スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/16 大津 ボート釣り

釣果:マアジ 8匹、大サバ 1匹
釣果アジサバ

ボート釣りをやってみたいというK氏とのタンデムで、久しぶりのホーム大津に出撃してきました!

当初は前回の同じ潮回りなので、油壷に行く気でいましたが、大アジやイサキはちょっと釣り方が難しいのと、3連休でボートが無くなる恐れがあるので、直前に大津に変更です。

始発電車で到着すると、ボートが無くなることを心配して大吟醸さんが早めにボート店に来てくださいました。
この後Y氏と観音崎でタンデム予定なのに、大津まで来ていただき、本当にありがとうございました!

始発到着でもかなりの人が既に準備中、7時少し前にボートが出始めた頃に、京急の乗り換えを間違えて少し遅れたK氏が電車で到着。
荷物を積み込んですぐに岸払いしました。

天気は曇りで朝は少し肌寒いレベル。
予報より北風が吹いて波も少しありますが、特に気になるほどではありません。

構内で一度道具を確認してから鉄板ポイントを目指しました。
第二排水口前も候補ポイントでしたが、前日の大雨の影響を考えて少し沖の鉄板から始めることに。

K氏の仕掛けをを準備してから、釣り方の説明をしてこちらも仕掛けを入れます。
2.5m三本針のウィーリー仕掛けで始めましたが、少し長くて慣れないと手前祭りするので、K氏の仕掛けは短めの遠投かご釣り仕掛けに交換しました。

数投してようやくアタリがあり、型は小さいですがアジがヒット。
しかし、魚探の反応は出てもこの後が続きません。

潮も濁って良い感じなのに、たまに小カサゴ、海タナゴが釣れるだけでアジはヒットしません。
9時を回り、状況が良くないので、一気に海底遺跡まで移動することにしました。

海底遺跡周辺も反応は悪く、海タナゴっぽいアタリと小カサゴのみで一時間ほどで、次はボートが集結している武山出しへ移動。

武山出しは魚探の反応は良いのですが、ボートが多くてアジっぽい反応の真上でボートを止めることが難しい為、一度アンカリングしてすぐに移動、結局鉄板に戻りました。

釣れない時の迷走と悪い流れでしたが、鉄板に戻るとようやくポツポツとアジがヒット。
K氏にもアジが釣れて流れが上向いてきました。
途中に大サバのヒットがありながら昼頃まで釣れ続けましたが、昼を過ぎるとぱったりとアタリが止まり、魚探の反応も無くなりました。

風向きが南寄りになってポイントがずれたのかと思い、再アンカリングしようと周囲を漕いで回ってみたところ、魚探の反応がすっかり無くなっています。

そこで、最後は第二排水口前を試してみることにしました。
最近釣れているポイントということで、かなりのボートが浮かんでいますが、釣れてい様子はありません。

魚探を見ながらゆっくり漕いで回ると、駆け上がりにアジっぽい反応がありました。
丁度他のボートの間に入って止められそうな場所なのでアンカーを入れると、反応の真上にボートが止まりました。

仕掛けを入れて底を取り、しゃくりあげるといきなりアタリがあってアジがヒット!
その後も、同じようにすぐにアタリが出て、小メバルや海タナゴも混じりでアジが食ってきます。

この場所だけ、明らかに魚の活性が高く、この日試したどのポイントとも様子が違う、いつもの大津のような反応です。
K氏にも少し型の良いアジがヒットして、このまま続ければそれなりに数が揃うのではと思っていたら強烈なアタリ!

引きの感じからサバのようですが、中層で強烈にラインを出していくパワーはかなりのもの。
上がってきたのはやはり大サバ。
しかし、ボートの周りを泳ぎ回ってタモに収まらず、最後はハリス切れで逃げてしまいました。

サバ騒動が終わって気が付くと、ボートが少し沖に流されています。
浅場にアンカリングしたのが、南風に変わって深場に流され、アンカーが抜けてしまったようです。

すぐに再アンカリングしましたが、最初に止めた良いポイントにボートを止めることが出来ず、その後はアタリが無く15時に沖上がりとなりました。

ログはバッテリー切れで鉄板へ戻ったところまでしか記録出来ませんでした。
大津ログ

戻ってこの日の様子を聞くと、あれだけボートが出ていたのに、良い人でもアジが15匹程度とかなり渋かったようです。

アジは根に付いて移動しないのか、群れの上にピンポイントで止めればそれなりに釣れるものの、5mずれると難しい状況でした。
K氏は大物を釣りたかったようで、せめてサバがヒットしてくれればと思いましたが、残念ながらアジ4匹とカサゴで終わってしまいました。

普段は嫌というほど釣れるサバも、来て欲しい時には釣れないというのは、なんとも皮肉ものです。

貧果でしたが、この時期の大津のアジ、サバはやはり美味しい!
刺身アジサバ

アジは程よく脂がのり、大サバはまるで中トロのような脂で刺身が最高!!!
サバ刺身
※サバの生食はアニサキス、ヒスタミン中毒の恐れがあるので食べる場合は自己責任でお願いします。

午前中は雲があって日差しも緩く、波も穏やかで快適な一日でしたが、釣果は振るわずで微妙な釣行となってしまいました。

この日はこっとんさんが油壷でイサキ、大アジを爆釣!!! 観音崎もアジは良かったらしく、初めての人を連れていくなら大津という選択が裏目にでてしまったようです。

伊勢町の泳がせもシーズンもそろそろ、潮回りを見ながら次回出撃を考えたいと思います!
スポンサーサイト

7/1 油壷 ボート釣り

釣果:マダイ32㎝ 1匹、イサキ ~34㎝ 4匹、オオアジ ~38㎝ 3匹
   メジナ多数+大サバ 全てリリース
釣果

仕事の都合がついたので、金曜日に休みを取って久しぶりの油壷にオオアジ、イサキ狙いで単独出撃しました!
昨年良い釣果のあった日と潮回りも似ているので、期待大です。

始発電車で出発すると、都内から結構霧が出ており、三崎口からのバスではさらに霧が深くなって嫌な予感。。。
バスを降りてボートが出るか心配しながら坂を下ると、数人のボート待ちの人が居たので少し気分が軽くなりました。
列の場所にクーラーを置きに行くと、列に並んでいたのはこっとんさん!!!

釣行前にブログをチェックして、数週間前にマダイ、イサキ、オオアジの凄い釣果を見ていたので、色々と貴重なお話を聞くことが出来、この日の狙いが間違っていないことが確認できました。

7時ごろになってボート店主が登場しましたが、深い霧の為しばらく様子見。
こっとんさんとお話しをしながら待っていると、8時近くなってようやく霧が晴れてきてOKが出ました。
受付をして岸払い、事前にチェックしていた実績ポイントを目指します。

べた凪の湾内を漕ぎだすと、潮が濁ってクラドが大量に流れています。
湾を出ても波は穏やかで、実績ポイント付近に到着、魚探で底の状態を確認しながらアンカリング、8mのロングハリスビシ仕掛けと、もう一本NSを出して開始しました。

ビシは数投餌を齧られた後に、フッキングして上がってきたのはキタマクラ。。。
NSは100mほど流しても反応無しです。

丁度潮止まりの時間帯なので、潮が動き始めるまでは様子見と思って続けていると、
9時を過ぎた頃に岸が見えないレベルで霧が濃くなってきました。
直後にボート店から、危ないので霧が晴れるまでは移動しないようにと電話がありました。

周囲の様子に気を付けなければと思いながら電話を置いてNSの仕掛けに目を向けると、
リールが超絶バックラッシュ!!!

この日初めてのまともなアタリなので、竿を取って無理やりラインを巻き取ると、付いていたのは足裏サイズのメジナ。。。
すぐにリリースして、ビシ竿の餌を交換してから絡んだリールの復旧に取り掛かります。
スプールを外してなんとか絡みをほぐしにかかりますが、諦めてラインの途中を切断、電車結びでつないでようやく復旧しました。

メジナが釣れたということは、少し潮が動き出したのではと急いでNSを流して、ビシの様子を見ているとNSのスプールが高速回転!
サミングしてから竿を取ると、なかなかの手応えです。

横に走るのでメジナかなと思いましたが、上がってきたのは本命のオオアジでした!
オオアジ

血抜きをして再度NSを流していると、置き竿のビシにアタリが出ました!
これもなかなかの手応えで、今度は良型イサキ!
イサキ

潮の流れが変わってボートの位置も動き、良い場所にピンポイントで入ったのか、再度ビシにアタリが出て良型イサキを追加!
イサキ2


しかし、その後は群れが寄ってしまったのか、ビシもNSもメジナが連発状態に。。。
一匹大サバが混ざった以外は、餌取りと30センチ前後のメジナばかりになってしまいました。

気が付くと霧も晴れて快適に釣りが出来る状況になったのですが、本命のアタリが遠ざかった為、コマセをほとんど撒かずに場を休めながらしばらく様子を見ます。

ビシは底から5mぐらい上げて餌が置ける棚で待ちますが、フグが上まで上がってくるのか数投すると針が無くなったり、ハリスが痛んでいたりと苦戦が続きます。

NSは餌が取られたり残ったりなので、流す距離を50mほどにして短く手返しを続けると昼を過ぎた頃に待望のスプールの高速回転!

今までの引きと違う感じで、ゴンッという首を振るような引きに期待しながら寄せてくると、小さいながらもマダイでした!
マダイ

その後はビシでイサキを1匹、NSでイサキ1匹、オオアジ2匹を追加、13時を過ぎると徐々に南風が吹いてきて、少しずつ走錨してポイントが動いてしまい、アタリが無くなったので14時過ぎに道具を片づけて沖上がりとしました。

岸に戻ると丁度道具を片付け終わったこっとんさんがいらっしゃったので、釣果とポイントの話をして情報交換、貴重なお話でこの時期のイサキ、オオアジの回遊と狙い方について整理できました!

夕食はオオアジ、イサキの湯引き、イサキの白子、真子と堪能
刺身盛り

霧でボートが出ないのではという危機的状況から始まりましたが、結果的には穏やかな海でアタリも多く、狙い通りの釣りで本命大漁と滅多に無い理想的な釣りをすることが出来ました。

青物は表層に20センチぐらいのワカシ、中層に小鯖が居ましたが、釣りにならないレベルではなく、良い感じでNSを流すことが出来たのが良かったようです。
今までほとんど結果を出せなかったNSで初のマダイを釣ることが出来、イサキ、オオアジが連発と改めてNSの威力を思い知りました。

ボート釣りには厳しい夏になってきましたが、暑さに負けずに次回も出撃したいと思います!

6/11 観音崎 ボート釣り

釣果:サバ3匹(リリース多数) マ○イ 33cm
釣果

予報に恵まれた土曜日、今回も観音崎に出撃しました。

Y氏は大吟醸さんとタンデム、こちらは単独で手漕ぎです。
小潮で朝一が満潮の下げなので、時合いに間に合うように始発電車で出発。

受付をしていると、大吟醸さんとのタンデム予定のY氏が登場。
大吟醸さんはまだのようなので、一足先に岸払いしました。

ボート漕ぎだすと、前回よりも少し濁りが入って期待できそうな雰囲気です。

いつもと同じポイントには、すでにマイボートの船外機が入っていたので、少し岸側を狙ってアンカリング、走錨しながらほどほどの場所に止まったので、仕掛けを投入します。

毎回似たような潮回りでの釣りなので、ほぼ同じような攻め方で続けます。
しかし、餌取りは活発ですがなんとなく本命の雰囲気がありません。

潮止まりを挟んで徐々に下げ潮が動き出してきたので、集中力を高めて手返しを続けます。
すると、今回はダメかなーと思い始めた10時ちょっと前にアタリが出ました。

やり取りを始めると、サバやアジではなく、本命っぽい引きですが、ドラグが出されるようなパワーはありません。
すんなり上がってきたのは塩焼きサイズの本命でした。

すぐに仕掛けを再投入して狙いますが、その後はサバのアタリが増えて本命の気配が無くなってきたので、11時過ぎに沖のポイントに移動することにしました。

魚探で反応見ながら良さそうなポイントでアンカリングを試みるも、今回はまったくアンカーが止まりません。
深場で落として浅場の根際まで引きずりながら止める作戦も全く効果が無く、深場から根の真上まで流されて、根の反対側にボートが止まるような状況なので、ピンポイントのアジ狙いが成立しません。

数回アンカリングをやり直してもうまくいかないので、あきらめて再び浅場のポイントに戻ることにしました。
しかし、浅場のポイントに移動してからもヒットするのはサバだけで、時間いっぱいまで粘って沖上がりとしました。

サバが増えて本命の雰囲気が減り、のっこみシーズンも終盤かなという感じでしたが、朝の時合でY氏が待望の一枚をゲット。
濁りも入って緩い下げ潮と期待できそうな感じでしたが、全体的に渋い一日だったようです。
そんな中、小さいながらも型を見ることが出来たので良かったです。

帰宅後は大吟醸さんにいただいた特大ウマズラとサバのナメロウを美味しく頂きました。
ウマズラ刺身

余ったサバは芋焼酎さんお勧めのオイル煮にしてみたところ大好評!
一見洋風なのですが、そのまま玉ねぎを敷いた上に乗せてポン酢をかけるとご飯のおかずに最高です。
サバのオイル煮

そのまま混ぜればパスタ
パスタ

そして、ミョウガ、ネギ、梅と一緒にご飯に乗せて、だし汁をかければお茶漬け
茶漬け

パンにはさんでも美味しいし、結構日持ちもするので、今後サバが釣れたらオイル煮は定番になりそうです!

5/28 観音崎 ボート釣り

釣果:マ○イ 52cm 2.0kg

またまた観音崎に単独で出撃しました!
風予報は一日穏やか、8時満潮、15時干潮の小潮ということで、朝一の時合に合わせるために始発で出発。

6時半過ぎになかねボートに到着して受付をしていると、あきおさんがいらっしゃいました。
穏やかな予報にも関わらずボートの数は少なく、準備をして岸払い。

最近好調なボート店正面の潮の当たる根際の駆け上がりを狙うことにしてボートを漕ぎだすと、前回、前々回と濁っていた潮が嘘のように澄んでいます。

ポイント付近に到着すると、潮止まりの時合なので、アンカーが効いて良い位置にボートが止まりました。

竿を出しながら様子を見ていると、徐々に潮が動いてきました。
時合が近づくにつれて魚探に反応が出ても全く取られなかった餌がたまに取られたり、徐々に気配が漂ってきます。

続きを読む »

5/21 観音崎 ボート釣り

釣果:なし

今週末は釣行予定はなかったのですが、急遽予定が変わったので単独で観音崎へ出撃しました!

横須賀で干潮10:50頃の大潮、風予報は前日に好転して穏やかな一日になりそうです。
今回は大潮の流れを経験することも目的の一つで、午前中の下げ潮は激流と思われるので、いつもより少し遅い電車で7時過ぎになかねボートに到着。
風予報は良くても、大潮の為か人は少なめです。

干潮前後の潮が緩む時間を狙い目として、最近実績の高いボート店正面の水深30mくらいのポイントでやることにしました。
漕ぎだして魚探の電源を入れるとバッテリーが殆ど無い状態。
前日に充電した際に失敗したようです。
仕方がないので魚探はポイントを探すときのみONにすることにしました。

GPSを頼りにまっすぐポイントを目指してボートを漕いだつもりが、潮の流れで大きく進路がずれています。
まるで川を遡るように流れで思ったようにボートが進みません。

なんとか狙った場所辿りついてアンカーを放り込むと、ロープが絡んでほどいている間に流されてしまいました。
アンカーを上げて全力でボートを漕いで再度ポイントに戻りアンカー投入、ようやくボートが止まりました。
仕掛けを投入すると80号でもラインが真横になってしまいます。

とりあえず潮が緩むのを待つつもりで仕掛けを入れると、アタリがあってアジがヒット。しかし、今回も船べりで口切れでバラしてしまいました。
直後にメバルがヒットして、その後は小メバル、小カサゴがぽつぽつと当たってきます。
9時頃から徐々に潮が緩み始めて、10時を過ぎると流れがかなり収まりました。
小魚のアタリが無くなり、なんとなく本命ヒットの雰囲気が漂ってきます。

勝負の時間に集中しながら手返しを続けていると、11時を過ぎた頃、置き竿の竿先にもたれが出ました。
その後、ボートの揺れで上下する竿先が一瞬不自然な動きをした後に、一気に竿先が突き刺ささって緩めのドラグからラインが凄い勢いで出ていきます!

落ち着いて竿を手に取り走らせますが、止まりそうな気配がありません。
20mほど出てから、少し止まったかと思った途端にまた走り出した時に急に手応えが無くなりました。

3号ハリスを切られるほどの負荷は無かったはずと巻き上げてくると、針は綺麗に付いています。
かかりが悪く口切れでフックアウトしたか、一度走りが弱まった時にテンションが緩んでバレたようです。

待望の大物のアタリを逃したことで一瞬呆然となりましたが、すぐに切り替えて仕掛けを投入。

すると、今度は棚を取っている間に当たってきました。
もぞもぞという違和感の後に一気に横走り!

最初から手持ちなので少しは主導権を取れるかなと思いましたが、走りが止まるまでは手出し出来そうにないパワーです。

今度こそはと思って耐えていると、またもや急に軽くなりました。
リールを巻いてくると、仕掛けの重さが無くなり、PEの高切れ。
走られて根に巻かれたにしては、PEから切れたのが不思議ですが、なんともあっけない敗北でした。

一回目のアタリは本命っぽい感じでしたが、二回目のアタリは4月にアンカーロープで切られた時のような、急に向きを変えて上の方に泳いでいくような感じがあったので、もしかすると違う魚かもしれません。
いずれにしても、両方ファーストランでやられてしまったので、情けないです。

その後はアタリは無く、上げ潮になってからは沖のポイントに移動しましたが、釣れたのはメバルのみで3時に沖上がりとしました。

先週とは対照的に風もなく穏やかな中、快適に釣りをすることが出来ましたが、滅多に無い大物のアタリを二連続で逃したことは非常に悔やまれます。

去年の伊勢町の泳がせ以来、ヒット後の横走りで大物バラシを連発しているので、なんとか連敗を止めたいですね。

この時期に秋の大物シーズンのような釣りが出来る観音崎にすっかり嵌ってしまったのでしばらくは観音崎通いが続いてしまいそうです!
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

kagoturi

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。