
臭いは火を通せばほとんど気にならないです。

釣行記の最後でも紹介した刺身です。
釣った当日より二日後の方が美味かったです。
メジナカワハギ刺身

カルパッチョもクセの無い白身なので当然美味いですね。
カルパッチョ

こちらは漬け丼。これ美味いです。
みりん、酒、醤油を混ぜて煮沸してアルコールを飛ばし、スリゴマを入れてから冷ましたタレに数時間漬け込みます。
余ってしまい、翌日すっかり漬かり込んだ状態でも、ご飯に合って最高でした。
漬け丼

定番のアクアパッツァです。
ベビーリーフを乗せすぎて肝心の魚があまり見えませんね。。。
メジナは結構味がしっかりしているので身の味が埋もれずに良く合いました。
アクアパッツア


そしてマダイです。
塩焼きは文句無いですね!小さくても立派な鯛の塩焼きでした。
マダイ塩焼き

最後は謎の魚テンス
テンス

3枚に卸して、ウマズラのぶつ切りと共に汁の具にしました。
ウマズラとテンス

クセの無い白身で決してまずい訳では無く、ウマズラと比べてそれほど大きく劣ることもありませんでした。
皮目の色が綺麗なので、調理法によっては結構良いと思います。

今週末は、再度油壺へ出撃予定でしたが、天気が微妙ですね。
予報が外れて好転してくれると良いのですが。
スポンサーサイト

カタクチイワシでオイルサーディン

イワシ釣果

先日釣れたカタクチイワシは、以前作って美味しかったのでオイルサーディンにしました。
新鮮なカタクチイワシが簡単に手に入るこの時期にお勧めです。

参考にしたレシピはココ
http://nsakanaya.exblog.jp/8192560/

イワシの頭とワタをとってから10%ぐらいの塩水に二時間ほど漬けてから水気を取り、
フライパンに並べて胡椒、ローズマリー、鷹の爪、ローリエを載せます。
オイルサーディン_フライパン


ここにオリーブオイルとサラダオイルを1:1に混ぜたオイルをイワシが漬かるまで入れて、
弱火で一時間ほどオイル煮にします。
骨まで軟らかくなったら完成!瓶に詰めて冷蔵庫で1、2週間持ちます。
瓶詰

カリカリに焼いたパンに載せて食べると最高です!!!
保存も効くのでイワシが大漁の時は試してみて下さい。
オイルサーディン

さらに長期保存用にはアンチョビもお勧めですが、オイルサーディンの方が頭とワタを出すだけなので簡単に出来ます!!!

大津産のイシモチと昆布で昆布締め握り

先日の釣行で、石田丸さんからお土産の生昆布をいただいたので、
今回はイシモチを昆布締めするのに、この昆布を使ってみました。

折角の生昆布、一番美味しい食べ方は、茹でてそのままを刻んで食べる方法です。
キッチンバサミで適当な大きさに切ってから茹でるとワカメと同じように綺麗な緑に。
昆布ゆでたて

これを刻んで味ポンをかけるだけで美味しく頂けます。ちょっと歯ごたえがあってたまりません。
昆布細切り

今回は全部上記の方法で食べるには結構量があったので、この昆布を軽く干した後、昆布締め用に使ってみました。
空気が綺麗な場所なら外で干すのですが、ちょっと排ガスなどが気になるので浴室で干してみました。
まあ、浴室というも気分的にはかなり嫌ですけど。。。

昆布干し始め

浴室に昆布の臭いが立ち込め、妻の冷たい視線を気にしつつも浴室乾燥器を30分ほど回した後は、換気のみで半日ほど干しました。
干し昆布

表面が乾いて昆布締めに丁度好さそうなぐらい乾燥した所で表面を日本酒で軽く濡らしたキッチンペーパーで拭きます。
昆布と刺身

三枚に卸したイシモチを並べてラップ、冷蔵庫で一時間ほど置くと。
昆布締め

身の水分が抜けて締り、いい感じです!

これを酢飯と合わせて握り寿司にしたら絶品でした!
イシモチ握り

あまり長く締めすぎるより、軽く締めるのが個人的な好みです。
十分に乾燥した状態ではなかったのと、出汁用の分厚い昆布ではなかったのでどう仕上がるか不安でしたが、まったく問題無く旨かったです。
ポイントは締める前に昆布の表面を拭いて、昆布のエグミを刺身に付けないようにすることだと思います。

問題点と言えば、浴室に臭いもこもりますし、浴室で干したものを食べるのも気分的にはイマイチなので、外に干すことが出来るのなら、外に干したいですね。。。

あと、イシモチを生で食べる時は特に、釣れた後の血抜きが重要です。
釣れたらすぐにハサミでエラブタの付け根を切ってバケツに付けておくだけで血が抜けて臭みがなくなります。

参考になりそうなところを検索したら、
HEPPOさんのブログに詳しく方法が出てました。
http://heppokonoppo.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-6f37.html

アジ料理
イシモチ以外にアジ盛り合わせと昆布の細切り、アジとイシモチのアラから取った汁で食べ、

茶漬け

最後は定番のアジ茶漬けで大津の釣果づくしの夕食でした!

残った分は、いつまでも浴室にぶら下げておくわけにはいかないので、ある程度乾いたところでキッチンバサミで適当に切って、トレイで一晩乾かしたら完全に仕上がりました。

干し昆布完成

普通の出し昆布より薄いので、細く切ってそのまま食べても、かむと旨みが出てきて旨いです。
使い方はいろいろとありそうなので、試してみるつもりです。

スズキの卵のパスタ

釣れたスズキを捌いたら、立派な卵が入ってました!!!
IMG_4549_R.jpg

産卵前で身は痩せているので、この卵を食べないのは勿体ないとレシピを検索してみたら、良さそうなレシピを発見!!!
スズキの卵のスパゲティー
http://gomasio.syonan-life.net/cooking/2009/03/post-10.html


卵の皮を切って、血管などが入らないように取り除きながらスプーンでしごいて中身を取り出します。
IMG_4550_R.jpg

卵の下準備が出来たら、オリーブオイルにニンニク、鷹の爪で香りを付けてから、マッシュルーム、トマト缶を入れ、軽く煮立ったら卵を入れて塩コショウで味付け、麺を絡めて出来上がりです。
IMG_4553_R.jpg

IMG_4557_R.jpg

スズキの身でカルパッチョも作って良い感じのメニューに仕上がりました。

IMG_4559_R.jpg

上記ブログのレシピ通りで簡単に出来ます。
変えたのは出来上がってからちょっとだけ生クリームをかけたのと、大葉が無かったので乾草パセリをかけたことぐらい。
クセは無いけどコクのあるスズキの卵とトマトソースがマッチして、びっくりするぐらい美味しかったのでお勧めです!!!

残念なのはもう一度食べたいと思っても、スズキの卵は滅多に手に入らないことですね。


話は変わって、気になる魚の放射能汚染については、以下の水産庁の調査結果を見るとスズキは10bq/kg程度なので、
毎日365日食べるのでなければ、それほど気にしなくても良さそうです。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/sigen/housyaseibussitutyousakekka/other/120203_result_jp.xls

アジやワカメも横須賀、大津ではそれほど神経質になることは無いと思っています。
※個人的見解です。

ただし、広範囲に降った放射性物質は雨が降る度に河に集まり、凝集という現象で汽水域に溜まりやすいようなので、
汽水域のホットスポットで生物濃縮が起こったりする可能性も捨てきれません。
今後も継続して注意しておくことは必要ですね。

北海道の魚介を食べる2

前回に引き続いて北海道の魚介第二弾です!!!

今回は回転寿司です。
なんと、個室で区切られて
窓のような所にベルトコンベアがあるという
珍しい店内。
DSC_0073.jpg

先日刺身で食べた時に、握りにしたら
美味いだろうなーと思ったアオソイ(クロメヌケ)
予想通り、酢飯と相性抜群でした。
DSC_0077.jpg

そして、フライなどでは良くあっても、
生で食べられることはなかなかないオヒョウと
銀ガレイ(カラスガレイ)

DSC_0078.jpg DSC_0079.jpg

銀カレイは縁側がヒラメの縁側として、
安い回転すしで出されたりすることがあるらしい魚。
強烈に脂の乗った白身で、酢飯と合わせると激ウマでした。

先日の居酒屋と比べると
普通の回転すしレベルの値段でしたが、
珍しい種類があったので満足でした。

スーパーにも寿司は売っていますが、
あまり面白い物は無く、とりあえずしめ鯖300円を購入。
こちらは値段の割には美味かったです。
DSC_0084.jpg


釣具屋もあったので覗いてみると、
仕掛け類は北海道仕様で、ホッケやメヌケ用の仕掛け、
タラ釣り用の巨大なジグなど、関東とはまったく違う品揃え。
ビシ釣りの道具は見かけませんでした。
DSC_0072.jpg

ホームセンターでも釣具や餌を売っており、
そこで見かけたのが餌用のソーダガツオ。
DSC_0068.jpg

アキアジ用って書いてあって、
アキアジってなんだ???と思って調べたら、
サケのことなんですね。
このサイズの餌を丸呑みするサケ釣りなんて、
面白そうですね~。

最後におまけ、
このネーミングセンスに素通り出来ずに
写真を撮ってしまいました。
DSC_0082.jpg
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック