スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/24 伊勢町 ボート釣り

釣果:スズキ、イナダ、アジ
イナダスズキ
 
朝から一日上げ潮と潮回りが良さそうなのと、昼から南風が強まりそうな予報なので、風裏となる伊勢町に泳がせリベンジに出撃してきました。

電車で馬堀海岸駅に到着すると、駅で芋焼酎さん親子と遭遇、これから観音崎に向かうところのようでした。

馬堀海岸駅の横でY氏にピックアップしてもらい、予定通り伊勢町に到着、受付をして7時ごろに岸払い。
いつもの泳がせポイント付近を漕いで海タナゴの群れの反応を探してからアンカリング、小針のサビキみオキアミを付けて投入すると、すぐに丁度良いサイズの海タナゴがヒットしました。

海タナゴは釣れると水圧で腹が膨らんでしまうので、針でガス抜きしてバケツに入れます。
早速泳がせ仕掛けを投入すると、サビキに小アジがヒット、生餌を小アジに交換して再度泳がせ仕掛けを投入します。

調子よく小アジと海タナゴが釣れて、生餌は十分に確保できましたが、すぐ近くのY氏は生餌の確保に苦戦の様子です。
小型の海タナゴが多いので、小針の胴付き仕掛けかサビキにオキアミ餌を付けると良いのですが、Y氏は丁度良い仕掛けが無いようです。

風も波も無い中、のんびりとアタリを待っていると、8時を回った頃に泳がせ仕掛けの竿先が海面に突き刺さりました。
落ち着いて竿を手に取ると、あまり手応えがありません。

多少の引き込み以外は、ほとんど抵抗が無く上がってきましたが、水面近くまで来ると良く走り回ります。
上がってきたのは50cmほどのイナダでした。
すぐに生餌を付けて泳がせ仕掛けを再投入しましたが、アタリは単発で終了。
9時近くになって苦戦のY氏は少し沖に移動しました。

大型青物の回遊に期待しながら、浅場でやるか、少し沖に移動するか悩んでいると、泳がせ仕掛けの竿先がゆっくりと曲がっていくのが目に入りました。
その後一気に竿先が入ったので急いで竿を手に取ると手ごたえがありません。
上げてくると生餌が一度飲み込まれてようにボロボロになっていました。

餌を交換して再投入すると、再度同じようなアタリがありましたが、またもやフッキングしません。

アタリの出方がススキっぽいので、孫針の位置を少し頭側に移動させて針先をかかりやすいように付け直して再投入すると、今度は一気に竿先が突き刺さってフッキングしたようです。

竿を手に取って巻き始めるとあまり手応えがなく、ばれたかなと思ったら海中にスズキの姿が見えました。

明るい場所に上がってきたので海底に戻ろうとここで一度の突っ込みがあり、10mほどラインが出ましたが抵抗はこれで終わり、その後はあっさりとタモ収まりました。
スズキ

スズキのアタリはこれで終了、その後しばらくアタリがないので、少し沖のポイントに移動することに。
しかし、移動したポイントではまったくアタリがありません。

昼を過ぎると南風がかなり強まってきたので、安全の為に再度岸よりのポイントに移動。
その後は泳がせのアタリは無く、さらに南風が強まったので2時半後に沖上がりとしました。

かなりの澄み潮で全体的に不調だったようですが、アジを大量に釣った人もいたようでした。
Y氏は小アジのみと苦戦の結果で、泳がせも仕掛けやポイント選びが難しいですね。

イナダは太って脂がのっていたので、刺身で美味しくいただきました。
スズキ‗イナダ刺身

なんとか泳がせの釣果はありましたが、狙った大型青物は不発と不完全燃焼。
昼前に沖に移動せずに、潮が上げきる前の時間を最初のポイントで続けた方が良かったかもしれません。

ただ、この時期でも浅場のポイントで泳がせ狙いが出来ることが分かったのは収穫でした。
夏から秋の伊勢町の泳がせ狙いは、良い潮回りやヒットする時間帯、餌確保の方法などかなり確立してきたかなと思います。
スポンサーサイト

油壺マダイ釣り備忘録と今後の目標

4連続で油壷に行って、最初はまったく分からなかった手漕ぎボートのロングハリスによるコマセマダイ釣りについて、自分なりに考えたことをまとめておきます。
※真鯛釣り素人の目線なので、ベテランの方から見たら当たり前のことや、間違いもあるかもしれませんが、現段階での個人的な備忘録として書いています。

ボート店

●油壺4連戦の流れ

1回目 5/26 
 場所:定置網水深24メートル付近 
 結果:チャリコ1匹(ユムシぶっこみ)
    ロングハリスはアタリも取れず。

2回目 6/10

 場所:定置網水深24メートル付近
 結果:チャリコ1匹(リリース、ウィーリーしゃくり) 
    前回と同様にロングハリスはアタリ取れず。

3回目 6/24
 場所:定置網水深24メートル付近
 結果:チャリコ3匹(ロングハリス仕掛け、二本針) 
    ようやくロングハリスでアタリが出てチャリコをゲット

4回目 6/30
 場所:定置網手前水深15メートル付近
 結果:マダイ1匹 チャリコ5匹
    ロングハリス 
    チャリコはバラシ数匹、1匹は沖の30メートル付近でウィーリーにヒットでリリース
    誘い下げのパターンで朝一は入れ食い状態

●ポイント選び、棚取り、餌取り回避

ポイントは3回目まで定置網の水深23メートル付近でやりましたが、「たけちゃん」さんからのアドバイスにより、4回目は一番手前の水深15メートル付近でやってマダイが釣れました。
定置網付近は全体的にチャリコの魚影は濃くて沖から手前まで釣れましたが、手前付近が一番魚影が濃く、餌取りも少なかったように思えました。
また、縦網に近づきすぎないというのも重要です。係留に良い場所が無ければ迷わずアンカリングですね。

棚取りは、油壺釣行前にこっとんさんのブログ読んで参考にしました。
先日、チャリコ爆釣講座としてまとめていただいていますので必見です。
超お勧めです!
http://boatfishing.seesaa.net/article/278236558.html

基本的には底から数メートルの高さから上までを探って、餌取りに取られずにマダイの居る棚を探します。
餌取りが多い時は二本針にすることで、下針は食われても上針は残りますし、餌取りの棚も判断しやすいので効果大です。

また、餌取りが集まりすぎると釣りにならないので、コマセは詰め過ぎないで少しずつ撒いて行くのが良いようです。
あまりに餌取りが多いポイントは移動するか、餌取りが減るタイミングまで耐えます。

●ロングハリス仕掛けの特徴とマダイのアタリ

基本的に向こう合わせだと思いますが、油壺2回目の釣行まではまったくマダイのアタリが取れませんでした。
理由を考えたところ、マダイは餌を食べると反転して走り出す習性があって、この時にラインがたるんでいるとうまくフッキングしないのではと思います。

ロングハリスの仕掛けをそのまま沈めると、仕掛けが棚まで落ちてなじむまでは、ラインが張らない状態になります。
この状態でマダイや餌取りに食われると、竿先に反応が無いのに餌だけ無くなるということになります。
特に付け餌が沈んで行く時にハリスがたるんでしまうと一番のチャンスを逃すことになります。

3回目の釣行からは、一度ビシを狙いの棚のちょっと上まで沈めてから少し待ち、そこから仕掛け分ぐらい(流れによりけり)ゆっくりと巻き上げることで、ラインが張った状態で付け餌を狙いの棚まで落とすことが出来るようになり、アタリを取ってチャリコを釣ることが出来るようになりました。

●アタリの出るタイミング

マダイや大型のイサキは、アジやメジナのように、コマセの煙幕に突っ込んで餌を食べるタイプの魚ではありません。
他の魚は釣れても、マダイははNSやマキコボシじゃないと釣れないということを良く耳にします。
コウジブッコミは投入直後にヒットすることが多く、ひとつテンヤはフォールでアタリが出ることが多いとも言われます。
これらから、マダイは自然に落ちてくる餌に興味を示しやすく、不自然な状態で漂う餌はなかなか食べてくれないと思われます。

手漕ぎボートは船頭さんがうまく船を操船してくれる訳ではないので、アンカリングしてボートが停止していると、ロングハリスのビシ仕掛は一度棚まで付け餌が沈んだら、ビシからぶら下がった状態で停止してしまいます。
こうなると、警戒心の強いマダイは違和感を感じてなかなか食ってくれません。
もちろん、潮の流れが強かったり、マダイの活性によっても違いそうですが、油壷で潮の緩い日に、ただ置き竿で仕掛けを入れておくだけでは、マダイのヒット率はかなり下がりそうです。

餌取りのちょっと上の狙い棚にある程度コマセを効かせてから、ハリスが張った状態で付け餌を自然に棚に落としてやると、マダイが付け餌を食べ、反転したところでビシの抵抗でフッキング、竿先にアタリが出るという流れを作ってやることが重要です。

仕掛けの投入、コマセの撒き方、棚取りまでをきっちりと丁寧にやることで、アタリが出る状態を作り出すことが大事と思います。
油壺3回目ぐらいで、ようやくこの辺の入り口がおぼろげに見えたかなという感じでした。

●誘いの掛け方

上記までの方法で釣れれば良いですが、そうなるとマダイがヒットする可能性が一番高いのは、仕掛けを投入してから仕掛けが棚に落ちる時しかありません。
そこで、少しでもヒットの確率を上げる為に誘いを入れてみます。

ただし、誘いは下手にやると魚の警戒心を増やすだけで逆効果になることもあるので、まずはセオリー通りに仕掛けを投入してアタリを待つというアプローチを何度かやって、反応が無ければ試してみるのが良いと思います。

誘いには二種類あって

 餌が自然に落下する状態を作り出す誘い
 食い気の無い魚の本能を刺激する誘い

前者は、誘い下げと呼ばれる誘いで、ゆっくり1、2メートル仕掛けを上に上げてから、仕掛けが馴染むまで待ち、その後同じ深さまで餌が沈むぐらいの速度で下げていくという方法です。
これによって、投入直後の状態を作り出し、自然に落ちてくる状況を演出します。
油壺4回目はこれがうまく行ってマダイをキャッチすることが出来ました!
目的は餌を自然に棚に落とすことなので、アクションはゆっくり丁寧に、ビシカゴの動きでマダイを警戒させないようにすることが重要です。

後者は「たけちゃん」さんから教わったエビが跳ねるような誘いも含まれ、補食生物の本能を引き出して反射的に食わせる方法です。
ウィーリーやサビキのシャクリや、ルアー釣りのトゥイッチ、ジャークなどもこれに該当すると思います。
残念ながら、真鯛釣りのこの手の誘い方はうまく出来ませんので、今後研究して行きたいと思います。


勿論、相手は魚なのでこのような理屈とはまったく別のパターンになったり、どんな仕掛けでもいきなり食ってくることもあります。逆に何をやっても裏目に出て駄目なこともありますが、こうやって基本パターンを作る事で安定してヒット率を上げる事が出来ると思っています。


●今後の目標

幸運にも一枚マダイを上げた4回目の油壺釣行の数日後、乗り合いで9.1kgのモンスターマダイを上げたと兄から連絡がありました。
大鯛
※船宿さんのブログ写真を一部加工してあります。

乗っ込み時期を過ぎてなければ、10kg台も夢では無かったサイズだそうで、一生に一回巡り会えるかという大物です。
2週前に潜水艦のような引きの大物マダイ?に、格闘の末3号ハリスを切られたという話を聞いており、この日はワラサも狙って4号ハリスだったのが良かったとのことです。

とは言っても、全長1メートル程度のシマノ ボートゲームライトSというショートロッドで上げたらしく、素直に凄いと思いました。
また、一回切られたのに、次の乗船で再びヒットして無事に釣り上げたというのは、釣りは腕にプラスしてツキの流れがあるんだな~と思いました。

乗り合い船とボート釣りでは条件が違いますが、これに刺激を受けて、手漕ぎボートで5kgオーバーを上げることが当面の目標となりました!!!

今までの通算でもマダイは数枚、最大は初めてマダイサイズを釣った2年前の秋、大津のコウジぶっこみにヒットした3.6kgなので、ちょっと大きすぎる目標ですが、、大型のヒットはある意味運であり、マダイを多く上げれば大型のヒット率も上がるのではないかと思いますので、目標に向けて頑張ります。
マダイとワラサ2
※2年前の大津で、ビギナーズラックによりマダイを釣った過去の栄光写真です。。。
去年はサッパリだったので今年は頑張ります!!!


また、釣果という結果が目標でも、狙って釣るという内容のこだわりと、例え結果が出なくても釣りや自然、人との交流を楽しんで次につなげるをモットーにしたいと思います。

大津も青物が回り出して、これから期待大ですね!!!

京急大津では海苔棚への係留は禁止です

ちょっと触れにくい話題だと思いますが、敢えて書きます。

先日の釣行で石田丸の主人から出港前に「海苔棚へ係留しないでね!」と注意を受けました。
ちょっとした注意が前日?にあったみたいです。
自分は係留をして釣りをしたことはなく、出港前にこのような注意があったのも初めてなので、念の為書いておきます。

京急大津エリアのボートポイントでは、海苔棚、ワカメ棚、ブイ等への係留は禁止です!!!

上記の目的は、海を生活の場としてる漁師さん達に迷惑をかけないということです。
なので、係留をしていないからと言っても、無理な場所にアンカリングしたり、漁師さんの注意に従って行動しないのも同じことです。


偉そうに書きながら、過去に強風で戻れなくなった時に、避難として係留させてもらったことはあります。。。
http://tokyowanturi.blog36.fc2.com/blog-date-201102.html
また、仕掛けやビシ等をロープに引っ掛けてロストしたことは何度もあり、かなり迷惑をかけていることも確かです。

このエリアに昔から通っている常連の方々は、漁師さんの動きを熟知したり、顔見知りで係留している場合がありますが、そういったベテランの方々と一緒だと誤解しないで下さい。

あの、漬物石のようなアンカーを上げるのは苦痛ですし、海苔棚の際にうまくアンカリングしたくても、風で流されてうまくいかないこともあります。
そういった時には、自分も係留の誘惑に駆られることもありますが、我慢しています。
なぜかというと、初めてこのエリアに来る人達の中には、誰かが係留して釣りをしているのを見れば、係留が黙認と勘違いする人が出てきます。
沢山人が来れば、世の中にはいろいろな人が居ますので、勘違いした人の中には、注意した漁師さんとトラブルを引き起こすことがあるかもしれません。そうなると、折角の海苔棚周りの釣りが禁止されてしまうことも考えられます。

目的は漁師さんに迷惑をかけないことなので、係留しなければ良いと言う訳ではありませんが、ルールは最低限のレベルに合わせざるを得ないのだと思います。

ハインリッヒの法則という有名な法則があります。
「1つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する」
http://www.infraexpert.com/info/network7.html


些細な注意で済んでいたことも、事象が増えてくれば重大なトラブルの前兆になることもあります。

自分のようなボート釣り初心者が、このようなことをブログで偉そうに書くのは躊躇しましたが、陸釣りでもゴミ問題、立ち入り禁止問題等で、釣り人への世の中の視線は厳しいと思っています。

折角の楽しい釣り場を減らさない為にも、宜しくお願いします!!!

放射能汚染と回遊魚

海の放射能汚染が話題になっており、
釣った魚を安心して食べる為には、
情報が必要と思い、調べてみました。

魚介類の測定値はココにまとめて出ています。
http://atmc.jp/food/

水産庁のHP
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/Q_A/index.html


しかし、セシウムとヨウ素は出ていますが、
気になるストロンチウム90の値は出ていません。
ガンマ線ではなく、ベータ線を出すので、
測定が難しいことから、データが少ないのだと思います。

ストロンチウムはカルシウムと似た性質を持っており、
海水中に放出された場合、魚の骨に生物濃縮で
溜まるのではないかということが心配されます。

小魚を捕食して育つ、代表的な回遊魚の
回遊ルートについて調べた結果です。


<イナダ、ワラサ>

情報元
太平洋における成長段階別の回遊様式の把握

太平洋における成長段階別の回遊様式の把握
⑴ 年齢別回遊群について


なかなか分かりにくい内容ですが、
興味のあるところだけ抜粋してみると、

p56 三陸・外房・相模湾放流群における年齢別の回遊様式
→三陸付近で二歳ぐらいまで育ってから、
 相模湾付近まで移動する例がある。

p65
→近年では成魚になってからの回遊エリアは狭く、相模湾以西と
 東北海域は回遊域が異なる。

これだけを見ると、イナダサイズぐらいまでは東北エリアで育った魚が、
関東に回遊してくる可能性はありそうです。

ワカシ、イナダサイズの頃に、東北でシラスやコウナゴを
たっぷり捕食して育った個体が
東京湾に回遊してくる可能性があるということで、
注意しておく必要がありそうです。

釣った魚を毎日食べる訳ではありませんが、
この秋のイナダやワラサのアラを煮付けたりするのは、
ちょっと控えておこうと思っています。

<ゴマサバ>
http://www.mpstpc.pref.mie.lg.jp/sui/gyokyo/091030.htm
http://www.mpstpc.pref.mie.lg.jp/sui/gyokyo/091016.htm

沖合で成長することが多いらしいですが、
沼津では大量に湾内に居ましたし、伊豆や三浦半島でも10~20センチぐらいの
小型が大量に釣れる場合もあるので、なんとも言えませんね。

福島近海で育った個体が南下してくる可能性は低そうですが、
安心は出来ないと思われます。

<ソウダガツオ>
http://www.tosakatsuo.com/mamechisiki.html

カツオは一度北上してから、秋に戻りガツオとして
南下するのが一般的なようですが、
ソウダガツオはどうなんでしょうか。
ソウダガツオの方が沿岸性が強い為、
汚染された小魚を捕食する機会も多そうなので、
気になります。

結局、詳しいことは分かりませんが、
回遊魚はどれも汚染された小魚を食べて
育っている可能性がありそうです。

安心して釣った魚を食べる為にも、
調査結果のデータを沢山公開してもらいたいですね。

泳がせ釣り(端物狙い)の勝率

ボート釣りの大物狙いとして有効な泳がせ釣り、
一般的に端物狙いの仕掛けは、
ヒットしたら幸運ぐらいに言われることが多いようですが、
以下のように今までの釣行記での結果を集計して見ると、
3割~4割ぐらいで何か大物が釣れており、
サメやラインブレイクも含めると、
結構な確率でアタリがあることが分かります。

釣果

ヒットすれば大物確実で、
基本的には置き竿で良いので、
活きアジが釣れた時に余裕があれば
泳がせ釣りをやってみることをお勧めします !

ワラサ シーバス

ワラサ2 イナワラ

ワラサとイナダ マトウダイ

釣果0507


仕掛けは市販のヒラメ仕掛が十分使えます。
竿とリールもそれなりに大物に耐えられるものなら
使えると思います。

仕掛けを入れたらアジの状態を定期的に確認するのと、
狙う魚に合わせて棚を調整するぐらいです。
今までの経験だと、底から3メートルぐらいを
基本にして、スズキは中層狙いというのが良いようです。

秋の大物シーズンが楽しみですが、
大型魚は特に放射能汚染が心配ですね。
この辺りについては、また調べて書きたいと思っています。
Translation(自動翻訳)
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

Author:kagoturi
釣りにハマッて週末は東京近郊へ釣りに行ってます。
以前は遠投カゴ釣りをメインでやっていましたが、2009年にボート釣りを始めてみたら楽しくて、最近はボートばかり乗っています。

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。